« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013.07.20

たんぽぽピアノ

西立川の喫茶たんぽぽは、いろいろな障害を持つ方々がそれぞれのペースで働いている場です。

月に一度、土曜の午後に、喫茶たんぽぽに音楽仲間が集まって開く手作りライブ。
7月号から2年目に入りました。

たんぽぽは喫茶店です。ライブハウスではありません。
ですから、楽器も、マイクも、アンプなどの機材も、すべて音楽仲間が持ち込みます。

ギターやウクレレは弾く人が自分で持ち運べるけれど、大変なのはピアノです。
ピアノがあったら、ピアノ弾き語りの人にいつでも歌っていただけるのになあ・・・

そこで、たんぽぽに集う音楽仲間の皆さんと相談して、みんなでカンパして電子ピアノを買って、たんぽぽさんに置かせていただくことにしたんです。

そのピアノが今週の火曜日に届きました。

今日は、たんぽぽピアノデビューライブ。

オープニングアクトで、私もちょびっとだけ弾きました。
たんぽぽピアノ。嬉しいなあ~♪

まるみさんがたんぽぽピアノで歌ってくれたビバブラ、うれしかったなあ!
小堀有美さんがさすがのアレンジで聞かせてくれた「もののけ姫」、うれしかったなあ!
今日はいつもよりもたくさんお喋りしてくれたCELLのすーさんの、ピリッと小気味いいピアノ。うれしかったなあ!

「DJロータ」さんこと、ウクレレ亭ロータさんのアニソン解説に身を乗り出して聞き入り。
こころばさんの、「気合を入れて」、じゃなくて、「心をこめて」演奏している最中の消防点検やら宅急便やらの飛び入りが、なんだか和やかなで。
CELLのお二人の、昔語りと名曲の数々。

それぞれの音楽がゆったりとたんぽぽに響く土曜の午後になりました。

たんぽぽピアノの傍らには募金箱。
小堀有美さんが、「たんぽぽピアノ募金」の素敵な文字を、さらさらと書いてくれまして。
皆さまのお気持ちが募金箱にさらさらと寄せられました。

20130720


8月号は8月24日(土)です。
8月号でもピアノの傍らに募金箱を置かせていただきます。

たんぽぽピアノに会いに来てくださいね。

| | コメント (0)

2013.07.15

ももこの歌を聞いてください~久しぶりのライブのお知らせ

歌いたくなりました。
自分の歌をうたいたくなりました。

春先から続いた長いトンネルの出口が見えてきたから。

わたしらしく、
わたしの歌を
歌いたくなりました。

7月15日。
歌います。
十数年来の友人であり、
心強く、心優しい
音楽の先輩である
原田敏也さんとのジョイントライブです。

たくさん語って、
たくさん歌います。

どうか、
ももこの歌を
聞いてください。


原田敏也&ももこジョイントライブ

7月15日(月・祝)
17:30開場/18:00開演
チャージ:2000円+1ドリンク

阿佐ヶ谷 Yellow Vision


| | コメント (0)

2013.07.02

カウント

バンドのライブを見ていると、曲の初めのカウントを出すのはたいていドラムの人のようだ。

ドラムやパーカッションがいないユニットの場合も誰かがカウントを出す。

カウント。

それは、単に始まりの合図というだけではない。

カウントによって、その曲のテンポが決まる。

カウントによって、それまでの練習で得た、その曲の適正で心地よいテンポでの演奏が始められる。

ソロの場合は、自分で自分にカウントを出す。

口に出すわけではないけれど、適正で心地よいテンポのカウントを自分の中で出して、演奏を始める。

この「自己カウント」が、わたしは時として狂うのである。

速すぎると、息切れしたり、指がつったりと悲惨な目に合う。

遅すぎると、間延びしてしまって曲の途中で自分が退屈してしまう。

今度のライブでどうしても歌いたいサンバ。

ライブまでに500回は練習せねばと日々特訓中なのだけれど、今日、大変なことに気がついた。

日々の練習で繰り返して弾き語る時は、5回、10回と繰り返すうちに自然と適正で心地よいテンポになる。

しかし、ライブでは1回しか歌わないのだ。

一発勝負。

一発で、適正で心地よいテンポのカウントを自分で自分に出さなければならない。

これがなかなかの難題。

500回の特訓ではとても間に合わないのではないかと、280回目の練習を終えて、弱気になっているのです。

体内メトロノームが欲しい・・・


♪♪♪♪♪

原田敏也&ももこジョイントライブ

7月15日(月・祝) 17:30open/18:00start
阿佐ヶ谷Yellow Vision
http://www5.ocn.ne.jp/~yvision/
チャージ2000円+ドリンク

~ももこの歌をきいてください~

歌いたくなりました。
自分の歌をうたいたくなりました。

春先から続いた長いトンネルの出口が見えてきたから。

わたしらしく、
わたしの歌を
歌いたくなりました。

7月15日。
歌います。
十数年来の友人であり、
心強く、心優しい
音楽の先輩である
原田敏也さんとのジョイントライブです。

たくさん語って、
たくさん歌います。

どうか、
ももこの歌を
聞いてください。

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »