« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014.11.30

さすが、アメリカの熊さんは言うことが違う!

12月5日のギターナイト@荻窪アルカフェに向けて鋭意奮闘のウィークエンド。

毎度お騒がせの二十分一本勝負。
今回のお題は「熊さん物語」。

「ある日、森の中~」とオープニングで楽しく熊さんを登場させる台本を書いたのだが、
念のために「森のくまさん」の作詞、作曲者を調べてみたら・・・

なーんと、元歌は、アメリカの歌だった!
森で熊さんに出会うのは同じなのだが、
アメリカの森の熊さんソングは、かなりスリリング。

こんな感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Other Day I Met A Bear

ある日、熊に出会った。
森の中で大きな熊に出会ったんだ。

熊は僕をじろりと見た。僕も熊をじろりと見た。
熊は僕が弱虫なのを見てとった。
僕は熊が力持ちなのを見てとった。

熊は言ったよ「お前、銃を持ってないじゃないか。逃げた方がいいぞ」
僕は答えた「うん、そうするよ。じゃあね!」

僕は走った。熊から逃げた。
でも、なんてこった! 熊が後ろからついてくるんだ。

ちょうどその時目の前に大きな木が現れた。
ありがたい!

ところがどっこい!
いちばん低い枝が10フィートの高さじゃないか!
跳んでも跳ねてもとてもじゃないが枝に手がとどかない。

まあまあ、落ち着きなされ、皆の衆。
なんとかかんとか枝にぶらさがったさ。

それでこの話はおしまいさ。
またあの熊に出会わないかぎりはね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本語の「森のくまさん」同様、掛け合いで歌う楽しい歌なのだけれど、「銃を持ってないのか?」なんて出てくるあたりがいかにもアメリカ。

さてさて。

この歌をどう料理するかなあ・・・


♪ ♪ ♪ ♪ ♪

12月5日(金) 19:30~
ギターナイト@荻窪アルカフェ
http://alcafe.incoming.jp/

チャージ500円+ドリンクオーダー

19:30-19:50 江戸の風(Vo,Gt)
19:50-20:10 渡辺レベッカ(Vo,Gt)
20:10-20:30 阿部浩二(Vo,Gt)
(20:30-20:50 休憩)
20:50-21:10 寅午(とらうま)(Vo/Gt)
21:10-21:30 み家(Vo/Gt)
21:30-21:50 Momoko(Vo,Gt/Cho,Perc)

*今回は、Vo,Gt/Cho,Percという編成です。 たのしみだなあ!!!

| | コメント (0)

2014.11.27

コーヒー求めてウォーキング

朝日に目を細めながら朝ご飯を食べていたら無性に歩きたくなって、行き先も決めずに家を出た。

見上げればすっきりと青い空。
上着いらずの小春日和。

さて、どこを目指して歩こうか?
六義園の紅葉?
東京都庁の展望台から富士山が見えるかも?

そうだ!
今日こそはコーヒー豆を買いに五反田に行こう!

バスに揺られて40分。
渋谷駅からは山手線の線路沿いをてくてく歩く。

お洒落な恵比寿駅前を通りすぎ、不可思議な構造の目黒駅ビルでようやくトイレを探し出す。

きらきらと眩しい日差しに目を糸のように細めて歩くので、ウォーキングというよりお散歩の速度になり、渋谷駅からゆっくり90分かけて五反田駅に到着。

駅前の「洋服の青山」のビルに入る。
ここの2階はブラジル領事館。ブラジルに行く時にビザでお世話になる所。まだご縁はないが、ペルー領事館も入っている。

6階の「キョウダイマーケット」というスーパーに入ると、目の前にブラジルのクリスマスには欠かせないケーキ、“パネトーネ”の箱の山がドーンと迫ってきた。

ああ、懐かしいな、リオで迎えたクリスマス。サンバ好き女子3人でパネトーネを何箱も買って食べたっけ・・・

サトウキビから作るブラジルのお酒、カシャーサの瓶が並ぶ棚を通り過ぎると・・・

あった、あった!
20141127pilao

大のお気に入りのコーヒー、Café Pilao!
我が家のCafé Pilaoを切らしてしまってから一年近く。他のコーヒー豆を買う気にはなれず、我が家はコーヒーなしの日々が続いていた。

500グラム入りの四角い真空パックを780円でお買い上げ。リュックにしまって外に出る。

時刻は12時30分。
久しぶりに駅前の陳麻家に行こうか?
カウンターだけの小さな店、陳麻家のメニューは、カレーライスのようにライスの上に麻婆豆腐がかかった麻婆飯のみ。B級グルメながら山椒のきいた麻婆飯は実にうまい。
五反田にCafe Pilaoを買いに来たら、陳麻家に寄るのがお決まりのコースになっている。

しかし、お昼時なのにいまひとつお腹が空かない。食べようと思えば食べられるけれど、あまり空腹でない時に、あの絶妙の味の麻婆飯を食べるのはもったいないような気がしてきた。
残念だけど、また今度、お腹を空かせて食べに来よう。

五反田から地下鉄を乗り継いで巣鴨へ。
勝手知ったる巣鴨地蔵通り商店街の中ほど。数日前に母と来た時に見つけて気になっていたごま専門店、ごま福堂にて「豆乳黒ゴマソフト」をいただく。

20141127

ソフトクリームの上から擦りごまをたっぷりまぶしてくれる黒ゴマソフトは、ゴマの風味たっぷりでとっても美味しかった。

地蔵通り商店街の中ほどから住宅街に入り大塚駅へ。すっかりきれいになった大塚駅前を抜けると、1個45円という超破格のブロッコリーが山積みのスーパーシマダヤでリュックいっぱいの買い出し。

すっかり重たくなったリュックを背負って、さあ、帰ろう、とした時に、大事なことを思い出す。

今夜の晩ごはん用に立派なさんまを買ったのに、焼き魚用のアルミホイルを切らしていた。
これは西友に行かないと手に入らない。
まっすぐ歩けば15分で帰宅できるところを、サンシャイン横の西友まで徒歩15分の回り道。
クッキングホイルと大根を買い求め、さらに15分歩いてようやく我が家に到着。

さすがにお腹が空いた。
重たいリュックを降ろして、かぼちゃスープとりんご1個の遅い昼ご飯。

そして、食後にはブラジルコーヒー!
Café Pilaoの真空パックの封を切って、深炒り、超細挽きの、真っ黒、ふわふわのコーヒー豆とご対面。

ペーパーフィルターでコーヒーを入れる。
この香り。このコク。
酸味がめだたない深い味わい。
ああ、なんて幸せなんだろう・・・

飲み終わってからもコーヒーの香りが家じゅうに漂う。

気まぐれに出かけた15995歩のウォーキングは、愛するコーヒーとたっぷりの日光浴で至福の数時間になった。

さて。

晩ご飯の支度まで小一時間。

12月のギターナイトの練習をひとしきりしましょうか。


| | コメント (0)

2014.11.22

もっと鞭を!

毎度お騒がせしております西荻窪アルカフェさんでの二十分一本勝負。
12月の出番ではこの曲を歌います。

50年前にテレビ放映された西部劇、「ローハイド」の主題歌。
この歌に欠かせないのが鞭の音。
何しろ「ローハイド」とは生皮の鞭のことなのだから。

そして、この鞭の音に悪戦苦闘中なのです。

最初考えたのはヴィブラスラップという楽器。
↓これです。

そう、水戸黄門のテーマ曲や北島三郎の「与作」で聞こえてくる、「カーーッ!!」という音。
鞭そのものの音ではないけれど、インパクトがあってなかなかいいと思い、さっそく購入。

これが早とちりだった。

ヴィブラスラップには高音と低音の2種類があるのを知らず、低音の方を買ってしまったのです。
高音と低温でどのくらい差があるかというと・・・
こんな二重奏ができちゃうぐらいの音程の違い。

買ってしまったのは女性が鳴らす低い音のヴィブラスラップ。
これでは鞭の音のインパクトが出ない。

鞭の音、鞭の音、鞭の音・・・と探し回ると・・・なんと、鞭の音を出す楽器が存在するではないか!

スラップスティックというこの楽器。

2枚の板を蝶番でつなげただけのものだが、市販品はけっこうなお値段。

もっと手軽に鞭の音を鳴らせないかしら・・・さらに探し回ると、なんと!ベルトで鞭の音が出せるというではないか!

これはかなり迫力の音だ。
けれど、アルカフェのステージでベルトを振り回すわけにはいかない。
さらに探すと・・・

たわませたベルトを勢いよく引っ張ってバチ!と鳴らすという方法を発見。

20141122belt

さっそく手持ちの安物ベルトでやってみると・・・

バシ! バシ!

いい音だ。
マイクを通せばちょっと響いてかなりいい感じになりそう!!

しかし、ここでまたまた問題が。

私はギターを弾きながらローハイドを歌うのです。
鞭の音は、当日遊びにきてくださるお友達にお願いして鳴らしていただくのです。
ということは、ぶっつけ本番で鳴らせるシンプルなものでなければならない。
それに、いくらなんでも、楽器じゃなくてベルトを鳴らしてください、なんて、お願いしづらいよねえ・・・

やっぱり、高音のヴィブラスラップを手に入れるかなあ・・・・

と、思案しているうちに、根本的な大問題にゆきあたる。。


そもそも、私、「ローハイド」をギターを弾いて歌えるのだろうか?

ここ2週間苦しんだ咳はようやく治まりつつある。
本番まであと13日。
男の中の男の歌、「ローハイド」の特訓だ!

バシ! バシ! 我が身に鞭討つ大特訓開始!!!


・・・・・・・・・・・・・・・
二十分一本勝負@荻窪アルカフェギターナイト
12月のお題は・・・「熊さん物語」

12月5日(金) 19:30~
荻窪アルカフェ
http://alcafe.incoming.jp/

19:30-19:50 江戸の風(Vo,Gt)
19:50-20:10 渡辺レベッカ(Vo,Gt)
20:10-20:30 阿部浩二(Vo,Gt)
(20:30-20:50 休憩)
20:50-21:10 寅午(とらうま)(Vo/Gt)
21:10-21:30 み家(Vo/Gt)
21:30-21:50 Momoko(Vo,Gt/Cho,Perc)

チャージ500円+ドリンクオーダー


| | コメント (0)

2014.11.21

おかあさん!

秋晴れのある日。
地下鉄の白金高輪駅の1番出口の階段の上でiPadを開く。

行き先はシェラトン都ホテル東京。
Googleマップを見ると、目の前の大通りを左にまっすぐ、徒歩5分ぐらいらしい。
迷う心配はなさそうだ。

日光を反射してきらきらと光る歩道がまぶしくて、細い目をさらに細めて左方向に歩く。
三叉路の交差点に来た。
迷わずまっすぐ渡ってさらに数分歩いたが、ホテルらしき建物が見えてこない。

おかしいな。

約束の時間が迫っていた。うろうろしている時間はない。
三叉路の手前の角の交番まで戻っておまわりさんに声をかける。


すいません。シェラトン都ホテルはどちらの方でしょうか?


机に向かっていたおまわりさんが出てきてくれた。

「あのね、おかあさん!」

はい、はい。

「そこの大きな信号を渡ってね、右にまがるのよ、おかあさん」

はあ、はあ。

「そうするとね。すぐ左手に見えてくるから、おかあさん」

ああ、交差点を渡ってそのまままっすぐかと思ってたんだけど・・・

「まっすぐ行っちゃだめよ、おかあさん! いい? そこの交差点を渡ったら右に行くのよ、おかあさん!」

わかりました。ありがとうございました。

「気をつけていくのよ、おかあさん!」


おかあさん!を連発しながらのおまわりさんの道案内のおかげで、待ち合わせの時間前にシェラトン都ホテルに到着できた。

それにしても。

おかあさん!と呼ばれたのは初めてだ。
丸顔童顔、年齢不詳的風貌ではあるが、さすがに最近は「お嬢さん」とは呼んでもらえない。
調子のいい八百屋のおじさんあたりはたまに「お姉さん」と呼んでくれる。
ごくまれに「奥さん」と呼ばれることはあるが、そもそも「奥さん」ではないからか、なじめない。


おかあさん!と呼びかける時、その相手に抱くイメージは、いい人なんだろうけれど危なっかしくてほっとけないおばさん、というところだろうか。

おそらく自分と同年配と思われるおまわりさんが連発してくれた

おかあさん!

が、妙にしっくりきて、嬉しくなった秋晴れの白金での出来事でした。


| | コメント (0)

2014.11.16

季節のうつろいの中で・・・たんぽぽライブ11月号

11月15日。
たんぽぽライブ11月号でした。

都内も木々が色づきはじめ、落ち葉がカサコソ音をたてはじめました。
そんな晩秋の土曜の午後、それぞれに電車やバスを乗り継いで、西立川の喫茶たんぽぽまで遊びに来てくれたみなさんん、ありがとう。

今回も、ガラス越しのぽかぽかの日差しに暖まりながら、和やかなライブになりました。

小麦さんの手回しオルゴールに耳を澄ましたり、懐かしい歌にプチ歌声喫茶になってみたり、
こころばのお二人の登場でほわっと明るくなったステージ。ギター一本でここまで楽しくなれちゃうから不思議。
二人バージョンの温帯低気圧の「雨の浅川」で銀杏の匂いを思い出し、
Banda Fabiana。カヴァキーニョとパーカッションからあふれるブラジリアンリズムがたんぽぽに気持ちよく響いて、
そして最後はCELLのお二人。すーさんのラジオ・トークとお二人のしみじみとしたハーモニーに耳を傾けるうちに、
たんぽぽのガラス扉の外は夕暮れが迫ってきました。

世の中にはいろいろな音楽がある。
いろいろなライブがある。
それぞれに、惹きつけるものがあり、
それぞれに惹きつけられるファンがいる。

たんぽぽライブの魅力は何だろう?
たんぽぽのガラス扉が開いて、一歩お店に入ると、ほっとする。
三々五々と集まる仲間とお喋りしたり、演奏を聴きあったりしながら
ゆったりと過ごす時間のいとおしさ。
そんなたんぽぽの暖かさを歌にできたら素敵だろうなあ・・・・

そんなことを思いながら、大きなガラス扉の外を眺める。
ずいぶん日が短くなった。
扉の傍らに早くも飾られた大きなクリスマスツリーを眺めながら、この一年のたんぽぽの四季を思いめぐらしたのでした。

皆さん、今月もどうもありがとう。

12月号は12月13日(土)の午後。
また、たんぽぽライブでお会いしましょう♪


| | コメント (0)

2014.11.13

たんぽぽライブ11月号は明後日です♪

今年の秋は急に始まったような気がする。
そして、寒さも急にやってきた。
東京の木枯らし1号は10月27日だったんですって。
そう、そう、先月終わりから寒かったよねえ・・・

冷たい風が吹く時も、西立川の喫茶たんぽぽはぽかぽかです。
今週の土曜日の午後は、たんぽぽライブであったまりましょう。

今月もお馴染みの方、初めての方、お久しぶりの方々と
賑やかな顔ぶれがそろいましたよ。

晩秋の土曜の午後、
たんぽぽライブでお会いしましょう♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
たんぽぽライブ11月号

11月15日(土) 13:30~
西立川 喫茶たんぽぽ

13:30-13:35 ご挨拶
13:35-14:00 野川小麦14:05-14:30 こころば
14:35-15:00 温帯低気圧
15:05-15:30 Banda Fabiana
15:35-16:00 CELL

音楽は無料です。
喫茶たんぽぽの美味しいメニューをいっぱいご注文くださいね。

20141115tirasi


| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »