« 建物疎開? | トップページ | 田無は遠し »

2015.06.15

雑司が谷の風に吹かれて


梅雨の晴れ間の土曜日の
田無まで歩け、歩け。
その翌朝は雨降りで。
どこにも出かけず、大人しく過ごす日曜日。

朝ご飯は、納豆ご飯に豆腐とワカメの味噌汁。もずく酢。半熟卵。
昼ご飯は、豆乳寒天と、レトルトの甘い甘い煮豆。
晩ご飯は、買い置きの生協のハンバーグに作り置きのおかず少々。そして、青森県産のとっても美味しいインスタントのしじみの味噌汁。

晩ご飯を終わってみれば、
こころもとない冷蔵庫の中身。
雨も上がったし、涼しくなったし、
母と娘は散歩がてらの買い物。

おばあちゃんとおばさんの
二人暮らしのはずなのに、
いっぱいに詰め込んだはずの冷蔵庫が、
2、3日ですかすか。
猫缶をみるみる空っぽにしてしまう
太っちょ猫の「まんぞくさん」たら、
「ねこあつめ」ゲームの中だけでは満足できずに
我が家にも出張してきてるんではなかろうか?

都電の線路際の小さな生協にて、
母が毎朝1個すりおろして食べるりんごやら、
朝食に欠かせないもずく酢やら納豆やら、
明日のおかず用の鶏レバーやら、
何かと重宝な玉ねぎやら人参やらかぼちゃやら、
寒天&ゼリー用の豆乳やら野菜ジュースやら。

リュックいっぱい買い込んで1700円分の食糧が、
2、3日もすると消えてなくなる。
我が家の「まんぞくさん」親子は本当によく食べる。

お買い物のあとは、
お気に入りのお休み処の水車小屋でひと休み。
大鳥神社の杜の向こうの
高層ビルの夜景を眺めながら、
黙って夜風に吹かれる母と娘。

今はめったに車が通らないこの道も、
都電沿いに車道が通って、
その地下をバイパス道路が通れば、
線路沿いの水車小屋のお休み処で
のんびり夕涼みなどしていられなくなるだろう。

昭和が残る雑司が谷の街が
少しずつ確実に都会になっていく切なさを感じつつ、
がたん、ごとんと通り過ぎる都電を見送り、
ごっとん、ごっとんと回る水車を眺める。

そろそろ帰ろうか。
食糧を詰め込んだリュックを背負って、
えっちらおっちら、夜道をたどる
梅雨の晴れ間の日曜の夜。

夜風が思いのほか気持ちよかった。

|

« 建物疎開? | トップページ | 田無は遠し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建物疎開? | トップページ | 田無は遠し »