« Dime...私に教えて... | トップページ | かんそういも »

2013.01.15

ピン、プリーズ!

円安かあ・・・

ラジオのニュースをぼんやり聞いているところに友達から携帯メール。

「ももこさん、アメリカの銀行口座持ってたよね? ほったらかしにしておくと凍結されて下ろせなくなっちゃうらしいよ!」

え? 自分のお金が下ろせなくなっちゃうの?
そりゃ、大変だ。
解約手続きしなくっちゃ!

2010年秋から2011年秋の1年あまりをアメリカで暮らしました。
1年間の滞在となると銀行口座があると何かと便利かもしれないと思い、渡米前にアメリカの銀行に口座を開いたのです。

確かに便利でした。
スーパーやデパートでの買い物も、地下鉄や鉄道の乗車券の自販機も、銀行のキャッシュカードで支払いOK.
銀行口座が本当にお財布代わりになるので、とても便利でした。

でも、もう必要ありません。
解約せねば。

アメリカの銀行の日本語サービスにskypeで国際電話をかけます。

「お電話ありがとうございます。本日の営業は終了いたいしました・・」

時間を変えてまたかける。

「お電話ありがとうございます。本日の営業は終了いたいしました・・・」

いったい何時に電話したら通じるのか?
アメリカは広いので、アメリカ国内に時差があります。
そして、銀行の日本語サービスのお姉さんがアメリカのどこにいるかわからないのです。

西海岸か? 
東海岸か?
中西部か?

日本時間の早朝、昼間、夕方、夜中と何度も電話して、ようやく日本語サービスのお姉さんをつかまえました。

やれやれ、これで解約できる・・・

「では、お客様の口座番号からお願いいたします」

あの、それがですねえ・・・送っていただいた書類がみつからなくて・・・手元にあるのはカードだけなんですけど・・・

「では、カード番号の下8桁をお願いします」

はい、○○○○ ○○○○です。

「ありがとうございます。続きまして、PINナンバーをお願いいたします。」

え?? PINですかあ???

ここでひとこと解説。
PINとは、Personal Identification Number、個人識別番号の略称で、ピンと発音します。
日本語の暗証番号のことです。
スーパーでもデパートでもどこでも、デビットカード(やクレジットカード)を使うときに、日本で「暗証番号をお願いします」と言われるのと同様に「ピン、プリーズ」と言われます。
「ピン」は、カード社会であるアメリカでは日常生活に必須の英単語なんですよ。

というわけで、銀行の日本語サービスのお姉さんがおっしゃいます。


「PINナンバーをお願いいたします」

あの・・・忘れちゃったんですけど・・・


日本の銀行口座の暗証番号は自分で決めて登録しますよね。
アメリカの銀行のPINは、口座を開設したときに銀行から発行されるのです。
その4桁のPINを覚えてアメリカでデビットカードを使っていたのです。

しかし、帰国して1年半経った今となっては、その4桁のPINは全く思い出せません。


あの・・・教えていただけないですか・・・?


「申し訳ありません。PINナンバーはお客様ご本人だけにアクセスできるものですので・・・」


そうですよねえ・・・
Mixiやfacebookのパスワードとはわけが違うんだから・・・


あの・・・私が、私の口座を解約するにはどうしたらいいでしょう?


「ではこちらからいくつか質問させていただきます。」
「お口座を開設されたのは何年でしたか?」
「日本のどちらの銀行経由で開設されましたか?」
「過去3か月間のご入金、ご出金はございましたか?」

などなどと質問され、えーと、えーと、と考えながらも何とか正解を続け、ようやく本人であることが認められました。

口座解約の書類と、預金残額の送金依頼書をメールで送ってもらうことになり、一見落着。


ところが・・・

口座解約依頼書に記入しようとして、愕然。


自分の口座番号がわからないんだった!


ああ・・・

また、日本語サービスのお姉さんを捕まえなきゃいけない。

えーと、何時にかけたらつながるんだっけなあ・・・


はたして、私は私のお金を取り戻せるのだろうか?

円安のうちに取り戻せると、ちょっぴりお得なんだけど。

|

« Dime...私に教えて... | トップページ | かんそういも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dime...私に教えて... | トップページ | かんそういも »