« わたしの声はどんな声? | トップページ | 海ゆかば »

2007.03.27

美しい姿になってみました

椅子に座る。

ギターを抱える。

足を組む。


クラシックの曲を弾くときは
左足を上にすると
ギターが少しだけ
からだの中心に近くなる。


ブロウウェルのシンプル・エチュード。
アルペジオの練習曲を、ゆっくりゆっくり弾いてみる。


ふと、左横の鏡を横目でちらりと見てみた。


ああ、やっぱり・・・前かがみ。
背中を丸めて、下を向いて弾いている。


何でもかんでも目を近づけなければよく見えない弱視のわたしは、ギターを弾くときも、指の形を確認しようとして、ついつい顔をギターに近づける。

アルペジオの練習曲。
何百回も練習したこの曲は、目をつぶっても弾くことはできる。


それならば・・・


美しい姿で弾いてみたらどうだろう?


正しい姿勢とは・・・

「あごを引いて頭を後ろにずらすようにする」と、東洋医学のメルマガに書いてあったっけ。


正しい姿勢とは

「肩甲骨をお尻のポケットにしまうような感じ」とピラティスの本に書いてあったっけ。


いろんな人のいろんな言葉を思い出しながら、体をまっすぐに、両肩の力を抜いて・・・

どうだろう・・・・?

横目で鏡をちらりとのぞく。


だいぶすっきりとした姿になった。

この姿勢では、顔がギターからだいぶ離れてしまう。指に目を近づけられないのはなんとも頼りない感じがするけれど、両手の指の動きと、指先の感覚、そして、両手で鳴らすギターの音に意識を集中して、ゆっくりゆっくり弾いてみる。

これでいいのかな。

鏡の「横姿」はだいぶ美しくなったけれど、この姿で弾き続けて、本当にいいのかな・・・・


美しい音は美しい姿に宿るのかしら・・・・・?

|

« わたしの声はどんな声? | トップページ | 海ゆかば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84574/14421169

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい姿になってみました:

« わたしの声はどんな声? | トップページ | 海ゆかば »