« ABCの歌じゃないんだってば | トップページ | 少年時代 »

2006.06.25

コウカテキメン!

しばらく前から気に入って弾いている曲。

ブロウウェルの「シンプルエチュード」の6番。

不安定な響きのコードは徐々に激しさを増し、激情を吐き出すように昇り詰めたかと思うと、ふっと力が抜けて、天国に流れる小川のせせらぎのような音色になり、安らぎのうちに曲は閉じる。

そんな音のドラマが大好きで弾き続けている。


その日も、いつものように、気の向くままにシンプル・エチュードの6番を弾いて、自分の音に酔っていたわたし。

何度か弾いたところで、ふと、気がついた。

これって、エチュード。
つまり、練習曲なのよね。

アルペジオの練習曲。

ということは・・・

最近出番の多いメトロノームを取り出す。

最初は50から始めてみよう。
出だしがどうしても不ぞろいになるけれど、そこそこしっかり弾ける。

次は55。
これもしっかり弾けるみたい。

60、65,70,75。
メトロノームの目盛りを5ずつ上げて、それぞれの速さで何度も弾いてみる。

次は80。

不思議。
75まではけっこうしっかり弾けるのに、80になったとたんに右手の指がもつれる。

ああ、これが今のわたしの右手の限界なんだ。

メトロノームのカチカチにあわせてシンプル・エチュードを弾いているうちに、あっというまに2時間が経っていた。

そして。

エチュードの効能を思い知る。
指の動きを効率的にトレーニングできるのです。
弾きたい弦を、弾きたい指で、弾きたいタイミングで、弾きたい強さで弾く練習。
指の運動神経を高める練習を集中的に出来るのです。

ブロウウェルのシンプル・エチュードの6番。
大好きな曲は何十回弾いても飽きることがない。
このエチュードを、メトロノームといっしょに弾き続けたら、わたしの指はもう少し、もう少し、言うことをきくようになるかしら・・・

きょうも、始まりは四分音符=50。
ブロウウェルのシンプル・エチュードの6番で、わたしのギターの一日は始まります。

|

« ABCの歌じゃないんだってば | トップページ | 少年時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84574/10674942

この記事へのトラックバック一覧です: コウカテキメン!:

« ABCの歌じゃないんだってば | トップページ | 少年時代 »