« 鐘の音が鳴るのはいつの日か・・ | トップページ | ♪二度とかけてこないで~♪ »

2005.07.15

玄米、最高! とももこおばさんは叫ぶ

我が愛するフォークシンガー玄米君が、6月末のNHKの熱唱オンエアバトルで見事!放送された。大ファン(のわりに最近ライブにいけなくてごめんね、玄米君)のわたしは、この日のために、パソコンに録画する方法を練習しました。ももこのパソコンのハードディスクにはギター弾いて歌う玄米君がしっかり保存されているわけです。

ライブ活動まっしぐらの玄米君。毎日のように自分の掲示板に書き込みをしています。この書き込みを読むのが、ももこおばさんのひそかな愉しみ。(なにしろ21歳だからねえ。おばさんっていう気分になるのです、玄米君の話をするときは・・・)

そして、昨日の玄米君の書き込みに、ももこおばさんは、またも大感動してしまったのでした。あまりにも感動したので、ここにご紹介いたします。


「バンドくみたいなあとか、思います。けど、ギター一本って、ほんと、すごい力ですね。5、6弦でベース音をだして、1、2、3弦のリフで、ギターソロもできるでしょ。あと、ミュートしたり、ボディー叩いたり、そしたらドラムでしょ。ギター一本で、バンドの出来上がりですよ。ほんとすごい。ギターって。で、僕がボーカル。一人で4人分。すごすぎ。
だから、もっとギター弾きたいって、思いました。弾き語りたいですね。すごい可能性もってますからね。ギターって。もっと、もーーーっといろんな曲つくりたいし、ライブしたい。昨日2時間しかねてないけど、お目目がぱっちりです。そして、酔ってます(またかい)。」


玄米君はギターがとても上手い! 一曲、一曲の雰囲気をギター一本で表現し分けるところに、研究熱心さを感じます。イントロを弾いたところで、その曲の世界を感じさせてしまう。同じ曲も、日によって、違う雰囲気の曲に聞かせてしまう。きっと、いろいろな音楽を聴いて、いろいろなギターを耳から吸収してきたのだろう。

この書き込みを読んだとき、彼が本当にギタ-で歌うことに賭けているのだな、と改めて感じました。「弾き語り」という言葉で表現するには、彼の歌はあまりにも破天荒でスケールが大きいけれど。彼の溢れるばかりの曲作りとライブのパーフォーマンスをがっちり支えているのは、彼のギターなのだと思う。

そう。玄米ライブの魅力は、彼が自分でも言っているように、なんだか息のあったバンドのライブを聞いているような気がしてくるところ。そこにはフォークギター一本と玄米の歌しかないはずなのに、聞いている方は、いつの間にかぐーっと引き込まれて、ノセられてしまう。この力は、玄米君のまさに天性の才能なのだろう。

オンエアバトルにはかっこよさげなバンドが並んでいた。ラップあり、ポップスのユニットあり、妖しいビジュアル系あり・・・ その中で、ひとりステージに立った玄米君。普段着(ほんとに普段着のままだった・・・・)の玄米君は、いつものライブと同じように客席をぐんぐんと巻き込みながら「目覚まし時計はいつ眠るーーー!」と熱唱した。ももこおばさんには、やっぱりこの日の出演者の中で、玄米君がいちばんかっこいいなあ!と思えてならなかった。

玄米君。21歳。ライブ活動まっしぐら疾走中。
8月には2枚目のCDが出来上がるとか。
CD発売記念イベントは8月8日(月)、代々木ラボにて。

聞きにいくからねー! 玄米君!


|

« 鐘の音が鳴るのはいつの日か・・ | トップページ | ♪二度とかけてこないで~♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84574/4980092

この記事へのトラックバック一覧です: 玄米、最高! とももこおばさんは叫ぶ:

« 鐘の音が鳴るのはいつの日か・・ | トップページ | ♪二度とかけてこないで~♪ »