« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015.11.29

蒲田へ行きましょ

蒲田へ行きましょ。
どうやって?

もちろん歩いていくでしょう?
雑司が谷から蒲田まで20キロ。
そりゃ、歩ける距離ではあるけれど。
日曜の野暮用のあれこれで、
家を出たのが11時。
歩いて行ったら日が暮れる。

蒲田へ行きましょ。
どうやって?

目白駅から山の手線。
品川駅から京浜東北。
あまりに普通でつまらない。

蒲田へ行きましょ。
どうやって?

都バスで東新宿へ。
都営地下鉄で浜松町へ。
そこからJRで蒲田はいかが?

いえいえ、それはなりませぬ。
浜松町に行ったらば、
増上寺の晴れ舞台の
キュートな歌姫に会うという口実で
ミャンマー料理に舌鼓。
蒲田にたどり着けぬこと、間違いなし。

蒲田へ行きましょ。
どうやって?

雑司が谷から都電に乗って
四つ目の庚申塚駅で降りたなら
巣鴨とげぬき地蔵商店街をぶーらぶら。
馴染みの乾物屋で
ワカメとしらす干し山盛りをお買い上げ。
とげぬき地蔵の高岩寺脇の露店の八百屋で
「一寸法師」という名のミニトマトと、
お日様の恵みいっぱいの切り干し大根お買い上げ。
巣鴨名物塩大福を素通りするわけもなく
ずっしり重たくなったリュックを背中に
巣鴨から都営地下鉄で三田駅へ。
階段を140段のぼったら、
JR田町駅前の陽だまりのベンチでお弁当タイム。
スープポットの切り干し大根スープと
炊飯器で炊いた蒸しパンをほおばる。
魔法瓶のホットコーヒーでホッと一息ついたら、

蒲田へ行きましょ。
どうやって?

京浜東北線ですよ。
品川、大森、大井町、蒲田。
ゴキゲンナナメのポケットwifiにしびれを切らし、
駅前のファミマでwifiをお借りして
iPadのGoogleマップを見ながら
お目当ての「新八」さんへ。

徒歩数分のはずが・・・
みつからない。

「もしもし、新八さんですか? 
 今、はま寿司さんの前にいるんですけど・・・?」
「はま寿司さんの数軒先、黄色い看板が目印です」

と教えられ、斜め上を仰ぎ見れば
特大の黄色い看板に「新八」とあるではあーりませんか!
「上を向いて歩こう」とはこのことだ。

地下一階の「新八」ホールにて、
本日晴れ舞台を務めるもう一人のごひいきの歌姫の
三線を鳴らしつつ歌う声、客席の隅々にまっすぐ届く。
あっぱれのワンマン歌謡ショーに拍手鳴りやまず。

満足の吐息とともに階段をのぼると夕暮れ時。
それにしても気になるのは
「新八」さんの数軒隣りの「はま寿司」さん。
いったいどんなお寿司屋やら?と横目で眺めてたら
「ちょいとお寿司でもいかがです?」と
くまちゃんに誘われて
くるくる回るお寿司をほおばりながら
沖縄と八丈と蒲田の心をうたう歌姫と
ミャンマー語で見事に歌いあげたに違いない歌姫の
二人の歌姫の本日のあっぱれのステージに
お茶で祝杯を挙げたのでした。

その後、山手線で池袋に戻り、
宮城ふるさとプラザで買い求めた
ずんだソフトクリームを舐め舐め
雑司が谷の我が家まで
歩いて帰ったことは
ここだけの内緒の話。

| | コメント (0)

2015.11.23

たーんぽぽライブ♪ たーんぽぽライブ♪

これ、なーんだ?

20151123kanpe

たんぽぽライブ11月号の締めくくりに
司会のももこさんが歌った替え歌の「カンペ」(笑)

最近のマイブームの歌、「オー・シャンゼリゼ」が
実はイギリスの歌の大いなる替え歌だったというトリビアを
Tedさんから仕入れたももこさん。

それならば、たんぽぽライブの替え歌を作ってうたっちゃおう♪

6番まで歌詞を作ってはみたものの、
覚えられない・・・(笑)
三日間で235回は練習したけど、
つっかえずに歌えたためしなし・・・のまま
土曜のライブの日を迎え・・・

5組目のCELLのお二人の素晴らしい演奏の後、
こっそり「カンペ」を持ってマイクの前へ・・・

ピアノのTedさんに、カホンのCatさんと一緒に
歌い出しました・・・

 たーんぽぽライブ♪
 たーんぽぽライブ♪
 月に一度、土曜の午後に♪
 みんなあつまる たんぽぽライブ♪

さて、1番・・・

 ♪車椅子のじょぷりんさんは 
 ♪ピアノを弾いて歌います
 ♪アイミーさんのフルートと一緒に
 ♪素敵なライブ ありがとう

じょぷりんさんがビデオのセッティングをしている間に、アイミーさんのフルートソロと、フルートと救急車のコラボ。弾き語りとフルートとの相乗効果でじょぷりんさんの思いがひしひしと伝わってきた「ごめんね」。聞き入ってしまいました。

2番は・・・

 ♪大きな笑顔が素敵なmarumiさん
 ♪あったかな歌をありがとう
 ♪謎のシンガー、しめこさんに
 ♪また会えるのはいつかしら?

まさかの謎のシンガー、しめこさんがmarumiさんの「ビバブラ」をカバーしてくれるという楽しいステージ。その歌いっぷりがmarumiさんそのもの!お二人は実はあったかい心の底でつながっているのですね。

さて、3番は・・・

 ♪喫茶たんぽぽに初めて来てくれた
 ♪ボーカルの梢あぐりさん
 ♪優しい言葉と優しいメロディ
 ♪素敵な歌をありがとう

もうずーっと前からの音楽仲間のあぐりさんは、実は喫茶たんぽぽ初体験。優しさと懐かしさがただようオリジナル曲がたんぽぽに優しく響きました。可愛い歌詞カードを用意してくれてみんなで歌った「上を向いて歩こう」、楽しかった~♪ 

そして4番・・・

 ♪あさ美さんとヤマヒメさんは 
 ♪いつも仲良し とんこつ君
 ♪今日はカホンのCatさんと3人で
 ♪ゴキゲンなライブ、ありがとう

あさ美さんがキュートな声で「ずるい女」を歌ったかと思うと、Catさんが「高速道路の星」叩き語り! たんぽぽライブをしっかり盛り上げてくれたとんこつ君。「実はこれが初ライブ」発言が飛び出し、みんなびっくり!

そして5番・・・

 ♪ピアノのスーさん・・・

あれれ? スーさんが見当たらない・・・と思ったら
この時は後ろでギターを弾いてたんですね。

20151123kaeuta
(marumiさん、お写真ありがとうございます)

 ♪ピアノのスーさん、ギターのLINDAさん
 ♪CELLの二人のハーモニ―
 ♪目を閉じて聞けば夢の中 
 ♪二人のメロディ 流れる

イージーリスニングのような心地よさの中に、時の流れの哀しさをふと感じるCELLの曲。「バースデー」はまさにそんな曲でしたねえ・・・

そして、6番・・・

 ♪手作りの笛の笹野さん、ありがとう
 ♪ピアノのTedさん、ありがとう
 ♪たんぽぽの皆さん、今日もどうもありがとう
 ♪来月もたんぽぽで会いましょう


おかげさまで「オーシャンゼリゼ→たーんぽぽライブ♪」
なんとか最後までたどり着きました~♪

来月は12月19日(土)の午後の
クリスマライブです。
あっちこっちでスペシャルな計画が進行中。

ですから・・・

来月もたんぽぽライブでお会いしましょう♪

| | コメント (0)

2015.11.19

お~~~っとっと・・・

 たーんぽぽライブ♪
 たーんぽぽライブ♪
 月に一度、土曜の午後に♪
 みんな集まる♪
 たんぽぽライブ


いい調子で鼻歌うたいながら歩いていたら

あーっ!

おーーっとっとっとっと〜〜

いたたたた〜〜〜

歩道の真ん中で派手に転びました。

なんだ、なんだ、いったい何が起きたんだ?

起き上がろうとして斜め上を見上げたら

白い杖を持ったお姉さんが立っていた!

あーーー!

私ったら、白い杖に気が付かずに

彼女の大事な白杖を足にひっかけて

転んじゃったんだ〜〜〜

すれ違った人がいきなり転んで、

白い杖のお姉さんはさぞかしびっくりしただろう。

「大丈夫ですか?」と白杖のお姉さんは心配してくれた。

「私は大丈夫。びっくりさせちゃって、ごめんなさいね」

と、お姉さんに謝って、歩きだしたのだけれど・・・

家に帰ってから気がついた。

お姉さんの大事な白杖が

折れたり曲がったりしなかったか

確認しなかったことに。

私としたことが、

肝心な配慮が足りなくて申し訳なかったです。

そして

鼻歌うたっていても、

前方と足元をちゃんと見ていなければ!

と、猛反省。


でも・・・

我ながら

転び方、うまかったな〜

あんなに派手に倒れたのに

かすり傷ひとつない♪

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪


たんぽぽライブのお約束ふたつ。

1.張り切って演奏すること

20150623_2

2.たんぽぽメニューでお腹いっぱいになること

20151014tanpopo

ちゃーんと覚えてね♡

| | コメント (0)

たーんぽぽライブ♪

たーんぽぽライブ♪
たーんぽぽライブ♪
月に一度、土曜の午後に♪
みんな集まる♪
たんぽぽライブ

こんな日は、ハミングしながらお散歩したくなります。

天気予報を見てみました。
あさっての土曜日は、
晴れ時々曇り、最高気温19度、最低気温12度、降水確率10パーセント。
気持ちのよい秋の一日になりそうです。

たーんぽぽライブ♪
たーんぽぽライブ♪
月に一度、土曜の午後に♪
みんな集まる♪
たんぽぽライブ

青梅線の西立川駅から
ハミングしながらそぞろ歩くと
富士見町一丁目交差点の角にあるのが
コーヒーの美味しいカフェ、「喫茶たんぽぽ」

20150625shasin3

あさっての土曜日には
楽しいライブもやってます。

20151121tirasi

たーんぽぽライブ♪
たーんぽぽライブ♪
月に一度、土曜の午後に♪
みんな集まる♪
たんぽぽライブ♪

みんなでお喋りしながら
美味しいコーヒーを飲みながら
土曜日限定のおはぎをいただきながら、
ライブに耳を傾けながら
一緒に歌いながら、
一緒に踊りながら、
心と身体の栄養補給いたしましょう。

たーんぽぽライブ♪
たーんぽぽライブ♪
月に一度、土曜の午後に♪
みんな集まる♪
たんぽぽライブ

今月も、たんぽぽで会いましょう~


| | コメント (0)

2015.11.16

オー・シャンゼリゼ

オー シャンゼリーゼ♪
 オー シャンゼリーゼ♪
 オソレイユ スーラプリュイ アミディ ウアミニュイ♪
 イリヤトゥスク ブーブレ オーシャンゼリーゼ♪

フランス語の歌のライブでいつもみんなを楽しませてくれる大柳貴さん。

毎回のライブの最後は大柳さん特製歌詞カードを見ながら片仮名フランス語でオー・シャンゼリゼを大合唱♪
みんなしてオーシャンゼリゼを歌えば、みんなして幸せ気分。

そのオー・シャンゼリゼを、とても歌いたくなりました。

シャンゼリゼ通りに、
気ままでにぎやかで雑多な日常の日々が、
一日も早く戻ってくるようにと願いをこめて。

どこの国の、どこの街の人々も
気ままな暮らし、当たり前の生活が送れることを願いたくて。

遠い国の人々はもちろん、
この国の人々もみんな
若者も、年寄りも、
五体満足な人も、そうでない人も
どの民族の人だって、
どの宗教の人だって、
まっとうな暮らしが送れるように
ささやかでハッピーな庶民の暮らしを
送れるようにと願いたくて。


武器はいらない。
ギターを持って
みんなで歌おう
オー・シャンゼリゼ♪

歌詞を調べたら、有名な日本語歌詞が二つあるんですね。

さて、どちらを歌おうか・・・

Danièle Vidalバージョン(安井かずみ作詞)

街を 歩く 心軽く 誰かに会える この道で
素敵な あなたに 声を かけて こんにちは僕と行きましょう
オー シャンゼリゼ オー シャンゼリゼ
いつも 何か 素敵な ことが あなたをまつよ シャンゼリゼ

あなたを 連れて 遊びに 行こう みんな集まるあのクラブ
ギターを 弾いて 朝まで 歌う 楽しく騒いで恋をする
オー シャンゼリゼ オー シャンゼリゼ
いつも 何か 素敵な ことが あなたをまつよ シャンゼリゼ

きのう までは 知らない どうし 今日から二人恋人さ
道を 行けば 世界は ゆれる 愛するあなたと私のため
オー シャンゼリゼ オー シャンゼリゼ
いつも 何か 素敵な ことが あなたをまつよ シャンゼリゼ

オー シャンゼリゼ オー シャンゼリゼ
いつも 何か 素敵な ことが あなたをまつよ シャンゼリゼ
オー シャンゼリゼ オー シャンゼリゼ
いつも 何か 素敵な ことが あなたをまつよ


腰地吹雪バージョン(作詞:岩谷時子)

ひとりで街を ブラブラしながら
話しかけたいな こんにちは
相手は誰でも あなたでもいい
私のとりこにしてみたい

オー・シャンゼリゼ オー・シャンゼリゼ
欲しいものが昼も夜中も
ここにはあるよ
オー・シャンゼリゼ

頭のおかしい男がギターを
ひいてる店など いいじゃない
歌って 踊って それも飽きたら
穴ぐらのバーへ でかけよう

オー・シャンゼリゼ オー・シャンゼリゼ
欲しいものが昼も夜中も
ここにはあるよ
オー・シャンゼリゼ

きのうは顔も知らないふたりが
ぼんやりしている街の朝
早起き雀が 高い屋根から
恋人たちに 愛をうたう

オー・シャンゼリゼ オー・シャンゼリゼ
欲しいものが昼も夜中も
ここにはあるよ
オー・シャンゼリゼ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.13

愛の歌、Corcovado

11月7日。
スーパースリ―ライブ@立川の味酒房農家。

Tedさん、Ray♪さん、Momokoの3人で演奏したあんな曲、こんな曲。
チャレンジングな曲がいろいろあったのだけれど、
「サンバ、だーい好き」なMomokoがいちばん苦労したのは、ボサノヴァのスタンダード、“コルコヴァード”だった。

なにしろ「サンバ、だーい好き」なMomoko。
実はボサノヴァはあまり歌わない。
有名な“コルコヴァード”も演奏するのは初めて。

ネット検索で見つけたコード譜ではいまひとつ弾き方がわからず、ボサノヴァの楽譜集を購入。
楽譜と首っ引きでギターを練習。
ようやく何とか弾けるようになって、3人のリハに臨んだところ・・・

Ray♪さんのポルトガル語の歌はいい感じ。
ジョビンのピアノを耳コピしたTedさんのキーボードもいい感じ。

だけど・・・

間奏に入ったとたん、私のギターが全然合わない。

何しろボサノヴァ。
何しろジョビン。
よほど凝ったテンションコードを使っているのだろうか。
まるきり見当がつかない。

ライブまであと数日となった夜。
“コルコヴァード”が気がかりで、気がかりで、
もしかしたら間奏のコード譜がどこかにあるかもしれないと、
パソコンに向かってCorcovadoで検索。

そうしたら・・・こんなブログを発見♪

歌って覚えるポルトガル語~Corcovado 1

Corcovadoのポルトガル語の歌詞を10回シリーズで解説するこのブログ。
解説の合間には、ブラジルはリオデジャネイロの観光名所、コルコヴァード探訪記まである。
この探訪記が面白い! 

いったい、こんな面白い話を書いたのはどんな人?

はい、Momokoさんです(笑)
Corcovadoで検索したら、自分のブログがヒットしてしまったわけで。

8年前のMomokoさんに、Corcovadoの歌の文句を教えてもらう。

  Um cantinho e um viola~o
  Este amor, uma canc_a~o
  部屋の片隅にギター
  この愛、歌がひとつ

泣きそうになった。

  Um cantinho e um viola~o
  Este amor, uma canc_a~o
  部屋の片隅にギター
  この愛、歌がひとつ

これだけあれば、じゅうぶん幸せでいられる。

Corcovadoに込められた深い愛を思い出した私は、ジョビンのピアノが聞きたくなってyoutubeに飛んだ。

そして・・・

あ! 転調してる!
間奏でAmからCmに転調してる!
で、Amに戻って歌が続くんだ!

なんで今まで気がつかなかったのか?
名曲への愛を忘れていたからに違いない。
Corcovadoに込められた愛のメッセージを思い出させてくれた8年前のMomokoに感謝。

11月7日の夜。
左隣にはボーカルのRay♪さん。
右隣にはキーボードのTedさん。
ギターを抱えた私は、
Corcovadoという愛の歌を奏でながら
しみじみと幸せに浸ったのでありました。


| | コメント (0)

一筆書きウォーキング

午前11時、薄曇り。
野暮用をあれこれ抱えて家を出る。

病院で母の薬を受け取ると、
雑司が谷の墓地を抜けて池袋。
金曜の午前のドンキホーテは、
各国語の放送とはうらはらにお客はまばら。
冬に備えて厚手のカーテンをお買い上げ。

ずっしり重いカーテンをリュックに詰め込んだら
次は西武デパート。
194段の階段をのぼって、屋上庭園をぐるりとお散歩。
洒落たメニューの売店には閑古鳥。
立ち食いうどん屋には行列。
金曜の昼どきの屋上は高齢者率意外と高し。

明治通りをてくてく。
ハナマサに寄って
お徳用ホットケーキミックスと三食煮豆をお買い上げ。
明日のランチ用に煮豆入り蒸しパンを炊飯器で炊こう。

さらに重たくなったリュックを背中に
明治通りを歩けば
さっきまでのうすら寒さがうそのよう。
上着を着込んだ身体が汗ばむ。
ハナマサで買った炭酸水をちびりちびり飲みながら
明治通りをさらにてくてく。

都電雑司ヶ谷駅界隈。
数年後、都電の下に自動車専用のトンネルが開通すれば
このあたりののどかな眺めは一変するだろう。
何気ない日常の雑司が谷の眺めを
ゆっくりと目に焼き付けながら
目白通りへ抜ける。

そのまま目白通りを直進するはずが、
高田一丁目の交差点で、
ついうっかり不忍通りに曲がってしまう。
おっと、いけない。
まだ半分残っている野暮用を抱えたまま
家に帰るわけにはいきません。

日本女子大の塀沿いの路地を抜けて目白通り。
通りの反対側の田中御殿をちらりと眺めたら
左に曲がってコープとうきょうへ。
我が家御用達のコアレストイレットペーパーをお買い上げ。

背中にリュック、右手にトイレットペーパーを提げて
50年前に暮らした目白台の路地を抜けて不忍通りへ。
信号待ちの間にランチメニューの看板に気付く。
何十年も雑貨屋さんだったこの場所に
インドネパールレストランが開店していた。

横断歩道を渡れば、我が家へ続く路地の入口。
歩き飽きた街を、一筆書きに大回り。
気分も体もぽかぽかあったまった
2時間、9335歩の昼下がりウォーキング。

お昼ご飯を食べたら、
さあ、午後の仕事にとりかかりましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.09

阿佐ヶ谷ホンキートンクブルース

雨の阿佐ヶ谷の夜。
薄暗いエレベーターで2階へ。
扉を開けると、酒とタバコとブルースの店、OIL CITY
飲めない私はレモンスカッシュのグラスを片手に
大人の時間に入れてもらう。

成り行きで座った席は
手をぐっと伸ばせば
ステージのドラマーと握手できそうな位置。

これはしまった!
耳栓を持ってない!
などという心配は無用だった。
一番手のブルースバンドの
ビシっとリズムを決めつつも、不必要にやかましく叩かない
抜群の腕前とセンスのドラマーに、目も耳も体も釘付け。

二番手は、漆原瑞穂。
味酒房農家を切り盛りするシンガー。
自分の店で歌う時には、
お客へのサービス精神全開で
昭和歌謡を聞かせる瑞穂ママが
今宵、初出演のOIL CITYのステージでギターを抱える。

005

立川の夜の街を歌うブルース、「シネマ通り」に始まり
オリジナル曲の数々を歌う、歌う、歌う。
最後は彼女の定番曲、
横浜、じゃなくて、立川、でもなくて、
“阿佐ヶ谷ホンキートンクブルース”。

012

瑞穂さんの歌をじっくり聞きたいなら
農家が休みの日にブルースバーに行くのがいいと知る。

ルート66の替え歌「ルート16」で
首都圏をゴキゲンに周回する
三番手のブルースシンガーは、
酔っ払い客の突っ込みに応えつつ、かわしつつ、笑わせつつ
しまいには皆を黙らせて、自分の歌を聞かせる強者。

そう。
聞いてもらいたい歌があるんだ。
四番手のギター素浪人は声を振り絞る。
帰ってしまった客に向かって毒を吐き、
ままならない人生に毒を吐きながら
最後に絞り出した言葉。

「聞いてもらいたい歌があるんだ」

あんたに「聞いてもらいたい」歌がある」ように
わたしにも、がっつり歌を聞きたい夜がある。
ステージのあんたと
真剣勝負したい夜がある。
そんな時には、酒とタバコとブルースのハコに行こう。
注文はレモンスカッシュ。
喉を保護するマスクを携えて。


・・・・・・・・・・

2015/11/8@阿佐ヶ谷OIL CITY
LAST GUITAR BAND/漆原瑞穂 with 山本伸吾/スカンクちかの/敏

| | コメント (0)

2015.11.03

10月の喉日記

10月10日(土)

「そろそろいかがでしょうか?」とお声かけをいただいて、
荻窪アルカフェにて、
一人2曲ずつ歌う
「アルカフェスタ2曲ライブ」に参加。

三歩進んで二歩下がる喉の調子は、
10月に入ると、二歩下がりっぱなし。
ギターを弾く気になれぬまま
気が付けば明日は歌う日だ。
さて何を弾いて歌おうか、
いや、何を弾いて歌えるのか。

1. Wave(ボサノヴァ、替え歌by Momoko)
 いつものキー、Cのまま無理やり歌う。
 やっぱり高音がかすれる。
2. その手にキーを(Momokoオリジナル)
 声が出なくなった春先に作った歌なので、音域は問題なし。
 ただ、調子がいい時はもっとのびのび歌える低い音域も声が不自由で、
 やっとこさっとこ歌った感じ。

歌いながら気づいた。
半年、ほとんど歌わなかったからだろうか。
呼吸がだいぶ浅くなっている。
呼吸のリハビリを始めねば。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

10月17日(土)

たんぽぽライブ10月号スペシャルのオープニングアクトで
歌わせていただいた。
何しろ、たんぽぽライブ。
精いっぱいの歌をうたわねば。
ギターのチューニングを一音下げて、

1. カフェ・チート(サンバの師匠の曲)→たんぽぽライブの替え歌
2. ハッピー・カレーライス(Momokoのオリジナル)

思うようには歌えない。
けれど、たんぽぽライブでのお役目である「司会業」では
意外と自由に喋ることができた。
春から夏にかけて、かすれ声の司会で、
皆さんにご心配をおかけしたことを思えば
少しずつ回復しているのだな、と実感。


♪ ♪ ♪ ♪ ♪

10月22日(木)
サンバ友達のあきこさんとビーグルさんのライブ。
セッションタイムで、ビーグルさんのギターで歌わせていただく。

ワン・ノート・サンバ(ボサノヴァ、替え歌by Momoko)
 いつもより半音下げたEで。

Se Alguem Pergunta Por Mim(ブラジルの歌)
 いつも歌うGで。音域に無理がなく、楽に歌えた。

Wave
 いつも歌うCで。高音が出ないので、高音のメロディは低音に置き換える。
 へんちくりんなWave。

恐る恐る歌う感じではあったけれど、
久しぶりのブラジル音楽仲間とのセッションで
心置きなく楽しめた。

そして・・・
また、歌ってみよう。
今の私が歌える歌、弾けるギターで
今の私の歌をうたおう、という気持ちになれた。

きっかけを作ってくれたあきこさんとビーグルさんに感謝。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

10月31日(土)

我らがjijiさんプロデュースのイベント
The Green Stage@中野四季の森公園のオープンマイク。

2時過ぎに会場に着くと、
音楽仲間に次々と出迎えられ、
気持ちは熱くなるのだけれど、
何しろ、この日は寒かった!
冷えていく体と指先を
公園のほとりのローソンのホットコーヒーで温めて
ステージ前に戻ると、
メタボリートスのお二人のゴキゲンなラテンナンバー。
これは踊らずにはいられない。

20151102momoko2

体が温まったところでギターを抱えてステージへ。

ギターのチューニングはいつものままで
1. Wave(ボサノヴァ 替え歌by Momoko)
 いつものCからBに移調。
2. マシュ・ケ・ナダ(ブラジルの歌)
 いつものDmからBmに移調。
3.トリステーザ(ブラジルの歌 替え歌by Momoko)
 いつものBからGに移調。

野外の解放感効果か。
音楽仲間の暖かい笑顔効果か。
奇跡的に、声は絶好調。
音域こそ限られているけれど、
のびのびと、好きなように歌った。

神様からのプレゼント。
そんな15分間だった。


♪ ♪ ♪ ♪ ♪

11月1日(日)

朝から声が出にくい。
終日、親類と過ごすうちに
みるみる声は出なくなる。


♪ ♪ ♪ ♪ ♪

そして、今度の土曜日、11月7日は、
Tedさんプロデュースのライブ@立川、味酒房 農家。

Tedさんと、Ray♪さんと、Momokoの3人で
ボサノヴァからポップスまで、幅広い選曲のライブに挑戦。

ももこさんは・・・
ブラジルの歌を2曲弾き語りしたり
ギターで伴奏したり、
カーペンターズやら、
Tedさんの名曲やら、
スウェーデンの名曲やら、
歌ったり、ハモッたり、
するらしい。

本番まであと5日。
声が出る日は、そーっと歌の復習。
あとは、ギターの練習とイメージトレーニング。
そして、土曜の夜は、
ゴキゲンな3人組で
ゴキゲンな歌をうたえますように。

声が出ないと落ち込むばかりのモモコさんを
誘ってくださる皆さまに感謝しつつ、
歌っていきましょう。
今の私が歌える歌を。
今の私が歌いたい歌を。


20151022nouka


| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »