« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012.12.24

クリスマスの願いごと

12月22日(土)の午後。
くじらさん企画ライブ、「くじらんどVol.3」に、青木沙織さんという方が出演されていました。
ピアノ弾き語りでオリジナル曲をいくつか歌ったところで、沙織さんは、とつとつと語り始めました。

「わたしは輸入雑貨のお店で働いているんですけど、お店のBGMでかかっているクリスマス・ソングの中で、初めて聞いたこの曲が気になって。私は知らない曲だったのですけれど、けっこう有名な曲みたいで。みなさんは知ってますか?
歌詞を調べてみたら、子供のころ、クリスマスにお願いをしたけれど、今の私のクリスマスは、私のためじゃなくて、世界のためにお願いがある。戦争が起きませんように。人々が離れ離れになりませんように。みんなに友達がいて、愛がありますように。
とてもいい歌なので、今日、歌いたくなって用意してきました。
My Grown Up Christmas Listという歌です。
皆さんもぜひ検索して聞いてみてください。とっても素敵な歌です。」


沙織さんが英語でシンプルに歌ってくれたその歌はそのまま胸に伝わりました。


そう、そう!
これが私の願い。
私たちの願い。
みんなの願いだよね。
シンプルで、とっても大事な願いごと。

2012年のクリスマスの夜に、この歌をみなさんと分かち合いたと思います。

沙織さん
クリスマスのために
とてもいい歌をうたってくださってありがとう!

平原綾香さんが歌う日本語の歌詞がとてもいいです。
 


Christmas List


訳詞:吉元由美
唄:平原綾香


Do you remember me?
あなたの膝で
願いごとした日のこと

大人になったけれど
助けてくれますか?
子供のように
まだ夢を見てる

どうしてもかなえたい
願いがあるの
私じゃなく
必要な人に

戦争が起きないように
引き裂かれないように
時よ、癒して
友達がいて
正義が勝つこと
愛は終わらない
これが私の Christmas list

この幻想を無邪氣だと
人は言うけれど
一途な思いの中だけに
真実(ほんとう)は見えるの

戦争が起きないように
引き裂かれないように
時よ、癒して
友達がいて
正義が勝つこと
愛は終わらない

これが私の Christmas list
あきらめてはいけない
わたしたちの Christmas list

| | コメント (0)

2012.12.17

クリスマスってあったかい

欧米にはこういう表現があるそうだ。

Put 'Christ' back in Christmas.
(クリスマスにChrist(キリスト)を取り戻そう。)

クリスマスとは言うまでもなくキリスト教の救世主の誕生を記念する聖なる日。
クリスチャン達が教会に集い、祈りをささげる日。

いつのころからか、

クリスマス=パーティ+プレゼント

という図式が定着してしまった。
クリスマスからChristが消えてX'masという略称があふれている。
クリスマス商戦なんていう言葉があるぐらい。

クリスマスを祝うのにChristを忘れてしまっていいのか?

という主張が、

Put 'Christ' back in Christmas.
(クリスマスにChristを取り戻そう)

ということらしい。


さてさて。

12月15日(土)の午後。
西立川の喫茶たんぽぽライブ12月号で、私はこの言葉をふと思い出した。

Put 'Christ' back in Christmas
(クリスマスにChrist(キリスト)を取り戻そう)。

そして思ったのです。
たんぽぽライブの暖かさ、歌う人も聞く人も、お料理やケーキを作ってくれる人も、パクパク食べてる人も、ぽかぽかとあったかく、ハッピーになる。

外はどんより曇り空だったけど、喫茶たんぽぽは歌とお料理とお喋りと笑い声でぽっかぽか。

そして。

たんぽぽの入り口に飾られたクリスマス・ツリーを見ながら思いました。

喫茶たんぽぽのクリスマス・ライブ。
お祈りも、牧師さんのお話もないけれど、
みんなが集まって、歌って踊って食べて飲んでお喋りして、

メリー・クリスマス!

と言い合って、あったまる午後。

これは、正真正銘のクリスマス。
ここにはChristがちゃんといらっしゃるに違いない。


それに・・・

クリスマス・プレゼントをいただいてしまいましたもの!

喫茶たんぽぽさんから、たんぽぽライブ出演者のみんなに、手作りのマカロンコインケースとポストカードのプレゼント。

びっくりするやら、
感激するやら。

喫茶たんぽぽの方々からは「毎月ライブをしてくださってありがとうございます」と毎回お礼を言われます。

でも・・・

でも・・・

いちばんのしあわせ者は、毎月ライブをさせていただいている私たちじゃありません???

有形無形のクリスマス・プレゼントをいただいて、心身ともにあったまった喫茶たんぽぽライブ12月号ではありました。


| | コメント (0)

2012.12.12

たんぽぽライブ12月号♪

西立川の喫茶たんぽぽの手作りライブ。
今週の土曜日です。

今月は、クリスマスライブ。
4組の出演者の歌のあとで、みんなで声を合わせてクリスマスソングをコーラスしようと思ってます。

大きな声でクリスマスソングを歌ったらお腹がすいて、たんぽぽのケーキがもっともっと美味しくなりますよ。

今月登場するのは・・・

落ち着いた唄とギターのハーモニーを聞かせてくれる、こぎろおるのお二人。
不思議な魅力いっぱいの手回しオルゴールにのせて優しい歌を聞かせてくれる小麦さん。
キュートでダイナミックな歌姫youkoさん
そして、先月お休みしちゃった、ももこ。

今回は、jijiさんが久しぶりにたんぽぽに来てくれます。

どうぞ皆様、一緒に歌いに来てくださいね♪


12月15日(土)13:30~
西立川 喫茶たんぽぽ
http://www.maroon.dti.ne.jp/tanpopo/


音楽は無料です。
お食事、ケーキ、お飲み物をいーっぱいご注文くださいね。


Tanpopo1215


| | コメント (0)

2012.12.09

温室効果

7月のある日。
母が真っ赤なお花の鉢植えを買ってきた。

F1011985


玄関前に置かれた鉢植えの植物は、次から次へと真っ赤な花を咲かせて、母の大のお気に入りになった。

9月になった。
鉢植えにはまたまだ赤い花が咲き続けた。

10月になった。
赤い花はまだまだ咲き続けた。

11月になっても
ぽつり、また、ぽつりと赤い花は咲き続けた

そして12月。
真冬並みの寒さの日々。
さすがにもう赤い花は咲かないだろう。
そろそろ玄関前のメインステージから引退していただこう・・・

植木鉢を持ち上げてみると、

なんと!

つぼみがいっぱいついている!

Photo

そもそも、いったいこれは何の花なんだろう?

え? ハイビスカス????

植木鉢には「ハイビスカス」という名札がついている。

ハイビスカスって南国のお花だよね。
最高気温10度の外気にさらしていてはあまりにもかわいそうだ。

ネットで少々検索してみると、ハイビスカスは秋に花が終わったら、剪定して暖かくて日当たりのいい場所で越冬させるそうな。

しかし・・・

日当たりのいい2階の私の部屋にに持ってきて数日。
つぼみは少しずつ膨らんで、色づいてきた。
新しいつぼみも生まれてきた。

最後のお花が咲き終わるまで待っているべきなのか?

もう冬なのだから、つぼみごと枝を切って、越冬体制に入ってもらったほうがいいのか?

そうだ!

温室に入れればいいのではないか?
最後のお花が咲ききるまで温室に入れてあげて、それから剪定して越冬させればいいのではないか?

でも・・・温室って高そうだよねえ・・・
自分で作るなんて、私には無理、無理、無理。


うーん・・・うーん・・・うーん・・・

ハイビスカスの鉢植えを眺めながら考える。


あ! これだ!


洋服ダンスを開けて、クリーニング屋から帰ってきたまま吊るしてある洋服の透明の袋をはずして、ハイビスカスの鉢植えのかぶせてみた。


とりあえず、温室効果は期待できるのではないかなあ?

これでも寒いようならば、袋の中にカイロを入れてあげよう。

さてさて。

少しずつ、少しずつ膨らみ続けるハイビスカスのつぼみたち。
クリスマスのころに、日当たり良好のももこの部屋で真っ赤な花を咲かせてくれるだろうか・・・・?

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »