« さよなら、タンタン | トップページ | なっと、なっと~♪ »

2015.02.16

ママとお出かけ~巣鴨地蔵通り商店街編

2月15日、日曜日。晴れ。
遅めの朝ご飯をすませたら、ママとお出かけ。
巣鴨のとげぬき地蔵に行きましょう。

しばらく腰痛がひどくてタクシーを使っていたけれど、ここ数日は調子がよさそう。
今日は都電で行きましょうか。

薄手のセーターに薄手のジャケットを羽織るだけの超暑がりのママの三歩後ろを、
厚手のコートに厚手のマフラーをぐるぐる巻きの超寒がりのモモコが歩く。
冬場れの青空に向かう木立を仰ぎ見ながら雑司が谷霊園の中をゆっくりゆっくり歩く。
腰痛持ちのママは30歩歩くと電信柱やお墓の縁石につかまって小休止。

墓地の中ほどに軽トラックが停まっていた。
これ幸いと荷台に片手をついて、ひと昔前に流行った「反省猿」みたいなポーズで小休止するママ。
そこへ軽トラックの主が現れた。

おじさん「あのー、車を出すんですけど、いいですか?」
ママ「あらー、仕方ないわねえ」
おじさん「すいませんねえ」
走り去る軽トラックに向かって、(おじさん、ありがとう)とそっと頭を下げるモモコであった。

5駅目の庚申塚駅で都電を降りて、地蔵通り商店街をとげぬき地蔵方向に歩き出す。
あちらのお店で「お母さん、ここに座って!特製のココア飲んでってよ。ポリフェノールがたっぷりよ」とご馳走になり、
こちらのお店で「お母さん、昆布茶、美味しいよ。座って飲んできなさいよ」とご馳走になり、
そちらのお店で「お母さん、焼き生姜の旨煮だよ。こうやってご飯に混ぜると美味しいから、座って一口食べてきな!」とご馳走になり。
お休み処には事欠かず、上機嫌のママはご馳走になった商品をことごとくお買い上げ。
とげぬき地蔵に着くころにはお腹はいっぱい、モモコのリュックも一杯になる。

とげぬき地蔵のある高岩寺はお参りの人々でにぎやかだ。
お地蔵さま参りの長い列には目もくれず、ママは高岩寺さんの本堂にお参りすると、
本堂横のベンチに座って大休止。
休み休みとはいえ、都電の駅からここまで30分も歩いたからね。

さて、白山通りでタクシーを拾って帰ろうか、と思ったら
「都電で帰るんだろ?」とママが立ち上がるので、
そのまま来た道を戻ることに。
今日はよほど調子がいいらしい。

本堂の横手の階段を降りると露店が二つ並んでいた。
ドライフルーツを山盛りにして売る店の前で、
試食用の干し柿を口に入れて、
「こりゃ、硬い」とひとこと言うと、ママは3歩右に移動して、隣の野菜の店へ。
大きなネットにどっさり詰まった鮮やかなオレンジ色のキンカンの前で

「これは美味しいねえ!」と叫ぶママ。

「キンカン、お買い上げ」かと思いきや、
ママはやおら3歩左に移動してドライフルーツ屋に逆戻り。

「これ、いただくわ」と干し柿を指さす。

えーー???

モモコ「干し柿は硬くて食べられないってさっき言ったじゃない???」
ドライフルーツおじさん「俺もそうおもったよ」
ママ「口の中で長持ちするからいいんだよ」

というわけで、おじさんが袋にギューギュー詰めてくれた干し柿、1000円をお買い上げ。
  
都電の駅へと地蔵通り商店街をゆっくりゆっくり歩いて戻る。

ママ「もう、歩けない・・・」
モモコ「どこかでお昼ご飯を食べていこうよ」
ママ「いや、お腹は空かない。」
モモコ「じゃ、お茶を飲んで行こう」

というわけで目の前の和カフェに入り、椅子に座ってひと安心、と思いきや・・・

ママ「お昼の時間だから、何か食事しなきゃ」
モモコ「え? お腹空いてないんじゃないの?」
ママ「お昼なんだからお腹空いてるにきまってるじゃないか」
モモコ「だって、ここはお抹茶とお菓子のお店だよ・・・」
ママ「食事になるもの、何かあるでしょ!」
モモコ「あのー、お食事のメニューはありますか?」
和服のお姉さん「あいにくお菓子とお茶しかご用意できないのですが・・・」
ママ「仕方ないねえ、食事できないんじゃ」(と言って立ち上がる。)
モモコ「申し訳ありません・・・急にお腹空いちゃったみたいで・・・」
和服のお姉さん「とんでもありません。近くに中華料理や和食のお店がございますので」

突然空腹を覚えたらしいママは、お昼ご飯目指してすたすた歩きだした。
都電の駅の近くの居酒屋食堂、成光苑さんに入店。
入り口にいちばん近い席に座って、今度こそ、やれやれ~~
好きなおかず2品にご飯、味噌汁、おしんこ付で650円の定食を注文。
待つことしばし。
厚焼き玉子と、クリームコロッケと、鰯のフライと、立派な焼き秋刀魚が運ばれてきた。
ママと外食は久しぶり。記念の写真を撮りましょう♪
とモモコがiPadを取り出す間に、ママはクリームコロッケをパクパク・・・
20150215sugamo3

お腹いっぱいになったママとモモコ。
都電に乗って、雑司ヶ谷の墓地の中をゆっくりゆっくり歩いて帰る。
この角を曲がったら我が家、というその角のお宅の
見事に咲いた梅の花を見上げながら、ママは最後の小休止。

20150215sugamo4

今度の日曜日は湯島天神に梅の花を見に行こうか。
ママとモモコの珍道中はまだまだ続く・・・


   

|

« さよなら、タンタン | トップページ | なっと、なっと~♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら、タンタン | トップページ | なっと、なっと~♪ »