« のぼって、わらって、夕涼み | トップページ | 暑い日は浮かない »

2015.07.27

ももこさん、事件ですよ! その7「あそこって・・・?」

7月18日、土曜日、午前5時

抜き足、差し足、忍び足。
金属製のカゴの中の子猫達の様子をうかがう。
体と体をくっつけて、黒と茶色のまだらの毛糸玉になった4匹の子猫達だが、人の気配を感じて一斉に鳴きだす。

  ピーピーピー、キィーキィーキィー
  ピーピーピー、キィーキィーキィー
  ピーピーピー、キィーキィーキィー
  ピーピーピー、キィーキィーキィー

はい、はい、朝ご飯ね。
手のひらにベビーフードを塗りたくると、膝に乗せた子猫達になめさせる。

午前10時

この日2回目のご飯タイム。

午前11時

4匹の子猫を入れた小さな段ボールを両手で抱えて家を出る。
最初は段ボールの中でピーピー鳴いていた子猫達だが、歩くリズムに揺りかご効果があったのか、数分でおとなしくなった。

雑司が谷霊園を抜けて、都電荒川線の線路沿いをてくてく歩いて30分弱。
東京キャットガーディアン大塚シェルターに到着。
昨日ベビーフードを売ってくれた男性スタッフが出迎えてくれた。

「フードは食べましたか?」
「ええ。4匹で缶詰めを半分ぐらいですけどね。」
「では、こちらへお引き取りいたします」

段ボールごと子猫達をお兄さんに渡す。
子猫の母親業はこれにて終了。

12時30分

家に戻ると、子猫達の本当の母親が
子猫を探して鳴きまわっている。

 ニャオン、ニャオン、ニャオーーーーン


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


7月21日、火曜日、午前9時

我が子を案じて探し回っていた母猫も、さすがに諦めたらしい。
とんと鳴き声が聞こえなくなった。
避妊手術をしてやりたいが、出産直後の今は無理だろう。
だいたい、おいそれと捕まえられるはずがない。
ご近所さん達と関係も考慮しないといけないし。
猫シェルターの代表さんに、捕まえ方から伝授してもらわないとなあ。

しばらく様子をみよう。

それよりも、裏のノッポの木を何とかしてもらわねば。

木こりのお兄さんに電話してみた。

「もしもし? 台風も行っちゃったことですし、いつごろ来ていただけますか?」
「明日の午後3時では?」
「はい、お願いします」


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


7月22日、水曜日、午後2時30分

予定より30分早く、我が家の玄関先に軽トラックとバイクが到着。
見積もりに来たイケメンお兄さんとおじさん2人の3人体制。

「今、裏隣りのお宅に行ってみたら、やはりお留守でした」とお兄さん。
「やっぱり、我が家の中を通って切った木を搬出していただくことになりますね?」
「いや、お隣の玄関前の通路を通らせてもらえるといいんですが、いらっしゃいますかねえ?」

と言いながら、さっさとインターホンを押してお隣に声をかける。

電動のこぎりを使っての伐採作業は20分足らずで終了。

伐採前

20150717tree3

伐採後

20150727tree

ああ~さっぱりした!
これで文字通り枕を高くして寝られるというものだ。

「切り株にはブロックを乗せておきましたので、もう生えてこないと思います。雑草も刈っておきましたので」
「それはどうもありがとうございます」
「ところで、奥さん、あそこのことはご存じですか?」
「え? あそこって?」

木こりのおじさんは、我が家の2階の外壁を指さした・・・


≪まだまだ遠い一件落着・・・つ・づ・く≫

東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~

|

« のぼって、わらって、夕涼み | トップページ | 暑い日は浮かない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のぼって、わらって、夕涼み | トップページ | 暑い日は浮かない »