« 日曜日の公園で歌います♪ | トップページ | 本日の青空ライブ@中野セントラルパークは中止です »

2016.03.17

歌は連想に乗って♪

3月17日、木曜日、午前10時。
みゅーじかんてあまねのドアを開けると
お馴染みのマダム達が勢ぞろい。
朝の歌の会、「さわうた」の常連さん達です。

歌の時間の前に、マダム達とお喋り・・・

「春野ももこさんなのよね?」
「はい、春野ももこです。
 夏には“夏野すいか”、
 秋には“秋野おいも”、
 冬には“冬野みかん”と
 季節ごとに名前が変わるんですよ」と改めて自己紹介。

すると、ひとりのマダムがおっしゃるには・・・

「もっといい名前があるわよ。
 秋は、“秋野もみじ”さん。
 冬は、“冬野ゆきこ”さん。
 夏は、“夏野ひまわり”さんなんて、どう?」

何と素敵なご提案。
梅雨が明けたら“夏野ひまわり”に改名しなきゃ!

「さわうた」の集いに参加するのは今日で3回目。
前の2回は、参加者が歌いたい歌を一人1曲ずつリクエストする日だったけれど、
今日はマスターのセキシュウさん選曲の日。

最初のキーワードは「花」。
“春のうららの隅田川・・・”から始まって
「太陽」をキーワードに“太陽がくれた季節”、“下町の太陽”・・・
「桜前線が北に向かってますね・・・北と言えば津軽。美空ひばりさんの“津軽のふるさと”、いい歌ですね・・・」

セキシュウさんの連想ゲーム式選曲で、次々歌います。

そして・・・

「では、最後の歌。今日はももこさんは迷わずに家まで帰れるでしょうか?」

たしかに、この前、歌会に参加した帰り、池袋と反対方向の赤羽に向かって歩いてしまいましたけど?
「迷子の迷子の子猫ちゃん」でも歌うんですか・・・・?

「“君の行く道は果てしなく遠”かったんですねえ、ももこさん!」

というわけで、“若者達”を元気に歌ってお開きに。

今日もたくさん笑って、たくさん学びました。
童謡・唱歌や昭和歌謡はわりと知っている方だと思っていたけれど、今日は初めて聞く歌が数曲あった。

 花言葉の唄

とか・・・

津軽のふるさと

とか・・・

歌会のあとのお楽しみは喫茶樹里のランチタイム。
ワンコイン・モーニングサービスのフルコースをいただきながら小耳に挟んだ話。
セキシュウさんの歌のレッスンを受けてらっしゃるマダム達の発表会が4月にあるらしい。
「さわうた」歌会の女声コーラスとはひと味違う、独唱なのだという。
これは聞きに行ってみたいものだなあ・・・

十条銀座の小さな八百屋で手に入れたりんごとオクラとアスパラガスを抱えての帰り道。
十条駅で埼京線を待ちながら、しみじみと思う。

張り切って歌うって、何て幸せなことだろう!

20160317

|

« 日曜日の公園で歌います♪ | トップページ | 本日の青空ライブ@中野セントラルパークは中止です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜日の公園で歌います♪ | トップページ | 本日の青空ライブ@中野セントラルパークは中止です »