« スペシャルな日曜日の予感 | トップページ | 喉に封印 »

2015.03.17

スペシャルな経験

やっぱりスペシャルな日曜日になりました。
上福岡はBlancさんでの午後ライブ。
ボーカルのRay♪さんと、キーボードのTedさんと、ギターの「モモミナ」の初共演。

昨日のライブのために急きょ結成されたこの3人ユニット。
3人それぞれのイメージと、3人それぞれができることを持ち寄ったわけだけれど、
単なる持ち寄りパーティにはならなかった。
お互いの音を聞きながら、歩み寄りながら、
一つの歌という時間の流れを共有する。

私は淡々と弾くことしか能がないギター弾き。

「オリビアをききながら」では、Tedさんが控えめな音数のコードを弾きつつ、
ギターでは表現できない「ここ!」というところを鳴らしてくれる。
そして、ボサノヴァアレンジを素直に感じとってくれるRay♪さんの柔かなボーカルが、
ギターとキーボードをふわりと包んでくれる。

ボサノヴァの超スタンダード曲、「コルコヴァード」。
ブラジル音楽に親しんでいるはずなのに、
実はボサノヴァのスタンダード曲はめったに歌わない私。
コルコヴァードのギターを弾くのも初めてだった。
作曲者、ジョビンのコード譜をネットで見てはみたものの、
万年初心者の私の手におえるものではなかった。
楽譜を買って、最もスタンダードなコードだけを押さえて、
淡々とリズムを刻むことしかできなかった。

そんな至らないボサノヴァギターだったけれど・・・
Tedさんが、ライブ演奏の動画から耳コピしたフルートパートを
キーボードのフルート音で再現してくれる。
そして、この音程の難しい歌を、さらりとボサノヴァらしい雰囲気で歌うRay♪さん。

私のつたないギターでは、
ボサノヴァ気分を十分にお二人に味わっていただけなかったかもしれないけれど、
ギターでリズムを刻んでいた私は、とても楽しかった。

昨日の演奏のために、
それぞれが準備をして、音合わせをして、
そして、お互いの音を聞きあいながらの演奏。
この一連の流れの中で、とても豊かな経験をさせていただきました。

Ray♪さん、Tedさん、ありがとう。


|

« スペシャルな日曜日の予感 | トップページ | 喉に封印 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペシャルな日曜日の予感 | トップページ | 喉に封印 »