« たんぽぽクリスマスライブ♪ | トップページ | AkicoとMomokoとオープンマイク »

2015.12.31

母娘で夜の東京タワー

外がすっかり暗くなった午後5時半。
「東京タワーに行きませんか、お母さん?」
「行きますとも、行きましょう」

往復タクシーでおもてなししたいところなれど
吹けば飛ぶような娘のお財布ゆえ
エコノミーコースでご勘弁を。

雑司が谷のお墓を抜けて東池袋。
都電に乗って大塚駅。
切符を買って山手線。

隣りに座った坊やが自慢げに見せびらかしてくれるのは
赤とピンクのツートンカラーの紙風船。
膨らませてはポンとつき、
両手で受け止めて、またふくらます。
「上手ねえ!」と手を叩いてほめる母に
得意満面の男の子。
母のほっぺたを触って

「おばあちゃんのほっぺ、つめたーい!」
「ボクのお手手はあったかいねえ!」

新宿、渋谷、品川と山手線を半周して
田町駅の改札を出てみれば

「あら、きれいじゃないのー!」

201512302

一面の緑の花畑の傍らで
ギターを弾いて歌うお兄さんに
(頑張れ、ストリート青年!)と
心の中でエールを送りつつ
タクシーに乗り込む。

「東京タワー? 何回も行ったよ」と母は言うけれど、
タクシーの窓から見えるオレンジ色のタワーに
「あらー、きれいだねえ!」を連発。
夜の東京タワーは初体験だもんね。

タワーのふもとのイルミネーションの森に
「花が咲いたみたいだねえ!」と、大はしゃぎ。

201512303

母は切符。
娘はパスポート。
エレベーターで一気に展望台へ。
暗闇に浮かぶ東京の夜景に母は釘付け。動かない。

マザー牧場カフェでコーヒー休憩。
ふもとの光の森をもう一度眺めながら
「ここは、どこなんだい?」と母が聞く。
「ここは、東京タワーだよ」と答えながら
切なくて悲しくて、帽子の影でこっそり涙をこぼす娘。

タクシーで田町駅。
切符を買って山手線。
幼稚園生のように窓に顔をくっつけて、
流れていく夜の街並みを見つめるママの横顔。

山の手線を半周したら目白駅で降りましょう。
人影まばらなホームから
上りのエスカレーターで改札口へ。

夜のお出かけも悪くない。
今度は浅草寺のライトアップを見に行こうか。

と、エスカレーターに大はしゃぎのママの背中を見ながら考える。

と、その時・・・

カラン・コロン・カラン・コロン・コロコロコロ

と音がして、

「あれあれ、あれあれ、どうしよう!」

と、ママの大声。

ママの口から飛び出した入れ歯が
下りのエスカレーターを転がっていっちゃった!

コントみたいな展開に母も娘も大笑い。
幸い誰も乗っていない下りのエスカレーターを
トン、トン、トンと、いつになく調子よく降りていった母が、

「あった、あった!」と指差す先に落ちていた入れ歯を
娘が拾い上げて母に渡すと

あ!

という間に再装着。

お腹は丈夫みたいだから、まあ、いいか。

目白駅から都バスに乗って、三つ目の停留所。
雑司が谷の坂道を下って、のぼって、
我が家に着いたのが9時半。

「明日はどこに連れてってくれるの?」と、母が聞く。
「明日は大掃除。自分の部屋は自分で掃除するんだよ」と娘。
「掃除なんか、いいよ」と母。

そう? 掃除なんか、しなくていい?
お母さんがそう言うのならば、
今年も大掃除は省略して、
大晦日の明日も遊びに行こうか、お母さん?

|

« たんぽぽクリスマスライブ♪ | トップページ | AkicoとMomokoとオープンマイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たんぽぽクリスマスライブ♪ | トップページ | AkicoとMomokoとオープンマイク »