« たった一人の聞き手 | トップページ | Alvorada~夜明け~ »

2009.10.15

震える膝、麻痺する手

10月7日(水) 
荻窪アルカフェのオープンマイクの司会役。
台風上陸直前の夜。3人の参加者の前で一曲弾き語り。

 緊張はしていないはず。
 けれど、右手も左手も制御不能。
 聞くも無残な「誕生日のソネット」。
 
嵐の気配を気にしながら歌った最後の2曲。

 刻めないバッキングの「枯葉のサンバ」
 歌詞がぐるぐる回る「上を向いて歩こう」


10月11日(日)
ギターデュオのミニコンサートにゲストでお呼ばれ。

 緊張はしていないはず。
 けれど、右手が震える「ハッピー・カレーライス」
 どうにか持ち直した「誕生日のソネット」


10月12日(月)
東横線学芸大学前のアジアンカフェのオープンマイク。

 イントロで心臓が止まるかと思った「ジェット機のサンバ」
 膝がガクガク震えっぱなしのO Que E O Que E.
ヤケクソで乗り切った「ハッピー・カレーライス」
 ゆっくり弾いても刻めない右手の「枯葉のサンバ」


どうしてこんなにアガルんだろう?
どうしてこんなに震えるんだろう?
一年のブランクを取り戻すのに
どれだけ場数が必要かしら・・・
ぜったい成功させたい出番まであと4日。
気持ちは焦る。
焦るからますますアガル。


10月14日(水)
瑞江のハックルベリーのフリーセッション。

フリーセッションデーだから行ってみれば、お店は普通にレストラン&バー営業中。
飲み会盛り上がりの7,8名のグループに、家族連れが一組。

フリーセッション参加者は・・・・?
誰もいない(笑)

「お客様がちょうどいらっしゃるので、今からお願いします」とマスターに促され、
たまたま居合わせた常連のお姉さんにセッティングを手伝っていただいて・・・

 ギター間違いまくりの「誕生日のソネット」。
 覚えたてのわりに何とかなったA Batucada Dos Nossos Tantas
 やっぱり右手が刻めない「ハッピー・カレーライス」

目の前のお兄さんとお姉さんがふざけて踊ってる。
カウンターの向こうであっけにとたれた顔で聞いているカウボーイハット姿のマスター。

「面白かったよ。」
「CD、ちょうだい」
「ブログに載せたいからいっしょに写真とって!」


一期一会のお兄さん、お姉さんたちとに面白がっていただいて。
誕生日のお祝いにお店からデザートをご馳走になって。
ありがたさをしみじみと感じながら雨の道を歩いて帰った。
51回目の誕生日の夜。


歌おう。歌い続けよう。
歌い続ければ、弾きつづければ
いつかきっと、
震えない膝と麻痺しない両手を
取り戻すことができると信じて。

|

« たった一人の聞き手 | トップページ | Alvorada~夜明け~ »

コメント

西荻の住人さん
こんにちは。お知らせせずに失礼いたしました~ 次回のMomok司会のアルカフェオープンマイクは来年の3月3日です。どうぞ歌いにいらしてくださいな!
それにしても、まだまだ上がるんですよ~ 

投稿: ももこ | 2009.11.09 23:49

ご無沙汰しております。
アルカフェ出てたんですね。
連絡頂ければ、時間がある時は伺いますよ。
しかし、ももこさんでも上がるんですか?
いつも見てても全然、分かりませんよ。
また、お誘い下さいね。
僕も頑張って歌っております。

投稿: 西荻の住人 | 2009.11.09 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たった一人の聞き手 | トップページ | Alvorada~夜明け~ »