« 寄りそうことは幸せなこと | トップページ | ひとりじゃないって本当に素敵 »

2016.04.04

公園で

4月2日、土曜日、朝。
内科医院の待合室。

「何しに来たの?」と母。
「お薬もらいに・・・」と言いかけて
娘は気づく。

何しに来たのか、わからないほど
今日も元気でよかったよねえ、お母さん。

診察が済んでお薬をもらったら、近所の小さな公園へ。

「あたしゃあ、あれに乗りたい!」と母が指さしたのは・・・

シーソー。

早々とスタンバイした母に
「早くしなさい!」と急かされて、
しぶしぶシーソー上の人になる娘。

ぎったん、ばったん。
ぎったん、ばったん。
ぎったん、ばったん。

重量級の母と娘のシーソーゲーム。

見上げれば、花ぐもりの空。

ぎったん、ばったん。
ぎったん、ばったん。
ぎったん、ばったん。

「お尻が痛いよ。もうおしまい!」
音を上げる娘。

「どっこらしょ、よっこいしょ、どっこらしょのしょ・・・」
ありったけの「どっこらしょ」のバリエーションを繰り出しながら
シーソーから降りる母。

ぎったん、ばったん。
ぎったん、ばったん。
ぎったん、ばったん。

母と娘のシーソーゲームみたいな日常が、
あと何年続いてくれるだろうか。

見上げれば、うっすら白い花びらに埋まる、くもり空。

20160404


|

« 寄りそうことは幸せなこと | トップページ | ひとりじゃないって本当に素敵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寄りそうことは幸せなこと | トップページ | ひとりじゃないって本当に素敵 »