« 母娘で夜の東京タワー | トップページ | アリとキリギリス~ブラジルバージョン♪ »

2016.01.04

AkicoとMomokoとオープンマイク

朝食後、お茶碗を洗いながら
リハビリ・ヴォイトレ。
朝のメニューは

唇を震わせるブブブブ唱法で、
ドーレーミーファーソーファーミーレードー

今出せるいちばん低い音から始めて
半音ずつ高くしていく。
ブブブブ唱法で出せる最高音に到達するころには
腹筋は痛いわ、息切れするわ・・・
一年近く、本気で歌ってないから、身体がすっかりなまってしまった。

夕食後、お茶碗を洗いながら、
台所でリハビリ・ヴォイトレ。
夜のメニューは、好きなバラードを母音で歌う。
今夜は、プラムさんとTedさんの名曲、「さくらひらひら」

決して声を張り上げずに
喉という楽器を奏でるイメージで。
実際、「オオオー オオオオー・・・」と歌うと
笛のような音になる。

男声キーのAmあたりから始めて、
ワンコーラスごとに半音上げていく。
以前歌っていたEmあたりになると
地声と裏声の境い目で声が割れてしまう。
まだまだ、歌詞では歌えない。

先が見えないヴォイトレを助けてくれるのは
「さくらひらひら」の世界。
歌詞を歌えなくても、
喉という笛を鳴らしているだけで
じゅうぶんに幸せにしてくれる曲。

お茶碗を洗い終わったら、ヴォイトレもおしまい。
少々疲れ気味の喉を蜂蜜湯でいたわる。

声が出なくなってまもなく一年。
以前の声の半分か、三分の二ぐらいという限られた音域だけれど、
少しずつ歌えるようになりました。

無理せず、地道にリハビリ・ヴォイトレの日々。
三歩進んで二歩下がるの繰り返し。

そんなリハビリ中のMomokoに
「一緒にライブやりましょう」と声をかけていただきました。
サンバ友達のAkicoさんです。
7弦ギターのとりさんも一緒です。

Momokoはパーカッション担当。
膝に乗せたピンクの太鼓を叩くと、
サンバのリズムがズーン、ズンと体に響いて
幸せになります。

そして、Momokoもギターを弾いて、サンバを3曲弾き語ります。

後半はオープンマイク。
どんな国のどんなジャンルの音楽もOK。
キーボードもあります。
サンバやボサノヴァを歌ってみたい方は、ギタリストのとりさんがギターで伴奏してくれます。

パーカッショニストにして、リハビリ・ヴォイトレ中のMomokoを
応援にいらしてくださいな。

そして、
ブラジルのカクテル、カイピリーニャや
ブラジルの炭酸飲料、ガラナや
ブラジル風フライドポテト、マンジョーカ・フリッタをお供に
冬の夜のサンバ&オープンマイクを
ご一緒いたしましょう♪

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

AkicoとMomokoとオープンマイク

1月14日(木) 19:30~

大塚 エスペト・ブラジル

前半:サンバライブ
 ヴォーカル:Akico、7弦ギター:とりさん、パーカッション&コーラス:Momoko
後半:オープンマイク
 どんな国のどんなジャンルの曲もウェルカム。キーボードもありますよ♪

チャージ1000円+メニューからお飲物、おつまみなどご注文をお願いいたします。

20151229espeto


|

« 母娘で夜の東京タワー | トップページ | アリとキリギリス~ブラジルバージョン♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母娘で夜の東京タワー | トップページ | アリとキリギリス~ブラジルバージョン♪ »