« 最初で最後(?)のギターインストライブ | トップページ | レシート、ください »

2015.03.07

出た、出た、声が

3月7日、土曜日。
朝、起きたら、前夜までの無声モモコ状態から
風邪ひきの青江美奈程度の声が出るようになっていた。

歌はまだ歌えないが、とりあえず喋ることはできる。
ありがたい。

声を失くしたこの一週間、最も不自由したことは耳の遠いママとの会話だった。

朝、ママを起こす時から悪戦苦闘。
「ご飯ですよ~」の一言が言えない。
息を大きく吸って、ありったけの息を喉に集めて一気に吐き出して、

「ごはん!!!」

と一言叫ぶだけで精いっぱい。

耳元で突然、おじさん声で叫ばれたママはびっくり仰天。
「なんだって、朝からビックリさせるんだ!」とゴキゲンナナメ。

こんな調子だから日常会話などできるはずもなく、この一週間、ママもムスメもむっつり黙って朝ご飯、夕ご飯を食べていた。

今朝、起きてみたら、風邪ひきの青江美奈みたいな声だが、とりあえず会話はできる。

「ご飯ですよー」といつも通りママを起こす。
「お茶入れてくださいねー」とママにお願い。
「いただきまーす」と言いながら、1パックの納豆をママとムスメではんぶんこ。

今朝の母娘の話題は、もっぱらテーブルの上の水栽培の大根の花。
20150307daikon

「ほら、お母さん、大根の花が咲いたよ!」とムスメ。
「あら、ほんとうだ!」とママ。
「つぼみが黄色いから黄色い花が咲くかと思ったら、薄紫の花なんだねえ!」とムスメ。
「だいこんの花なんて、何十年ぶり、何百年ぶりに見たねえ!」とママ。
「何百年ぶりは大げさじゃないの? 仙人じゃないんだからさあ」とムスメ。
「わっはっは」とママ。
「わっはっは」とムスメ。

朝ご飯の食卓に、ママとムスメのとんちんかんな会話が復活。
お喋りのスパイス付きの朝ご飯に、ママはすっかり上機嫌。

「だいこんの花っていう歌があったねえ」とママ。
「へえ? どんな歌?」とムスメ。
「だいこんの~ しろい花~ お前のような~~~」ママは、テーブルを両手で叩きながら歌い出す。
それは「くちなしの花」じゃなかったっけとムスメは思ったが、ゴキゲンなママの叩き語りに水をさすのはやめておいた。

お昼はお汁粉。
20150307osiruko

ずっとテーブルに飾っておいた、ちっちゃな羊さんがのったお供え餅を入れた。
取り残されたミニ羊をテーブルに見つけて
20150307hituji

「これは犬かい?」とママ。
「羊でしょ。今年は未年だから」とムスメ。

お汁粉を食べ終わるまでに、このやり取りを数回繰り返す。
以前は、同じことを何度も聞かれるとイライラしたムスメだが、いつの間にか慣れてしまった。
とかく話題がとぼしくなりがちなママとの会話。同じ話題を何度も使い回しできるのでかえって助かるというものだ。

お汁粉を食べたらママと二人で生協へお買い物。
夕ご飯は、生協で買ったハンバーグを焼いて大根おろしをかけた。

「お風呂が沸きましたよー」とムスメ。
「はいよー」とママ。

喋れることは何とありがたいことか。
何ということもない言葉のやり取りが、こんなにママとの暮らしをスムーズに、そして明るくする。

声を失くした一週間は、私に、ママとのお喋りの大切さをあらためて教えてくれたようだ。


|

« 最初で最後(?)のギターインストライブ | トップページ | レシート、ください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最初で最後(?)のギターインストライブ | トップページ | レシート、ください »