« 探しものは何ですか? | トップページ | 見果てぬ夢~サンバに恋した20年 その9 »

2015.03.29

見果てぬ夢~サンバに恋した20年 その8

その日、サンバ仲間の友人と二人で
ちびっこ相撲大会というイベントのアトラクションコーナーで歌っていた。

大きな太鼓とギターを鳴らして歌う私たちに
子供たちが興味津々で寄ってきた。

サンバ好きのおばさん二人。
得意になって歌うのは、もちろんサンバ。
ポルトガル語で歌いまくる。

何曲か歌ったところで、
ひとりの男の子がこう言った。

「何か、知ってる歌、やってよ!」

あまりにもストレートな男の子の「クレーム」に
私たちは言葉に詰まった。

あなたたちが知ってる歌って・・・
たとえば、どんな歌?

男の子は歌いだした。


  なーつがすーぎー かぜあざみー
  だれの あこがれに さまようー
  あーおぞらーに のこされたー
  わたしの こころは なつもようー


アニメのテーマソングやアイドルの人気曲を予想していた私は
男の子の口ずさむ歌に虚を突かれた。

いい歌がたくさんあるではないか。
いい歌をたくさん知っているではないか。

男の子の一言で、私の歌の記憶の扉が開いた。
童謡、唱歌から流行歌、ポップスやジャズやラテン、日本の民謡から長唄まで。
幼いころから歌ってきた様々な歌が自分の中にあふれてくる。

せっかくギターを弾くようになったのだから、
こういう歌を歌ってみよう。
サンバのセンセーに教わったギターの弾き方を出発点に、
自分なりの弾き方で、自分なりの歌い方で、歌ってみよう。

40代半ばのおばさんと、10歳の男の子が
井上陽水の「少年時代」に共感しあえたように、
「いい歌だよね~!」と人々と共感できる歌をうたいたいものだ。

そこから、私の新たな歌うたいの歩みが始まったのでした。


♪ ♪ ♪ ♪ ♪

ギター一本でこれだけのバンドを率いるMoraes Moreira.
優しくて、ユーモラスで、それでいてぐんぐん引っ張っていくスピード感。
私の憧れのミュージシャンの一人。

”Preta Pretinha" by Moraes Moreira

|

« 探しものは何ですか? | トップページ | 見果てぬ夢~サンバに恋した20年 その9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 探しものは何ですか? | トップページ | 見果てぬ夢~サンバに恋した20年 その9 »