« 見果てぬ夢~サンバに恋した20年 その8 | トップページ | 見果てぬ夢~サンバに恋した20年 エピローグ »

2015.03.31

見果てぬ夢~サンバに恋した20年 その9

サンバに恋して20年目の2015年3月。

ひょんなことから、ボサノヴァと向き合うことになる。
友人たちと急きょ結成した3人ユニットで、
ボサノヴァのスタンダード曲、コルコヴァードを取り上げることになった。

いつも一人で弾き語りをしている私は、
どんな歌をうたう時でも、
ネットで見つけたコード譜を参考にしながら、
自分が弾ける簡単なコード、好きな響きのコードに変えて、
構成も、歌い方も、自分風にしてしまう。

しかし、キーボードとギターで歌の伴奏を担当する
今回はそうはいかない。
オーソドックスな形でギターを弾くことになる。

これが私には大変だった。
譜面と首っ引きでコードを覚え、繰り返しギターを練習。

20年前、「ボサノヴァ、いいですねえ」と言ってくださる相手に
「私はサンバが好きなんです!」と食ってかかっていた私が、
ボサノヴァの譜面を見ながらギターを練習している。

そして、それが決して嫌ではなく、
むしろ、楽しくもやりがいのある課題だった。

ギターを弾きながらそっと口ずさむコルコヴァード。
弾きながら、歌いながら、ゆったりと揺れるからだ。
ああ、なんて幸せなんだろう。

そうか・・・

ボサノヴァのルーツはサンバだった。
大きく、深く揺れるサンバに対して、
小舟のように穏やかに揺れるボサノヴァ。
どちらも、心と体が揺れながら奏でる音楽なんだ。


♪ ♪ ♪ ♪ ♪

  コルコヴァード

  部屋の片隅にはギター
  この愛に 歌がまたひとつ
  愛する人を幸せにするために
  想いは静けさの中に
  夢は時の流れの中に
  窓の外にはコルコヴァードの丘
  何て、きれいなんだろう!

  夢見るのはこういう日々
  この命が尽きるまで
  あなたのそばにいたい
  あなたに出会うまで
  何もかもが信じられなくて
  涙にくれていた私
  そんな私に
  愛することの喜びを教えてくれたのは
  あなた・・・
    
  (ももこ訳)


♪ ♪ ♪ ♪ ♪

あなた・・・
それはサンバ。
音楽を愛する喜びを教えてくれたサンバ。
この命が尽きるまで、
サンバの揺らぎの中で、歌い続けたい。

サンバに恋して20年目の3月の夜に
コルコヴァードをひとり弾き語りながら
ボサノヴァの優しい揺らぎに
身を任せる幸せを知ったのでした。


♪ ♪ ♪ ♪ ♪

|

« 見果てぬ夢~サンバに恋した20年 その8 | トップページ | 見果てぬ夢~サンバに恋した20年 エピローグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見果てぬ夢~サンバに恋した20年 その8 | トップページ | 見果てぬ夢~サンバに恋した20年 エピローグ »