« チームたんぽぽ | トップページ | ”たんぽぽ歌手"モモコの挑戦~その2 »

2015.02.24

"たんぽぽ歌手"ももこの挑戦~その1

たんぽぽライブ2月号の5組の出演者が決まったころ。

「ももこさん、2月号で1曲デュエットしませんか?」とTedさんが誘ってくださった。

これまでに何度もTedさんのピアノで歌わせていただいた。
いつもひとりギターを弾き語る、とことんマイペースな私にとって、
Tedさんとの毎回の共演は文字通りわくわく、ドキドキ。
思いもよらない選曲に、歌の世界を広げていただいたり。
魅力的かつチャレンジングな経験をさせていただいている。

「これなんか、どう? 女性パートは歌詞が少ないし!」

新年早々、重症の歌詞健忘症を患ってしまった私を気遣いながら提案してくださったのは、この曲。

Tedさんがだーーーい好きな、そして私ひとりならまず歌わないであろうディスコ調。
しかもデュエット。
しかもハモる。

この歌。女性パートの歌詞のいちばん高い音が「シ♭」。
決して高い音ではないのだけれど、高音が出ない私にはぎりぎりの高さ。
しかも、余裕を持って歌い上げる声でないと曲のイメージに合わない。

久しぶりに本気で発声練習。
ご近所の皆さま、お騒がせして申し訳ございません。
怠けていた喉にようやく血が通ってきたかな・・・?というところで、たんぽぽライブ2月号の日が来てしまった。

5組の出演者の個性豊かな演奏が続く。
5組目のCELLのお二人の美しいハーモニーの余韻に浸る・・・間もなく。
あたふたとたんぽぽピアノの横に立ち。
いつもは手に持つマイクをスタンドにセット。
ピアノに合わせて4拍の手拍子。
Tedさんの歌が始まる。
さあ、ここからデュエット!


 Make believe I’m everywhere
 Given in the lines
 Written on the pages
 Is the answer to a neverending story!

 私はここよ。本の中。
 この本のページに書かれた
 行と行、言葉と言葉の間、
 そこに、終わりのない物語の鍵があるの。


Never Ending Storyというお話のテーマとも言えるこの歌詞。
ロマンチックでスリリング。
歌うたびにぞくぞくっとする。

ただ・・・
いかんせん、練習不足。
自分が歌うことに精いっぱいで、Tedさんの歌に寄り添う余裕なし・・・

だけど・・・
だけど・・・
楽しかったなあ~~~

デュエットという共同作業は一日にして成らず。
積み重ねていきたいな。
二人して、時空を超えて、飛んでいけるまで♪


|

« チームたんぽぽ | トップページ | ”たんぽぽ歌手"モモコの挑戦~その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チームたんぽぽ | トップページ | ”たんぽぽ歌手"モモコの挑戦~その2 »