« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010.04.24

イマジン

KEIさんの弾き語りライブを聞きに行った。

ギター弾き語りのソロライブ。

素に近いKEIさんを聞かせてもらった。

中でも強く印象に残ったのは、涙を流しつつ歌ってくれた、日本語のIMAGINE. 忌野清志郎バージョン。

その歌詞に、そしてKEIさんの歌に、胸を突かれた。

・・・・・

ジョン・レノンの超有名曲。

いままで何百回も聞いてきたけれど、私にはいまひとつピンとこなかった。

あまりにも美しすぎて、きれい事じゃないの?と言いたくなる。

嘘っぽく思えてしまう。

(これを言ったらオシマイかもしれないけれど)今の日本の首相の言葉みたいに聞こえちゃう。

いいことばっかり言ってるけど、ほんとのところ、あんたは何をやろうとしてるのさ?と、詰め寄りたくなる。

愛と平和をうたう名曲だろうけど、「ただきれいな言葉を並べただけの歌」以上のものを感じたことがなかった。

・・・・・

イマジン


天国は無い、ただ空があるだけ
国境も無い、ただ地球があるだけ
みんながそう思えば
簡単なことさ

社会主義も、資本主義も
偉い人も貧しい人も
みんなが同じならば
簡単なことさ

夢かもしれない
でもその夢を見てるのは
一人だけじゃない
世界中にいるのさ

誰かを憎んでも、派閥を作っても
頭の上にはただ空があるだけ
みんながそう思うさ
簡単なこと言う

夢かもしれない
でもその夢を見ているのは
きみ一人じゃない
仲間がいるのさ
平和に生きている

・・・・・

「ビートルズとジョン・レノンンにはものすごく影響を受けた」という忌野清志郎が自分の言葉で歌うIMAGINE.

オリジナルの歌詞に寄り添いつつも、そこには忌野清志郎のメッセージが感じられる。

 天国は無い、
 ただ空があるだけ
 国境も無い、
 ただ地球があるだけ

この言葉を本気で主張するのは、実は、勇気が必要なのだ。

「なに、夢みたいなこと、言ってるんだ?」と笑われるかもしれない。

政治的な、あるいは宗教的な立場を問い詰められるかもしれない。

過激な活動家だと敬遠され、危険視されるかもしれない。

一見、口当たりのいい言葉だけれど、本気でこの歌詞を歌うのは相当の勇気と覚悟がいることだと思う。

でも、勇気と覚悟をもってこの歌詞をうたったならば、想いを同じくしている者に出会えるだろう。

自分と同じように、勇気と覚悟をもってこの歌をうたえる、うたってくれる仲間がいることがわかる。

 夢かもしれない
 でもその夢を見ているのは
 きみ一人じゃない
 仲間がいるのさ
 平和に生きている

「仲間がいる」とは、ただ単に「ひとりぼっちじゃないよ」「寂しくなんかないよ」という個人の孤独だけを指しているのではない。

真剣に平和を願い、考え、行動を起こそうとする者は実は大勢いるのだ、いるはずだ、という信念を歌っているのではないだろうか。


・・・・・
KEIさんのライブ。


 きみ一人じゃない 
 仲間がいるのさ


内なる自分を受け入れること。
家族や友人を受け入れること。
そういう日常の人間関係の中の平和もまた苦悩の中から見えてくるもの。


 仲間がいるのさ・・・


泣きながら歌うKEIさんに、誠実さと正直さを感じたのでした。


そうか。


勇気と覚悟をもって、誠実に正直になれば、想いを同じくする人がかならず回りにいるはずだ。

日常生活のささやかな平和であれ、民族と民族、国と国との平和であれ、勇気と覚悟、誠実さと正直さをもって臨めば、想いを同じくする仲間と連帯できる。


そういうことを忌野清志郎は、もしかしたらジョン・レノンも、言いたかったのかな。

少なくとも、私はそんなメッセージを感じたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.21

黄色いコード

4月18日(日)。
大塚のエスペト・ブラジルにてMomoko企画ライブでした。


企画ライブということは、

1.出演者のコーディネート→これはおかげさまで順調に決まりました。


2.当日の司会進行→これはMomokoの得意分野(笑)。


そして。


3.ステージのセッティングやPAの調整。

なぜならエスペト・ブラジルには専属の音響担当さんはいないので。


→こりゃ、大変だ!

(Momokoをよく知ってる人も「そりゃ、大変だ!」と思うでしょ?)

どこへ歌いにいっても、PAの調整やセッティングは共演者にお任せで、私は座ってギターを抱えて歌うだけ~のMomokoです。

大丈夫なんだろうか。


出演者は6組。

いちばん人数の多いのはギター二人+ボーカルの3人組。

3人でハモるからボーカルマイクが3本で、

ギターが二人だからシールドが2本。

キーボード弾き語りの出演者もいるから、キーボードのシールドが1本。


ひえー!


ステージに黒いコードが6本もとぐろを巻くことになる!


こりゃ、コードも、ももこの頭も大混乱間違いなし!

というわけで。

ライブ前日。

ギター用の黄色いコードを購入しました。

もう1本のギター用の黒いコードには黄色いゴムひもを結びつけた。

ギターは黄色ですよ、ももこさん!


3本のボーカルマイクとマイク用シールドには、ピンクの付箋を貼り付けました。


マイクはピンク、Momoko色!


6本のコードをアンプに差し込んで、音を出す。


リハーサル開始です。


「ギターの音のバランスが悪いね。
低音を絞った方がいい」と出演者。


えーと、低音のツマミはどれですか?
(と別の出演者に聞く)
ふむふむ、上から3番目ね。
覚えたぞ」


ボーカルマイクがハウリング。

リバーブを少し絞ったほうがいいんだろうなあ・・・・
リバーブのツマミはどれですか?
(と出演者に聞く)
ふむふむ、下から3番目。
覚えたぞ」

なぜ、いちいち出演者に聞くのかって?


弱視の私はアンプのツマミの文字が見えないからです~~~~


でも、大丈夫。

覚えたもんね!


アンプに差し込まれた6本のコードは、
左から順に

 キーボード、マイク1、マイク2、ギター1、ギター2、マイク3。


それぞれのツマミは、上から3番目が低音で、1番下がボリュームで、下から3番目がリバーブ。


全部、覚えたぞ。

だいぶいい音になってきたぞ。


これで大丈夫だ!(と自分に言い聞かせた。)

6時30分。ライブスタート。

1番手のボサノバコーラスのターコイズムwithミウラォン、
2番手のともちゃん&Momokoと順調に進む。


けっこう何とかなってるじゃないの、Momokoスタッフさん。


ところが・・・


3番手の佐藤真規さんのところで重大アクシデント。

「ピアノの音が出ないんですけど・・・」

「あ! キーボードのスイッチ、入れるの忘れてた! すいません!」

「あの、CDかけて歌うんですけど」

「え? CD? どーやってかけるんですかあ????

お店のお兄さんに手伝ってもらったものの、結局CDはうまく再生できず。

そんな悪条件にもかかわらず、佐藤さんのオリジナル曲は客席をおおいに盛り上げてくれました。


4番手の原田俊也さんはギター弾き語りだからセッティングには問題ないでしょ。

はい、どうぞ! あれ? なんで歌い始めないのですか?


「ももこさん、録音、お願いします」


ああ、そうだった~
レコーダーのスイッチを入れ忘れてた!

今度こそ、はいどうぞ!


そして5番手の菊池さん、江藤さん、大槻さん組。

ボーカルマイク3本、ギターのシールド2本だよね。

準備万端。

「シールド、もう1本ある?」

え? な・ん・で?

「これにつなぐから」

ギタリストは摩訶不思議な小箱を取り出す。

あの・・・コードは2本しか・・

「あ、じゃ、自分のを出すから大丈夫」


よかった~

そして最後にMomokoが弾き語り。

9時終了予定を15分オーバーして、無事にライブは終わりました。


多々難ありのスタッフMomokoではありましたが、皆様のご協力で、音が途切れることもなく、とても楽しい一夜になりました。

大勢のお友達が応援にかけつけてくれました。

ああ、それなのに・・・

「えーと、どなたでしたっけ?」とMomokoに尋問された方が何人もいらしたはず。

お誘いしておいて「あなたは誰?」とはなんと失礼な!

弱視のワタクシ、皆様のお顔が実はほとんど見えてないのです。

失礼をお許しくださいませね。


こうして、Momoko企画ライブは手拍子と歌声と笑い声で盛会とあいなりました。

友人、仲間のみなさま


本当にありがとう!

また、いっしょに遊ぼうね!


演奏曲
Alvorada
Amigos Sanbistqas
A Batucada dos Nossos Tantãs(タンタン:ともちゃん)
Let It Be
さくら雲
ハッピー・カレーライス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.07

ライブうどん屋さんの夜は更けて・・・

3月31日(水)

笹塚のライブうどん屋さん、MUSICAのオープンマイクに参加しました。

MUSICAのオープンマイクの進行役をしてくれていたデジュリドゥーのあだっちさんが遠くにお引越しされまして。

MUSICAのマスターが司会からセッティングからお食事、お飲み物サービスから大活躍。

ピアノ即興演奏あり、
ギターでカントリーミュージックあり、
口琴パーフォーマンスあり、
ピアノ弾き語りあり、
MUSICAでおなじみボサノヴァ女声コーラスユニットあり、
Momokoの弾き語りもあり。

今宵は、どなた様ものんびり、まったりムード。

マスターがあだっちさんに電話で実況中継したりして。

夜更けまで、気持ちよく、だらり、だらりと過ごしました。

うどんが美味しくて居心地のいいMUSICAのオープンマイク。

次回は4月28日(水)だそうですよ~。


演奏曲
Wave
Feitico da Vila
さくら雲

けいしんさんのギターと初コラボでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりアガル~

3月29日(月)

絵描きミュージシャンのAchaさんの企画ライブに参加させていただきました。

池袋西口から7,8分のところにあるギャラリー&カフェ、Bemstarというお店です。

Achaさんの出演者募集の呼びかけに応じたmixiつながりの5組+ゲストの出演者。

落語ブルースバンドあり、
熟年ブルースマンあり、
世界を旅する弾き語り青年あり、
主催のAchaさんももちろん歌い、
Achaさんのお友達の弾き語りはパーカッションが入って盛り上がり・・・

そして、この日の最後の出演者、

Momokoさ~ん。


しーんと静かな店内。


オープンマイク修行の成果で、震え病はだいぶ回復したと思っていたけれど、

いやいや、どうして。

やっぱり緊張します。

アガリます。
まだまだ修行が足りません。

でも、Achaさんがご自分の機材を持ち込んで作ってくれた素晴らしい音に助けられて、おしゃべりを交えつつ楽しく歌いました。


主催のAchaさん、出演者の皆さん、楽しい夜でした。

ありがとう!


演奏曲
Wave
虹をわたって
Alvorada
ソ・ダンソ・サンバ(Momokoバージョン)
さくら雲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »