« 西東京の東の端が見えてきた | トップページ | 地図と時間が読めない女 »

2015.06.21

カレシガホシイデス~たんぽぽライブ3周年スペシャル♪

6月20日、土曜日。午後1時半。
西立川喫茶たんぽぽ。
たんぽぽの皆さんが歌う、踊る、スペシャルライブのリハーサル。

ひろぴーさんが、「花は咲く」を一度うたったところで、聞いてみました。

「何か、もっとこうしてほしいとか、ご希望はありますか?」

ひろぴーさんがすかさず答えます。

「○△○△○△○△!」

え? 何て言いました?

「○△○△○△○△!」

え? か、か・・・?

「カレシガホシイデス!」

えー、えー、業務連絡、業務連絡。
ひろぴーさんのピアノ伴奏をご担当の伊藤香奈さん。
ひろぴーさんのカレシのご準備を本番までにお願いします!


という感じで始まりました、たんぽぽライブ3周年スペシャル号。

梅雨の晴れ間に恵まれ、たんぽぽスタッフさんのご家族、ご友人、音楽仲間の皆さん大集合の賑やかなライブになりました。

第一部はミュージシャンのミニライブ。

ピアノ弾き語りの伊藤香奈さんの「レインドロップ」に始まり、
こころばのお二人の「ありがとう」で空気があったまったところで、
この日たんぽぽライブに初めて遊びに来て下さった笹野さんが
手作りの「尺六」をご披露くださいました。

Mana&Sammyのお二人の大人の夏の歌に続いて、
『スペシャルだもん!』と駆けつけてくれたyoukoさんとjijiさんの「星に願いを」。
そして最後はCELLのお二人が描く音の絵画。

毎月のたんぽぽライブのエッセンスを1時間20分にギュッと詰め込んだライブになりました。

そして、いよいよ、たんぽぽさん・オン・ステージ♪

石井リカさん。Manaさんに優しくいざなわれてステージへ。
Sammyさんのギターで、緊張しつつ歌い始めたKinki Kidsの「青の時代」。歌い進むうちに、リカさんの内側から溢れる声がたんぽぽに響きました。

ひろぴーさんは「津波や地震が起きませんようにという願いをこめて歌います!」と「花は咲く」を熱唱。
伊藤香奈さんの優しい中に芯のあるピアノ伴奏に支えられて、大曲をのびのびと歌い切りました。

そして、こころばのお二人と、たんぽぽの愉快な仲間達の登場です。

あれ? たんぽぽダンサーズさんが一人増えてる!?
リハの時は4人だったのに、ステージにはオレンジ色のシャツ姿のたんぽぽさんが5人。

「5人目のダンサー君」は、「喫茶&ハンドメイドたんぽぽ」でお仕事を始めることになり、ご家族と一緒に土曜日のライブを見学にいらしてたそうな。
「一緒に踊る? 踊れるかな?」と職員さんに誘われて出演決定!となったのでした。

ヨウコさんのボーカル、たんぽぽダンサーズのダンス、こころばのお二人のサポートで、クマムシの「あったかいんだからぁ」。
じょんくんのギター、ぼんちゃんのサポートで、のびのび、ノリノリのステージに。

ここでプログラム終了〜のはずだったのすが。

「笛のゲストの方が“ふるさと”を吹いてくれましたよね。
最後は“ふるさと”をみんなで歌うのはどう?」と
CELLのLindaさんが提案してくださると、
石井リカさんが「わたしは手話で歌います!」

うーさーぎー おいしー かのやま〜
こーぶーなー つーりしー かーのーかわー

みーんなで大合唱して、三周年ライブは大盛況のうちに終了〜〜

と思いきや・・・

第一回のたんぽぽライブからずっと歌いに来てくれているyoukoさんから、
3年前、たんぽぽライブを今のような形で始める道筋を作ってくれたjijiさんと、司会のモモコおばさん、ひまわりの花束をいただきました。

ありがとう〜ほんとうに、皆さんが毎月のライブに集まってくださるから続けられるんです〜ありがとう!

これで三周年ライブはめでたく終了〜〜〜と思いきや・・・・

たんぽぽの藤本理事長さんから、「たんぽぽライブはこれからも10年、20年と続いてほしいと思います!」というお言葉をいただき、

こりゃ、大変だ。長生きしないと。
いや、後継者を育てないと。
ああ、モモコさんにもカレシが必要だ〜〜!!

と、頭を抱える司会のおばさんのモモコでありました。

みなさん、本当にありがとうございました。

これからも、たんぽぽライブをどうぞごひいきに。


|

« 西東京の東の端が見えてきた | トップページ | 地図と時間が読めない女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西東京の東の端が見えてきた | トップページ | 地図と時間が読めない女 »