« たんぽぽライブのももこさん | トップページ | 買い物なんかしなくていいんだよ! »

2015.10.24

サンバ復帰・・・

木曜日の夜。
大塚エスペトブラジルに遊びに行きました。

階段を降りて、ドアを開けると

「ひさ~しぶりね~~~!」とお店のブラジル人のお姉さん。
「げんきだった~? ガイコクにいってたの? ニホンにいた?」

日本にいましたよ。
ここから徒歩25分の我が家にね。
それなのにずいぶん長いことご無沙汰してしまいました。

ブラジル国旗をバックにステージに立つのは、サンバ友達のあきこさんと、ギタリストのビーグルさん。

20151024akiko2

楽しいことが大好きなあきこさん&ビーグルさん。
ただのボサノヴァ&ジャズライブになるはずがない。
思いきり勢いづいたギターのイントロで、いったい何が始まるのか?と思いきや、モーターボートのごとくに飛ばしていくボサノヴァのスタンダード、“小舟~バルキーニョ”だったり・・・

好きな歌を好きなように歌う。
ライブはこうじゃなくっちゃあね!

二人のライブの合間にはセッションタイム。
この時、あきこさんが提案してくれました。

「ももこさん、ビーグルさんに低いキーでギターを弾いてもらって、歌ってみたら?」

すご腕ギタリストのビーグルさんは、スタンダード曲ならばその場で適当なキーでギターを弾けちゃうのです。

では、お言葉に甘えてと・・・
いつもの弾き語りより少しだけ低いキーで伴奏していただいて、サンバやボサノヴァを2、3曲歌わせていただきました。

久しぶりに歌うサンバ。
嬉しかった。
そして・・・

やってみよう!

という気になった。

低くなってしまった声に合わせて、ギターの伴奏を移調しよう。

翌日からさっそく移調大作戦スタートです。
私の「なんちゃってギター」は、自分の歌の伴奏でしかない。
コード進行にも音楽理論にも見向きもせず、自分の歌声に合わせて丸暗記した弾き方をひたすら繰り返しているだけ。
ビーグルさんのように臨機応変な応用はききません。

低い声に合わせてギターのキーを変えるということは、ギター伴奏を覚えなおすということ。

前途多難・・・

手始めに、ボサノヴァのスタンダード、Waveから始めよう。

元のキーはC。
これを半音下げてBにする。
たった半音下げるだけなのだけれど、左手を1フレットずらすだけでは押さえられないコードが出てくる。
あちこち押さえて、鳴らして、それっぽい音を探す・・・

イントロは総とっかえ。
Cのキーで弾いていた、解放弦を使ったきれいな音が使えなくなるから・・・

一日がかりの試行錯誤の末に、ようやく半音下げたWaveを弾けるようになったのだが、ここでまた考え込む。

たった半音下げただけなのに、ギターの雰囲気がまるで変わってしまうのです。
この雰囲気のギターで弾きたい、歌いたいWaveは、以前うたっていたWaveとは違うみたいなのです。

歌いなれたWaveだけれど、新しい曲を歌うような感覚。

ひとしきりの悪戦苦闘の後は、蜂蜜湯を飲んで、マスクをして喉を休める。

毎日、少しずつ、今の私が弾き語れる、弾き語りたいサンバを探っていこう・・・

2週間後。
音楽友達に誘っていただいて、久しぶりにライブに出させていただくその時に、ブラジルの歌を2曲、ひとりで弾き語ります。

ももこさんのサンバ復帰。

見届けていただけましたら嬉しいです。

20151022nouka

|

« たんぽぽライブのももこさん | トップページ | 買い物なんかしなくていいんだよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たんぽぽライブのももこさん | トップページ | 買い物なんかしなくていいんだよ! »