« 百万階段 | トップページ | たんぽぽライブクリスマス特集号 »

2013.10.21

ケーキに負けない音楽を♪

10月19日の土曜日。
うす曇り。雨が落ちてきそうな空模様でしたが、西立川の喫茶たんぽぽの店内では、大勢のお客様と出演者の皆様。
にぎやかに、和やかに、たんぽぽライブ10月号が開かれました。

12時過ぎに私がお店に着いた時には、CELLのお二人がすでにセッティングを始めてくださっていました。
間もなくお店に到着されたTedさんもセッティングをお手伝いくださいました。

こういう下準備をきっちりしてくださるので、私たちは安心して気持ちよく演奏できるのですね。

リンダさん、すーさん、Tedさん
毎回、ありがとうございます。

そのあいだ、主催者ももこは何をしていたか?というと・・・


茄子のアラビアータスパゲティで腹ごしらえ♪

デザートにおはぎをいただこうかしら? と思ったところで、カウンターの向こうから「おはぎはこれで終わりでーす!」という声が聞こえた。


あらら~~~ 売り切れ御免!ですかあ!


ライブの前も、ライブの最中も、お食事やお茶に見えるご近所のお客様や、ケーキを注文したり受け取りにみえるお客様で、店内は大賑わい。
厨房からは、てんてこ舞いでお料理を用意するたんぽぽさんの声や、フル稼働の食器類を洗う音などが聞こえてきます。

ライブの日は、出演ミュージシャンだけで7、8名になってしまいます。
できるだけテーブルを空けてお客様に入っていただけるように、出演者は一つのテーブルとカウンター席に詰めて座っていただいています。
(皆さん、窮屈な思いをさせてごめんなさい。ご協力ありがとうございます)
それでも、たんぽぽの前に来て「あら、今日はいっぱいなんだ」とあきらめて帰られる方々がいらっしゃいます。
申し訳なくも、もったいない・・・


たんぽぽライブのおたのしみはケーキです。
ライブも中盤にさしかかったころ、主催者ももこは、おもむろに立ち上がると厨房に入っていきました。


「すいませーん。黒糖しょうがシフォンケーキと東チモール、お願いします!」


たんぽぽさんから渡された「今日のケーキ」のホワイトボードを見ると、黒糖しょうがシフォンケーキの文字も、かぼちゃのチーズケーキの文字も、消されていました。

主催者ももこはよほど悲しい顔をしていたに違いない・・・

「ももこさん、ごめんなさいね~ 今日はケーキが次々出ちゃって、もうこれしか残ってないんです。」


出演者さんたちにも、ご近所さんたちにも大人気のケーキとおはぎ。
売り切れ続出とは本当にうれしいことです。

それから、ハンドメイドコーナーのかわいいグッズたちも、いつもみんなの人気者。


たんぽぽさんは、お料理も、ハンドメイド製品も、ほんとうに魅力的なものを作られます。
「買ってあげる」のではなくて、「買いたくなる」ものを作ってくれます。


そして、6組のミュージシャンはそれぞれにいい演奏を聞かせてくれました。
「来月のコンサートはいつですか?」と熱心に声をかけてくださるお客様がいらっしゃいました。


チーズケーキとスウィートポテトを美味しくいただきながら、主催者ももこは思いました。


私たちも、「また、聞きにきたくなる」ライブをたんぽぽに届けたいものだ。

たんぽぽの美味しいケーキとかわいいグッズに負けない音楽を届けたい!

というわけですので、皆さま、これからもどうぞたんぽぽライブに張り切ってご出演くださいね。


出演条件は二つ。


1.張り切って演奏すること。
2.たんぽぽのメニューでお腹いっぱいになって帰ること。


|

« 百万階段 | トップページ | たんぽぽライブクリスマス特集号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百万階段 | トップページ | たんぽぽライブクリスマス特集号 »