« 美容院でRoda De Samba | トップページ | 風邪の効用?? »

2005.04.27

指を躍らせるのは容易ではない

「今度は少し軽快な感じの曲がいいんですけど・・・」。先週のギター教室で恐る恐る先生に相談してみた。

ここのところ覚えた曲は簡単ながらもいい曲ばかり。音の響きや曲の雰囲気を味わいながら毎日毎日弾き続けて、ちっとも飽きない。ちょうど、大好きな「カーニバルの朝」や「ホーザ」を何百回歌っても飽きないのと同じ。まだまだ、ようやく指の順番を覚えて、少しはなめらかに弾けるようになった段階だけれど、弾いていると幸福感に満たされる幸せな数曲。ギターってきれいな音の楽器なんだなあ、としみじみしてしまう。

でも、しみじみでない気分の時もあるわけで。窓の外は春から初夏へと移り変わる。青空に新緑の緑がまぶしい今日この頃。朝、目覚めると、となりの団地の庭の木では小鳥が鳴いている。こういうときは、しみじみというよりも、もうちょっと楽しい曲を軽やかに弾いてみたい。

「先生、ここのところしみじみした曲をいくつか教わったので、今度の曲は、すこし軽快な曲がいいんですけど」と相談したというわけ。

「軽快な曲ですか・・・」と先生は困惑気味。え? ギターの曲には軽快な曲はないの??

「軽快な明るい曲ということはメジャーの曲ですよね」
「はあ、そうなんですか」
「メジャーな曲はマイナーの曲よりも指を開く抑え方が多いから難しいんですよ」
「はあ、そうですか」
「それに、軽快ということはテンポも速めでですし、なかなか簡単な曲はないですねえ。」
「はあ、そうですか・・・」

ああ、ギターはやっぱりしみじみする楽器なのだろうか。ギターの初心者はしみじみしかできないの???

「そういえば、こんな曲がありますけど、どうでしょう?」と言いながら先生が楽譜を探し出して弾き始めた。どこかルネサンスの香り漂う古風な舞曲、といった感じ。「ケンプのジグという曲です。舞曲ですから、軽やかな感じですね。」

わたしのイメージした小鳥のさえずりのような軽やかさとはちょっと違うんだけど、まあ、でも、このルネッサンスの貴婦人達のステップを彷彿とさせる曲もいいかもしれない。とにかく、今までの曲とは雰囲気が違うことは確かなのだし。

「はい、ではこの曲を次に覚えてきます」
「それでですね、ももこさん」
「はい?」
「この曲はすべて、同時アポヤンドで弾いてください」
「はあ?」
「同時アポヤンドです。アルアイレで弾いてしまうとメロディが浮き上がってきこえませんから。」
「はい、練習してみます」

というわけで、「ケンプのジグ」の楽譜をもらって帰ってきた。そして、さっそく練習をしてみたのだが・・・

軽快な曲を弾くには、軽快に指を動かさなければならないということを多い知った。最近、少しは脳から左指への意思伝達速度が増したようではあるけれど、それは弾きなれた「インベンション」を弾くときにちょっぴり発揮される程度のことで、新しい曲となると、またまた左手はクレーンのようなスローモーションに逆戻り。しかも、インベンションは2声のうちの片方しか弾いていないけれど、今度の曲は、単純ながらメロディとベースの音がある。

えーと、最初はベースは6弦の解放のミで、メロディがソーラソーファ。で、次はベースが薬指で5弦のドのシャープを抑えて、メロディがミーファミー。で、次にメロディがレに行くときは、そのレを小指で抑えて、ベース音は5弦の2フレットのシを人差し指で抑える・・・ という調子で弾いていると、3小節目を弾くころには指と頭がこんがらがってくる。

そして、2小説弾いてみたところで、「あ! 右手はことごとくアポヤンドって言われてたんだっけ」と思い出して、弾きなおす。右手の弾き方が変わると、左手の押さえ方がわからなくなり、また譜面とにらめっこ・・・

こんな調子でちょっとずつちょっとずつ、止まっては弾き、止まっては弾き、を繰り返す。軽快な舞曲に聞こえるようになるまでにはどれだけの時間が必要なのだろう・・・と思うと少々気が遠くなってくる・・・

次のギターのレッスンは五月の第一土曜日。先生に「やっぱり軽快な曲は難しいでしょ?」と言われないように、軽快とまではいかなくとも、せめて「しみじみとした舞曲風のコラール???」に聞こえるようには弾けるようになっていたい・・・・

|

« 美容院でRoda De Samba | トップページ | 風邪の効用?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84574/3886896

この記事へのトラックバック一覧です: 指を躍らせるのは容易ではない:

« 美容院でRoda De Samba | トップページ | 風邪の効用?? »