« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.30

一晩中うたっていたい

それは、ファウサ バイアーナを歌っているときに突然、起こった。

ファウサ バイアーナ。

どんなにサンバを踊る真似をしても、本物のバイアーナ娘かどうかは、腰の振り方一つですぐわかるのさ、という楽しいサンバ。

楽しい歌ではあるけれど、楽しい歌だからこそ、歌とギターにサンバのリズムを感じながら歌えないものか。せめて、トントンと軽々しく先走る歌をナントカしたいなあ、と、メトロノームに合わせて、ああでもない、こうでもない、と歌っている最中に、それは起こった。

声が変わった。

いつもの、ほんわかMomokoの声じゃなくて、
いつもの、ぴょんぴょんスキップするような声じゃなくて、

なんというか、

お餅のような声になった。

粘りがあって、重みがあって、ポルトガル語で歌うサンバにピタっとハマる声。
ちょっと声がかすれたような感じなのだけれど、歌っていてちっとも辛くない。
今まで空気があたったことのない喉のどこかで歌っている感じ。

知っている限りのサンバを片っ端から歌った。

速い曲も、ゆっくりの曲も、バラードも、どの歌も、お餅のようにどっしりと、そして、切れ目なく伸びる声。

きっと、このところ真面目に練習に励むわたしに、今年の最後の最後に音楽の神様が届けてくれたプレゼントに違いない。

一晩中、サンバを歌っていたい! もっともっと、歌っていたい。
だって、こんな声、こんなにどっしりとした声なんて、きっと今夜だけの魔法だから・・・魔法でもいいから、この声でサンバをいくらでも歌っていたい!

でも・・・

時計の針は午後10時をさした。
サンバの時間は終わりです。

明日、目が覚めたら、きっと、いつもの、ほんわかMomokoの声がスキップしていることでしょう。

夢かもしれない。錯覚かもしれない。

それでもいい。

今夜、自分の声で、こんなに楽しくサンバを歌えた記憶は、わたしの一生の宝物。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.26

人差し指の歌、中指のメロディ

なーんか、シャキっとしないのよねえ。

サンバを歌うときのギターの音。

チャッ、チャッ、と歯切れよく鳴ってほしいのに、ぼんやりぼやけた音しか聞こえてこない。クラシックのギターの曲を弾くときは、もうちょっと音がパーンって響くのになあ。なんで、サンバを弾くとぼやけるんだろう・・・

右手の四本の指。いったい、ぼんやり者はどの指だ?

オルフェのサンバを弾きながら原因究明を試みてみました。

親指と薬指だけで1回。なかなか澄んだいい音がする。
次に、親指と中指。
次に、親指と人差し指。

そして、気がついたら、わたしは指に話しかけていた・・・・

人差し指さん、中指さん。
あなたたちって、こんなメロディを歌っていたの? なかなか魅力的なメロディを歌ってたのねえ。なのに、わたしにはちっとも聞こえてこなかったよ。せっかく個性的な歌をうたってくれてたのに、聞いてあげなくてゴメンネ・・・・ きょうからは、もうちょっとあなたたちの活躍が目立つように気をつけてみるよ・・・・・

人差し指さんと中指さんは、他にどんな歌を歌ってるんだろう。
しばらく、いろんな曲の「人差し指の歌」「中指の歌」に耳を傾ける日が続きそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.13

息が、息が~~~ カヴァキーニョ日記その7

カヴァキーニョを弾きながら歌うと、域が切れて苦しくてしかたがない。

おかしいなあ。座って弾くギターと違って、カヴァキーニョは立って弾くんだから、声は出やすいはずなんだけどなあ・・・・

ハッピーバースデーも、きよしこの夜も、歌の途中で息も絶え絶え・・・

なんでだろう? なんでだろう?

あっ!!!

わかった!!!

息を吸うのを忘れてた!!!!!

カヴァキーニョを弾くのにイッパイイッパイで、息を吸うどころではなかったのです。

よーし。カヴァキーニョ弾きながら息を吸う練習をしようっと!

(数分後・・・・・)

吸っては歌い、吸っては歌い、これで息も絶え絶えにはならぬはず・・・なのに・・・

やっぱり、息が続かない。特に苦しいのが「きよしこの夜」。 

♪ねーむりーーーたもっっ・・・・・ 伸ばせない~~~~

おかしいなあ。なんでこんなに苦しいんだろう?????

あ!

またまた気がつきました。このお話の続きはまた明日・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.11

スベル、スベル、カヴァキーニョ カヴァキーニョ日記その6

きょうは、音楽友達のバースデーパーティライブに遊びに行きました。

場所は浅草橋のピザ屋さん。友達3人のために心を込めて弾いてきました。

カヴァキーニョ!でハッピーバースデー!

カヴァキーニョはいいですね。アンプにつながなくてもかなり大きな音が出るので、お誕生日の友達のそばで弾いて歌えます。

普通ならバースデーケーキにろうそく立てて・・・となるところを、このお店ではまあるいキャンドルスタンドにろうそくを立てて持ってきてくれました。(後から「お菓子のピザ」もプレゼント。)

そして始まった、Momokoカヴァキーニョの♪ハッピー・バースデー!

これが・・・これが・・・腕まくりした腕がサラサラと乾いていて、カヴァキーニョがすぐ滑って落ちそうになる! しょっちゅう右手をお休みして抱えなおすと言う、なんとも間抜けなカヴァキーニョ。

そして、さらに「12月といえば、この歌もいっしょに歌ってほしいなあ!」と言って

♪きーよしー こーのよーるーーー

でも、友達のテーブルは「シーーン・・・」

「だーれも歌ってくれないのか・・・・」がっかりしてやめようかと思ったら、となりのテーブルのおばさんたちが、「歌う、歌う、歌ってあげる!!!」と言ってくださるものだから、すぐまた気をよくして

♪きーよしー こーのよーるーーーー

と、カヴァキーニョを押し売りしちゃいました。

はあ、面白かった。

クリスマスまでに、もうちょっと上手になっておこう。

それにしても、カヴァキーニョが滑り落ちない方法はないものか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.09

あ、これも弾けるかも!!! カヴァキーニョ日記その5

二度目の出番(?)を明日に控えた今日。ハッピー・バースデーの最後の仕上げ(?)に励んでおりました。

そして、ふっと気がついた。

明日のバースデーライブにはケーキが出てくるかもしれない。12月、ケーキ・・・やっぱり、この歌も歌いたいよねえ・・・・

♪きーよしーーー こーのよーるーーー

GとCとD7.この三つで弾けないことはない。かなり単純な「きよしこの夜」になっちゃうけど、サンバだからね。単純明快なほうがいいかも!

よし! 明日は2曲弾くぞーー!

「ハッピー・バースデー」と「きよしこの夜」。

無理やり作った出番まで(何しろ、誰にも頼まれていない)あと24時間。

練習しましょ、そうしましょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次の出番を作って、さあ、練習! カヴァキーニョ日記 その4

♪ハッピー・バースデ-・カヴァキーニョ・デビューを無事果たし、その後も一日も欠かさず練習しているカヴァキーニョ。

12月10日には、友達のバースデーライブがあります。

よし! この日はもうちょっと上手になったカヴァキーニョでお祝いしてあげましょう! (誰にも頼まれてないけどね。出番は自分で作るもの!)

目標が決まると、
というか、出番が決まると、
というか、出番を無理やり作ると、

練習意欲倍増!!

今度は、「ハッピー・バースデー ディア トクチャーン! ハッピー・バースデー ディア アキコチャーン! ハッピー・バースデー ディア ケンクーン!」と英語を3回繰り返して弾かねばなりません。それに最初はポルトガル語の「パラベーンス プラ ヴォセー」を2回ぐらい歌うから、最低5回は繰り返して弾かねばなりません。

大変なんですよ! 5回分、繰り返してカヴァキーニョ弾くって! 

だってだって。コードチェンジのたびにカヴァキーニョが腕からズルっと落ちそうになるんだもん。。。。

というわけで、一日も欠かさず弾いてるカヴァキーニョ。音楽仲間の名前を連呼しつつ練習は続くのであった・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弾いちゃった、弾いちゃった!! カヴァキーニョ日記 その3

cavaquinho
11月25日。金曜日。時刻は夜の8時40分。

マイクの前に立ったわたしはガラにもなく(?)緊張しておりました。

本当にやるのかな・・・・やっぱりやめとこうかなあ・・でも・・・楽器を抱えちゃったし、みんな次の歌を待ってるし、店長さんはケーキを持ってスタンバイしてるし・・・

エイ! 弾いちゃえ!!

そして勢いにまかせてMomokoが弾き出したのは・・・・

カ・ヴァ・キー・ニョ!!!

きのうは、Momoko&ウォルフィー佐野さんのライブの日。そして、ウォルフィーさんのお誕生日をお祝いしてお店からバースデーケーキのプレゼント! 店長さんが大きな大きなケーキを捧げ持ってきたとき、Momokoがカヴァキーニョを弾いて歌ったのはもちろん、

♪パラベーンス・プラ・ヴォセー♪
ポルトガル語のハッピーバースデー。

二番目のG7のコードがなんだか妙な音になっちゃったり、途中で右手の刻みがわからなくなりそうになったりしたけれど、なんとかかんとか完奏!!!

苦節十日間。毎日必死に練習しました。なにしろ生まれて初めて手にするカヴァキーニョ。

どこがいちばん難しかったかって・・・

右手の「チャチャスチャ スチャチャス」っていう刻み方を間違えずに「ハッピーバースデー ディア ウォルフィーさーん!」と歌うところ。

ウォルフィーさんのために(?)100回も200回も練習いたしました。

そういえば、来月も友達の誕生日パーティがあるなあ。カヴァキーニョ弾いちゃおうかなあ。

でも・・・ということは・・・・

「ハッピーバースデー ディア ○○ちゃーん!」をまたまた何百回か練習することになるんだなあ!

というわけですからこれからお誕生日を迎える皆さん。よろしければ、あなたのお誕生日、Momokoの歌とカヴァキーニョでお祝いしてさしあげますよ~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

出番を作れば上手くなる?? カヴァキーニョ日記 その2

初めて手にするカヴァキーニョ。初めてのレッスン以来、、一日も欠かさず練習を始めました。といっても、5分も弾いていられない。腕は痛いし、ピックはすぐにくるくる動いたり、指の中にひっこんだりして弾けなくなるし、左手の指先に弦のあとがついて、だんだん弦を押さえられなくなるし・・・ 

それでも、とにかく、毎日欠かさず練習しました。

2,3日後。相変わらず、四本指がフレットに収まらない「エ・バイアーナ」のGとD7が、ちょっとだけ押さえられるようになりました。そこで、コードをあと二つ追加してみました。CとG7。これで、とりあえず簡単コードのエ・バイアーナが弾けちゃう!

G7が意外に難関だったけれど、2,3日するとなんとか押さえられるようになりました。

これで、G、D7、C、G7の四つのコードを覚えました。右手は相変わらずピックがすぐに引っ込んじゃうんだけれど、ちょっと曲を弾いている気分を味わえるようになったかも。

そして。

ふっと気がついた。

CとG7が押さえられるということは・・・「ハッピー・バースデー」が弾けるんじゃない? もう一つ、Fが必要だけど、これはエ・バイアーナで教わったGを2フレットずらすだけ。

あーー! そうそう! これでコードは合ってるみたい!

おりしも11月25日は自然食レストラン、ライフリーでライブの日。この日は、共演のパーカッションのお兄さんのバースデーをお祝いする日。

よーし! あと1週間足らず猛練習! 25日には、ハッピー・バースデーをカヴァキーニョで弾き語りするぞーー!

目標が決まると、
というか、出番が決まると、
というか、出番を無理やり作ると・・・・

練習意欲倍増!!!

そして、不思議なことに。さっきまで、あんなに引っ込み思案だったピックが、安定して持っていられるようになっちゃった!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある日突然・・・ カvヴァキーニョ日記 その1 

あ、カヴァキーニョ弾きたいなあ!

11月のある日、突然思いました。

サンバといえばカヴァキーニョ!

そして、サンバの楽器屋さんマルメラアダに出かけて行って、カヴァキーニョを買い求め、その場でカヴァキーニョのセンセイに弟子入りいたしました。

「エ・バイアーナをカヴァキーニョで弾けるようになりたいんです」とセンセイにリクエスト(?)して、エ・バイアーナの弾き方を教わりました。

何もかもが初体験。まず、ちっちゃなカヴァキーニョを抱えているだけで両腕がガチガチ。右手はピックを持っていること自体が大仕事。左手は、カヴァキーニョの細かいフレットに4本指を収めるだけで四苦八苦。そして「チャススカスチャチャス」と右手を上下させてタンボリンみたいなリズムを刻むのがこれまた大騒ぎ。さらに、センセイは、「では、歌いながら弾いてみましょ!」なんておっしゃるものだから、もう右手も左手も口もテンヤワンヤ。2時間のレッスンの後はくたくたでした。

はあ・・・弾けるようになるのかな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.04

お口にフタ!

きのうは西巣鴨の喫茶店、カフェ・ド・ノーブルにて今年最後のライブでした。集まってくださった皆さんと、手拍子したり、歌ったり、最後は踊ったり・・・ちょっと早めの忘年会といった感じのにぎやかな夜になりました。

心底愉快そうなみんなを見ていると、ギターを弾いて歌っててよかったなあ、としみじみと楽しくなります。

でも・・・実は。きのうは朝から喉の調子がよくなかった。声がかすれてしまう。しゃべっていても、歌っていても、思うような声にならない。

このところ、とても楽に歌える日が続いていたので、ついつい油断をしてしまったようです。もともと喉は丈夫ではない。毎年風邪をひいては歌えない日が続いて悲しいおもいもしている。この冬も、出来る限りの風邪対策をこうじなければ・・・

というわけで。昨日の夜から導入した風邪対策その1はこれです。

mask

喋っているときと、食べているときと、歌っているとき以外は常にこれでお口にフタ。もちろん眠っているときも・・・・

「歌手」Momokoはお喉が命。冬の間、お口にフタのMomokoをどうぞよろしく・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.01

しあわせいっぱい、ライフリーライブ

午後の明るい日差しが、大通りに面した大きなガラス窓から差し込んでくる。ぽかぽかと明るい店内。中央の大きなテーブルには出来立てホヤホヤのまあるいケーキがいくつも幾つも並んでいます。

「こんにちは! 店長さん!」

ここは、時々Momokoライブでお世話になっている高田馬場駅前の自然食レストラン、ライフリー。今年最後のライブを先週の金曜日に終えて、きょうは、そのお礼と来年のライブの相談に伺ったのでした。

「ももこさーん! ちょうどいいところに来ましたね!」
「ほーんと。ケーキがちょうど届いたみたいですねえ。美味しそう!!!」
「どのケーキにしますか? ももこさん??」
「え? 食べてもいいの?」
「もちろん!」
「じゃ、この白いクリームが乗ってるの」
「あ、それはチョコレートケーキなんですよ。出来立てですからクリームが美味しいはずですよー!」

というわけで、ライフリー特製チョコレートケーキをいただきながら店長さんとしばしおしゃべり。

このお店との出会いは去年の冬だったろうか。どこか楽しいところで歌いたいなあ、と思ってインターネットであれこれ探していたら、ライフリーのホームページに「ライブ出演者募集中」とひと言小さい文字で書いてあるのを見つけたのです。

勇気を出してお店に電話。店長さんにお会いしました。歌が大好きなこと、「ハッピー・カレーライス」というオリジナルの歌があること、美味しいものが大好きなこと、などをお話しました。店長さんは大笑いしながらわたしの話を聞いてくれました。

そして。

「一度、ももこさんのライブを聞きに行きますね」

嬉しかった。わたしの歌を聴いた上で考えてくれるというその姿勢が嬉しかった。

そして、約束どおりMomokoライブを聞きに来てくれた店長さんは、「明るくて、楽しい! ライブしにきてください!」と言ってくださいました。

一回目のライフリーライブは去年の6月。そして今年は、2月、5月、6月、8月、10月、11月と計6回、お世話になりました。そのうち4回はパーカッションのお兄さん、ウォルフィーさんとの共演です。

「6回もありましたっけ?」店長さんはノートをめくりながらちょっとびっくり。
「ここに来ると、いつも楽しく、愉快になっちゃうんですよ」
「ももこさんが来るとわたし達も愉快になるんですよ! それにウォルフィーさんもとっても愉快で、そして優しそうで、いい感じ!」

ここはあくまでもレストランです。体に優しいお食事を楽しみに、グループで、二人連れで、あるいは一人でいらっしゃるお客様のお店。いつ行っても静かに、和やかにお食事する方々がいるお店。

「にぎやかなMomokoライブ、お食事のお客様にお邪魔ではないですか?」と聞いてみました。
「そんなこと、ないですよ。皆さん、『きょうは音楽も聴けて、よかった』って言ってくださいますよ」。

確かに、Momokoライブの張り紙を見て、その日にあわせて食事に来てくださるお客様もちらほらいらっしゃるらしい。本当にありがたいことだと思う。

どこに行ってもはみ出してしまうわたし。普通のライブハウスに行けば宙に浮くブラジルの歌。ボサノバのセッションで浮いてしまう日本語の歌。わたしは好きな歌をうたいたいだけなのに、どうして、どこに行ってもピタッと収まっていられないんだろう・・・・

ライフリーは、そんなわたを暖かく迎えてくれるお店です。そこに居合わせたお客様といっしょに楽しくなれる。そんな居心地のよさとささやかな手ごたえを感じられるお店。そして、お店の方々も楽しみにしてくれているらしいことがまた、嬉しい。

「来年もよろしくお願いしまーす!」
「こちらこそ!」

来年もがんばろう。お店が楽しくなって、わたしも楽しくなるライブを創っていこう。さてさて、今度は何の歌を持ってこようかなあ???

来年最初のライフリーライブは2月24日(金)。

寒さ真っ只中の金曜の夜。ほんわかと暖か空気に浸りたくなったら、美味しいお料理と、ニコニコ顔のMomokoと、愉快で優しいパーカッションのお兄さんに会いに、遊びにきてくださいね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »