« 雪の夜のオープンマイク | トップページ | 60年代 »

2010.02.03

一曲入魂

荻窪アルカフェのオープンマイクに遊びに行った。

ぽつぽつ冷たい小雨の夜にいったい何人集まるのやら・・・と思いきや、
7名の音楽びとと、1名のPAびとがつどうライブの夜となりました。


小石の歌を切々と語るお兄さん。
ギターソロをささっと弾いちゃう常連さん。
いつものサンバを歌うMomokoさん。
渋い声でフォークを弾き語るシンガー。
独特のグルーヴの歌とギターが聞かせるお兄さん。
本格ボサノヴァの常連お兄さん。
夢をテーマにしたオリジナルが素敵だったピアノ弾き語りのお姉さん。
そして、音の調整にぬかりのないPAさん(笑)。


「今日はこれを歌うために来たんだ」
渋い声のシンガーは
馴染みの店のマスターにささげる追悼歌をうたう。
一曲入魂。


名残惜しいが外は小雪が舞っている。
早めにおうちに帰りましょう。


穏やかで、暖かで、密度の濃い
節分の日のアルカフェオープンマイクでありました。

・・・・・
Photo_4

今日の夕ご飯
北参道の「ヒマラヤカレー」の
モモ(ネパールの蒸し餃子)と野菜カレー。
ふっくらモモに思わずにんまり。

|

« 雪の夜のオープンマイク | トップページ | 60年代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84574/47509613

この記事へのトラックバック一覧です: 一曲入魂:

« 雪の夜のオープンマイク | トップページ | 60年代 »