« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.29

26歳の別れ

ひとりの男の子が
音楽事務所を辞めた。

18歳で上京。

音楽街道まっしぐらに走ってきた。

26歳。

何があったのか。

何を考えたのか。

ひとりのファンでしかない私には
真相はわからない。

何らかの形で音楽を続けるのか

音楽はやめてしまうのかも

わからない。


でも

この先どんなふうに生きていくとしても

いつの日か

また歌うときがくると
信じている。

何ヵ月後か、
何年後か、
何十年後か、

君が歌う日が再び来ることを

信じているよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.27

さくらまつり

お江戸深川さくらまつりというイベントに歌いに行きました。

門前仲町近くの石島橋の端のたもとに
「KOTO街かどアーチスト」ののぼりを立てて、
タンタン(ブラジルの太鼓)&ボーカルのともちゃんと、ギターのMomokoの二人で演奏を始めようとしたら・・・


 「そこじゃあ、あまりにも目立たない!
  橋の真ん中でやんなさいよ!」

と、端の上でお煎餅を売っていた商店街の役員さんが言ってくださり、
さくらまつり参加三年目にして、

端の、じゃない、
箸の、じゃない、
橋のたもとから橋の中央へ進出!

暖かい手拍子や拍手をいただき、
「どこの国の歌?」「その太鼓はどうやって叩くの?」と声をかけていただき、
投げ銭まで頂戴して、
お赤飯やら桜えび入りの御餅などをご馳走になり、
川を行き来する新内流しの小舟を眺め、
うららかに幸せでございました。

川沿いの桜が、久しぶりの陽射しにみるみる咲いていくように見えました。


。。。。。

Momokoライブ@池袋Bemstar
http://www16.ocn.ne.jp/~bemstar/top.html


絵描きミュージシャンのAchaさん企画ライブで30分歌います。

3月29日(月)
18:30オープン/19:00スタート 
チャージ:1000円+ドリンクオーダー

出演
19:00~落語ブルースバンド
19:35~佐藤龍一
20:10~Achaバンド
20:45~ハヤシタカユキ
21:20~Momoko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.15

弾き語り

ある日、「FMラジオ出演者募集」というmixiの書き込みを発見。

ラジオ? そりゃ面白そうだ。

問い合わせてみると、

「rapportという交流会でアピールしてください」とお返事をいただいたので、本日行ってまいりました。

東横線新丸子駅下車。

プリントアウトした地図を片手に・・・

床屋さんの角を曲がって・・・
神社を通り過ぎたら・・・
そろそろかな・・・

あれ? 大通りに出ちゃったということは、通り過ぎた?

うろうろ、うろうろ、うろうろ・・・


「Throb1に行かれますか?」
「え? なんでわかったの?」
「僕もこれから行くところですから、こちらですよ」

心優しいお兄さんに案内されて無事に会場に着きました。

 (Tailaさん、ありがとう!)

薄暗い店内をうろうろ、きょろきょろしてると・・・

「ももこさん! おひさしぶり~」と声をかけてくださったのはピアノ弾き語りの芽亜利・Jさん。

初めての場で知った顔に出会うと心強い。

そうこうしているうちにピアノ弾き語りシンガー浅羽由紀さんの進行でイベントが始まった。

rappotとはアーティスト達の発表と交流の場。オープンマイクのような催しであった。

一人1曲ずつ順番に歌う。

Momokoは2番目。長めのトーク(ラジオ出演希望アピールだからね(笑))の後に「ハッピー・カレーライス」。

その後も、ギター弾き語り、ピアノ弾き語りが次々続く。

参加者は十数人。カバー曲を歌ったのは、シャンソン「ろくでなし」をギターで歌ったおじさま一人。(なかなか味のある歌でした、もっと聴きたかったなあ)

カードマジックのお兄さんがお一人。

他の皆様はオリジナル曲を歌いました。

一人1曲限定という条件もあってか、どのシンガーもトークと演奏に熱が入る。

歌という手段を用いて、ひとりひとり、自分の思いのたけを語っていく。

まさに弾き「語り」。

歌の前のMCと歌そのものをひっくるめて「語る」。

純粋な音楽としての表現とも、一人芝居や朗読ともちょっと違う。
また、既製の曲を歌う、演奏スタイルとしての「弾き語り」とも違う、
「我が想いを歌う弾き語り」という独特のジャンルがあるのだなあ。

そんなことをなぜか強く感じたrapport交流会でした。それだけ濃い「語り」をたくさん聞かせていただいたということでしょう。


Momokoの歌はただただ「カレーは美味しい」と言ってるだけだけど・・・ラジオ出演できるといいなあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.05

10本の螺旋

3月3日
ひな祭り禁煙オープンマイク@荻窪アルカフェの司会役をさせていただきました。


オープンマイク参加の目的は何だろう?

・新曲を人前で演奏する練習。

・ライブの予行演習。

・マイクや機材に慣れる練習。

・MCの練習。

・要するに場数と場慣れのために、というところだろうけれど

・別に目的なんかなくて、ふらりと歌いに行くこともあるだろう。


昨夜のオープンマイクは10組の参加者+ゲストの茜沢さん。

満員御礼状態の店内は静かな熱意に満ちていた。

2曲ずつ順番に演奏していく。


緊張しつつステージへ

精いっぱい演奏

高揚感と開放感のうちにステージを降りる。

他の人々の演奏を聞きながら

真摯に反省。


というプロセスが繰り返される・・・ワークショップのような熱心さいっぱいのオープンマイクでした。


歌でも楽器でも、正比例のグラフのように右肩上がりの直線状にレヴェルアップするわけじゃない。

行きつ戻りつの繰り返し。

いや、ちょっと違うかな。

螺旋状にぐるぐるとめぐりながら上昇していくようなイメージ。

螺旋が勢いよく昇る時期もあれば、ほとんと同じレヴェルをぐるぐる回っている時期もある。

でも、続けていれば、音楽の螺旋を描き続けていれば、必ず螺旋の渦は動く時がくる。


10本の音楽の螺旋が出会った昨夜のオープンマイク。
それぞれの螺旋が、大きく、小さく、揺さぶられた夜でした。

皆様、おつかれさまでした。

またお会いしましょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.01

方向と機械が苦手

五反田のペルー料理屋「アルコイリス」で歌ってきました。

前もって味見、じゃなくて下見に行ったはずなのに、しかも五反田駅から数分のところにあるのに、なぜか迷子になりながらようやく見つけた「アルコイリス」の看板の横の階段を上ってドアを開けて・・・


ビックリ!!!


大きなスピーカーや音響機材が設置され、しかも専属のPA担当者さんもいらしていて、ペルー家庭料理食堂が立派なライブハウスに大変身していました。


今宵の出演は3組。順番にサウンドチェックです。

「はい、次の人!」

とPAさんに呼ばれて、ギターとシールドを持ってステージへ。

えーと・・・・シールドはどこにさすのかなあ?

と私が悩む間もなく、共演の鼻笛奏者モスリンさんがお手伝いしてくださる。

シールドを差し込むべきところに差し込んでくださり、マイクスタンドをちょうどいい高さにセットしてくださり、私は使わない譜面台を片付けてくださり・・・あれよあれよという間にセッティング完了。


私はこのセッティングが大の苦手なのです。
シンプルな機材で、ゆっくり時間をかけてよいのならば、なんとか自分でできなくはない。

けれど、たいていの場合は、初めての場所で初めての機材で、しかもセッティングはすばやく完了させねばならない。

モタモタしていると、見かねた共演者さんが手を貸してくださる。

申し訳ないやら、ありがたいやら。


というわけでセッティング完了。
次はサウンドチェックです。

ギターを弾いて歌ってみると、

「注文出してください!」

とPAさんに催促される。


実は、このサウンドチェックがまたまた大の苦手なのです。
機材のどこをどう調整すれば自分好みの音になるのか、さっぱりわからん。

「うーん・・・ボーカルはこれでいいけど、ギターは、なんというか・・・もうちょっとシャキっとした音にしてください」

と注文を出してみたら・・・ギターの音がシャキっとしてきたから驚いた。さすが専属のPAさんはスゴイ!


19時。ライブが始まりました。
3組の出演者が15分ずつ演奏。これを2回繰り返します。
女性シンガー枡方さんのパワフルな歌の次がMomokoの出番。

今回はアルコイリスにちなんだ歌を2曲歌いました。

一つは、「虹」という意味の店名「アルコイリス」にちなんで、往年のアイドル天地真理の「虹をわたって」。

 ♪虹の向こうは(ももちゃーん)
 ♪晴れなのかしら(ももちゃーん!)

陽気なおばさまのかけ声でアイドル気分満喫。

もう一つはペルーにちなんでスペイン語の歌。

「ラテンアメリカで流行って、それから世界的に大ヒットした歌です」と前置きして歌いだすと、客席から

 「あ、知ってる、この歌」
 「"フィーリング"だよね?」
 「やっぱりー」

というささやき声が聞こえてきました。
歌い甲斐があったなあ(笑)!

そして3番目は最近Momokoとの共演率急上昇中(笑)の鼻笛奏者モスリンさん。
いつもながらの堂々の演奏とトーク。今回は「亡き王女のためのパヴァーヌ」の熱演が印象的でした。


歌い終わって夕ご飯。コリアンダーがきいている野菜スー"AGUADITO"を大きなお鉢にまるまる一杯を一人で平らげました。


ああ、楽しかったなあ・・・と足取り軽く階段を下りてはみたものの・・・


駅、どっちだっけ・・・


五反田の横丁で完全に迷子になったのでありました・・・


演奏曲
1st
どこかで春が
虹をわたって
So Danço Samba~Momokoバージョン
Felicidade

2nd
One Note Samba
Dime
さくら雲
No Cafe Tito

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »