« アラカルト | トップページ | ケツバット!!! »

2006.04.29

「第三病棟」が歌えない・・・

瑞江のライブレストラン、HOTコロッケのイベント、「さだナイト」。
さだまさしの歌ばかりをみんなで披露するこのイベントは毎回大盛況。

わたしは、特にさだまさしファンというわけではないのだけれど、さだまさしの歌にはいい歌がある。さだナイト参加をきっかけに少しずつ覚えているのです。

先月のさだナイト用に覚えたのは「第三病棟」という歌だった。
のどかな、かわいい三拍子の歌。
ギターを弾いて歌っていると、とても幸せになる歌で、このところのお気に入りの歌になっている。

お天気がよかった昨日の昼間。
公園で「青空練習」をしていたわたしは「第三病棟」を歌い始めた。

 ♪僕の病室 君のそろえた
 ♪青い水差しと白いカーテン
 ♪子供の声に目覚めれば日ざし
 ♪坊やが窓越しに笑顔で「おはよう!」

そこへ、5,6歳ぐらいの男の子を連れたお母さんがやってきたのです。
そして、その親子は、わたしのすぐそばに座って、おやつを食べ始めました。

男の子は、ギターを弾いて大きな声で歌うももこおばさんの前に来て、珍しそうに見物したりします。

ということは、お母さんも、聞くとはなしにももこの歌う「第三病棟」を聞いているかもしれない・・・・

困ったなあ・・・

この歌の最後はこうなるのです。

 ♪返事を書いた飛行機を折って
 ♪飛ばそうと見たら 空っぽの部屋・・・

空っぽの部屋。
そう。悲しい結末の歌なのです。
同じ年頃の男の子のお母さんが聞いているかもしれないという場面では、歌いづらい歌です。

なんとなくハミングして、
なんとなくギターだけ弾き続けて
途中でやめてしまいました。
「第三病棟」

さて。

昨日の夜は、自然食レストラン、ライフリーで歌う夜でした。
昼間、公園で歌いそびれた(?)最近お気に入りの「第三病棟」。今夜こそ歌おう。

と思ったら・・・

小学校1年生ぐらいの男の子を連れた家族連れのお客様がいらっしゃる・・・

お母さんやおばあちゃんとレストランでお食事。
元気にはしゃいでいる男の子。

あらら・・・・
こりゃ、歌えないねえ・・・・
またまた、「第三病棟」を引っ込めてしまったMomokoでありました。

でも、この歌は、悲しい結末なのに、暗い感じがしないのです。
歌っていていると幸せ感に満たされる歌です。

なぜだろう?

さだまさしの歌にはドラマがある。
ドラマを描くのに使われる日本語が美しく、効果的に言葉を使っている。
歌詞には直接書いてない感情がありありと感じられる。

「第三病棟」の男の子は、確かに幼くして辛く苦しい闘病生活を送っているのだけれど、この子はみんなに可愛がられ、みんなに大事にされている。
周囲の愛情を一身に受けている。
そんな男の子と、男の子を見守る家族やお医者さんや看護婦さんなどの姿が目に浮かぶ。

悲しい結末を、ひとつのお話として淡々と描く語り口。
のどかな三拍子のリズム。

歌っているときの幸せ感の秘密はこのあたりにあるのではないかしら?


とはいえ、小さな男の子のお父さん、お母さんの前ではやっぱり歌いづらい歌ではあります。

最近、お気に入りの「第三病棟」。
次にライブで歌える日はいつのことでしょうねえ・・・・・

|

« アラカルト | トップページ | ケツバット!!! »

コメント

のろのろさん、こんにちは。
あたたかいコメント、ありがとうございます。
いい歌ですね。久しぶりに、6月のライブで歌ってみようかな・・・

投稿: ももこ | 2007.05.27 22:00

こんにちは。
2006年の記事にコメを書いてもしょうがない・・・って思いながら(T_T)でも、書かずにいられないから書きます(^^♪

40歳でギターを始めたってプロフにありましたが、すごいですね。僕は何にも出来ませんから、素直にそう思います。

第三病棟の記事を読んでて
「ドラマを描くのに使われる日本語が美しく、効果的に言葉を使っている。
歌詞には直接書いてない感情がありありと感じられる。」
ってところが僕も同感です。Momokoさんの書く文章だって同じように感じられますよ。いいブログですね。また来ます(^^ゞ

投稿: のろのろ | 2007.05.27 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84574/9822600

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三病棟」が歌えない・・・:

» 送料無料の激安価格! [グレッチ ギター激安販売]
グレッチのギターを紹介しいます。全て送料無料で豊富な品揃え! [続きを読む]

受信: 2006.05.23 19:12

« アラカルト | トップページ | ケツバット!!! »