« おかあさん! | トップページ | コーヒー求めてウォーキング »

2014.11.22

もっと鞭を!

毎度お騒がせしております西荻窪アルカフェさんでの二十分一本勝負。
12月の出番ではこの曲を歌います。

50年前にテレビ放映された西部劇、「ローハイド」の主題歌。
この歌に欠かせないのが鞭の音。
何しろ「ローハイド」とは生皮の鞭のことなのだから。

そして、この鞭の音に悪戦苦闘中なのです。

最初考えたのはヴィブラスラップという楽器。
↓これです。

そう、水戸黄門のテーマ曲や北島三郎の「与作」で聞こえてくる、「カーーッ!!」という音。
鞭そのものの音ではないけれど、インパクトがあってなかなかいいと思い、さっそく購入。

これが早とちりだった。

ヴィブラスラップには高音と低音の2種類があるのを知らず、低音の方を買ってしまったのです。
高音と低温でどのくらい差があるかというと・・・
こんな二重奏ができちゃうぐらいの音程の違い。

買ってしまったのは女性が鳴らす低い音のヴィブラスラップ。
これでは鞭の音のインパクトが出ない。

鞭の音、鞭の音、鞭の音・・・と探し回ると・・・なんと、鞭の音を出す楽器が存在するではないか!

スラップスティックというこの楽器。

2枚の板を蝶番でつなげただけのものだが、市販品はけっこうなお値段。

もっと手軽に鞭の音を鳴らせないかしら・・・さらに探し回ると、なんと!ベルトで鞭の音が出せるというではないか!

これはかなり迫力の音だ。
けれど、アルカフェのステージでベルトを振り回すわけにはいかない。
さらに探すと・・・

たわませたベルトを勢いよく引っ張ってバチ!と鳴らすという方法を発見。

20141122belt

さっそく手持ちの安物ベルトでやってみると・・・

バシ! バシ!

いい音だ。
マイクを通せばちょっと響いてかなりいい感じになりそう!!

しかし、ここでまたまた問題が。

私はギターを弾きながらローハイドを歌うのです。
鞭の音は、当日遊びにきてくださるお友達にお願いして鳴らしていただくのです。
ということは、ぶっつけ本番で鳴らせるシンプルなものでなければならない。
それに、いくらなんでも、楽器じゃなくてベルトを鳴らしてください、なんて、お願いしづらいよねえ・・・

やっぱり、高音のヴィブラスラップを手に入れるかなあ・・・・

と、思案しているうちに、根本的な大問題にゆきあたる。。


そもそも、私、「ローハイド」をギターを弾いて歌えるのだろうか?

ここ2週間苦しんだ咳はようやく治まりつつある。
本番まであと13日。
男の中の男の歌、「ローハイド」の特訓だ!

バシ! バシ! 我が身に鞭討つ大特訓開始!!!


・・・・・・・・・・・・・・・
二十分一本勝負@荻窪アルカフェギターナイト
12月のお題は・・・「熊さん物語」

12月5日(金) 19:30~
荻窪アルカフェ
http://alcafe.incoming.jp/

19:30-19:50 江戸の風(Vo,Gt)
19:50-20:10 渡辺レベッカ(Vo,Gt)
20:10-20:30 阿部浩二(Vo,Gt)
(20:30-20:50 休憩)
20:50-21:10 寅午(とらうま)(Vo/Gt)
21:10-21:30 み家(Vo/Gt)
21:30-21:50 Momoko(Vo,Gt/Cho,Perc)

チャージ500円+ドリンクオーダー


|

« おかあさん! | トップページ | コーヒー求めてウォーキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おかあさん! | トップページ | コーヒー求めてウォーキング »