« わたしは Amazing Grace を歌わない。 | トップページ | こんなライブでした 2 »

2006.07.04

こんなライブでした 1

6月28日(水)

新大久保 居酒屋 トロージャン

若者向けの焼き鳥&居酒屋で8時から40分の弾き語り。後半の対バンはブルース風のオリジナル弾き語りのお兄さん。

*****

今回のライブの課題は「友達を誘う」。

え? ライブに友達を誘うって当たり前?

実は、わたしにとってはあまり「当たり前」じゃなかった。

ふだんは、レストランの半BGM風のライブであったり、ありがたいことに毎回Momokoライブの日に合わせて集まってくれるおじさま、おばさまがいらっしゃる喫茶店というような場所で歌うことが多い。

BGM風に歌うときは、当然、客席はお食事とお喋りの真っ最中。静かに演奏を聴いてくれるとは限らない。

それでも、店内には確実に歌とギターは流れ、ふとした瞬間に「あら、きょうはボサノバの日だったのね」「上を向いて歩こうなんて、懐かしいわねえ」と、思いがけなく拍手をいただくこともある。公園や街角で歌っているのと似た感覚が気持ちいい。

今のところライブハウスで歌うつもりがないわたしは、こういうBGM風のライブがいちばん自分に合っていると思っている。

だから、無理して友達に来てもらわなくても、まあ、いいか、という気持ちが無きにしもあらず・・・

今回、ふとしたハズミで新大久保のライブ居酒屋に歌いに行くことになった。
この店は、ステージ側の席はライブを聞きに来た友人、知人が座り、単に飲みに来た人は、ライブとはほとんど無関係に奥の席に陣取る、という仕組みになっている。つまり、友人、知人がいないと非常に歌いづらい状況になるのです。

これは、友達を誘ういい機会だと思いました。

たしかに、ふだん歌わせていただいている場所は無理して友人を「動員」する必要がない場所ばかり。

メルマガやホームページにMomokoライブのご案内は掲載するものの、友達を個人的に電話やメールで誘うということはめったにしたことがない。

気持ちのどこかに、「お付き合いで来てもらわなくたっていいんだもんね!」という妙なプライドがあったことを否定できない。

知らない人には聞かせてもよくて、友人、知人には聞いてもらわなくてもよい、というのは、自分勝手で筋が通らない話だと思い至った。それに、時には音楽仲間の耳でわたしの歌とギターを聴いて欲しい。

ちょうどいい機会。

今回は友達を誘おう。

ふだん、音楽など、増してMomokoライブなど聴いたことのな友人、何人かに個人的にメールを書いた。

「Momokoライブで気晴らしにきませんか?」
日ごろ、仕事に追われている彼ら、彼女らに、Momokoののんきな歌を面白がってほしかった。それに、久しぶりに積もる話もしたい・・・

音楽仲間にも声をかけた。
最近のわたしの歌とギターを彼らに聴いてほしいと思ったから。

「今度居酒屋で歌います。今回はブラジルの歌を多めに歌いますので、よろしかったら最近のMomokoを見に来てやってくださいな~」とメールを送った。

そして、水曜の夜の居酒屋には、久しぶりに再会した以前の仕事仲間やサンバ好き、ギター好きの友人数人が来てくれた。

ライブ居酒屋トロージャン。BGMにはレゲエがかかっている。

8時。

愛用のエレガットをアンプにつないで音を出すと、なんだか安っぽいエレキギターみたいな音になる・・・どうなることやら・・・・心配なスタートだったが、お店のお兄さんがミキサーの前につきっきりで精一杯、調整をしてくれているようで、まあ、何とかなるでしょう・・・と歌いだした。

*****

演奏曲

1. 六月の雨~ブラジルの水彩画
2. イパネマの娘~O BARQUINHO
3. PALPITE INFELIZ
4. NOITE DOS MASCARADOS
5. BERIMBAU
6. 少年時代
7. FESTA DO INTERIOR~CIDADE MARAVILHOSA

*****

皆、それぞれに楽しい夜を過ごしてくれたようだ。久しぶりに会う元仕事仲間の二人は、焼き鳥とお喋りにビールが進む、進む。

「ビールに焼き鳥にボサノバ。最高の夜だねえ!」
「斜め後ろのテーブルのおじさんは、連れの人が話しかけるのを黙らせて聞いてましたよ~」
「最後の曲ではお店のお兄さんが愉快そうに踊ってた!」

などと、珍しそうに面白そうに報告してくれる。

そして、皆さん共通の感想は。

「トークが面白かった!」
「ビリンバウ、かっこよかった!」

そして、音楽友達同士、友達になったようで、それがまた嬉しかった。


*****

ヒマワリの小さな花束をいただいた。
嬉しかった。
家に帰るとさっそく生けた。
友達を誘うという目標をとりあえず達成した記念として・・・・

|

« わたしは Amazing Grace を歌わない。 | トップページ | こんなライブでした 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84574/10779878

この記事へのトラックバック一覧です: こんなライブでした 1:

» エース清水氏の使用ギター詳細 [ギター初心者のための奏法解説]
先日の記事を読んだ方からエース氏の使用ギターの詳細を教えていただきました。このギターの売りは、PAに直に繋げるように配線が組み込まれていることですね。エース氏使用はハイコストですが、お手軽バージョンも用意されてます。 [続きを読む]

受信: 2006.07.24 18:09

« わたしは Amazing Grace を歌わない。 | トップページ | こんなライブでした 2 »