« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.10.21

ケーキに負けない音楽を♪

10月19日の土曜日。
うす曇り。雨が落ちてきそうな空模様でしたが、西立川の喫茶たんぽぽの店内では、大勢のお客様と出演者の皆様。
にぎやかに、和やかに、たんぽぽライブ10月号が開かれました。

12時過ぎに私がお店に着いた時には、CELLのお二人がすでにセッティングを始めてくださっていました。
間もなくお店に到着されたTedさんもセッティングをお手伝いくださいました。

こういう下準備をきっちりしてくださるので、私たちは安心して気持ちよく演奏できるのですね。

リンダさん、すーさん、Tedさん
毎回、ありがとうございます。

そのあいだ、主催者ももこは何をしていたか?というと・・・


茄子のアラビアータスパゲティで腹ごしらえ♪

デザートにおはぎをいただこうかしら? と思ったところで、カウンターの向こうから「おはぎはこれで終わりでーす!」という声が聞こえた。


あらら~~~ 売り切れ御免!ですかあ!


ライブの前も、ライブの最中も、お食事やお茶に見えるご近所のお客様や、ケーキを注文したり受け取りにみえるお客様で、店内は大賑わい。
厨房からは、てんてこ舞いでお料理を用意するたんぽぽさんの声や、フル稼働の食器類を洗う音などが聞こえてきます。

ライブの日は、出演ミュージシャンだけで7、8名になってしまいます。
できるだけテーブルを空けてお客様に入っていただけるように、出演者は一つのテーブルとカウンター席に詰めて座っていただいています。
(皆さん、窮屈な思いをさせてごめんなさい。ご協力ありがとうございます)
それでも、たんぽぽの前に来て「あら、今日はいっぱいなんだ」とあきらめて帰られる方々がいらっしゃいます。
申し訳なくも、もったいない・・・


たんぽぽライブのおたのしみはケーキです。
ライブも中盤にさしかかったころ、主催者ももこは、おもむろに立ち上がると厨房に入っていきました。


「すいませーん。黒糖しょうがシフォンケーキと東チモール、お願いします!」


たんぽぽさんから渡された「今日のケーキ」のホワイトボードを見ると、黒糖しょうがシフォンケーキの文字も、かぼちゃのチーズケーキの文字も、消されていました。

主催者ももこはよほど悲しい顔をしていたに違いない・・・

「ももこさん、ごめんなさいね~ 今日はケーキが次々出ちゃって、もうこれしか残ってないんです。」


出演者さんたちにも、ご近所さんたちにも大人気のケーキとおはぎ。
売り切れ続出とは本当にうれしいことです。

それから、ハンドメイドコーナーのかわいいグッズたちも、いつもみんなの人気者。


たんぽぽさんは、お料理も、ハンドメイド製品も、ほんとうに魅力的なものを作られます。
「買ってあげる」のではなくて、「買いたくなる」ものを作ってくれます。


そして、6組のミュージシャンはそれぞれにいい演奏を聞かせてくれました。
「来月のコンサートはいつですか?」と熱心に声をかけてくださるお客様がいらっしゃいました。


チーズケーキとスウィートポテトを美味しくいただきながら、主催者ももこは思いました。


私たちも、「また、聞きにきたくなる」ライブをたんぽぽに届けたいものだ。

たんぽぽの美味しいケーキとかわいいグッズに負けない音楽を届けたい!

というわけですので、皆さま、これからもどうぞたんぽぽライブに張り切ってご出演くださいね。


出演条件は二つ。


1.張り切って演奏すること。
2.たんぽぽのメニューでお腹いっぱいになって帰ること。


| | コメント (0)

2013.10.14

百万階段

600段の階段を上って東京タワー展望台に遊びに行って以来、階段上りがヤミツキになってしまったワタシ。

東京タワーからの帰り道、「階段」でネット検索したら、「100万階段」なるアプリを発見。

100万階段!

アンドロイド用のゲームです。
画面をタップして、ひたすら、ひたすら、100万段の階段を上り続ける。
ただそれだけのゲーム。
見事100万段を上りきると、目も眩むようなことが起こるのだとか・・・

やってみたいなあ!!!

しかし、100万階段はアンドロイドのアプリなので、iPadでは遊べないらしい。

残念。


うん?


待てよ・・・


何も、アプリで100万階段を上らなくても、リアルで100万階段を上ればいいんじゃない?


東京タワーに行かなくても、日常生活には階段が意外と多い。

普通に生活する中で、一日に何段の階段を上れるだろうか?

ためしに、今日一日上った階段を数えて記録してみました。

1.63段(ビックカメラ4階まで)
2.56段(歩道橋)
3.37段(歩道橋)
4.36段(JR駅)
5.90段(JR駅)
6.17段(2階のカフェまで)
7.41段(JR駅直結デッキへの階段)
8.31段(JR駅から地上への階段)

本日の上り階段は計371段。

仕事の日は地下鉄に乗るのでもっとたくさん階段はあるし、5階の職場まで階段を上ったりすれば500段ぐらいは上れそうだ。

100万段の階段を上るのにかかる日数は、
1日500段で2000日。

2000日÷365日=5.4794521年

ということは。
1日平均500段の階段を上り、時間と体力に余裕がある日には頑張って1000段ぐらい上れば、5年後に100万段階段上りを達成できるってことだ。


いいじゃないの!

面白いじゃないの!

リアル100万階段上り5年コース。


お誕生日の今日からスタート!!!


本日のウォーキング:17109歩。
本日の階段:371段


♪♪♪♪♪

還暦&100万階段達成記念ディナーショーのご案内

2018年10月14日(日) 17:00~

ももこが自信を持っておすすめする、とびきり美味しいお店でのディナーショー♪

乞うご期待♪


| | コメント (0)

世界一周徒歩旅行

今日はどこまで歩いて行こうかな?

iPadにNavitimeというアプリを入れてから、歩くのががぜん楽しくなった。
徒歩ルートを地図で示してくれる、カーナビの徒歩版のようなこのアプリの地図を見ながら、1時間、2時間と歩いて出かけるウォーキングが最近のお気に入りの遊びである。

携帯の歩数計もほぼ毎日1万歩を超える今日このごろ。
そんな歩数計の数字を見ながら考えた。

バーチャル徒歩旅行を計画したら面白いんじゃないかしら?

本日のウォーキングの途中で、「徒歩旅行」で検索してみたら、なんとギネスブックの世界一周徒歩旅行の規定が出てきた。

ーーーーーーーーーーーーーーー
ギネス・ワールド・レコーズは2006年版で人力での世界一周に関するガイドラインを発表している。そこで示された条件は、距離 36,787.559 km (北回帰線の距離)以上で赤道を通り、出発地点と完全に同じ場所に戻ってくることである。対蹠地を通る必要はない。
ーーーーーーーーーーーーーーー

出発地から、途中で赤道を通り、つまり北半球と南半球の両方を通り、36,787.559 km以上を歩いて、出発地に戻ってくると「世界一周徒歩旅行」と認められるということだ。


これは面白い!

挑戦する価値あり!!!

リアルじゃなくて、バーチャルで。

出発地点の我が家から、地図や資料をもとに実際に歩ける道をたどっていく。
リアルな徒歩旅行同様、海や危険地帯など、どうしても歩いて通れない場所は船や飛行機を使うか、歩行可能な迂回路を取る。
そうして、歩行可能な道をみつけては、日常生活でリアルに歩いた距離を、バーチャルな歩行ルートに当てはめて、世界一周をしてみるのだ。

リアルに旅するのと同じように、行く先々の情報を収集しながら進めていく。

バーチャルな徒歩旅行の途中で、リアルに行ってみたい場所が出てくるかもしれない。

これは面白そうだ。


36,787.559 km

気の遠くなるような距離であはる。

いったい何年で一周して我が家に戻ってこれるのやら、見当もつかない。


誕生日の今日から始めよう。


さしあたり、福岡からフェリーで韓国の釜山に渡ることにして、我が家から福岡を目指そう。

Navitimeで。「自宅→福岡」と入れたら「検索不可能」と出てきたので、静岡駅を目指すことにした。

自宅→静岡 218.0㎞

今年中には静岡までたどり着けるかな?


福岡から釜山行きのフェリーに乗れるのはいつごろだろう?


そして・・・


地球を徒歩でぐるり一周して我が家に戻ってくるのは・・・

古希を迎えるころ?
それとも喜寿のころ?
それとも喜寿のころ?
米寿のころ?
白寿のころ?


とにかく。

我が家に戻ってこれる日まで、楽しく歩いて暮らせますように。

世界一周徒歩旅行
2013年10月13日 我が家を出発
本日の歩数17109歩。歩行距離12.8km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.12

真っ赤な階段

観測史上最も遅い真夏日だったそうな。
これは残暑?
それとも、「再署」?

そんな季節外れの暑さの中、

バースデーイベント第一弾

「東京タワーに行こう!」

を敢行いたしました。

iPadのNavitimeによると、東京タワーまで9.1㎞、徒歩1時間57分。
時速約4.5キロという計算だろうか。
そんなに速くは歩けない。
地図を見ながら歩くわけだし、道々面白いものを見つけたり、休憩もしたい。

東京タワーまで2時間30分、到着時刻12時ごろ、と予測を立てた。


午前9時半。
小さなリュックに
ふかし芋と、ペットボトルに詰めた麦茶と、
タオルとiPadを詰めこんで、

出発、進行♪


雑司が谷の我が家から、
坂を上って、坂を下って、
外苑東通りに出たら、

ひたすら、ひたすら、ひたすら、ひたすら

直進♪


乃木坂近くの公園でトイレ休憩したり、
青山一丁目あたりで、分身の術を使う外苑東通りに惑わされてうろうろしつつも、
六本木に近づくころに東京タワーが見えてきた。

Tower16


当初の予測通り、12時過ぎに東京タワー到着。

Tower14

展望台チケットを買って、
東京タワーのアミューズメントビル、「フットタウン」の4階屋上へ階段で上る。

Tower13

そして、いよいよ、本日のメイン・イベント。

展望台まで600段の階段、スタート♪

Tower10

真っ赤に塗られた階段を、
景色を眺めながら、
のんびり、のんびり上ります。

すれ違う人はほとんどない。
途中、途中で、太い真っ赤な金網越しの景色を眺めたり

Tower6

何段上ったかな?と確認したり

Tower8
Tower3

ゆるきゃら君のメッセージを読んだり

Tower7

のんびり、のんびり、だんだんと、一歩ずつ
上り進むこと十数分。

展望台、到着♪

Tower2

昇り階段認定証までいただいちゃいました。

Tower1

お一人様のももこです。
写真屋さんに記念写真を撮ってもらいました。
2時間30分のウォーキングと
600段上った後で、
さすがにくたびれた顔をしていますね。

Tower17_2

ももこのお顔はお疲れモードだけど、
ももこの心は、今日の青空のように晴れ晴れでした。

バースデーイベント大成功!

今年の8月、アメリカからやってきた友達と東京タワーに行った時、
彼を案内しながら読んだ説明の中の一つの事実に、
ひそかに興奮してしまいました。


東京タワーは、1958年10月14日に竣工しました。(完工式は同年12月)

ということは。

東京タワーと、ももこは、

生年月日が同じ日なのです!!!!

東京タワーが完成したその日に、
ももこはオギャーと生まれたんです。


アメリカ人の友だちを案内する途中でこの事実に気が付いた時、
誕生日には東京タワーに歩いて上ろうと決めました。


東京タワーの階段は土日祝日に限り上ることができます。
今年の10月14日は体育の日ですが、
階段ではイベントが開催されるので、
お誕生日二日前の土曜日に、
静かに上ることにいたしました。

真っ赤に塗られた鉄骨の造形美。
今なお東京の人気スポットです。

水族館や蝋人形館やアミューズメントビルが併設されています。
でも、スカイツリーの超都会的なショップと比べると、
がんばってリニューアルしてるのだけれど、
どこか昭和な雰囲気のお店という感じがいとおしい。


毎年、誕生日には、自分の足で会いに行こう。

真っ赤な階段を上って、
展望台から、その時、その時の東京の街を眺めよう。

我が友、東京タワーよ。
あなたももう若くはない。
鉄骨の体はあちこち傷んでいるようだし、
若者を惹きつけるのに一生懸命。


それでも、あなたは、
真っ赤な脚で東京の地にまっすぐ立ち、
真っ赤な鉄骨を、
まっすぐに空へと伸ばす。


私のお手本です。


私も、

楽しげに、堂々と、まっすぐに、生きていこう。


真っ赤な鉄骨の東京タワーをお手本に。

本日のウォーキング:23022歩♪

| | コメント (0)

2013.10.05

完敗

小雨模様の夜。
荻窪アルカフェさんで歌ってきました。
6組出演の5番目でした。


4番目のかすかさんの、


何だ? なんだ? 何やってんだ?


ほとんど挙動不審の謎のオープニングから
圧巻のステージ、20分一本勝負。


完敗。


かすかさんと勝負してるわけじゃない。
私が勝手に思ったのです。


完敗。


20分という持ち時間内で、自分の世界をきっちり表現したかすかさんの表現者根性に


完敗。

喝を入れられたね。


有意義な夜だった。


ありがとう!


♪♪♪♪♪

セットリスト

誕生日のソネット(ももこのオリジナル)
FUN(井上陽水さんの曲)
酔っ払いと綱渡り芸人(ブラジルの歌)
ハッピー・カレーライス(ももこのオリジナル)


| | コメント (0)

2013.10.04

4曲目

ギターを持って美容院に行きました。

いつもお世話になってる美容院の店長さんはブラジル音楽大好きで、お店のBGMはいつもサンバやボサノヴァやブラジルのポップス。


「これからライブですか?」

「いえ、いえ、ちょっと近くの公園で練習しようと思って。今週の金曜日に歌うんで。」


今日のBGMはCDではなくてボサノヴァ専門のインターネットラジオだった。
なかなかいい選曲。
古いサンバの名曲が、今風のアレンジで次々流れる。

「これ、ノエル・ホーザみたいですね」と店長さん。

「そう、ノエル・ホーザのフェイチソ・ダ・ヴィラ。」と、ももこ。


1934年のサンバの名曲。
凝ったジャズ風のアレンジながら、原曲への敬意と愛が感じられる演奏。

店長さんも私も、しばし、このサンバの名曲に耳を傾ける。

曲が終わると、二人して満足のため息。


「いいですねえ!」


さっぱりとカットしてもらった後は、ギターを抱えて神田川沿いの公園へ。
お弁当を食べたら、弾き語り練習開始。

今週の金曜日のアルカフェ。
20分、4曲勝負。
3曲は決まっているが、4曲目が決まらなかった。
みんなが知っているジャズやボサノヴァのスタンダードにしようか。
みんなが知らない、でも私が今いちばん歌いたいブラジルの歌にしようか。

何日も迷っていたけれど・・・

さっきのBGMを聞いたら、ぴたりと心が決まった。

ブラジルの歌をうたおう。
アルカフェに集まる皆さんはおそらく誰も知らない歌で申し訳ないけれど。
今、いちばん歌いたい歌をうたおう。
ほんの少しでも「いい歌だ」と感じていただけるように、精いっぱい弾き語ろう。

フェイチソ・ダ・ヴィラ~ヴィラの魔法

♪♪♪♪♪

10月4日(金)
アルカフェスタ☆Guitar Night vol.10

荻窪アルカフェ
http://alcafe.incoming.jp/


19:30-19:50 vinho azul(Vo,Gt/Pf)
19:50-20:10 とらねこ(Vo,Gt)
20:10-20:30 シャケ(Vo,Gt)

(20:30-20:50 休憩)

20:50-21:10 浅井かすか(Vo,Gt)
21:10-21:30 Momoko(Vo,Gt)
21:30-21:50 折坂悠太(Vo,Gt)

入店チャージ500円+1ドリンク

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »