« 少年時代 | トップページ | こんなライブでした 1 »

2006.06.28

わたしは Amazing Grace を歌わない。

知人の日記をふらりと読みにいった。

「Amazing Grace のメロディが頭から離れない。」と書いてある。

ギター弾きの彼はもちろんギターを弾いてみる。けれど、ジャズ風のアレンジになじんでいるせいか、オリジナルのメロディをうろ覚えにしか知らないことに気がついた。

そんなお話だった。

ひと言、コメントを書いた。

「じゃ、今度お会いしたときに、「正統派無伴奏単音メロディのアメイジング・グレイスを弾いて差し上げますよ。これならMomokoにも弾けそうだ!」


本当に弾けるのかいな?

コメントを送信すると、傍らのギターを取り上げた。

最近、わたしはこういう風にしょっちゅうギターを抱いている。
ふと何かを思い出しては、手が自然にギターに伸びる。

Amazing Grace.

いい歌だけれど、とりたてて好きではなかった。これを歌えば感動の涙という筋書きが見え透いている。そんなシチュエーションで聞くことが多かったからだろうか。

Amazing Grace.

単音でメロディを弾いてみた。
一オクターブ、16小節に収まる単純なメロディを弾いてみた。

Amazing Grace

人差し指と中指で弦をはじく。
一音、一音に耳を澄ます。

祈りの音だと思った。
ギターが、祈りを音にしたいと
わたしの指を待っている。

Amazing Grace.

祈りは楽器の中にある。
ギターの声を
一音、一音に託した楽器の声を
そのまま響かせてやらねばならない。

指先と耳に精神を集中させて
単音のメロディを弾いてみる。

ごめんね。

今のわたしの指は
まだ、あなたの祈りを音にできない。

Amazing Grace.

何度かの試みの後、
今の自分の力のなさを思い知り、
そして、
わたしはギターと約束しました。

Amazing Grace.

わたしはこの歌は一生歌わない。

この歌は、
ギターの祈りの歌だから。
一つ、一つの音符にこめられた
ギターの祈りを
この指で響かせることができるように。

ギターといっしょに祈りながら
単音のメロディを弾こう。

いつの日か、
わたしの腕の中のギターの祈りが
空気を奮わせますように・・・

Amazing Grace.

わたしは、この歌はうたわない

|

« 少年時代 | トップページ | こんなライブでした 1 »

コメント

初めまして。クラリネット吹きのsoraと申します。

この日記の言葉が、本当に素晴らしいと思いました。

楽器が表現したい「祈り」。

人を通じて表現される「祈り」。

それは素晴らしい音だと思います。

Amazing Graceが吹きたくなりました。
ありがとうございました。

投稿: sora | 2008.07.31 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84574/10706401

この記事へのトラックバック一覧です: わたしは Amazing Grace を歌わない。:

« 少年時代 | トップページ | こんなライブでした 1 »