« 荻窪アルカフェで歌います♪ | トップページ | 青い森への旅日記11 再会と出会いの青森亭 »

2014.07.06

青い森への旅日記10 夢のサマー・デイ・ドライブ

あなた任せの土曜の午後のドライブは続く。

眺めのよい橋の上で見えそうでなかなか見えない岩木山を探し、不思議な温泉沼の畔に立ち、「まんじゅうふかしに寄りましょう」と案内していただいた木のベンチに腰をおろして、ベンチ下の地面から吹き出す温泉の蒸気で「自前のおまんじゅう」を温め・・・

助手席の名ガイド、シュンメイさんの案内を得て、クマちゃん運転の車で八甲田界隈をすいすいと見物して回り、青森市内のホテルにチェックインしたのは5時ごろだった。

缶ビールを片手に男子会を行うべくエレベーターに乗り込む3人の男子達と別れて自分の部屋に落ち着いた私は、ぼんやりと窓の外を眺める。

午後の数時間のドライブが夢の中の出来事のように感じられてならない。
八甲田のあの深い森まで本当に行ってきたのだろうか? お昼からのたったの数時間で?

運転ができない私が自力でこの日のルートをたどろうとすると・・・

青森駅から山の母さんの店まではJRバスで60分。城ヶ倉大橋下車徒歩15分。再びバスに乗って約10分、酸ヶ湯温泉下車。まんじゅうふかしでひと休み。そこから20.8kmを6時間歩いて八甲田雪中行軍記念碑の前に立ち、そこからさらに9.9km、徒歩3時間で青森駅へと戻る、という行程になる。
一日かけてようやくたどれるかどうか・・・
実際にはバスと徒歩でなんとか山の母さんの店まで行って、山菜天ぷら蕎麦を食べて、またバスに乗って帰ってくるのが精いっぱいだったろう。

午後の数時間で青森市内から青く深い森まで行って、夕方の5時には市内のホテルの部屋にいる・・・時間と距離の感覚が少々混乱した「時間酔い」に意識がぼんやり。

この「時間酔い」を招いたのには私の錯覚もあった。
東京に暮らす私の日常には山も森もない。我が家からいちばん近い山、高尾山に行くには2時間ほど電車に乗って、そこからケーブルカーやらロープウェイ、あるいは徒歩で山頂に行く。
山は遠い。一日がかりで登りに行くところだという固定観念があった。

青森市内からは山々が、森が、見えるのだろう。それほどに青い森は街のすぐ近くに広がっているのだろう。

そういえば、ホテルから海まで歩いてすぐだとシュンメイさんが教えてくれたっけ。
男子会が盛り上がっている間に海を見てこよう。
ホテルを出て大通りをまっすぐ右へ。交差点を二つ渡ってさらにまっすぐ進むと、数分で海辺の公園に着いた。
海に向かって大きく背伸びして、今宵の課題曲「浦安エレジー」をおさらいして、大通りを歩いて帰るころには、不思議な時間酔い症状も落ち着いてきた。

すでにロビーに集合していた男子3人と合流するとホテルを出発。
夜の舞台、青森亭までは歩いてほんの2、3分だった。


|

« 荻窪アルカフェで歌います♪ | トップページ | 青い森への旅日記11 再会と出会いの青森亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荻窪アルカフェで歌います♪ | トップページ | 青い森への旅日記11 再会と出会いの青森亭 »