« パソコンの前で | トップページ | ももこおばさん@新橋zz »

2015.01.26

これは美味しいねえ

母が料理を一切しなくなって数年が経つ。
企画力、判断力、記憶力の集大成である料理という仕事。
身体はまあまあ元気なのだけれど、これらの能力がだいぶ衰えた母にとって、料理は手におえない仕事になってしまった。

同居の娘は家事が大の苦手。
記憶力、判断力、計画力はそこそこはあるものの、目が当てられないほどの不器用で料理下手だ。

そんな落第主婦が作る料理を並べての朝ご飯や晩ご飯に、
「ありがとう」「いただきます」と必ず言ってから母は箸をつける。
そして、口に入れる前に「美味しい、美味しい」と言う(笑)。
落第主婦の娘に気を遣ってくれているらしい。

そんな母が「これは美味しいねえ」と言ってくれることがある。

何日も夜遊びが続いた放蕩娘が久しぶりに作った今日の晩ご飯。
鶏肉とキャベツをトマト缶詰と塩麹でぐつぐつ煮込んだ赤いスープをスプーンで一口、食べて、
「これは美味しいねえ」
かぼちゃサラダを一口ほおばって
「これは美味しいねえ」
切り干し大根と人参の煮物を一箸口に入れて、
「これは美味しいねえ」

やったあ! 「これは美味しいねえ」三連発!

そして、最後にどのお皿もきれいに舐めて、「ごちそうさまでした」。

傍目には、年老いた母の面倒を見る娘という構図なのだけれど、私は今も母に育てられているのかもしれない。

「ありがとう」
「いただきます」
「これは美味しいねえ」

という言葉かけによる母の娘育てがもうしばらく続きますように、と、後片づけの台所で願ったのだった。


|

« パソコンの前で | トップページ | ももこおばさん@新橋zz »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パソコンの前で | トップページ | ももこおばさん@新橋zz »