« Come home to ってなあに? | トップページ | 指を躍らせるのは容易ではない »

2005.04.21

美容院でRoda De Samba

サンバ好きの知り合いから「パンデイロをいっしょに練習しよう」と誘われた。それならば、いろんな打楽器を持って集まろう、ということで、わたしはタンタンを、もうひとりの友達はタンボリンやガンザを持って集まった。

「パンデイロの練習はどうすればいいの?」とパンデイロを手にした彼が言う。「とりあえず、サンバのCDをかけて、いっしょに叩けばいいんじゃない?」ということで、CDを大きな音でかけて、それに合わせて3人で叩き始めた。

タンタンを叩くのは久しぶり。叩きながらリズムに合わせて体を動かす。しばらくすると体が熱くなって、汗が流れる。汗っていいなあ! サンバしてるって感じ! それに、練習場所は美容院。大きな鏡に映った我が身を見ながら、「タンタンは相変わらずへたくそだけど、叩いている姿は楽しそうだなあ!これもまた、サンバっていう感じ!」と自画自賛。CD一枚分、みんなで叩いていると、それだけで楽しかった。

サンバの楽しさ。それは、同じパターンを延々と叩き続けるうちにふわっと体が浮く感じ。特に変わったパターンを入れなくても、ずっと同じ叩き方をしているだけで、だんだん気持ちも体も高揚してきて、体が軽くなる。楽しくなると顔がニヤニヤとにやけてくる。そこがまた楽しい。愉快に叩いている仲間を見ると、またまた楽しくなる。

最近、ギターの弾き語りばかりしていて、タンタンを叩く機会がめったになくなった。サンバに出会ったころは、打楽器を叩いているだけで、ひたすら叩いているだけで面白くて仕方なかった。真夏の川原で、汗だくになりながらみんなで練習して盛り上がった。みんなして叩き続けることで、初心者なりに一つの音を作っていくスリルがあった。そんなあのころの感覚がだんだんよみがえってくる。やっぱり、サンバの原点は太鼓よねえ!

CD一枚分叩き終わると、さすがにちょっと落ち着きたくなる。知り合いのギターを借りて、うたってみた。フローリングを施した美容院は、音が気持ちよく響いて、歌い心地が最高にいい。ひとりが弾き語りすると、他の二人はパンデイロやタンタンを叩いてみる。これがまた面白くて次々うたってしまう。

こういうのが Roda De Samba って言うのかもしれないな。Roda De samba. ホーダ・ジ・サンバ。サンバの輪。サンバ好きが集まって、気の向くままに次々とサンバを歌ったり、叩いたりする遊び。美容院で、大きな鏡の前で Roda De Samba. また来月もやりましょう!と約束して、雨の中、タンタンを抱えて帰ってきたのでした。

|

« Come home to ってなあに? | トップページ | 指を躍らせるのは容易ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84574/3789700

この記事へのトラックバック一覧です: 美容院でRoda De Samba:

« Come home to ってなあに? | トップページ | 指を躍らせるのは容易ではない »