« 見果てぬ夢~サンバに恋した20年 その9 | トップページ | 明日はモモミナちゃんライブ@荻窪アルカフェ »

2015.03.31

見果てぬ夢~サンバに恋した20年 エピローグ

ボサノヴァのスタンダード曲、コルコヴァードのギターを弾いたライブの翌日。
一緒に演奏した友人が書いた日記を読んだ。

「ももことボサノバ考」と題したその日記。
私のことを「ボサンバのももこさん」と呼び、
日本のボサノバ人気の源流を分析し、
自身とボサノバとの距離が近くなったと嬉しげに語る
その日記に胸が熱くなった。

サンバに恋して20年。

何度目かの挫折に苦しんだこの冬、
「ボサノバ、たのしいじゃないですか!」と
ボサノヴァのボールを投げてよこして、
私を思わず本気にさせてしまったのは、
ブラジル音楽の輪の外で出会った友人だった。

そして。

コルコヴァードのギターに悪戦苦闘しながら、
ある日のセンセーの姿を思い出していた。
その日、サンバのセンセーのレッスンに行くと、
センセーが一人でひたすらギターを弾いていた。

「何を弾いているんですか?」と聞くと
「また新しい世界に入ってるんだよ」と言って、
センセーはギターを弾き続ける。
喜びに至る道の孤独を垣間見た思いがした。

サンバは人生そのもの。
喜びがあれば、挫折もある。
人々と共感するものであり、孤独に追及するものである。

歓喜と挫折の間で、
共感と孤独の間で、
激しく、深く揺れながら
見果てぬ夢を追い求めよう。

私の歌とギターで
私のサンバができる日を夢見て。


♪ ♪ ♪ ♪ ♪

サンバの名曲"O que é o que é"を自分のスタイルで歌い、語るZé Ramalho

 何のために生きるのか?
 その答えを見つけるために 
 僕たちは生きるんだ。歌うんだ。
 答えを知らないこと、
 答えを求め続けることは
 恥ずかしいことじゃない!


|

« 見果てぬ夢~サンバに恋した20年 その9 | トップページ | 明日はモモミナちゃんライブ@荻窪アルカフェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見果てぬ夢~サンバに恋した20年 その9 | トップページ | 明日はモモミナちゃんライブ@荻窪アルカフェ »