« 2010年6月 | トップページ | 2012年3月 »

2010.08.20

Momoko企画ライブ第2弾

Momoko企画ライブ第2弾
「いってきまーす!」

4月にドキドキで開催したMomoko企画ライブ。
音楽友達の皆様に盛り上げていただいてとっても楽しかった!ので、
またまた開催することになりました。

2回目の企画ライブ。2回目だけどワクワク、ドキドキ。

それから・・・この日のライブ以降一年間、Momokoライブはお休みになります。

夏の終わりの日曜の夜、どうぞ皆様、Momoko&音楽友達のライブを盛り上げにいらしてくださいね!

よろしくお願いいたします~~~~~


♪♪♪♪♪

9月5日(日)Momoko企画ライブ
「いってきまーす!」

会場 大塚エスペト・ブラジル

18:00オープン
18:30スタート
チャージ:500円+ご飲食代


出演者

ウン、ドイス、トレス!(サンバ大好き三人組。いっしょに歌いましょ、踊りましょ!)
ルシェルシェ(三線&ヴォーカルとアコースティックギターのデュオ。沖縄の歌をゆったりと)
片山所長(ギター弾き語り。ちょっぴり笑えてかなり共感できる大人のフォーク)
Kitchan & Friends(超カッコイイおじ様バンド。洋楽の名曲をたっぷり聞かせてくれます)
Momoko(いつもながらのギター弾き語り)


*ブラジルのお酒やお料理が楽しめるお店です。
酷暑で疲れたからだにエネルギー補給できますよ!

| | コメント (0)

ギャラリーで歌います♪

ギャラリーで歌います♪

アーティストグループLF 一周年記念イベント@ギャラリー生田緑地


8月28日(土)、29日(日) 17:00~19:00 入場無料

出演 28日:チカタニナオユキ(ピアノソロ)、Momoko(ギター弾き語り)
29日:川瀬由紀子(ピアノソロ)、Momoko(ギター弾き語り)

個性的な絵描きさんたちの作品に囲まれてのライブです♪

・・・・・・・・・・

あれは昨年のことでした。

荻窪アルカフェのオープンマイクに歌いに行った帰り、シャッターが下りた駅前薬局の前で呼び止められました。

  すいません!


道でも聞かれるのかと思って立ち止まったら・・・


  彼は絵描きで、僕は詩人です!


え? なんですって?


  よかったら、彼が即興で詩を書いて
  僕があなたの似顔絵を描きます!


と言うと紙のコースターを取り出した。


さて、どうしたものか・・・・

そうだ! 私はギターを持っているじゃないか!

  私は歌うたいです!
  一曲歌います!

シャッターの降りた薬屋さんの前で、ギターを弾いて歌ううちに、詩人さんが短い言葉を書き、絵描きさんがさらさらと似顔絵を描いてくれたコースターが完成・・・

これが絵描きの田中拓馬さんと詩人の井上優さんとの出会いでした。

お二人との出会いをきっかけに、アーティストの発表の場を開拓しようという趣旨で活動を始めたグループ「LF」に参加することになり、このご縁で、実に思いがけない発表と交流の場をいただきました。


 ギャラリー・カフェでのイベント
 異業種交流会の研修会
 不動産屋さんの営業所オープン記念パーティ
 早朝の勉強会
 などなど・・・


そんな刺激的な出会いの場、LFの一周年記念イベントが8月21日から29日まで開催されます。
私は28日と29日のライブイベントで歌います。
絵と音楽がひとつの場を創るイベント。
どうぞ遊びにいらしてくださいませね。


・・・・・・・・・・

LF一周年記念発表会

会場:ギャラリー生田緑地

絵画展示:8月21日~29日午前10時から午後5時。
ライブイベント:8月21日、22日、28日、29日の午後5時から7時。
入場無料。


| | コメント (0)

2010.08.01

初共演

ジャンボライブという楽しいイベントに参加してきました。


普段は一人で弾き語りをしているのですが、今回は5人のグループでの演奏です。

4月のMomokoライブに出演していただいたボーカルとギタリスト二人のお兄様3人グループに、ドラムのお兄様が加わり、そこに弾き語りのMomokoを入れていただいたのです。

4人のお兄様方は、ポップス系の曲を颯爽と演奏する凄腕ミュージシャン達です。

40歳でギターを習い始めた私は、サンバの先生に教わった弾き方をドッタンバッタン、ボロンボロンと弾くことしかできません。

いったいどうなることやら・・・と私も心配でしたが、彼らはさらに心配だったに違いない。


一週間前の一度だけの練習を経て、ライブ当日を迎えました。


1曲目。
「イパネマの娘」
ボサノヴァといえばイパネマの娘。
さすがにこの曲は大丈夫だろうと思っていたのだが・・・

 「2コーラス目のギターソロの前にギタリストの紹介をしてね」
 「え? 弾きながらギタリストの紹介するの」
 「そーいうこと。それから終わりの8小節はベースのソロにいただきますから」
 「え? じゃ、ベーシストの紹介もギター弾きながらするの?」
 「そういうこと」

という段取りが本番前のリハーサルで明らかになり、すっかり緊張してしまった私は、おそらくここ10年で初めてイパネマの娘のギターのコードが途中でわからなくなった。

でも大丈夫。ドラムとベースとギターが余裕で演奏を続けてくれたから・・・


2曲目
ビリー・ジョエルの「オーネスティ」。
これはボーカルのエルトンの十八番の一つですが、今回は私もギターを弾かせていただくので、ボサノヴァ風になっちゃいました。

私は緊張のあまり膝が震えていて、「いつもの伴奏と雰囲気が違って
エルトンは歌いにくくないかなあ」と心配をする余裕はありませんでしたが・・

心配御無用。
エルトンの堂々の歌に客席は拍手喝さい。


3曲目。
「ハッピー・カレーライス」
Momokoのオリジナルのこの歌をこのメンバーで歌えるとは何と光栄なことか!

しかし。

一週間前の練習日に、イントロは私が一人で弾くという段取りが判明し、実はイントロがまともに弾けたためしがない私は一週間のイントロ猛特訓。

なんとかかんとか弾けたような気がする・・・

軽快なドラム、ベースの支え、華やかなエレキギターに乗って、とっても楽しく歌えました。

ありがとう!


4曲目
「レット・イット・ビ」
これもボーカリスト、エルトンの十八番です。

さすがにこの曲は私はお休みさせてもらおうと思っていたのですが・・・

 「エレキギターのソロが入るから、Momokoさんもギター弾いててください」

という段取りがリハーサルで判明し、恐る恐るギターをポロンポロン・・・だいぶお邪魔したような気がする・・・・

でも心配御無用。
エルトンのレット・イット・ビは横で聞いていてもほれぼれする歌でした。


5曲目
「マシュ・ケ・ナダ」

「ドラムソロで始めて、最後のコーラスは6回繰り返して、ドラムが決めのパターンを叩いたらスパっと終わります」

という段取りを事前にメールで教えていただいていたし。

リハーサルで、エンディングのドラムの合図も「わかった!」はずだったのだが・・・

そうした段取りをすっかり忘れて突っ走るMomoko。

思い出すだにお恥ずかしい。

でも、客席の皆さんが盛り上げてくださってありがたかった。

主催者やお集まりの方々の優しさにたくさん助けていただきました。

皆さん、ありがとうございました。

・・・・・

ひとりで弾き語りは自由で気ままです。

でも、ちょっと油断すると独りよがりに陥ります。

音楽の大先輩のお兄様たちとの共演体験で、いろいろな意味でのバランス感覚の大切さを痛感しました。


お兄様方

いっしょに遊んでくれてありがとうございました~~~

これに懲りずに・・・これからも時々遊んでください。

よろしくお願いしま~す!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2012年3月 »