« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014.10.27

友に感謝

今宵のオープンマイクで、愛すべき二人の音楽仲間達と一緒になった。

所長さんと、くまちゃん。
仲良く(笑)並んで座るお二人の姿は可笑しくも微笑ましく、そして、私には感慨深いものがあった。

・・・・・・・

もう何年も前のこと。
都電荒川線を貸し切って、走る電車の中でライブをするという愉快なイベントに参加した。
それが、このお二人との出会い。

「もずく酒」や「あじさい」というオリジナル曲を、自ら都電に持ち込んだ小型キーボードで弾き語り、皆を盛り上げるくまちゃん。
「CO2、二酸化炭素・・・」というユニークな歌詞で皆を笑わせながら聞かせてしまう所長さん。

どうやら自分と同年代らしいお二人のユニークなパーフォーマンスは実に刺激的だった。

初参加の都電ライブ終了後、同じ方向に帰る所長さんと一緒に貸切電車から乗り換えた普通の都電の車内で、所長さんはご自身の音楽活動を熱く語ってくれた。
中年といえる年齢になってライブ活動を始めたこと。
ライブハウスで若い者にいろいろ教わりながら経験を積んでいること。
そういうことのすべてが新鮮で、手ごたえを感じていること。
私の視力では残念ながら確認はできなかったけれど、所長さんの目はきらきらと輝いていたに違いない。
聞いている私の胸も熱くなった。

音楽することに愛と情熱を注ぐ友に出会った忘れられない一日だった。

・・・・・・・

今宵のオープンマイクでも皆を笑わせておいて最後にじっくり聞かせてしまう所長節を堪能しながら思いはめぐる・・・

そう、あれは2010年9月。
一年間のニューヨーク勤務へ旅立つ直前に開催した企画ライブに所長さんに歌いに来ていただいた。
ステージにすっくと立って堂々と歌いきった後、深々と頭を下げられた所長さんの真摯な姿に胸打たれ、励まされた。

それから半年後の3.11。
私はニューヨークにいた。
心配してもどうにもならない歯がゆさの中にいた。
音楽仲間達はどんな思いで乗り越えていったのだろうか・・・

今宵、所長さんが最後に歌われた「歩きつづける~3・11をこえて~」を聞きながら、あの日を含む一年間の記憶がフラッシュバックする・・・

・・・・・・・

帰国して間もなく、川崎のライブハウスに遊びに行ったらくまちゃんが歌っていた。

その夜彼が歌った「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」に、私はこっそり泣いてしまった。

あれだけ帰国の日を待ち焦がれていたはずなのに、いざ帰ってきてみるとニューヨークを恋しく思う自分がいる。私の居場所はどこなんだろう・・・どこにもないのだろうか・・・
そんな宙ぶらりんな自分を持て余し気味なまま遊びに行ったライブハウスで、くまちゃんがハイトーンで歌うニューヨーク・シティ・セレナーデに、こっそり泣いて、泣きながら思った。

そうか・・・
音楽と、音楽好きの友がいるところ、そこに私の居場所があるかもしれない。。

そのくまちゃんの今宵のオープンマイクの最後の曲は「天下理事」。
アップライトピアノでズンズン盛り上げるくまちゃんの弾き語りの大きな背中に声援を送りつつ、そうだ、くまちゃんとの出会いはこの歌だったなあと、こっそり思い出に浸ってしまう。

都電ライブ以後、なかなかライブで一緒になる機会のなかったくまちゃんが、ある日の日記にこんなことを書いていた。

「オリジナル曲の歌詞ってどれぐらい聞きとってもらえるのだろうか? たとえば、僕の天下理事の歌詞は初めて聞く人にどの程度通じているのだろうか・・・」

てんかりじ? 何、それ?
このタイトルの読み方さえ知らなかった私は、「てんかりじ」とパソコンに入力して検索。Youbuteの動画を見ながらパソコンの前で大爆笑。
そして、くまちゃんが、彼独特の歌詞へのこだわりを持っていることに気づいて、感心してしまったのだった。

・・・・・・・・

今宵のオープンマイクで仲良く並んで座る二人に笑いかけながら、胸の中でつぶやく。

ありがとう。

音楽があって、音楽することに、愛と情熱を注ぐ友がいるところ。
そこには私の居場所があると、それぞれの音楽で伝えてくれた友人のお二人に。

ありがとう。

| | コメント (0)

2014.10.20

「旅人の夜」のご案内

彼女と初めて旅をしたのは30年前。
「赤毛のアンの家を見よう」とカナダ東部のプリンスエドワード島へ行った。

モントリオールからプリンスエドワード島までは飛行機に乗れば2時間弱で行ける。
しかし、「アン・シャーリーが孤児院からアヴォンリーのマリラの家に引き取られていった時と同じように、私も陸路と船でプリンスエドワード島に行きたい!」という常識はずれな私のリクエストに、彼女は笑って付き合ってくれた。
長距離バスとフェリーを乗り継いでの20数時間の旅に。

その後、サンバにハマった私達。
時には喧嘩しながらの三度のブラジル旅行の行く先々で「あなた方は双子ですか?」と言われて、お互い顔を見合わせた。

私が仕事の旅であちこち飛び回る間に、彼女は旅、それも一人旅の魔力に惹きつけられ、気がつくと、私などよりもずっと逞しくもカッコよく世界を歩く旅人になっていた。

「スウェーデンの氷のホテルに行きたいなあ」「クロアチアのドブロブニクをこの目で見てみたいなあ」と私が呟けば、格安航空券を見つけては私の夢の旅につきあってくれた。

今では旅の大先輩の旅友ヒロミが、旅行ジャーナリスト、片岡恭子さん主催のトークイベントにゲスト出演する。

題して、「弱視で見てきた、世界一周旅行!」
旅の強者、片岡恭子をして「彼女の話には目からウロコが落ちてばかりで、かつ、とんでもなく愉快」と言わしめた、我が旅友ヒロミの世界一周体験談。

旅好きのひとも、旅ごころはあれどなかなか旅立てないひとも、エキサイティングな旅体験ができるトークショーになること間違いなし。

そして、きっと旅に出たくなります。

詳しいご案内はこちらから。

旅友ヒロミがこれまで訪れた国々
20141020


| | コメント (0)

2014.10.19

秋晴れのたんぽぽライブ

秋晴れの土曜日の午後。
西立川の喫茶たんぽぽにて、
たんぽぽライブ10月号でした。

昨年の夏、みなさんのカンパで購入したたんぽぽピアノが大活躍でした。
6組の出演者のうち実に4人がピアノ弾き語り、おひとりはピアノソロ。

今月号も、次々といい歌が聞けて、ステージから耳が離せない2時間半。

「6月のライブでは伴奏させていただいた「アナ雪」を今回はピアノソロで・・・」と言いかけたところで、歌手ひろぴーさんと目があってしまった野口さん、思わず「歌います?」と問いかけると、たんぽぽのスタッフに背中を押されて、お仕事中のひろぴーさんがユニフォーム姿でステージに登場。

今回も、あっぱれな歌いっぷりでしたねえ。

そして、この日は、Mana&Sammyのサミーさんの誕生日。
主催者ももこのみょうちくりんな鳴り物を合図にケーキのろうそくに火を点けていただいて、かわいいたんぽぽさんにケーキを運んでいただきました。

もっと感動的な演出ができただろうに、あの鳴り物は何なんだ???

それはね。
お誕生日は、感動の涙じゃなくて、笑ってお祝いしたかったから。

それが・・・練習不足でホントに間抜けな鳴り物になっちゃった。
サミーさん、ごめんなさい!
もっともっと笑っていただきたかったなあ!

ライブ後は、今回もお店のあちこちでお喋りの花が咲いてました。
ああ、今月号もいいライブだったなあ、と感じさせてくれるお喋りの花。

みなさん、どうもありがとう。

そして、また来月もたんぽぽライブで会いましょう。

| | コメント (0)

2014.10.16

あさってはたんぽぽライブ10月号♪

物思いにふける秋かと思いきや、
2週連続の台風にあたふたした10月前半。

このへんで、ほっと一息つきましょう。

明後日の土曜日、
西立川の喫茶たんぽぽで
月に一度のたんぽぽライブ。

たんぽぽの美味しいカレーライスで腹ごしらえ。
そして、6組の出演者、それぞれの歌に耳を傾けつつ
美味しいコーヒーやおはぎ、ケーキをお供に
秋の日の午後を、のんびり過ごしましょう。


♪♪♪♪♪♪♪

たんぽぽライブ10月号

10月18日(土) 13:30~
西立川 喫茶たんぽぽ

13:30-13:55 伊藤香奈さん
13:55-14:20 野口史和さん
14:20-14:45 小堀有美さん
14:45-15:10 まるみさん
15:10-15:35 Mana&Sammy さん
15:35-15:55 CELL(Linda solo)さん

入場無料。たんぽぽメニューでお腹いっぱいになりましょう。


20141018


| | コメント (0)

2014.10.15

お一人さまバースデーナイト

映画評論家の淀川長治さんは、誕生日は自分を産んでくれた母親と共に過ごす日だからと、誕生日当日はパーティを断ってお家に帰ったという。

淀川さんほど親孝行ではない私は、母の夕食を用意すると、家を出た。

誕生日の夜は、大人の夜を一人で過ごす。
去年の誕生日から始めた、ひとりっきりのバースデーナイト。
一つ大人になった自分へ、大人のおもてなしをする夜。

今宵はジャズライブを聞きに行った。
初めて入るジャズクラブ。
初めて聞くジャズメンのステージ。
テーブルには炭酸水とピクルス盛り合わせ。

ジャズはインプロヴィゼーションが真髄。
訳がわからなくなればなるほど面白い。
今宵のカルテットはピアノが聞かせた。
ピアノの調律を気にする神経質そうなピアニストが、ライブ終盤、何かに憑かれたように溢れ出すフレーズを弾きだす。
リーダーのサックス奏者の存在を忘れたかのように延々と続くピアノソロ。
それは、彼自身も自覚していない、彼の内側に棲む何者かの叫びだったかもしれない。

私は泣いた。

名前も知らないジャズメンのライブに、いつしかテーブルに身を乗り出して、手を握りしめて聞き入る自分に気が付いて、私は泣いた。

彼らはジャズを聴かせるのが仕事。
そこにセンチメンタリズムは存在しないだろう。

そんなドライな彼らの、ステージ上での本気のインプロヴィゼーションに、私は泣いた。

今宵のジャズメンに感謝と敬意を精いっぱいの拍手に込めて、店を後にする。

私はひとり。

だけど、一人ではない。

耳を開きさえすれば、心を揺さぶるものが必ずある。

求めることを諦めまい。

そんな思いを新たにした誕生日の夜だった。

いつか私は一人になる。
そして、一人で死んでゆく。
それを忘れてはいけない。

けれど、今の私は一人ぼっちではない。
「今は春なのか?秋なのか?」と毎朝真剣に悩む母がいる。
「寿司屋にはいつ行くの?」と催促する食べ友がいる。
あれやこれや、悩みの尽きない同年配の女友達。
そして・・・あちらこちらで一緒に遊んでくれる音楽仲間の面々。

私は一人。
でも、一人ではない。

さあ、人生56年目。
清々と、にぎにぎしく、やっていこうじゃありませんか!

| | コメント (0)

2014.10.05

手でするか、足でするか、それが問題だ。

もうだいぶ前のこと。
友人達ととりとめのない話をしているうちに、なぜか和式トイレの話になった。

話の流れはほとんど覚えていないのだが、男性の友人が驚きとともに発したひと言が忘れられない。

「え? 足で流してるの!!??」

公共の場の和式トイレの水洗レバーの話である。

その場にいた女性たちは、私も含め、皆、足でレバーを踏んでいると答えた。

「だって、あれはどう見たって、手で押すように作られた形じゃないか!」彼は女性たちに問いただした。

確かに、和式トイレの便器の前方の床の上についている水洗レバーは、平たいペダルではなく、ハンドル型だ。

同じような形のハンドルが腰ぐらいの高さについている和式トイレもあり、その場合は手で押すことになる。

それと同じ形状のレバーが便器の前の床の上についているからといって、手で握る形のレバーを足で踏むなんて・・・

「信じられない!!」

彼の驚きと動揺は相当なものだった。

・・・・・・・・・・

子供のころは家でも学校でも公衆トイレでも和式トイレが主流だった。
自宅のトイレはタンクからぶら下がっている鎖を引っ張って水を流していたが、学校のトイレは、便器の前の床の上にあるレバーを足で踏んで流していた。
駅や公園などの公衆トイレもそうだった。

親からも教師からも「足で踏むのだよ」とも「手で押すのだよ」とも教わった記憶はない。
私にとっては「足で踏む」のがごく当たり前のことだった。

あのレバーを手で押している人がいたのか!

彼のあまりの動揺ぶりに今度は私が驚いてしまった。

彼の言うとおり、あのレバーは、平たいベダルではなくてハンドル型であることは、私も大人になってから気がついてはいた。
けれど、「だから手で押すことにしよう」と思ったことは一度もなかった。

なぜだろう?

なぜ、ハンドル型のレバーを足で踏むことに一度も疑問を感じなかったのだろう?

和式トイレで水を流すまでの動作を思い返してみる。
私の場合はこういう順序になる。

1. 用を足して、紙で拭いて。
2. 立ち上がって
3. 身支度をして
4. 水を流す。

水を流す時にはすでに立ち上がっている。
足でレバーを踏めば立ったままで水が流せてスムーズなのだ。
もし、手でレバーを押すとなると、もう一度かがまなければ手がレバーに届かない。

もし、手でレバーを押すことを自然な流れに位置付けるとしたら、考えられるのはこういう順序だろうか。

1. 用を足す準備をして、しゃがむ。
2. 用を足して、紙で拭く。
3. レバーを手で押して水を流す。
4. 立ち上がって身支度をする。

だが、この手順でしゃがんだまま水を流すと、スカートやズボンの裾が濡れてしまいそうで気が気ではない。

それに、公共の場において和式トイレが主流だった時代、トイレは必ずしも清潔ではなかった。
床が汚れていることも珍しくなかった。
用を足したら一刻も早く立ち上がって、服の裾や靴が汚れるのを防ぎたいという心理が働いたと思う。

だから、私は用を足したらまず立ち上がり、身支度をして、それから足でレバーを踏んで水を流すという一連の動作をごく当たり前のことと思っていたのだろう。

・・・・・・・・・・

「え? 足で流してるの!!??」

とショックを受けた友人が、その後も水洗レバーを手で押し続けているのか、足で踏むことにしたのか、後日談は聞いていない。

そもそも、公共のトイレは洋式が主流になり、和式トイレであっても壁のボタンやセンサーで流す方式が増えてきている。
和式トイレの便器の前の床の上のハンドル型のレバーは何年か後には姿を消すことになるだろう。

けれど・・・

疑問は残るのである。

手で押す、足で踏むのどちらにも解釈できる位置と形状のレバーが、何十年もの間、標準的な水洗レバーであり続けたのはいったいなぜなのだろう?

| | コメント (0)

2014.10.03

一人さだナイト無事終了

荻窪アルカフェのギターナイトでの二十分一本勝負。
今月のお題は「一人さだナイト」。
無事、勤めて参りました。

一人さだナイトのお約束は二つ。

1.MCは長く。
2.曲がかぶってはいけない。(一人だからかぶることはないですけど)

セットリスト
1.雨やどり
  トーク
2.第三病棟
  トーク
3.道化師のソネット

で、ぴったり20分になるはずだったのだが、
二つ目のトークの仕込みが不十分で、4分ほど時間が余ってしまった。
「一人さだナイト」はここまでとして、急きょ、おまけで

4.Smile~ももこバージョン

これでぴったり20分。

自己採点55点。

歌も語りも詰めが甘かった。
先月のSummer Night の研究発表で燃え尽きちゃったかも。

でも、総合評価は65点♪

プラス10点の根拠は・・・

帰りがけにアルカフェ店主のだんさんに呼び止められた。

「ももこさん、今度、さだナイト、やりませんか?」

はあ?

「今夜のさだナイト、とてもよかったものですから!」

はあ・・・でも、私、さだソングは4曲しか知らないんですけど・・・

「え? そーなんですか! てっきり、さだまさしに造詣が深くていらっしゃるのかと思いました!でもとてもよかったですよ、さだまさし!」

だんさんに褒めていただけたのは嬉しかった。
きっと、直前の立川駅前40分公開練習の成果で高音が楽に出せたからかもしれない。
アルカフェさんはハイトーンが受けがいいようだから。

どなたか、アルカフェさんでさだナイトと陽水ナイトを主催してくださらないかしら。
そしたら、一曲、また一曲と覚えて歌いにいくんだけどなあ。


| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »