« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.19

た~~っぷり!!!

ひと月ほど前のこと、落語好きの母を誘って出かけた「ファミリー演芸会」という催し物で浪曲を聴く機会があった。

浪曲師というよりも、三味線を自在に操るエンタテイナーと言うほうがピッタリのその浪曲師は、「浪曲の楽しみ方」を面白おかしく解説してくれる。

中でも「かけ声講座」に客席は大笑い。

浪曲師が舞台に登場したら、

  待ってました!

そして、歯切れのよい三味線のイントロがひとしきりジャ、ジャ、ジャンっと鳴ったところで、

 た~~っぷり!!!

というのが、浪曲を知っているお客のかけ声だそうな。

 た~~っぷり!!

「時間など気にしないで、好きなだけやってちょうだい」という気持ちを込めて、

  た~~っぷり!!

とかけ声を飛ばすのだそうな。

  た~~っぷり!!

なんて気持ちのいいかけ声だこと! こんなかけ声を投げかけられた浪曲師は、さぞかし張り切って一節も二節もサービスしてウナるに違いない。

***

あいも変わらず毎日のように練習するバッハのインヴェンションの1番。

少し指が自由に動くようになってきた。そうだ。ためしにメトロノームに合わせて弾いてみよう。

そんなことを思いついた日から、インヴェンションの苦悩が始まってしまった。

メトロノームを40に合わせて弾いてみる。

かなりゆっくり。
指は十分追いついていける速さ。弾くこと自体には苦労はないはず・・・

だけれども・・・

まったくといっていいほどメトロノームに合わない。十六分音符が連なるフレーズで、指がトントントンと先走る。傍らで我関せずという風情で「カチ、カチ」鳴り続けるメトロノーム・・・

おかしいなあ。ゆっくり弾けばいいだけなのに、どうして合わせられないのだろう?

1分間に四分音符40個。それをさらに四等分して十六分音符を弾けばいい。込み入ったテクニックも何も関係ない。単純な話だ。

だけれども・・・・合わない。

何度か試みたところで、ふと思い出した。

  
  た~~っぷり!!


浪曲師へのかけ声。「あんたの名調子をたっぷり聞かせておくれ」というあのかけ声。それは、ただ、「たくさん聞かせてくれ」というだけではなくて、浪曲の、というか邦楽特有の喉づかい、声づかい、節回しを指しているのではないだろうか。浪曲の魅力は、まさに「たっぷり」と「隅から隅まで」歌いきるところにあるのだから。


  た~~っぷり!!


そうだ。

四分音符を機械的に四等分しようとするだけでは、体にしっくりこないのではないかしら?

目を閉じて、頭の中ににインヴェンションの楽譜を置く。そして、十六分音符の上に大きくスラーの記号を書き入れる。そのスラーの記号のように、大きく弧を描くイメージでメロディを歌ってみる。音符と音符の間の時間と空間を感じながら弾いてみる。筆で大きな円を描くようなイメージで・・・
隅から隅まで歌いきるように。


  た~~っぷり!!


少しずつ、メトロノームのカチカチに乗っかって弾けるようになってきた。大きな円周のコースを滑りながら十六分音符ごとに目印を落としていくようなイメージを、少しずつ、少しずつ、体が覚えていく。


  た~~っぷり!!


きょうも、自分で自分にかけ声をかけてから弾き始めるインヴェンションの1番。からだの内側から四分音符=40のインヴェンションが弾けるまで、た~~っぷり!!練習しましょう。

***

それにしてもバッハは偉大。簡単なのに、何千回弾いても飽きることがない名曲。

2声のインヴェンションの1番。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.14

一声かけて、歌いましょう

こんなライブでした その6
----------------------
8月5日(土) 18:30~
西巣鴨 カフェ・ド・ノーブル

ゲスト:フジー・ブランコさん。

*****

7月の高田馬場ライフリー・ライブの直前に、愛用のエレアコの故障に気がついた。

ライフリーのライブは買ったばかりのサイレントギターで何とか乗り切った。

翌週の土曜日にはノーブルで歌う予定がある。さっそくギターをヤイリの工場に修理に出した。

2,3週間はかかるだろうと思っていたのだが、故障箇所は単純な接触不良だったそうで、3日間で工場から返ってきた。

ああ、よかった。
これで5日のノーブルでは愛用のギターが弾ける。

ただ、一つだけ不安があった。エレアコが直ったのかどうか、自宅では確認のしようがないのです。ノーブルで使うアンプにつないでみるまで、ちゃんと音が出るかどうかわからない。

というわけで、念のためにサイレントギターも持ってノーブルに出かけたのでした。

*****

西巣鴨の白山通り沿いの家庭的な喫茶店でのライブ。

毎回、大きなテーブルには、Momokoライブの日に友達と誘い合わせて飲み会(?)に集まってくださるおじ様、おば様たちが座ってらっしゃるのだけれど、きょうは様子が違います。

大テーブルを囲んでいるのは、どうやらママさんバレーの練習帰りの方たち。冷たい飲み物など美味しそうに召し上がりながら、試合の反省や練習の話題に盛り上がってます。さすがスポーツで鍛えた(?)喉。おしゃべりの迫力もなかなかのものです。

ノーブルは普通の喫茶店。ライブハウスではありません。お客さんには「しばらく音楽をやりますけど、よろしければどうぞ」という風にマスターやママさんが説明してくれます。

ライブ中にふらりと入ってくる人もいれば、夕方からお茶やビールを飲みに来ていたらライブが始まっちゃった・・・・という人もいます。しばらくそのまま聞いていく人もいれば、すぐに出て行く人もいる。

それでいいじゃないの、とわたしは思ってます。

それにしても・・・

ママさんバレーのテーブルの賑やかさはハンパじゃありません。演奏の準備をして、マイクのテストをしても、「これから音楽が始まる」となかなか気づいてもらえない。

これは、一声かけたほうがよさそうね。


「お話中、おじゃましまーす! こんにちは!」
「こんにちは!!!」
(さすがスポーツマンシップが徹底している。挨拶もハキハキ、さわやか!)
「皆さん、バレーボールやってらっしゃるんですか?」
「そうそう! きょうは練習の帰りなのよ!」
「いい汗かいた後のビールは美味しいですね!」
「その通り!」
「わたしは視力が悪いんですけどね。盲学校の時は、視覚障害者用のバレーボール、しましたよ~」
「知ってる、知ってる! 転がすんでしょう?」
「そうです。どこかで見たことありますか?」
「今度、やるのよ、その、転がすバレーボール。」
「そうなんですか?」
「バリアフリーなスポーツを体験する日があってね。この間はハンディキャップテニスってのをやってきたのよ」
「そうですか。バレーボールもきっと面白いですよ~ ところで・・・・」と、本題(?)に入ります。
「わたし、ギター弾き語りしてるMomokoといいま~す」と言いながらチラシを配る。
「はいはい、Momokoさん、よろしくね!」
「これからしばらくの間、ここで歌うんですよ~」と言ってマイクスタンドを指差す。
「へえ! ここで音楽が聴けるの? 何? 何? ブラジル? てことはボサノヴァ?」
「はい、サンバやボサノヴァや、それから日本の歌も歌います」
「ボサノヴァっていえば、わたし、カラオケで歌うのよ、ほら、あの、有名なヤツ」
「イパネマの娘ですか?」
「そう! それ! 英語だけどね。」
「じゃ、イパネマの娘、歌いましょう」
「やった! 生で聞けるなんて最高! あと、あれ、歌ってくれない! あの、オルフェが何とかっていうきれいな歌・・・」
「黒いオルフェですね。歌いましょう」
「キャー!!!」


というわけで、Momokoライブは始まりました。
ママさんバレーテーブルは相変わらずおしゃべり真っ盛り。その中で、リクエストをくれた方は、お喋りに参加しながら、口ずさんだり手拍子したり大忙しです。

そして、5曲目の「満ち潮の夜」の途中で、ママさんたちは元気一杯にお店を出て行かれました。

拍子抜けしたように静かになったノーブルで、あと2,3曲歌ったところで、8月のゲストのフジー・ブランコさんにバトンタッチ。

フジーさんのオリジナリティいっぱいの弾き語りをじっくり聞いていただくことができました。


それにしても、ライブってほんとにいろんなことが起きるものですねえ。

*****

演奏曲

1. イパネマの娘
2. アヴェントゥーラ~カヌーを漕いで
3. Emoldurada~Falsa Bahiana~Triste Madrugada
4. MANHÃ DE CARNAVAL
5. 満ち潮の夜
6. 少年時代
7. 酔っ払いと綱渡り芸人
8. ハッピー・カレーライス

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.13

シンコペーションの音楽やね

よくある会話。

 
 「ももこさんのご趣味は?」
 「ギターを弾いて歌うのが好きです」
 「どんな歌をうたうのですか?」
 「ブラジルの歌、サンバやボサノバなどです。」
 「ほお、ボサノバ、いいですね。わたしも小野リサを時々聞きますよ。」


こういうやりとりを何十回、何百回と経験してきた。特別な意味のない世間話。静かで耳に心地よい音楽、というボサノヴァのイメージそのままに、何のひっかかりもなく通り過ぎていく世間話。


先日、関西のおばちゃんと、しばし世間話をした。


 「ももこさんは、何が趣味なの?」
 「ギターを弾いて歌うのが好きですよ」
 「どんな歌をうたうの?」
 「ブラジルの歌、サンバやボサノヴァですよ」

ここまではいつもと同じ流れだったのですが、関西のおばちゃんの次の台詞は不意打ちに近いものでした。


 「ボサノヴァといえばシンコペーションの音楽やね。」


時々、顔を会わせるそのおばちゃんは、お喋り好きで世話好きの愉快な関西のおばちゃんです。見たこと、聞いたこと、感じたことが関西弁に変換されて次々飛び出す。

そのおばちゃんが「ボサノヴァといえばシンコペーションの音楽やね」とさらりとおっしゃるものだから、わたしはビックリしてしまった。

70代のおばちゃんのべたべたの関西弁とシンコペーションという音楽用語のミスマッチの可笑しさもある。

しかし、わたしが驚いたのは、音楽に特に詳しくはなさそうなおばちゃんが、「ボサノヴァ」という言葉を聞いて、すぐさま「シンコペーション」という用語で答えたこと。

音楽仲間ではない相手との世間話で「ボサノヴァを歌うのが好きです」と自己紹介して、「シンコペーションの音楽ですね」と返事をされたのは初めてのことでした。

・・・・・

そのおばちゃんとの会話から数日後。わたしはギターを練習していました。おばちゃんに話したとおり、サンバやボサノヴァを弾いていたのです。

そして、ふと、おばちゃんの言葉を思い出しました。


 「ボサノヴァといえば、シンコペーションの音楽やね。」


そうだよね。サンバやボサノヴァはシンコペーションの音楽だ。

サンバやボサノヴァのギターは、「タタータータータ」と、拍からずれて進行する。これがシンコペーションというものだろう。

8年前、初めてギターを手にしたときからこの弾き方を教わったわたしは、シンコペーションなどという用語を意識する以前に、この弾き方を当たり前のように弾いてきた。

ところが、その日。
関西のおばちゃんの「ボサノヴァはシンコペーションの音楽やね」という言葉を思い出すと同時に、気がついてしまったのです。

わたしのギターは、時々、ちゃんと(?)シンコペーションしていない!

シンコペーションするということは、拍よりも十六分音符1個分前にずれるタイミングでコードチェンジするということです。ギターを弾いて8年になるのだけれど、いまだにコードチェンジが間に合わないことが時々ある。

間に合わないとどうするか?

コードチェンジ時の音を弾かない。抜かしちゃう。わたしの右手は妙なところで賢くて、左手が間に合わないと察知すると、右手は気を利かせてお休みしちゃう。「ここは弾かない」と頭で考えるより先に、左手が追いつかない時、右手は弦に触らないのです。左手と右手の「おさぼり」の連係プレイ。お見事!です。

というわけですから、コードチェンジするときに、往々にして、わたしのギターはシンコペーションしていないのです。

・・・・・

シンコペーションとは。辞書によれば。
 
  シンコペーション    【syncopation】

  〔専門〕 <音楽> 強拍と弱拍の通常の位置関係を変え、
  音楽のリズムに緊張感を生み出す手法。
  一般には、弱拍の音を  次に続く同一音高の強拍の音と
  タイで結ぶことによって作り出す。
  移勢法。切分法。切分音。
   (大辞林)


なるほどねえ。拍からずらすことで緊張感をもたらすはずのコードチェンジなのに、「ここは間に合わないからお休みね」と勝手にお休みしてしまった結果、わたしのギターは、しまらないサンバになったり、ブツ切れのボサノヴァになったりする・・・・


拍より前にずれた十六分音符の弾き方で、勢いがついたり、ゆったりと流れたり、ギターの雰囲気が変わるのだ・・・と、サンバのセンセイにも何度も教わったっけなあ・・・

せっかくの「要のシンコペーション」も、そこを弾かないことには話にならない。

・・・・・

というわけで、コードチェンジをごまかさずに、徹頭徹尾、終始一貫、シンコペーションするように、今まで手抜きしていた箇所を片っ端から練習している今日このごろです。

「ボサノヴァといえばシンコペーションの音楽やね」という関西のおばちゃんの台詞を思い出しながら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.08.09

ひとときのの快感

こんなライブでした その5
-------------------

7月28日(金) 7:30~
高田馬場 ライフリー
Momoko(歌とギター)&ウォルフィー佐野(パーカッション)

*****

パーカッションのウォルフィーさんと二人でのライブは今回が15回目だそうです。(ウォルフィーさんが几帳面に数えてくれてました)

さすがに15回もいっしょにやってると、そうそう目新しいことは起こらない、と思っていた。

歌う曲目は、多少の入れ替えはあるにしても、だいたいいつも同じ。
歌もギターも、いつも同じパターンでとりたてて変更はない。

いつもどおり。

それでいいじゃない。

いつもどおり。

・・・・・

ウォルフィーさんのパーカッションコーナーは、遊び上手な男の子の自慢のおもちゃ箱。曲の雰囲気に合わせて、あっちの楽器、こっちの楽器と持ちかえて、楽しそうに、時にはちょっと得意げに振ったり、叩いたり・・・・

楽器選びにも、ライブの時のセッティングにもこだわります。新しい楽器を手に入れた時や、手作りのパーカッション楽器スタンドがライブで思惑どおりに威力を発揮したときなど、本当に嬉しそう。

そんなウォルフィーさんの存在そのものが、わたしも、周りの人々をも楽しくさせてしまう。

ウォルフィーさんのパーカッションは本の挿絵のようだとも言える。文字だけの本はともすると退屈だけれど、そこに挿絵が入ると、読みやすくもなり、物語のイメージがふくらむ。時にはわたしが思いつかないような音で、いつもながらの歌に新しい絵をを描いて見せてくれる。

ウォルフィーさんといっしょのライブの魅力はこういう楽しさにあるのです。

それにしても。

15回目。

ライブはいつも楽しいのだけれど、このごろ身を入れていっしょに練習してないなあ・・・

これはいかん!

今回はちゃんと練習をしよう!

・・・・・

というわけで迎えたウォルフィーさんとの練習日。
わたしにとっては試練の時(?)が始まりました。

二人で合わせるのは前回のライブ以来2ヶ月ぶり。いつも勝手気ままに弾き語りしているわたしは、相手が誰であれ、「合わせる」というのが、実はとてもとても苦手なのです。

あ、ウォルフィーさんがトライアングルを出してきた。これはどうやって合わせるんだっけなあ・・・ そうだ。1拍めで同時にギターを弾いて、それからトライアングルが3回鳴ったら4つ目のトライアングルでギターを刻むんだ。

1,2,3,4,1,2,3,4・・・

あ~~~~ わかんなくなっちゃった~~~~!!!!!
えーい! とりあえずいつもどおりに勝手に弾いて歌っちゃおう!

たいがい、こうなるのであります。

この日の練習も相変わらず「ああ~ わかんなくなっちゃった~」の連続でした。

そんなチグハグかつ非音楽的(?)な合奏中、突然、それは起こりました。


あれ? 

まるでギターを弾いていないみたい!!


それはまるで、Momokoウォルフィーバンド(?)の伴奏で気持ちよく歌っているような感覚。それほどにギターを弾いていることも、ましてやパーカッションに合わせようとしていることも忘れて歌っている。


体がふわりと浮くような快感。
気持ちいい~~~!!!


奇跡のような快感は数小節と続かなかった。

けれど、初めて経験する快感に、しばらくの間、胸がドキドキしていました。

・・・・・

そうか・・・

誰かと合わせるっていうのにはこういう気持ちよさがあるんだ・・・・ 二人のリズムがかみ合ったときに、相乗効果で気持ちよくなるんだ・・・ こういう演奏がいつもできたら、さぞかし気持ちいいに違いない。

ウォルフィーさんとのライブは賑やかで、面白くて、楽しい。

それに加えて、「気持ちいい~」ライブにしたいものだなあ・・・ 

「ひと時の快感」を思い出しては、今日もメトロノームに手を伸ばすMomokoでありました。

*****

演奏曲

7:30~

1. SE ALGUEM PERGUNTA POR MIM
2. WAVE
3. A FELICIDADE
4. FELICIDADE
5. ハッピー・カレーライス


8:30~

1. TRAVESSIA
2. 瞳はダイヤモンド
3. 満ち潮の夜
4. 百万本のバラ
5. 少年時代
6. 夢路より
7. MENINA MOÇA
8. AMIGOS SAMBISTAS
9. 上を向いて歩こう
10. TRISTE MADRUGADA~悲しい夜明け


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.01

この感触を待っていたのね

5月の末にクラシックギターを買った。たまたま訪れた楽器屋さんで、抱えた瞬間に、ずっと前からわたしのギターだったみたいにしっくりと体になじむそのギターを買った。

ほとんど一目ぼれで買ったギター。だが、いざ自分の部屋で弾いてみると、「ぼこぼこ」と重たくこもった音しか出てこない。

おかしいなあ。
お店ではあんなに弾き心地がよかったのに・・・
梅雨の湿気のせいかしら?

ちょっとした海外旅行に行けそうなお値段のギター。一目ぼれしたはずのギターが「ぼこぼこ」としか鳴ってくれないなんて悲しすぎる。

ふてくされたように、めんどくさそうに「ぼこぼこ」と音を出すギター。30分も経たないうちに弾いてるわたしは嫌気がさしてくる。

ああ、嫌だ。こんな音!

「ぼこぼこ」としか言わないギターなんかもうたくさん!

***

せっかくの新しいギターをケースにしまい、いつものエレガットをひざに抱える。

平成11年1月28日に購入したエレガット。アンプにつながなくても生音で楽しげにシャンシャンと歌いだす。たまに沈んだ音の日があるけれど、そんなときは静かな曲を弾いてあげると、そのうちに機嫌を直して、また愉快に歌いだす。

天気のいい日も悪い日も、ケースに入れて背中に背負って、あっちのお店、こっちの公園といっしょに歌い歩いた仲間。幼なじみのようなこのギターは、「たのしいのが一番大事!」というわたしの性分をよくわかっていて、明るい音を出してくれる。

好きな歌を次から次に弾いては歌う。右手の指に当たる弦の感触が、このごろますます気持ちよくなってきた。右手の指が気持ちいいと、ギターも気持ちいい音がするのよねえ・・・

右手に当たる弦の感触・・・・


あ。


幼なじみを置いて、ハードケースから新しいギターを取り出して抱えてみる。

右手の指が弦に当たる感触。
指をスパッと振り切って
弦に当たる感触。
力を入れて弾くのではなくて、
太鼓を叩くように、
スパッと指を振り切って弦を叩く。
そのときに、すっきりと歯切れのよい音が出る。

これは、幼なじみのギターを弾きながら最近気がついたこと。音量や歯切れのよさは、指の力を抜いて振り切る動作が関係するらしい。そして、力を抜いて振り切るためには、指の筋力が必要なのではないかしら?

ギター教室の先生が「ギターを弾いていないときに指のストレッチとトレーニングをするといい」と教えてくれたのは、こういうことだったのか・・・

*****

新しいギターでサンバのバッキングをゆっくり目に刻んでみる。

右手の指を振り切るように、
力を抜いて
弦を叩くように
そして直後にふっと力を抜いて
指を元に位置に戻す。

意識すればするほど「力を抜く」のは難しくなる。
厚みのある音色に神経がとらわれるのか、指使いが緩慢になる。
スパッと振り切るはずの指が、弦にまとわりついて「ねち」っと弦を押している。

そうじゃなくて!
幼なじみのギターを弾くときのように、
指をスパッと振り切ったら・・・

きっと

きっと


ほら!


ほんの一瞬。
シャキ!っと歯切れのいいコードが鳴った。
それは、幼なじみのギターのような陽気な音とは違う、しっかりと重みのある音。

新しいギターは、この指の感触を待っていたに違いない。
「ちゃんと弾いてくれれば、あなたの気持ちにこたえますよ」と言いたいのかもしれない。

新しいギターは、指のタッチに敏感に反応する。

このことに気づいた瞬間から、わたしは新しいギターを本気で弾くようになった。

耳を済ませて。
指先と音色に神経を集中させて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »