« 基本は美味しい夕ご飯 | トップページ | 伝説のベーシストのご利益 »

2005.10.01

え? ロクオン?

きのうはギター教室のレッスンでした。

「こんばんは~」
「ああ、ももこさん、こんばんは。どうですか?」
「え? どうって?」
「発表会の曲の調子は?」

そうなんです。10月23日の日曜日。ギター教室の発表会があるのです。ギターをひとりで大勢の人の前で弾くなんて、めったにあることじゃありません。え? いつも大きな顔して弾いてるって? いえ、その、いつもは「大きな顔と大きな声」で歌っているわけで。ギターだけで登場なんて、考えただけで震えちゃいそうです。

「いちおう、練習はしてるんですけどね・・・」
「じゃ、聞かせてもらいましょうか」

発表会で弾く"Le Pelerin"という短くて静かな曲
を弾きました。

「おおー! だいぶ練習してきましたね!」最近のセンセイにしては珍しく、褒められちゃった。でもその次の言葉にビックリ!

「じゃ、録音してみましょう!」
「え? ロクオン???」

録音自体は珍しいことではありません。新しい曲を習うときは、レッスンをICレコーダーに録音しているわけだし。自分の弾き語りは何度も録音して聞いたことがある。

でも、ギターの曲を録音しようと思ったことはなかったのです。クラシックギターの曲は、わたしにはとてもとても難しくて、弾くだけで精一杯。あまり間違わずに、止まらずに、ソコソコきれいに弾けることが当面の目標なわけで、自分のギターを録音して研究しようなんて、考えたこともありません。

「じゃ、準備しますからね」と言って、センセイが譜面台をどかすと、なーんと、そこにはコンデンサーマイクが2本立っている!

なんで、コンデンサーマイクなんていう言葉をももこが知っているか? それは・・・・先週、同じマイクを使って、山奥のスタジオで弾き語りの録音をしてきたばかりだったからです。この形のマイク2本でギターを録音すると、弾けてるところも弾けてないところも、そのまんま! ぜーんぶ録音されちゃうってことを知っているのです。

なーんでこんなマイクが何気なく譜面台の後ろに立っていたんだろう? ああ、そうだった。センセイはこういう機械をいじるのが大好きなひとだったっけ・・・ と思っている間に、センセイはヘッドホンをつけて、ギターのセンセイからエンジニアさんへと大変身。

「となりの寿司屋の室外機の音が入りますからね。完全な録音にはなりませんけどね。けっこういい音で録れるんですよ。」センセイはなんだか楽しそう。

「ちょっと弾いてみてください、ももこさん」
ポロロロローーン。
「はい、いい感じですねえ。ではいつでもどうぞ!」

ちょっとちょっと、センセイ。今日、録音するなんて話、聞いてなかったですよー! まだまだ弾けてないのにどうするのよ! とりあえず、弾きますけどね! ああーー、ほら、間違ったー! ああーー!、だから、あちこちで、ビーンって音がするんだってば! 嫌だなあ。こんな録音聞きたくないなあ。。。。

と心の中でぶつぶつ言いながらも、適度に緊張感を持って弾きました。

「もう一曲、弾き語りするんですよね? その歌も録音しましょう!」
「え? 歌も、ですか?」
「はい、せっかくですからね。リバーブはお風呂場みたいのにしておきましょー!」

というわけで、発表会で弾き語りするカリニョーゾも録音するハメに・・・

「はい、お疲れ様でしたー。じゃ、聞いてみましょう!」

教室の大きなスピーカーから流れてくる、ももこさんが弾くギター曲、"Le Pelerin"  初めて聞く自分のギターの演奏。

音がブツブツ切れて落ち着きがない。そして、指が押さえきれないところで汚い雑音が聞こえる。ああ、嫌だ、いやだ。こんなギターを他人に聞かせるのは嫌だなあ・・・・

「もっと、歌うように弾くといいですよ、ももこさん」とセンセイがおっしゃいます。そうですね。その通り。メロディがつながって歌に聞こえるようになると、もうちょっと音楽らしくなるような気がする。わたしのギターは、まだ、音をおっかけるのに精一杯で、メロディが滑らかにつながって聞こえないんだ・・・ 自分でもわかっていたつもりのことだけれど、こうして録音を聞いてみると、あらためて「歌うように弾くといいですよ」というセンセイの言葉が納得できる。

発表会まであと3週間。メロディがつながって聞こえるまでになるだろうか? ももこさんのギター・・・・


|

« 基本は美味しい夕ご飯 | トップページ | 伝説のベーシストのご利益 »

コメント

karkoさんもロクオンするのですか・・・ロクオンは基本ですねえ。聞くのは勇気がいるけれど。そういえば、ロクオンじゃなくて、本物のkarkoさんのギター、聴きたい!

ペコちゃん。発表会お疲れ様。そうなんです。小松でさんざんロクオンしてきたんですけど。ほら、歌ってるときは、わたしは態度がでかい(?)ので、ギターの曲を弾くときとは事情が違うのですよ。

投稿: ももこ | 2005.10.05 18:29

発表会も緊張しますが録音も緊張しますよね。私は自分のライブ演奏を録音したものを聞く勇気がありません・・・

あれ、でも、ももこさん、録音ならたくさん小松でやって来たのでは??

投稿: peko | 2005.10.04 23:48

うんうん、わかるわかる。

karkoは録音したのを聴くと、かならず落ち込みます・・・・

それを、また励みにしてがんばるのですがね。
karkoもお教室に通おうかなぁ~、、、、マジ。

投稿: karko | 2005.10.04 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84574/6198891

この記事へのトラックバック一覧です: え? ロクオン?:

« 基本は美味しい夕ご飯 | トップページ | 伝説のベーシストのご利益 »