« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016.05.31

ピアノの調べはパソコンと心の中に

5月最後の火曜日の夜には
リパッティが奏でるショパンワルツ集を聞こう。

始まりはワルツ4番。
どこかエチュードのような出だしから
アクセントの効いたメロディが
高いところから、低いところから
こだまのように響く。

子犬のワルツは3曲目。
コロコロと転げまわる子犬の動きが一瞬止まる時の
右手の単音の愛らしさ。

リパッティが奏でるショパンを
目を閉じて聞けば
一曲、一曲にストーリーが浮かぶ。
本のページをめくるように
次々現れるパッセージに
胸がときめく。

80年代から90年代の流行の音楽に
あまりにも疎いわたし。
若いころから音楽は好きだったのになぜ?

十数年ぶりにリパッティのショパンを聞いて苦笑した。
80年代の私は、90年代の私は、
クラシックのピアノ曲しか聞いていなかった。

初めて買ったミュージックテープは
メンデルスゾーンの無言歌集。
グレン・グールドのゴールドベルグ変奏曲を聞きたくて
CDプレイヤーを買った。

家族が寝静まった夜。
ヘッドホンから流れるリパッティのワルツに
ひとり、涙を流した。

体重も持ち物も身軽になりたいと
CDの断捨離を始める。
ブラジル音楽の山を一つ片付けると、
すっかり埃をかぶったクラシックピアノのCDの箱が現れた。
どのCDもジャケットを見ただけでピアノが耳に浮かぶ。
20代から30代の日々、昼も夜もずっと聞いていたCD達。

一枚、一枚、CDをパソコンにコピーして
コピーが終わったCDは袋に詰める。
音楽はパソコンの中に収納。
CD達はさようなら。

パソコンのスピーカーから流れる
1950年のリパッティのショパンワルツ集。
最後の1曲はマズルカ32番。
懐かしく、どこか謎めいたマズルカに耳を澄ます、
しんと静かな五月最後の雑司が谷の夜。

220160531a

| | コメント (0)

満腹ダイエット35日目~大きな一筆書きでふらふら・・・

5月31日、火曜、晴れ

牛乳で増やすカスピ海ヨーグルト。
3か月も続けていると
さすがに雑菌が入って美味しくなくなる。
そろそろリセット。
新しいカスピ海ヨーグルトを買ってきて、
新しいヨーグルトを育てよう。
ワカメもなくなった。
パンツも2枚しかないし。
今日は地蔵通りまで買い物に行こう。

などと考えながらの朝ご飯は、
玉ねぎと生昆布と高野豆腐の味噌汁。
茹で卵1個を半分こ。南高梅の梅干し1個ずつ。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご3/4すりおろし、ムスメはりんご1/4丸かじり。
ムスメは蜂蜜入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

昼ご飯
バナナ入りカスピ海ヨーグルト。
ドバイ土産のドライ・イチジク→大好物につき6個全部食べちゃった。
満腹。

買い物はいつも一筆書きウォーキング。
ワカメと、豆と、パンツを買いに、
巣鴨とげぬき地蔵通り商店街へ。
この道はどこに通じているんだっけと、
いらぬ好奇心を起こした結果、
思わぬ大回りの一筆書きウォーキング。
スーパーを3軒ハシゴして、
4個398円のりんご2袋やら
あれやこれやを詰めたリュックを背負い、
はらぺこのお腹を抱えて、
ふらふらと我が家にたどりつくと夕方の5時。
雑司が谷の水でお腹の虫を黙らせる。

20160531

晩ご飯
友から教わった炊飯器レシピから
新玉ねぎの肉詰め。
→玉ねぎ2個では隙間ができるので、
ジャガイモと人参を丸ごと入れる。
美味しく炊きあがりました。
食パンとトマトのチーズ焼き。
→何度か挑戦してもうまくできないトマトのチーズ焼き。
食パンをちぎって敷いた上にトマトとチーズを乗せて焼いたら
いい感じに出来上がり。
デザートはグレープフルーツのゼリー、1個ずつ。
カカオ72%チョコ1個ずつ。
超満腹

昼間は11557歩の一筆書きウォーキングで汗をかいて
夕食後はクラシック音楽を何十枚かパソコンにコピーするうちに
5月の最後の夜は更けていく。  

| | コメント (0)

2016.05.30

満腹ダイエット34日目~持ち物もダイエット

5月30日、月曜、雨。

Rainy days and Mondays always make me down...
歌の文句そのまんまの朝を迎えたそのわけは、
苺のミルクゼリーがなぜか固まらなかったから・・・

朝ご飯
大根とワカメと高野豆腐の味噌汁。
西友のポテトサラダ、もずく酢。
ママは納豆ごはん、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご3/4すりおろし、ムスメはりんご1/4を丸かじり。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

一日中雨。うすら寒い。
こんな日は、部屋にこもって
不用品をゴミ袋に詰める。
こっちのゴミ袋には燃えない不用品を、
こっちのゴミ袋には燃える不用品を詰めたら、
大きな引き出しがひとつ空になり、
部屋の床が見えてきた。

昼ご飯
固まらなかった苺のミルクゼリーをカップ1杯、飲む。
おろし人参とカボチャ入り炊飯器蒸しパンを1/8.
カカオ72%チョコ1個。

部屋の床が見えてくると、
なぜか気になるCDが詰まった引き出し。
めったに聞かなくなったCDが2,300枚。
この引き出しがなくなれば、
さぞかしすっきりするだろう。
つれづれにラジオを聞きながら、
CDの中身ををパソコンに取り込んで、
CDはケースもろともゴミ袋へ詰めていく。
もうCDは買わないと決めたのは2年前。
その決心は間違っていなかった。
いつかはこうして捨てることになるのだから・・・

晩ご飯
玉ねぎとピーマンと黄色いピーマンのレンジ蒸し。
スーパーのサンマのかば焼き。
姉から差し入れの豚の角煮と大根の煮物。
おろし人参とカボチャ入り炊飯器蒸しパン1/16ずつ。
固まらなかった苺ミルクゼリー液を温めて。
カカオ72%チョコ1個ずつ。
ムスメはナッツを一掴み。
何だかんだと超満腹。

ラジオを聞きながら
CDをパソコンにコピーしては
CDをケースごとゴミ袋に詰める。
身体も持ち物も身軽になりたいと願う
5月最後の雨の月曜の夜は更けていく・・・

20160530_2


| | コメント (0)

2016.05.29

満腹ダイエット33日目~体重判明

5月29日、日曜、晴れ。

朝、7時半。
羽鳥湖レジーナの森のドーム型コテージで目を覚ますと
ドームの外に出て、
大きな声でママにモーニングコール。
ママ、起きてるかなあ?

トルルルー トルルルー、トルルルー
5回目の呼び出し音で
「もしもし」とママが出てきた。
「ももこでーす!」
「あらー!」と嬉しそうな声。
「起きてますかー?」
「はいはい、起きてますよ」
「朝ご飯は食べましたか?」
「これからですよー」
「冷蔵庫にいろいろ入っているから
 適当に食べててくださいね」
「はいはい、わかりましたー」

冷蔵庫に入れてきたものは・・・
すりおろし人参とカボチャ入り炊飯器蒸しパン3/4.
西友の煮物詰め合わせセット、ポテトサラダ。
チョコチップスティックパン1袋
マーガリン入りバターロール1袋
苺、グレープフルーツジュス
牛乳、ヨーグルト。
などから、適当に選んでもらう。

ムスメの朝ご飯
レジーナの森内のレストランで朝食バイキング。

1皿目
052901

2皿目
052902

ご飯やパンは食べなかったのに、
豪華なおかずで超満腹。

朝食後は温泉へ。
温泉には体重計があるんじゃない・・?
あった、あった、脱衣所の隅っこに
ひっそりと置かれた体重計。
二人の女友達は40キロ台。
満腹ダイエット33日目の私は・・・

55キロ!

ぽっこりお腹が平らになる日はまだまだ遠い。

と言いつつ、お風呂上りには、
「冷やして飲む甘酒」350ml入り1本。
お友達と一緒ですから♪

レジーナの森内の池のまわりをウォーキング後、新白河駅へ。
白河といえばラーメンだという女友達の声に従って
久しぶりに入るラーメン屋。
子どものころからラーメンに目がなかったのに、
ネパールやインドのカレーに出会って以来、
ラーメン屋から足が遠のいてしまったなあ。

オーソドックスな白河ラーメンを選ぶべきところを
野菜てんこ盛り、ボリューム&迫力満点の
「からしタンタン麺」で超満腹!
052924

新幹線の時間まで、南湖公園を散策。
お友達と一緒のうちに、もう一度ケーキが食べたいと、
公園内の古い洋館のカフェへ。

052936

パテシエのこだわりのケーキ、
抹茶のモンブランと、エチオピアコーヒー。

052938_2

超満腹のお腹を抱えて新幹線で帰路につく。

「ただいまー」
「おかえりなさい」

テレビの前で、姉が差し入れてくれたおかずを食べるママ。
冷蔵庫を開けると、スーパーで買ったパン類と
西友のポテトサラダが残ってた。
そこへ姉が、「豚の角煮も作ったから」と持ってきてくれたけど、
ママはもうお腹いっぱい。
これは明日、二人でいただこうね。

そしてムスメの晩ご飯は・・・
雑司が谷のお水と、雑司が谷のお湯。

森と湖のお洒落なリゾートでの
食べ放題満腹女子会の週末だった。
お腹ぺったんこ体型を目指して、
明日からも続ける満腹ダイエットのルール、
「一人の時はおやつ抜き」を肝に銘じる
5月最後の日曜の夜は更けていく・・・

 

| | コメント (0)

満腹ダイエット32日目~お友達と一緒だから♪

5月28日、土曜、晴れ。

一泊二日の女子会@福島、白河に出かけるべく
一人でお留守番のママのお食事を準備しつつ・・・

朝ご飯
ほうれん草とワカメと高野豆腐の味噌汁
大根とカツオの煮物。
ママは納豆ごはん、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

「福島に行ってくるからね。
 明日の夜帰ってきますからね」
と告げるムスメに
「センセーと一緒に行くの?」と尋ねるママ。
ムスメの遠出は仕事の出張と思ってくれているらしい。
いえいえ、今日はお友達と一緒です。

ママの昼ご飯
すりおろし人参とかぼちゃいり炊飯器蒸しパン1/4
苺。

ママのおやつ
クッキー、小さいケーキ、豆菓子、飴玉などなど
冷蔵庫にはヨーグルトとグレープフルーツゼリーとバナナ

ママの晩ご飯
大根とカツオの煮物、かぼちゃの煮物、ご飯。
インスタント味噌汁、苺。
カカオ72%チョコ1個。

テーブルの透明ビニールクロスの下に
「福島に行ってきます。日曜の夜に帰ります」とメモを挟んで
いってきまーす!

羽鳥湖高原レジーナの森へ
昼ご飯はMorikafeにて

052804_2

シラスとシソのピザ1枚と
052805_2

海老と烏賊の和風アーリオオーリオパスタ1皿を
052807

3人でシェア。
デザートは森のとろーりプリン。

ランチ後、羽鳥湖畔までウォーキング。

おやつはお土産屋さんで
ヤーゴンというお芋のソフトクリーム。
お友達と一緒だと、ソフトクリームが食べられる♪
052835

晩ご飯はレジーナの森内のレストランの洋食コース。

052843

晩ご飯の前後に温泉に浸かって、
ドーム型コテージにて夜のおやつ。

052839

旅友のドバイ土産のラクダのミルクチョコデーツ入り。
お友達と一緒の今宵にようやく食べられる。
二人の女友達は
「美味しいけど、あまーい!」とひとかけらずつでギブアップ。
板チョコ3分の2を胃袋に納める。
口直しに特大えびせん1枚。

16646歩のウォーキングの一日の最後は
ドーム型コテージの床に座って
あれやこれや語り尽くす女子会の夜・・・


| | コメント (0)

2016.05.27

満腹ダイエット31日目~早起き苦手

5月27日、金曜、雨のち曇り

早起きが苦手。
朝はいつまでも寝ていたい。
5時過ぎには一度目が覚める。
そのまま起きてしまえばいいものを、
「まだ早い」と二度寝して、
目が覚めたら7時過ぎ。
慌てて朝ご飯の支度。

朝ご飯
ほうれん草とワカメと高野豆腐の味噌汁。
炊飯器スパニッシュオムレツの残り~ジャガイモ、赤ピーマン、玉ねぎ、ほうれん草入り
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯
カカオ72%チョコ1個ずつ

昨日せっかく1個100円のりんごを買ったのに
ムスメの二度寝の寝坊のせいで
朝ご飯が遅くなって、ママがりんごを食べる時間なし。

昼ご飯
キーマカレー、ライス抜き。
ナッツとバナナ入りカスピ海ヨーグルト。

旅友のドバイ土産にもらった
ドライイチジクとミックスナッツ。
どちらも大好物。
さっそくナッツをヨーグルトに入れて幸せな昼ご飯。
ヨーグルト用にミックスナッツを買おうかなと
通販サイトをのぞいてはみるものの、
品質のいいものはやっぱり高い。贅沢品。
ドバイのナッツを大事に食べよう。

晩ご飯
しめサバ。
大根と生昆布の煮物。
かぼちゃの煮物。
トマト缶天。
ママはご飯、ムスメは玄米ご飯。
ムスメは、炊飯器レシピ第三弾、
人参かぼちゃ入り炊飯器蒸しパン1/8.
→人参もかぼちゃも甘味をつけずに入れたので、
思ったよりも甘くない蒸しパンで、お食事向き。

野暮用で池袋。
帰りに買い物もして、
5923歩の一筆書きウォーキング。
思いの外に涼しくなった、
5月最後の金曜日。

夜更かしは得意。
こんなものを買ってしまった。
明日は早起きなのに・・・

20160527c


| | コメント (0)

2016.05.26

満腹ダイエット30日目~物々交換

5月26日、木曜、晴れ時々曇り。

りんご、りんご、りんご、りんご・・・
スーパーや八百屋を通りかかるたびにりんごを探すムスメ。
出先のスーパーで1個100円の大き目のりんごを見つけて
5個お買い上げ。
1パック145円の卵も買って、
ずっしり重たいリュックを背負って先を急ぐ・・・

朝ご飯
ほうれん草とワカメと高野豆腐の味噌汁。
もずく酢、トマト缶天。
ママは納豆ごはん、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし。ムスメはバナナ入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

友人に教わった炊飯器レシピ集から
炊飯器で炊くスパニッシュオムレツを作ってみた。

ジャガイモ、玉ねぎ、赤ピーマン、ほうれん草を入れて
炊飯器で炊いてみた。
柔らかめで形が崩れちゃったけど、美味しかった。

昼ご飯
炊飯器スパニッシュオムレツ
トマト缶天
蜂蜜入りカスピ海ヨーグルト

ママの晩ご飯
炊飯器スパニッシュオムレツ
トマト缶天、キウィフルーツ
ご飯、インスタント味噌汁
カカオ72%チョコ1個

ムスメは旅友と屋暑気払い
トマトのキムチ
ビビン麺
タリーズでナッツキャラメルアイスクリームとコーヒー。

弾丸ドバイ旅行から帰ってきた旅友が
デーツ入りラクダのミルクチョコレートを買ってきてくれた。

20160526

懐かしい!

7年前、ウガンダ行きの飛行機を乗り継いだ
ドバイ空港で買って食べたラクダのミルクチョコレート。
もう一度味わってみたかった。
週末の女子会で友人達と仲よく食べることにしよう。

旅友へのささやかなプレゼントは
今朝届いた南高梅の梅干し1パック。
喜んでくれてよかった。

  

| | コメント (0)

満腹ダイエット29日目~お持ち帰り

5月25日、水曜、曇り

週末に“ねずみーシー”に行ってきたという同僚から
お土産のお菓子をいただいた。

20160525a_2

1か月前の私なら、あっという間に食べてしまっただろう
“ねずみ―”の小さなお菓子を
リュックのポケットに入れて持ち帰った。

看護婦をして働いていたママは
職場のお茶菓子をお土産に持って帰って、
茶の間の引き出しに入れておいてくれた。
鍵っ子のムスメは、学校から帰るとその引き出しを開けて、
一人でおやつを食べる。
お気に入りは「ロシアケーキ」という堅い焼き菓子だったっけ・・・

明日の夜もムスメはいない。
“ねずみ―”なお菓子をテーブルの上に置いて、出かけよう。
「おやつにどうぞ」というメモを添えて。

朝ご飯
ほうれん草とワカメと高野豆腐の味噌汁。
茹で卵入りアボカドと玉ねぎのペースト。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

昼ご飯
白菜と豚ばら肉と豆腐のスープ煮。

差し入れにいただいた甘いアイスコーヒー。

ママの晩ご飯
セブンイレブンの宅配の幕の内弁当。

ムスメの夕方の腹ごしらえ
三色煮豆とバナナ入り炊飯器蒸しパン1/4。

ジンジャーエールを飲みながら
「雨の日と月曜日は」を聞いて

20160525b

ごぼうチップスをつまみながら
「カーニヴァルの朝」を聞く。
そして、お喋りしながらコーヒーを1杯。

さすがに帰りにはお腹が空いた。
明日は満腹朝食から一日を始めよう。

| | コメント (0)

2016.05.24

満腹ダイエット28日目~人参に埋もれたい・・・

5月24日、火曜、晴れ。

今は人参が高い。
根菜の旬はやっぱり秋から冬か。
西友で小さな人参3本入り198円を
躊躇しながら買ってきた。
人参と大根をすりおろしてシラスとお酢で混ぜ混ぜしたのは
母娘の大好物。  
最近は小さな人参でちょっとさびしい。

りんごも季節が終わって高くなった。
西友では1個185円・・・
毎朝りんごが欠かせないママ用に、
ちょっとでも安いりんごを求めて東奔西走の日々が始まる。

人参のヘタを卓上水栽培。
葉っぱが育ったら、味噌汁に入れようか、
細かく刻んでポテトサラダに入れようか。

20160524

庭を全部人参畑にしたいぐらい
人参大好きなママとムスメ。

朝ご飯
玉ねぎとワカメと豆腐の味噌汁。
人参と大根のすりおろし、シラスお酢和え。
ママは納豆ごはん、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

昼ご飯
干し大根葉、切り干し大根、油揚げのスープ。
グレープフルーツゼリー。

重い腰を上げて、国民の義務を遂行。
頑張ったのは私ではなく、
入力を代行してくださった税務署のおじさんだけど、
とにかくひと段落したら、
ヴェローチェでコーヒーゼリーを食べようか、
それともドトールでコーヒーとミルクレープにしようかと、
楽しく妄想していたのだけれど、
結局どこにも寄らずに帰ってきて、
我が家で・・・

国民の義務第一弾遂行記念のおやつ
レトルト三色煮豆とバナナ入り炊飯器蒸しパン 1/8切れ。
なかなか美味しいんだな、これが。

来月、国民の義務第二弾と都民区民の義務を遂行したら、
記念にケーキを食べに行こう。

晩ご飯
白菜と豚ばら肉の煮物。
ジャガイモの明太子&マヨネーズ和え。
アボカドと玉ねぎとツナ缶のペースト。
ムスメは玄米ご飯。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

ママはお風呂上りにグレープフルーツゼリー。

| | コメント (0)

2016.05.23

満腹ダイエット27日目~体重は知らないの・・・

5月23日、月曜、晴れ。

満腹ダイエットと銘打っているからには
体重の推移を記録すると説得力があるのだろうが、
我が家には体重計がない。
10年ほど前にチャレンジしたダイエットの時に
体重計を買ったのだけれど、
壊れてしまったので去年の暮れに捨ててしまった。

新しい体重計を買う気はあまりない。
満腹ダイエットの目標は、
ぽっこり出っ張ったお腹を引っ込めること。
体重を減らすことにはあまり関心がないから。

でも、ちょっとは気になる体重・・・
そういえば、イスタンブールの街中には、
チップを払うと体重を測ってくれる
「ヘルスメーター屋」のおじさんがいたなあ。
南インドのチェンナイの駅にも
体重計が置いてあったような・・・・
日本の街にも、「公衆体重計」があったらいいのになあ。

今の体重、何キロぐらいだろう・・・
60キロ台前半かな。

朝ご飯
ワカメと豆腐の味噌汁。
レトルト三色煮豆とバナナの炊飯器蒸しパン四分の一ずつ。
ママはりんご1個すりおろし、ムスメは小豆入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコ1個ずつ。
ママはお風呂上りにグレープフルーツゼリー。

20160523

椿のお邪魔虫を退治してもらってから一週間。
今頃になって、今朝は体中が痒くて痒くて、参った、参った~

昼ご飯
白菜、玉ねぎ、鮭の中骨缶詰めのスープ煮。
なぜか職場のおやつコーナーにあったカカオ72%チョコ1個。

おやつ
同僚が「ももこさんもおひとついかが?」ともってきてくれたので
クッキー1個。

夕方、地下鉄の駅のベンチで玄米おにぎり1個。

家に帰ったら、先に帰ってたママが
昨日ファミマで買ったミニカステラの袋を持って食べていた(笑)

晩ご飯
昨日西友で買った焼き餃子と切り干し大根で餃子スープ。
キウィフルーツ。
ムスメはレトルトの三色煮豆とバナナ入り炊飯器蒸しパン8分の1、小豆入りカスピ海ヨーグルト。

今年初めて、じっとり汗かいた真夏日の月曜日でした。

| | コメント (0)

2016.05.22

満腹ダイエット26日目~ファミマにワクワク

5月22日、日曜、晴れ。

週末恒例、ママと二人で雑司が谷の墓地を抜けて
西友までお買い物ウォーキング。
えっちら、おっちら、ママのペースで片道30分。
車が通る舗装道路を避けて、草が茂るお墓の中の道を
少しでも日陰がある方へとくねくねと進むママ。
けれど、最後にはちゃんとお墓の出口に出るのだから
方向感覚はまだまだ現役。

20160508c

朝ご飯
玉ねぎとワカメと豆腐の味噌汁。
大根のピリ辛そぼろ煮、ママは小盛り、ムスメは大盛り
→味がしみて美味しかった。
ママは納豆ごはん、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし、ムスメは小豆入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコ1個ずつ。
満腹♪

お昼ご飯は、これも週末恒例、西友の向かい側のヴェローチェで。
ツナサンドを半分こ。
ママはあんパン、ムスメはチョコレートパン。
ホットコーヒー。

ヴェローチェを出ると
「こっちの店は行ったことないね?」とママ。
“こっちの店”とはお隣のファミマ。
「何屋なんだろう?」とママが興味津々なので、入ってみることに。

ママは大興奮!
デザートコーナーのシュークリームを目ざとく見つける!
あ、マドレーヌもある!
あら、こっちの袋には小さなカステラがいっぱい入っている!
あれまあ、これは何だい? おでんかい??
へえ~~~!!

いつも買い物に行くセブンイレブンとたいして変わらないはずなのに
ファミマがよほど珍しかったみたい。
ママが両手いっぱい抱えたお菓子から
シュークリームやマドレーヌはムスメがそっと棚に戻して、
袋入りのプチケーキをお買い上げ。

ママのおやつはファミマのプチケーキ2個。
ムスメのおやつは玄米おにぎり1個。

晩ご飯
白菜と玉ねぎと鮭の中骨缶詰めのスープ煮。
→ムスメ的には美味しいと思うけど、ママ的にはイマイチだったみたい。
カツオのたたき、大根おろし。
トマト缶天。
カカオ72%チョコ1個ずつ。
ムスメは小豆入りカスピ海ヨーグルト。
ママはお風呂上りにグレープフルーツゼリー。

何だかんだで10973歩、あるいて
さわやかに汗をかいた5月の第三日曜日でした。


| | コメント (0)

床屋さんか美容師さんか

玄関先の椿の木のお邪魔虫の大群を
果敢に退治してくれた“椿レスキュー隊”のお二人。

椿のレスキューがひと段落すると、
二人して我が家の庭を眺めてらっしゃる。
「雑草にもきれいな花が咲くから」と母娘で言いあって
草取りをさぼっているものだから、
庭は雑草も植木も伸び放題。

松の木・・・じゃなくて、槇の木を見つめる植木職人、Manaちゃん。

20160516k_2

大きな庭バサミを両手に持つと、

こちらから

20160516n_2

そちらから

20160516j_2

あちらから

20160516h

剪定してくれる。

「植木の床屋さんって言われることがある」とManaちゃんは言う。
椿の木の枝をきれいさっぱり払ってくれたところは
まさに植木の床屋さん。

けれど、槇の木の姿を整える様子は、
床屋さんというより、美容師さんという感じ。

おかげさまで、姿よい槇の木になりました。

20160516f

ほんとうは、花を見るのが大好きな母のために
せっかくの庭に花を咲かせられたらいいのだけれど、
いったい何から手をつければいいのやら・・・
思いあぐねるうちに、庭は雑草で覆われていく・・・

ああ、なんたって、我が家の庭はこんなに広いんだろうなどと、
贅沢な愚痴をこぼす始末。

そこへjijiさんが長細い入れ物を持ってきた。
お花を植えると花壇になるロング植木鉢・・・?

20160519b

庭に花を咲かせたいけれど、
何もかもお友達任せ、他力本願の庭守り、ももこ。
できることは、せいぜい水やり程度。
我が家の庭に花が咲く日は来るのだろうか・・・

とりあえず、レスキューされた椿の木の下に
去年植え替えてみた紫陽花に
ちっちゃい花が咲きますようにと、
朝に夕に眺めるのでありました。

20160520d

| | コメント (0)

2016.05.21

満腹ダイエット25日目~空腹には二種類ある

5月21日、土曜、晴れ。

満腹ダイエット25日目にして気が付いた。
空腹には二種類ある。
我慢できない空腹と、我慢できる空腹。

我慢できない空腹とは、
たぶん血糖値が急に下がって、
身体から力が抜けて、ふらふらになって、
とにかく何でもいいから食べなきゃいられない空腹。

我慢できる空腹とは、
お腹は空いているのだけれど、
食べないでも歩いたり、階段上ったり、
いつも通りの行動ができる。

今日は、昼ご飯も晩ご飯も少なめだった。
現在午後10時45分。
お腹がぐ~っと鳴ってるけれど
食べなくても大丈夫みたい。

この状態の時に何か口にしてしまうと、
とめどなく食べてしまうような気がする・・・

朝ご飯
葱とワカメと豆腐の味噌汁→葱が怖ろしく硬くてママ食べられず。
カレーの寒天寄せ。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし、ムスメは小豆入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

今日もいい天気。ママとお散歩。
雑司が谷墓地をえっちらおっちら・・・

20160521

豊島区役所10階のテラスに「豊島の森」という庭があるというので
エレベーターで行ってみたら・・・
テンション下がるお庭・・・
「何しに来たの?」とママには言われちゃうし。
”椿レスキュー隊”を派遣して、
もうちょっとテンション上がるお庭にしてほしいなあ~

昼ご飯は区役所1階のカフェで
ママはあんパン、ムスメはミルククリームパン。
ホットコーヒー。
帰宅後、キウィフルーツをちょっとずつ。

ママの晩ご飯
大根のピリ辛そぼろ煮
スーパーで買ったさんまのかば焼き。
レトルトの三色に煮豆、トマト缶天、キウィフルーツ。
ご飯、インスタント味噌汁。
カカオ72%チョコ、グレープフルーツゼリー。

ムスメの晩ご飯
東京タワーのふもとで
モヤシと葱の蒸し煮と、さんまのかば焼き。
吉祥寺駅のホームのベンチで玄米ご飯おにぎり1個。
帰り道のファミマのホットコーヒー。

明日の朝ご飯は満腹メニューにしよう♪


  

| | コメント (0)

【怖い写真なし】私には見えないお邪魔虫

日曜日の昼下がり。
母と二人、買い物に出かける。
えっちらおっちら、家に帰りつくと、
玄関先の椿の木を見上げた母が言った。

「あら、虫だ。」

え? 虫?
椿の葉っぱに虫がいるの?
虫が大嫌いな私は尻込み。

「ここにいるよ。こっちは卵だ。ほら!」

虫だか、卵だかが乗っかっているらしい葉っぱをつまむと、
母は私に見せようとする。

私は後ずさり・・・
見たくないってば!

しかし、困ったことになった。
虫恐怖症の私には、椿の葉っぱの虫退治は無理。
さっそく「植木屋ドットコム」を検索だ。
椿の木のレスキューに来てもらわなきゃ!

という話を、椿の木の写真と一緒にFacebookに投稿。

すると、友人達から次々と

「危ないよ!」
「近づかないで!」
「毛虫がいっぱい見えるよ!」

コメントが並ぶ。

え? 毛虫、いっぱいいるの?

投稿した写真をどんなに拡大しても、
弱視の我が目には見えない。
友人達の緊張感あふれるコメントにもかかわらず
いまひとつ危機感が感じられない・・・

「ももこさん、明日、お家にいますか?」
「脚立や高枝バサミをそろえて、お昼頃に伺います!」
「それまで絶対に椿の木に近づかないで!」
「ママを近づけたら駄目!」

あれよあれよと言う間に結成された“椿レスキュー隊”。

20160520a

我が家を食い尽くしそうとした蔦の成敗やら、
すっぽり落っこちた外壁の修復やら、
築40年の我が家の面倒を何かと見てくださるjijiさんと、

そのjijiさんのお家でのパーティーに
いつもご馳走を持って現れる料理の達人にして、
実は元植木職人のManaちゃん。

このお二人の“椿レスキュー隊”が駆けつけてくれた。

「うわー! いるいる!」
Manaちゃんが叫ぶ。

「え? どこどこ?」
椿に近づく私。

「近づいちゃ、駄目!
 虫達、ももちゃんに向かって頭をもたげて威嚇してるよ!」

すごすごと引き下がる弱視の私には、
目の前の椿の葉っぱにそんなに虫が乗っかっているとは
いまだに信じられない・・・

弱視の我が目には見えないお邪魔虫。
椿の葉に大挙してやってきた彼らは、
チャドクガという蛾の幼虫だそうな。
椿や山茶花に発生するチャドクガ。
見た目が気持ち悪いとか、葉っぱを食い荒らすだけではない。
チャドクガの幼虫である毛虫の毛が皮膚に着くと、
猛烈に痒くなったり、腫れたりする危険な幼虫なのだという。

午前11時30分。
レスキュー隊のお二人は、
長袖の上着にゴム手袋の完全装備で作業開始。
チャドクガの脅威をよく知るお二人。
庭バサミと高枝バサミを駆使して、
文字通り身体を張って、幼虫がついた枝を払っていく。

「見て、これ! まるでハリネズミ!」

毛虫で覆われた葉っぱが、ハリネズミ状態ということらしい。
Manaちゃんが高枝バサミで掴んだ「ハリネズミ」を
jijiさんがトングで受け取ると、一斗缶に投入。

上から灯油を注いで火を点ける。
燃やしてしまうのだ。

もう何年も枝を払っていない椿の木は。
チャドクガの幼虫達には、葉っぱ食べ放題のパラダイスだったに違いない。
枝を払っても払っても、

「まだいる!」 
「こっちにも!」

枝はきれいさっぱり切り払われ、
危険な幼虫が付いた葉っぱは一斗缶で燃やされる。

「ごめんねー、チャドクガに生まれてきたばっかりに
 こんな目に逢わせて、ごめんねー」

火あぶりにされる幼虫達に何度もあやまるManaちゃん。

「あ、灯油がなくなっちゃった。」とjijiさんがおっしゃるので、
我が家のオリーブオイルを注いで火を点けたら、
毛虫たちは美味しそうな匂いをたてて、こんがりと焼かれていく。

虫は怖い、見るのも嫌だけど、
燃え尽きる前の姿を一度ぐらいは見ておかねば、と
葉っぱを入れた一斗缶に顔を近づけたら・・・

「危ないから駄目!」

と言われて、またまた、すごすごと引き下がる。

3時間半に及ぶ“椿レスキュー隊”の果敢な作業の末に、
椿はすっかり身軽になり、

20160515_2

↓↓↓

20160516b

我が家の塀の前には椿の枝々がこんもりと積みあがった。

うわー、すごい量!

せめて幼虫の抜け殻だけでもこの目で確認せねばと
枝葉の山に顔を近づけようとすると・・・

「近づいちゃ、駄目!」

と警告されて、すごすご退散。

切り落とした椿の枝葉をゴミ袋に詰めて作業終了。

気を付けて作業してくれていたけれど、
やはり幼虫の毛で皮膚が腫れて痒くなってしまったそうな。
ほんとうに身体を張ってくれた“椿レスキュー隊”に感謝。

それにしても・・・

私は一匹も見ていない。見えていない。
いったいどんな虫だったんだろう・・・

作業を終えた“レスキュー隊”のお二人に
iPadの写真を見せた。

どこに虫がいるの・・・?

「これだよ、ももちゃん!」
レスキュー隊のお二人がiPadの一点を指さす。

「拡大してごらん!」

なんと!
一斗缶の中の葉っぱの薄茶色の部分を拡大すると、
小さな細長い虫がバナナ状にまあるく固まっているではないか!

切り落とした枝葉の写真を見せると

「これ、ぜんぶ虫ですよ!」

なんと!
私の目には枯れた葉っぱや枯れた茎に見えていた薄茶色の部分は、
ことごとく幼虫の塊だったらしい!

ゾゾゾゾゾ~~~~~~

このような不気味な襲来者と戦ってくれたお二人に、
あらためて、感謝、感謝なのでありました。

  

| | コメント (0)

【閲覧注意】見えないお邪魔虫

日曜日の昼下がり。
母と二人、買い物に出かける。
えっちらおっちら、家に帰りつくと、
玄関先の椿の木を見上げた母が言った。

「あら、虫だ。」

え? 虫?
椿の葉っぱに虫がいるの?
虫が大嫌いな私は尻込み。

「ここにいるよ。こっちは卵だ。ほら!」

虫だか、卵だかが乗っかっているらしい葉っぱをつまむと、
母は私に見せようとする。

私は後ずさり・・・
見たくないってば!

しかし、困ったことになった。
虫恐怖症の私には、椿の葉っぱの虫退治は無理。
さっそく「植木屋ドットコム」を検索だ。
椿の木のレスキューに来てもらわなきゃ!

という話を、椿の木の写真と一緒にFacebookに投稿。

20160520

すると、友人達から次々と

「危ないよ!」
「近づかないで!」
「毛虫がいっぱい見えるよ!」

コメントが並ぶ。

え? 毛虫、いっぱいいるの?

投稿した写真をどんなに拡大しても、
弱視の我が目には見えない。
友人達の緊張感あふれるコメントにもかかわらず
いまひとつ危機感が感じられない・・・

「ももこさん、明日、お家にいますか?」
「脚立や高枝バサミをそろえて、お昼頃に伺います!」
「それまで絶対に椿の木に近づかないで!」
「ママを近づけたら駄目!」

あれよあれよと言う間に結成された“椿レスキュー隊”。

20160520a

我が家を食い尽くしそうとした蔦の成敗やら、
すっぽり落っこちた外壁の修復やら、
築40年の我が家の面倒を何かと見てくださるjijiさんと、

そのjijiさんのお家でのパーティーに
いつもご馳走を持って現れる料理の達人にして、
実は元植木職人のManaちゃん。

このお二人の“椿レスキュー隊”が駆けつけてくれた。

「うわー! いるいる!」
Manaちゃんが叫ぶ。

「え? どこどこ?」
椿に近づく私。

「近づいちゃ、駄目!
 虫達、ももちゃんに向かって頭をもたげて威嚇してるよ!」

すごすごと引き下がる弱視の私には、
目の前の椿の葉っぱにそんなに虫が乗っかっているとは
いまだに信じられない・・・

弱視の我が目には見えないお邪魔虫。
椿の葉に大挙してやってきた彼らは、
チャドクガという蛾の幼虫だそうな。
椿や山茶花に発生するチャドクガ。
見た目が気持ち悪いとか、葉っぱを食い荒らすだけではない。
チャドクガの幼虫である毛虫の毛が皮膚に着くと、
猛烈に痒くなったり、腫れたりする危険な幼虫なのだという。

午前11時30分。
レスキュー隊のお二人は、
長袖の上着にゴム手袋の完全装備で作業開始。
チャドクガの脅威をよく知るお二人。
庭バサミと高枝バサミを駆使して、
文字通り身体を張って、幼虫がついた枝を払っていく。

「見て、これ! まるでハリネズミ!」

20160520c

毛虫で覆われた葉っぱが、ハリネズミ状態ということらしい。
Manaちゃんが高枝バサミで掴んだ「ハリネズミ」を
jijiさんがトングで受け取ると、一斗缶に投入。

20160516s

上から灯油を注いで火を点ける。
燃やしてしまうのだ。

20160516z

もう何年も枝を払っていない椿の木は。
チャドクガの幼虫達には、葉っぱ食べ放題のパラダイスだったに違いない。
枝を払っても払っても、

「まだいる!」 
「こっちにも!」

枝はきれいさっぱり切り払われ、
危険な幼虫が付いた葉っぱは一斗缶で燃やされる。

「ごめんねー、チャドクガに生まれてきたばっかりに
 こんな目に逢わせて、ごめんねー」

火あぶりにされる幼虫達に何度もあやまるManaちゃん。

「あ、灯油がなくなっちゃった。」とjijiさんがおっしゃるので、
我が家のオリーブオイルを注いで火を点けたら、
毛虫たちは美味しそうな匂いをたてて、こんがりと焼かれていく。

虫は怖い、見るのも嫌だけど、
燃え尽きる前の姿を一度ぐらいは見ておかねば、と
葉っぱを入れた一斗缶に顔を近づけたら・・・

「危ないから駄目!」

と言われて、またまた、すごすごと引き下がる。

3時間半に及ぶ“椿レスキュー隊”の果敢な作業の末に、
椿はすっかり身軽になり、

20160515

↓↓↓

20160516o

我が家の塀の前には椿の枝々がこんもりと積みあがった。

うわー、すごい量!

20160516w

せめて幼虫の抜け殻だけでもこの目で確認せねばと
枝葉の山に顔を近づけようとすると・・・

「近づいちゃ、駄目!」

と警告されて、すごすご退散。

切り落とした椿の枝葉をゴミ袋に詰めて作業終了。

20160516c

気を付けて作業してくれていたけれど、
やはり幼虫の毛で皮膚が腫れて痒くなってしまったそうな。
ほんとうに身体を張ってくれた“椿レスキュー隊”に感謝。

それにしても・・・

私は一匹も見ていない。見えていない。
いったいどんな虫だったんだろう・・・

作業を終えた“レスキュー隊”のお二人に
iPadの写真を見せた。

どこに虫がいるの・・・?

「これだよ、ももちゃん!」
レスキュー隊のお二人がiPadの一点を指さす。

20160516p

「拡大してごらん!」

20160520b

なんと!
一斗缶の中の葉っぱの薄茶色の部分を拡大すると、
小さな細長い虫がバナナ状にまあるく固まっているではないか!

切り落とした枝葉の写真を見せると

「これ、ぜんぶ虫ですよ!」

なんと!
私の目には枯れた葉っぱや枯れた茎に見えていた薄茶色の部分は、
ことごとく幼虫の塊だったらしい!

ゾゾゾゾゾ~~~~~~

このような不気味な襲来者と戦ってくれたお二人に、
あらためて、感謝、感謝なのでありました。

  

| | コメント (0)

2016.05.20

満腹ダイエット24日目~麻婆豆腐の匂い

5月20日、金曜、曇り時々晴れ

朝食前のママの日課。
お仏壇にお茶をお供えして、
母娘のお湯のみにもお茶を入れる。
そして、挽きわり納豆を混ぜ混ぜ。

今朝も「よっこいしょ、よっこいしょ」と掛け声をかけながら
納豆を混ぜるママに
「朝からご苦労様です」と声をかけたら
「聞こえてたのー!? 
 あんたは何でも聞こえちゃうんだねえ!」
とビックリされて、こっちがビックリ。

朝ご飯
ジャガイモの明太子マヨネーズ和え、トマト缶天。
切り干し大根と油揚げとワカメの味噌汁。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ムスメは小豆入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

昼ご飯
干し大根葉と油揚げのお汁。
ジャガイモの明太子マヨネーズ和え。
バナナ入りカスピ海ヨーグルト。

友人から送ってもらった炊飯器で炊けるレシピ集の一つ。
材料が全部そろっている「大根のピリ辛そぼろ煮」を作ってみた。
炊いている間、家じゅうに広がる麻婆豆腐の匂い。
実際、調味料に山椒を加えれば麻婆豆腐になる。
ということは麻婆豆腐も炊飯器で炊けるのか・・・?

晩ご飯
大根のピリ辛そぼろ煮。
なかなか美味しく出来上がり。
ママは大盛りをペロリと完食。

20160520e

ジャガイモとトマトのチーズ焼き→二度目のチャレンジも失敗。
ムスメは玄米ご飯と、炊いた小豆約50粒。
カカオ72%チョコ1個ずつ。
ママはお風呂上りにグレープフルーツゼリー1個。

麻婆豆腐の匂いの中で更けていく、
平和な金曜の夜。

| | コメント (0)

おひさまは壮大なり

5月19日、木曜日。
十条のミュージカンテアマネさんの朝の歌会。
今日も11時の休憩後から参加させていただいた。

休憩後は、朝のNHK連続テレビ小説の曲が4曲続いた。
最初の二つはよく知っている、
AKB48の「365日の紙飛行機」と
中島みゆきの「麦の唄」。

さて、3曲目は・・・?
茉奈 佳奈の「いのちの歌」。
これは、聞いたことがあるような、ないような・・・
2008年放送の「だんだん」の劇中歌だそうな。

そして、4曲目・・・
平原綾香の「おひさま~大切なあなたへ」

これは初めて聞く歌だった
朝ドラ、「おひさま」の主題歌だとか。

おひさま? 全然覚えていない。
いつごろのドラマですか?
2011年4月から9月?
覚えがないはずだ。
このドラマが放送されていた間、
私は日本にいなかったもの・・・

というわけで初めて聞いた平原綾香の「おひさま」という歌は、
ミュージカルのクライマックスで歌われるような壮大な曲。
放送当時、朝の歌会ではこの大曲を
楽譜を見て練習したのだというから、驚いた。

平原綾香の曲は“Jupiter”しか知らないけれど、
たまたま数日前のラジオ番組に出ていたので、
彼女の名前は頭に残っていた。

龍角散がスポンサーのその番組で、声帯のケアについて尋ねられた彼女はこう答えていた。

「練習しないことです」。

イメージトレーニングはするけれど、
練習のために本気で声を出すことはない。
繊細な器官である声帯を温存したいから。
本気で声を出すのは本番のステージ。
観客を前にすると、自分でイメージしていた以上の
パーフォーマンスができることがある。

そんな話をしていた。

音大でクラシックを学び、歌を始める前にはサックスを吹いていたという
彼女だからこそ実践できる方法だろう。

ここで、ふと、思う・・・

十条の朝の歌会のマダム達のレパートリーに
平原綾香の“Jupiter”は・・・
入ってるのだろうか・・・?

今度、朝の歌会に遊びに行ったら、
リクエストしてみようかしらん・・・


| | コメント (0)

2016.05.19

満腹ダイエット23日目~パンツが・・・

5月19日、木曜、晴れ。

珍しく6時にパッチリ目が覚めた。
朝シャワー後、服を着ようとしたら・・・
ない・・・パンツが・・・
月曜の燃えるごみの日に、
擦り切れたパンツを3枚捨てたんだった。
残ったパンツは3枚で、
月、火、水と洗濯をしなかったのだから、
今朝はパンツがないわけだ・・・
仕方がない。
ビキニの水着のパンツをこっそり穿いて
一日やり過ごそう。
ビキニ、持っててよかった~

そんなことより朝ご飯。
大根とワカメと豆腐の味噌汁。
カレーの寒天寄せ、打ち豆とひじきと人参の煮物。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

ママをデイサービスに見送ったら、
いそいそと電車に乗って十条のマダム達と合流。
お紅茶2杯と、甘いお煎餅、一口チョコ、一口おまんじゅうを頂きながらの朝の歌会。

歌会の後はマダム達といつもの喫茶店、樹里の
500円モーニングサービス。
クルミ入りパンのトースト、サラダ、茹で卵、コーヒー、ミニヨーグルト、苺とパイナップル、昆布茶。

台所の隅に立てかけてある干し大根場。

20160519a

3月初めにくまちゃんに連れてってもらった
青森の鰺ヶ沢の売店で買ってきたんだった。
今日こそは食べてみよう。
お湯につけて戻して、お汁にしようかな・・・

晩ご飯
イワシの塩焼き、大根おろし。
ジャガイモの明太子&マヨネーズ和え、トマト缶天、キウィフルーツ。
干し大根葉と味付きシジミのお汁。
ママはご飯、ムスメは玄米ご飯。
ムスメは炊いた小豆を30粒ほど。
カカオ72%チョコ1個ずつ。
ママはお風呂上りにパイナップルゼリー。

干し大根葉はママには噛みきれなかったんだけど、
美味しい美味しいと言って、
口に入れてチューチュー吸って、吸い殻(笑)をお皿に残してた。
今度はもっとよく戻してから煮込んでみよう。


| | コメント (0)

サージェントペッパーって・・・?

久しぶりに参加させていただいた、
はぁと島田さん主催の“はぁと集会”@舎人カフェマルシェ。
心優しくも個性的なメンバーに囲まれて、
ほんわかと、にこにこと歌わせていただいた後のこと。
大きなテーブルの向かい側に座っていらしたお兄様が
話しかけてくださった。

「いやー、びっくりしましたよ。
サージェント・ペッパーの曲を歌われるとは!」

えーと・・・

「When I’m Sixty-Fourの雰囲気が出ていましたよ!」

ああ、そうそう、久しぶりに歌ったのだった。
ビートルズのWhen I’M Sixty-Four

「サージェント・ペッパー、あれは名盤ですよねえ!」

ビートルズの歌はうたったけれど、
ビートルズの薀蓄を語れないわたし・・・

そもそも、なんで、この曲を歌うようになったんだっけ・・・
そうだ。ラジオだ。
もう10年も前のこと。
たまたま聞いた音楽番組のビートルズ特集。
10代のポール・マッカートニーが
「64歳になったら」という歌を作ったという話と、
ユーモラスな曲調が気に入ってしまって、
覚えて歌うようになったんだった・・・

ビートルズの曲ではあるけれど、
YesterdayやLet It Beほどには知られていないこの歌。
たまたまライブで一緒になったお兄さんが
「サージェントペッパーの曲ですね!」と話しかけてくださった時は、
とっても嬉しかったけれど、
ちょっぴりバツが悪かった・・・

だって・・・
When I’m Sixty-Fourが
サージェントペッパーというビートルズのアルバムに入っていることを、
その時初めて知ったのだから。
そして、サージェントペッパーとは、
「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」という
長い長いアルバム名の通称であることを
今さっきWikipediaで読んだのだから。

サージェント・ペッパー・・・
ペッパー軍曹・・・
ペッパー・・・
あっ・・・

ピンクレディの「ペッパー警部」って、
もしかしたら、このアルバム名がヒントになっているのかしらん・・・?

作詞の阿久悠の回想によると・・・
往年のヒット曲「若いおまわりさん」やら、
清涼飲料水のドクターペッパーやら、
ピンクパンサーのクルーゾ警部やら・・・
ビートルズのアルバム、「サージェント・ペッパー」等々のイメージが
浮かんでは消え、消えては浮かぶうちに、閃いたのが
ピンクレディの「ペッパー警部」だったそうな。

今度、あのお兄さんに出会ったら、
そんなお話で今度こそ一緒に盛り上がりたいなあ。


5月17日。はぉと集会@舎人カフェマルシェ
Momokoが歌ったのは・・・
ワン・ノート・サンバ(ブラジルの歌。替え歌by Momoko)
てんとう虫のサンバ(チェリッシュの歌)
When I'm Sixty-Four(ビートルズの歌)
おじいさんと花(ブラジルの歌)
バラが咲いた(マイク眞木の歌。歌詞を配って皆さんと歌いました)
ハッピー・カレーライス(Momokoのオリジナル)

| | コメント (0)

2016.05.18

満腹ダイエット22日目~なっと、なっと~~♪

5月18日、水曜日、快晴。

水戸黄門様のおひざ元、茨城は常陸太田で育ったママは
朝ご飯に納豆が欠かせない。
一年365日、納豆を食べる、と言いたいところだが、
実際に納豆を食べるのは360日ぐらい。
残りの5日は・・・ムスメがうっかり買い忘れた日。
今朝はそんな納豆なしの朝ご飯。

20160518_2

朝ご飯。
玉ねぎとワカメと高野豆腐の味噌汁。
モヤシとシラスの寒天寄せ、目玉焼き。
ママはご飯、ムスメは玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

昼ご飯
切り干し大根とハンバーグのスープ。
なぜか職場のおやつコーナーにカカオ72%チョコがあった。
「ももこさん、お二つ、どうぞ・・・」
「そうですか、では遠慮なく・・・」

公園のベンチで夕焼け眺めながら、
玄米混ぜご飯おにぎり1個で空腹対策。
あ、納豆買わなきゃ。
ひきわり納豆3個パックを2パックと、
すぐ食べられるおかずを買って、
お腹がすいたぞ、急げ、急げ。

夕ご飯
買ってきたコロッケと、ホタルイカの酢味噌和え。
カレーの寒天寄せと、トマト缶天。
打ち豆と人参とひじきの煮物。
カカオ72%チョコ1個ずつ。
ママはお風呂上りにパイナップルゼリー。

明日の朝は、ひきわり納豆1パックを母娘で半分この
いつもの朝ご飯が食べられる。

| | コメント (0)

2016.05.17

満腹ダイエット21日目~なんてったってお米!

5月17日、火曜日、雨。

お米離れが進んでいるとテレビで聞いた。
若い世代、特に女性はお米を食べないらしい。
我が家の主食は米(キッパリ!)
ママは朝晩、柔らかく炊いた白米。
ムスメは朝晩玄米。
お腹にずっしりたまって、コストパーフォーマンス抜群。
玄米は噛みごたえも栄養も満点。
その玄米をうっかり切らしてしまって、
大塚駅からの帰り道、
夜11時の閉店直前のスーパーに駈け込んで、
コシヒカリ玄米2キロ、908円を購入。
ついでに、6個398円のりんごも購入。
まことに有意義な夜更けの買い物ではあった。
さっそく明日の朝食用の玄米を炊き始める。
寝る前に水を半カップ入れてもう一度炊く「びっくり炊き」。
これで明日も朝から玄米ご飯♪

朝ご飯
玉ねぎとワカメと高野豆腐の味噌汁。
モヤシとシラスの寒天寄せ。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし、ムスメは蜂蜜入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

「あんたも一緒にデイホームに行くといいよ」と
今朝もママから誘われる。
行きたくても行けないんだよ、
おばあちゃんになるまでは・・・

昼ご飯
三色煮豆と胡麻いりホットケーキ蒸しパン。
打ち豆とひじきと人参の煮物。

ママの晩ご飯
ハナマサのハンバーグ、玉ねぎのレンジ蒸し。
トマト缶天、キウィフルーツ、打ち豆とひじきと人参の煮物。
ご飯、インスタント味噌汁、カカオ70%チョコ1個。

旅友のインドネシア土産のアーモンドチョコを
数粒頬張りながら舎人へ。
「一人の時はおやつ禁止令」を内緒で破っちゃった。

今宵は舎人のカフェマルシェで歌う日。
ここのカレーを初めて食べた。
辛口チキンカレー、辛さもボリュームもたっぷり。満腹。

20160516aa

はぁと集会@カフェマルシェも
バラエティに富んだ出演者で楽しさ満点の夜だった。

| | コメント (0)

満腹ダイエット20日目~レスキュー

5月16日、月曜、曇り。

デイサービスのお迎えをそわそわと待つママが
「あんたも一緒にデイサービスに行ったらどう?」と言う。

今日はそれどころじゃないのよ、ママ!
玄関先の椿の木が緊急事態なんだから!
レスキュー隊が来てくれるんだから!

朝ご飯
大根とワカメと豆腐の味噌汁。
ママカリの酢漬け。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし、ムスメは蜂蜜入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

11時30分。
レスキュー隊到着。
椿の木を占拠したチャドクガの幼虫の大群と
果敢に格闘すること3時間半。
椿の木と郵便受けを危機から救いだしてくれたのであった。

昼ご飯
カレーライス。
そして、満腹ダイエットのお約束。
お友達と一緒の時はおやつOK♪
宮城ふるさとプラザの“ずんだ生どら焼き”と、
旅友のインドネシア土産のマンゴーチップスをポリポリ。

ママの晩ご飯。
西友で買ってきた酢豚。
モヤシの寒天寄せ。
胡麻あんの生どら焼き。
インスタント味噌汁。
カカオ72%チョコ1個。

夜9時過ぎ。
三色煮豆と胡麻入り炊飯器蒸しパンを
かじりながら歩く帰り道。
携帯の緊急アラーム音~茨城で地震とな。
歩いていたからか、全然気づかなんだ。

我が家への路地を入ると、
危機から救われた椿の木の枝の間から
ママの部屋の灯りが見える。
穏やかな我が家の眺めに、
気は優しくて力も技もある友のありがたさを
あらためて噛みしめた。

20160516a

帰宅したムスメの晩ご飯
ライス抜きカレー。
もやしの寒天寄せ。

  

| | コメント (0)

2016.05.15

満腹ダイエット19日目~いちゃガリガリ

5月15日、日曜、晴れ。

柔かい食べ物最優先の我が家の食生活。
時々無性に堅い物が食べたくなる。
今朝のラジオで、銀座の沖縄アンテナショップの人気商品、
いちゃガリガリ」というお菓子を紹介していた。

烏賊風味のかりんとうみたいなお菓子らしい。
その硬さは相当なものだとか。
いいなあ。食べたいなあ。
そうだ! 夕方、東京タワーの階段を上りに行ったら、
帰りに銀座のわしたショップまで歩いて行って、買ってこよう!

あ・・・だめだめ。
満腹ダイエットのお約束。
一人の時はおやつは食べない、だった・・・我慢、我慢。

朝ご飯
玉ねぎとワカメと豆腐の味噌汁。
ほうれん草とシラス入り玉子焼き。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし、ムスメは蜂蜜入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

ママと二人で西友へ。
墓地のお花に大喜び。
20160515a
20160515b_2
20160515c

我が家の玄関先の椿の木がとんでもないことになっているとは、
この時の母娘はまだ気づいていなかった・・・

西友向かいのヴェローチェで昼ご飯。
ツナサンドと卵サンドを半分ずつ。
ブレンドコーヒー。カカオ72%チョコ1個ずつ。

えっちらおっちら、玄関までたどりつく。
玄関先の椿の木を見上げたママが
とんでもないモノを見つけてしまった!

ママのおやつはミニホットケーキ半分。
ムスメのおやつは打ち豆人参ひじき煮物入り玄米ご飯おにぎり1個。

晩ご飯
レトルトの三色煮豆と胡麻入りホットケーキ蒸しパン。
トマトとピーマンのチーズ焼き(のはずがチーズ入りトマトスープになっちゃったけど美味しかった)
西友で買ったママカリの酢漬け。
ムスメは蜂蜜入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコ1個ずつ。
おっといけない、苦しいぐらいに超満腹になってしまった。

椿の木の緊急事態。
明日、友人達がレスキューに駆けつけてくれることになった。
ああ、ありがたきは頼りになる友人達よ。

| | コメント (0)

喫茶たんぽぽ5周年記念"歌声オープンマイク"出演者募集♪

たんぽぽライブで毎月お世話になっている喫茶たんぽぽさん。

みなさんにお馴染みの西立川の店舗で
今の形で喫茶とハンドメイド工房を始めてから
この5月で満5年になるそうです。

20160514b

たんぽぽライブ6月号は、
5周年を迎えられたたんぽぽさんへの
感謝の気持ちを思いっきりこめたライブにしたい。

どんなライブにしようかと考えて考えて考えて・・・

ようやく思いつきました!

“たんぽぽさん5周年おめでとう記念〜歌声オープンマイク!!”

3月号で初めて開催してみた「歌声ライブ」では
たんぽぽの皆さんがマイクを持って、
おおいに盛り上げてくださいました。

今度は私達が盛り上げましょう!!!

“歌声オープンマイク”とは・・・

1. ひとり1曲ずつ(参加者が少なければ2曲お願いするかも)、
2. みんなが知ってる、みんなで歌える曲を演奏。
3. 客席の皆さんもお店の方々も、張り切って一緒に歌いましょう。
4. 歌だけの参加もOK。当日ご出演のミュージシャンにサポートをお願いしましょう。
5. 「この歌をみんなで歌いたい」というリクエストもOK.
6. みんなで張り切って歌って、たんぽぽメニューでお腹いっぱいになって、
    たんぽぽ5周年をにぎやかにお祝いしましょう!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

6月号はこんな構成です。

13:30〜14:30 ミニライブ
たんぽぽライブ1回目から歌いに来てくださっているyoukoさんと、
毎月のライブで素敵なハーモニーを聞かせてくださるCELLのお二人のライブ。

14:30〜16:00 “歌声オープンマイク”


♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪


たんぽぽライブ6月号 

6月18日(土) 13:30〜1600

開催まであと1か月と、日にちが迫っているけれど、
皆さまの張り切ってのご参加、ご参集をお願いします。

*歌集を用意しますので、
  オープンマイク企画にご参加くださる方は、
  5月末までに曲目とともにMomokoまでご連絡くださいませ。


今日現在のリクエスト曲

1.恋するフォーチュンクッキー(たんぽぽの皆さん)
2.ZARDの負けないで(たんぽぽの皆さん)
3.てんとう虫のサンバ(司会Momokoが弾き語り希望)

これに続けて、演奏・リクエストが続きますように
皆さまのご参加をどうぞどうぞよろしくお願いいたします。

20160514c


| | コメント (0)

2016.05.14

たんぽぽライブ5月号でした♪

さわやかな風の土曜の午後。
西立川駅からの足取りも軽く、
1時ちょっと前に喫茶たんぽぽに到着すると、
ご出演の皆さまはすでにお揃いで、
次々とリハーサルと音合わせ。

たんぽぽライブに初めて来てくれた視覚障害の友人に
メニューを読み上げていたら、
ピザトーストセットにはケーキが付いてくることを初めて知った。
それなら今日はピザトーストに♪
これがまたとっても美味しくて、ついつい夢中になってたら・・・

「ももこさん、そろそろ・・・・」

あらま! もう1時半!

はいはい、みなさん、こんにちは。
たんぽぽライブ5月号を始めましょう!

今月のたんぽぽライブは、
CELLのLINDAさんコネクションで
集まってくださった方々がご出演。

ボーカルのRIOさんとギターのRYOさんのジェントルで小気味よいジャズナンバー。
木更津から駆けつけてくださったとも風さんは、客席との掛け合いも楽しく。
凛とした立ち姿の音子~nekoさんがギターを鳴らせば、たちまち音子世界に連れていかれたかと思えば、
フォークシンガー、藤田三千雄さんが再現するフォーク酒場の雰囲気に昭和にタイムスリップ。
CELLのお二人。今月のライブのフライヤーの赤いカーネーションに込めた思いを歌われた。
5月は母を思う月ですね。

職員さんや先輩さんに付き添われて
テーブルにドリンクやフードを運んでくれるのは
ピンクのエプロン姿の18歳の新人さん。
よろしくお願いします♪

ライブ後も、ミュージシャンとお客様とお喋り。
ついつい長居しちゃいましたね。

気持ちよくのんびり音楽に浸った
たんぽぽライブ5月号。
みなさん、どうもありがとう。

6月号は6月18日(土)の午後。
喫茶たんぽぽの5周年を
みんなで歌ってお祝いする「歌声ライブ」です。

というわけですから、
来月もたんぽぽライブでお会いしましょうね。

20160514b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満腹ダイエット18日目~ピザトースト

5月14日、土曜日、晴れ。

我が家の冷蔵庫にはチーズとバターがない。
嫌いなわけではない。
ママの主食は柔らかいご飯。
ムスメの主食は玄米ご飯。
パンなら、柔らかいバターロールか菓子パン。
以前は母娘で大好きだった麺類も、歯が使えないママは食べにくくなった。
というわけでチーズやバターの出番がめっきり減って、買わなくなった。

今日はたんぽぽライブ。
いつもならカレーライスをいただくのだが、
今日は初めて「ピザトースト」を注文。
チーズがたっぷりのったピザトーストはとっても美味しかった。
トーストは無理だけど、焼いたチーズならママも食べられる。
何か、工夫してみよう・・・

朝ご飯
ほうれん草とワカメと豆腐の味噌汁。
打ち豆とひじきと人参の煮物。
ママはご飯、ムスメは玄米ご飯。
ママはりんごすりおろし1個。
カカオ70%チョコ1個ずつ。

ママの昼ご飯
チョコチップ入りパン。
苺。カカオ70%チョコ1個。

ムスメは、西立川の駅のホームで大豆玄米おにぎり1個。
たんぽぽで、ピザトーストセット、スープと人参ケーキ付き。
お客様にご馳走になった牡丹餅。
コーヒー2杯。

6時半に家に帰ると、
今朝、ママとセブンイレブンで買ってきた
チョコチップパン6本入り一袋と、
あんこのミニロールケーキと、
クリームいりミニホットケーキが
ほとんど無くなっている。

今日はママもムスメも甘い物いっぱい食べたね~

晩ご飯
ほうれん草とシラス入り玉子焼き。
切り干し大根と味付けシジミのお汁。
苺4個ずつ。カカオ70%チョコ1個ずつ。
なんとなくお腹が空いた娘は大豆玄米ご飯おにぎり1個。

久しぶりに甘い物いっぱい食べて
すっかり満たされた、たんぽぽライブの土曜日でした。

20160514ajpg

 

| | コメント (0)

2016.05.13

満腹ダイエット17日目~真っ暗な部屋

5月13日、金曜、快晴。

今日も夏日になりそうだ。
日当たり良好の2階のマイルーム。
暑さ対策と眩しさ対策のために
遮光カーテンを閉め切って、蛍光灯を点ける。
蛍光灯は省エネタイプゆえ、
電気の無駄遣いって怒らないでくださいませませ。

朝ご飯
ほうれん草とワカメと豆腐の味噌汁。
目玉焼きと、トマト缶天。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
カカオ70%チョコ1個ずつ。

ママのお迎えにいらしたデイサービスの職員さん。
「お母様も、暑がりでいらっしゃいますよね。
 私も暑がりなので、おんなじです」と。
そのさりげない一言に、
一人一人の利用者の様子を
よく見てくださっているのだな、と頭が下がる。

暗い部屋でパソコンを睨み続けて午後の2時。

昼ご飯。
キーマカレーと玄米ご飯。
バナナ入りカスピ海ヨーグルト。
りんご1個丸かじり。

おっと、いけない。超満腹。

晩ご飯
打ち豆とひじきと人参の煮物。
大根とスーパーで買った穴子のかば焼きとのレンジ蒸し。
キュウリとカニカマともずくの酢の物。
味付けしじみと、ずっと前の頂き物のお茶漬けの素でお汁。
ママはご飯。カカオ70%チョコ1個。お風呂上りにグレープフルーツゼリー。
ムスメは昼の食べすぎでデザート入らず。

買い物の帰りにいつも見上げるまあるい木。
毎年のことながら、こんもりとまん丸く枝を伸ばして、早や深緑。
春夏秋冬を生き抜く生命力の素晴らしさよ。

20160513

  

| | コメント (0)

2016.05.12

満腹ダイエット16日目~めざせ67センチ

5月12日、木曜、快晴。

朝起きて、ズボンをはく。
この間買ったウェスト70センチのジーンズ。
ウェストはゆるゆるなんだけど、
ぽっこりお腹でつっかえる、
何とも中途半端な穿き心地。
ぽっこりお腹を引っ込めて
67センチのズボンが穿けたら
さぞかしすっきりするだろうなあ!
今日も頑張る、満腹ダイエット。

朝ご飯  
ほうれん草、ワカメ、豆腐の味噌汁。
キュウリとカニカマとモズクの酢の物。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし。ムスメは蜂蜜入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ70%チョコ1個ずつ。

満腹ダイエットのルール。
三度の食事で満腹に。
一人でいる時はおやつ抜き。
お友達といるときは、スイーツOK.
めざせ、ウェスト67センチのおズボン♪

昼ご飯
大豆玄米ご飯のおにぎり1個。
切り干し大根とワカメのスープ。
バナナ入りカスピ海ヨーグルト。

豊島区役所10階に庭が出来たというので行ってみた。
3階からは外階段で登れるのがちょっぴり魅力。
けれど、たどり着いた庭園、解放感がいまひとつ・・・
やっぱり西武デパートの屋上の方がいいなあ。
1階から階段で上がれるし。

それにしても空腹で、
晩ご飯作りの前に、70%チョコ1個を口に入れる。

晩ご飯
キーマカレー
ママはご飯で、ムスメは玄米ご飯で。
あまりの空腹のムスメはカレーお代わり。
トマト缶天とキウィフルーツ。
ママはカカオ70%チョコ。
コーヒー牛乳ゼリーをカップ1杯ずつ。

お風呂に入る。
ぽっこり二段腹をさする。
満腹ダイエット。
まだまだ先が長いなあ・・・

20150423

茶腹も一時ならぬ「水腹も一時」・・・

| | コメント (0)

マシャクニアワナイ

ネットで探し物をしていたら、70年代後半のテレビドラマのタイトルが出てきた。

スタスキー&ハッチ

わあ! なっつかしい~!!!

70年代後半のアメリカのテレビドラマ、スタスキー&ハッチ。
毎週、NHKテレビで放送されるのを楽しみに見てたっけ。
対照的なルックスと性格のコンビが、絶妙のテンポで繰り広げる痛快西部劇・・・

なつかしい~~~~!!!

さっそく動画を探してみる・・・

あれ? あれれ?

いきなり始まった派手なカーアクションに面食らった。

でも、これも知ってる!
たしかに見てた。
長身、イケメンのハッチと、ノリがいいスタスキーの痛快刑事物。

そうか・・スタスキー&ハッチはこのドラマだったか。

じゃあ、二人組が活躍する西部劇は・・・?

「西部劇 二人組」で検索。
出てきたのがこれ。

西部二人組

大物お尋ね者の二人組が足を洗おうと誓うが、行く先々で保安官に追われて窮地に陥るという痛快西部劇。
動画を再生すると、名古屋章の名調子の口上が流れる。
そうそう、このナレーションで始まったんだよねえ・・・

・・・うん?

口上の途中で思わず停止ボタンを押してしまった。

戸惑ったのはこのくだり。


 「・・・あくまで知事との裏取引でございますから、事情を知らない保安官などは相変わらず「おたずね者御用だ!」と追っかけて参ります。それを逃げながら素っ堅気で一年という……誠に間尺に合わない立場となりました・・・」


マシャクニアワナイ・・・?

1972年から73年にかけて放映されたというから、このドラマを見ていた私は14歳。
中学2年生の私が「マシャクニアワナイ」という言葉を知っていたとは思えない。
そしてそれから43年後、57歳にして初めて、「マシャク」が「間尺」であると学んだというわけ。

Image

今どきのテレビでは、「間尺に合わない」なんていう古風な言葉の代わりに、「割に合わない」と言うだろう。
けれど、時代劇さながらのこのナレーションには「間尺に合わない」という古風な表現がぴったりハマる。
「マシャク」の漢字を知らなくとも、正確な意味がわからなくとも、14歳の私はナレーションの名調子を面白がって聞いていた。

訳がわかろうとわかるまいと、古今の様々な言葉や音楽を耳から吸収していった子供時代は、今にして思えば貴重な体験だったのかもしれない・・・

そんなことを思いながら、「西部二人組」の冒頭の動画を何度も見てしまったのだった。

| | コメント (0)

思い出のメロディを探せ!

「音楽好きのももこさんなら知っているかもしれないと思って・・・」

古い友人からメールが届いた。
最近、聴力を失った友。
若いころに耳にした音楽をふと思い出したのだが、
その曲名がわからないと言うのだ。

「こんなメロディーだったんだけど・・・」

歌うことも、楽器を弾くことも難しい彼は、
思い出せる限りのメロディをドレミで書いた。

メロディを文字だけで表すのは意外と難しい。
音の高低を示すために、彼はこんな工夫をしてくれた。
「高い方のドレミの前には6を、低い方のドレミの前には5を書いてから、メロディを書いてみます。


  6ドレミファミレミド、6ソミミドド5ララ- 6レ5シ-、 
  5ミファミレミ6レ5シ6ド、5ラシ6ドれド5ソ
  6ド5ソ6ドレミ、レミファミレミファー 
  6ド5ソ6ドド6ソファミファミド


「メロディはうろ覚えなのですが、70年代後半に聞いた曲で、フランス人のテノール歌手が歌っていた、甘ったるいポップスでした。
この歌の曲名がおわかりですか?」

メールを読みながら、歌ってみる。


  6ドレミファミレミド、  6ソミミドド5ララ- 6レ5シ-、 
  5ミファミレミ6レ5シ6ド、5ラシ6ドれド5ソ


何度か歌ってはみるものの、それらしき曲が思いあたらない。
70年代後半といえば、友の中学から高校時代に当たる。
フランス人テノール歌手が歌っていたというから洋楽だろう。
中学時代から洋楽に親しんでいた友。
トップ40などをラジオで聞いていたに違いない。

成人後に音を失った友の脳裏にふと流れた70年代後半の思い出のメロディ。
何とか曲名を探し出したい。

そうだ。
鼻歌検索というサイトがあったような・・・

調べてみると、録音した鼻歌から曲目を検索できる
SoundHoundというiPad用アプリがある。

さっそくダウンロードして、鼻歌検索開始。


  6ドレミファミレミド、
  6ソミミドド5ララ- 6レ5シ-、 
  5ミファミレミ6レ5シ6ド、5ラシ6ドれド5ソ
  

曲調もリズムもわからないままの、棒読みの鼻歌。
これでほんとに検索できるのか?
半信半疑で検索ボタンを押すと・・・

何と、4曲の候補が表示された。
再生ボタンを押すと、鼻歌と似た部分が再生される。
なかなかよくできたアプリではある。

20160512

候補1: Dionne WarwickのYou'll Never Get to Heaven

  ミミミ ファミレド ミミレファー ミミミミ ファミー シソーラミソー

メロディは何となく似てはいるが、友の記憶は「男性歌手」だ。

候補2:Te quiero igual

Youtube視聴回数4,180,518 回!
ラテンアメリカで大流行したに違いない。
だが、これは1999年の曲。70年代後半という条件に合わない。

候補3: Gulabi Aankhein Jo Teri

なんと、Bollywood~インド映画音楽!
視聴回数5,575,662 回。インドで大ヒットしたのだろう。
だが、若い日の友がインド音楽で踊りまくっていたという話は聞いたことがない。

候補4:Don't Give Up On Us~やすらぎの季節

洋楽に疎い私もこれには聞き覚えがある。
David Soulの76年のヒット曲。
David Soulと言えば、当時TBS系で放映されていたアメリカの刑事ドラマ「スタスキー&ハッチ」のハッチ役。
中学から高校時代の友はこのドラマを見ていたかもしれない。

しかも、ドレミ譜の最初の部分、「6ドレミファミレミド、6ソミミドド5ララ- 6レ5シ-」までがぴったり一致する。

ただ、「フランス人が歌っていた」という友の記憶には合わない。
やはり別の曲だろうか・・・

ここまで調べたことを友にメールで報告すると、返事が来た。

「フランス人が歌っていたというのは思い違いかもしれません。ありがとう」

10代の友の耳に何となく残ったメロディ。
特段に思い入れがあったわけでもなく、自分で歌ったりピアノを弾いたりしたわけもないのかもしれいが、
中高時代の日常の一コマとして耳の奥に残っていたメロディ。
それは、ほんとうにこの曲だったのか?

音を失った友と、答え合わせをする術はないものかと考えこむ。


| | コメント (0)

満腹ダイエット15日目~ABCDKPI

5月11日、水曜、曇り。

朝ご飯
ほうれん草とワカメと豆腐の味噌汁。
大根、ニンジン、生昆布の煮物。
ママは納豆ごはん、ムスメは納豆大豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし。
カカオ70%チョコ1個ずつ。
朝から満腹。

昼ご飯
カレースープ

KPIはKey Performance Indicators(重要業績評価指標)で、
PDCAはPlan-Do-Check-Act(計画実行評価改善)、
PIがPrincipal Investigator(主宰研究者)なら
VRはVirtual Reality(仮想現実)で、
AIはArtificial Intelligence(人工知能)

えーと、KPIは何だっけ・・・?
頭文字を追いかけて、追いまくられて、
へとへとになって、お腹ぺこぺこ、
夕方の電車のホームで大豆玄米ご飯おにぎりをほおばる。
それでも空腹で、地下鉄の階段を上る気力なく、エスカレーターへ。

晩ご飯
ハナマサのハンバーグを半分ずつ。
玉ねぎ、ピーマン、かぼちゃのレンジ蒸し。
カレースープ。
グレープフルーツ。
カカオ70%チョコ1個ずつ。

えーと、PTAって何だっけ・・・?
もう、いいや。
明日は明日の風が吹く

F1010872


| | コメント (0)

2016.05.11

満腹ダイエット14日目~ももこさんにはこれでしょ!

5月9日、火曜日、曇りのち雨。

今朝もママの服装チェックから始まる一日。
今日は蒸し暑そうだから、この間お地蔵さまで買ってきたおニューの半袖ブラウスにしたら?

ブラウスを手に持って座ろうとするママ。

「あー、よっこらしょ! やだねえ、おばあさんみたいだよ」
「89歳だもの、おばあさんでいいんじゃないの?」
「私は89歳になるんだっけ? いっこうにお迎えが来ないねえ」

「お迎え」という言葉を久しぶりにママの口から聞いて、朝から切なくなる。

朝ご飯
カレーの寒天寄せ。
ほうれん草とワカメと豆腐の味噌汁。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし。ムスメはドライフルーツ入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ70%チョコ1個ずつ。

デイサービスの職員さんがお迎えに見えた。
お手洗いのママを待つ間、玄関先で職員さんと立ち話。

「いつも、夕方、お送りする時に、お母様がおっしゃるんですよ、今日は娘はいるかしらって」
「え、そうでしたか?」
「それで、そこの路地を曲がって、おうちの電気がついていると、ああ、今日は娘はいるんだわって嬉しそうにおっしゃるんですよ」

これを着ろ、これは着るな、ご飯の前にお菓子を食べるな、薬は飲んだか、お風呂に入れ!
一緒にいると口やかましいムスメである。
一人で留守番の方がママは好きなように過ごせていいのではないか?と思っていた。
「お家に電気がついていると、お母様、嬉しそうですよ」という職員さんの言葉に、やっぱり一人は心細いのかなと思って切なくなる。

と言いつつも、今夜も留守にするムスメ。

昼ご飯
モヤシとピーマンと玉ねぎの炒め物。
大豆玄米ご飯。
ドライフルーツ入りカスピ海ヨーグルト。

ママの晩ご飯
ハナマサで買った穴子の蒲焼。
大根とにんじんと生昆布の煮物。
トマト缶天。レトルトの三色煮豆。
ご飯とインスタントみそ汁。
カカオ70%チョコ1個。

ムスメは外食。
ネギ塩ロースかつ定食。
ティラミスとコーヒー。

連休でインドネシアに行ってきた旅友ととんかつ屋→カフェ。
旅友ならではの視点の旅話は興味が尽きない。
土産話に本物のお土産付き。

20160510e
(キティーちゃん顔のバスケットの中にはお菓子がいっぱい♪)

大喜びの私に、

「気に入ってくれてよかったよ。
 この間のカンボジア土産は大不評だったからさあ!」

カンボジア土産の「アンコールワット模型製作キット」を
「いらないよ~!」と突き返した失礼な友に、
「ももこさんにはやっぱりこれでしょう!」というモノを買ってきてくれるとはありがたや。

旅友、食べ友のありがたさをしみじみ噛みしめつつ
帰る夜道の足取りは軽かった。


| | コメント (0)

2016.05.10

もう一つのチョコレート効果

朝食後に1個。
夕食後に1個。
母と私が食後のお薬のように欠かさず口に入れるものがある。

カカオ70%チョコレート。

半年ほど前だったろうか。
時計代わりにつけっぱなしのテレビから、「高カカオチョコレートには便秘解消と認知症予防の効果がある」という話が耳に入ってきた。

母のトイレでの長時間の頑張りを毎朝見ている。
チョコレートで便秘解消なら、願ったり、叶ったりだ。
しかも、ゆっくりと進行中の母の認知症にも効果があると聞けば、毎日の食生活に取り入れない手はない。
私自身は便秘の心配はないけれど、認知症はぜひとも予防したいところ。

さっそく高カカオチョコを買いに出かけた。
同じ番組を見た中高年が買い占めるのだろう。
どこの店でも品薄な高カカオチョコを求めてスーパーを何軒もハシゴする。

こうして、朝食後に1個、夕食後に1個、まるでお薬のように高カカオチョコを食べるのが母娘の日課になった。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

今朝も、いつものように、箱からチョコを2個取り出そうとして、チョコのパッケージに入っている小さいカードをふと手に取った。
宣伝文句でも書いてあるのだろうと、今まで気にも留めなかったその小さなカード。
今朝、初めて手に取って読んでみた私は、思わず、

へえ~!

と感心してしまった。

我が家で毎日食べているのは、たいていのスーパーに置いてある森永製菓の“カレ・ド・ショコラ カカオ70”というチョコレート。

20160510b

そのパッケージに入っている小さなカードには

「1箱につき1円
 カカオの国の子供達へ
 1 チョコ for 1 スマイル

20160510d

と書いてある。
森永製菓は、毎年のキャンペーン期間中、カフェ・ド・ショコラの売り上げから1箱につき1円を、カカオ生産国の子供達の生活支援に取り組む団体に寄付しているというのだ。

カードの説明書きによると、2015年のキャンペーン期間中には、カレ・ド・ショコラ等数種類のチョコレートの売り上げから18,149,079円をこの取り組みに貢献したとのこと。

20160510a

支援先は、アフリカのガーナとカメルーン。
チョコレートを味わう消費者と、チョコレートを製造販売する森永製菓が、カカオ生産国の子供達の生活環境改善に貢献するという仕組み。

この画期的な取り組みを実践しているのが森永製菓であることが私には意外だった。
学生時代、私は森永の製品は買わないようにしていたからだ。

1950年代に起こった森永ヒ素ミルク事件。
粉ミルクに混入したヒ素が原因で多くの子供達に深刻な後遺症を起こした。
きちんと責任を取ろうとしなかった当時の森永乳業に対し、市民の間から森永製品の不買運動が起きたのだ。

学生時代にその話を知った私も、長いこと森永の製品を買わなかった。

過去にそのような事件を起こした森永という企業グループが、今では、1箱のチョコレートにつき1円をカカオ原産国の子供支援に寄付しよう、という仕組みを作って、貢献している。

さらに驚いたのは、今日調べてみて初めて知った、森永ヒ素ミルク事件のその後の経緯だ。
事件当時、責任を取ろうとしなかった森永乳業だったが、70年代に入ると被害者家族と和解が成立。

画期的なのはその後の展開。
森永乳業は、被害者の会との協力の下に、ヒ素ミルクの被害者達の療養や生活を支援する取り組みを続けていると言うのだ。

企業を動かすのは企業人。
人の考え方が変われば、企業も変わることができる。

有名企業の不正を暴くニュースが続く中で、森永製菓の「1 cチョコ for 1 スマイル」と、森永乳業のヒ素ミルク被害者支援という、森永グループの二つの取り組みに、日本企業の心意気を感じてちょっと嬉しくなった。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

夕食後。
今日も母娘でカカオ70%チョコを1個ずつ頬張る。
便秘解消効果と、認知症予防効果、そして、もう一つ、
カカオの国の子供達に笑顔を届けようという森永製菓の取り組みへの応援効果も期待して。

 

| | コメント (0)

満腹ダイエット13日目~電話一本がかけられず・・・

5月9日、月曜、曇りのち雨

湿っぽい空気の朝。

朝ご飯。
ほうれん草とワカメと豆腐の味噌汁。
昨日西友で買ってきたママカリ酢漬け。
ママは納豆ごはん、ムスメは納豆玄米ご飯。
ムスメは蜂蜜入りカスピ海ヨーグルト。

9時。
昨日ママと買ってきた笹団子で、母娘で臨時のおやつ。

かけねばならない電話一本がかけられぬまま昼になる。

昼ご飯
大根と生昆布と玄米大豆ご飯のスープ。

一本の電話がどうしてこう億劫なんだろう。
かけなくちゃ、かけなくちゃ。
ぐずぐずしているうちに夕方。
明日こそ、かけなくちゃ。

ママの晩ご飯
玉ねぎとジャガイモと赤ピーマンの甘酢煮。
カレーの寒天寄せ。
ママカリの酢漬け。
キウィフルーツ。
ご飯とインスタントみそ汁。

5時50分、傘をさして家を出る。
駒込は歩いて行くところ。
だけど、雨の日は夕食のお弁当を食べる場所に困り、
巣鴨から一駅山手線に乗って、駒込のホームでお弁当。
ジャガイモ、玉ねぎ、赤ピーマンの甘酢煮と、玄米大豆ご飯。

マサゴロウと5人の女たちが繰り広げるバースデイライブ。
飲んで、歌って、弾いては飲んで。
まだまだこれから、36歳、マサゴロウ。

でも、ソロ弾き語りをもっと聞きたかったな。

駒込は歩いて帰ってくるところ、昼間なら。
夜の帰り道は少々厄介。
大塚駅から30分の雨の夜道の寂しいこと。

それにしてもお腹が空いて、
雑司が谷の墓地入り口のセブンイレブンで
ミックスナッツとホットコーヒーお買い上げ。
421円の贅沢。
左手に傘、右手にコーヒーカップ。
熱い珈琲をすすりながら、雨の夜道をとぼとぼ歩く。

夜更け。
ミックスナッツをかじりながら、
ボブ・ディランのThe House of the Rising Sunを聴く。
大人な歌い手達がこの歌に魅せられるのはなぜなのか・・・

明日こそ電話しなければ。
かけるのがおっくうな一本の電話。

| | コメント (0)

2016.05.09

憲法記念日に霞が関を歩き抜け

5月3日、火曜日、晴れ。

初夏の日ざしに誘われて
赤いスニーカーに足を入れ、
ウキウキ外に出る憲法記念日の朝。
目指すは東京タワーなり。
もちろん歩いて行くのです。

グーグルマップを開いたら、
オフィス街、官庁街を抜けて、
東京タワーまでは8.9キロ。
休日の霞が関界隈を通り抜けるのも乙なもの。

しかし、iPadを抱えていてはなりませぬ。
先ほど小耳に挟んだラジオに出ていた脳科学の先生が、
脳の老化を防ぐには不便な生活を送るがいいと、
インターネットに頼りっきりでは脳はどんどん退化すると、
ナビを使ってドライブなどはもってのほかと、
おっしゃってたじゃあ、ありませんか。

iPadは鞄にしまって家を出る。
中間地点の麹町までは脳内マップ参照で行くぞ。
脳活性化ウォーキングの始まり、はじまり・・・

十数分で目白台。
母校の盲学校の体育館を横目で見つつ、
二頭目の盲導犬との二人六脚の新生活のスタートを切った
小中学時代の同級の友を思う。

椿山荘前の坂道を下って江戸川橋。
前日、井の頭池の水源まで遡り歩いた神田川、
水源近くはかすかな水の流れだった神田川が、
ここまでくると、豊かに水をたたえている。
それにしても、往年のどぶ川、神田川が
都会の憩いの水辺に様変わり。
東京の街もずいぶんきれいになったものだ。

20160503f_2

早稲田通りを超えてしばらく歩けば外堀通り。
お堀のほとりの公衆トイレを拝借。
和式トイレに難儀する我が身に足腰の退化を思い知る。

市ヶ谷駅から日テレ通りをのぼって行くが、
三つ目の十字路で懐かしさに駆られて左折。

そこは青春の数年間を過ごした学び舎。
4階建ての古風な校舎は当時のまま。
二階の窓を見上げれば、
シスター・クリフォードの厳しい声が聞こえる。

20160503e

何十ページもの予習の課題を読み切れずに授業に出ると
「読んでいないのなら、図書館に行きなさい」と教室を追い出され、
前回の授業の内容を答えられないと
You’ve got a head like a sieve!
と、叱られ、
Sieveって何ですか・・・?と、怪訝な顔をすると、
「辞書を引きなさい!と呆れられ・・・

Sieveとは茶こしのことと知って、落ち込んだ20歳の私。
茶こしの網目がますます粗くなる57歳の私。

それでも、許されることならば、
志半ばで挫折した学び舎に戻って、
もう一度、学問に打ち込みたい!と
校舎を仰ぎ見て熱い衝動に駆られるものの、
かつての学部はどこぞやに移転したと
掲示板の案内を見て我に返る。

失ったものは戻らない・・・
悔やんでいる時間はない。
本日のウォーキングも、人生も。

新宿通りを渡り、さらに南へ。
外堀通りの喧騒が聞こえてきたところで、
右手に古風な洋館が現れる。

20160503g

改修工事中のその由緒ありげな洋館は、
7月にリニューアルオープンするプリンスホテルの建物で、
元はと言えば、明治の初めに建てられた
北白川宮家のお屋敷だったと、
そもそもプリンスホテルとは、
戦後、西武グループが
宮家のお屋敷を買いうけて開業したのが
プリンスホテルの名の由縁と知って、
驚くやら、納得するやら。

ここから先は不案内ゆえ、
iPadを出して地図をみると、
国道246号を南下せよと指示されるが
大通りはつまらない。
ひとつ隣りの静かな道を行くことに。

20160503h

参議院議員会館の裏口も、衆議院議員会館の裏口も、
連休中ゆえ、人気なし。
溜池山王駅で左に曲がると、
あら、菜の花の花ざかりかと見まごう黄色い植え込みの道を
自転車のおまわりさんがのんびりと走ってゆく。

20160503l

気がつけば、あそこにも、ここにもおまわりさん。
後から地図を見てみれば、黄色い植え込みの細道の右手は
首相官邸だったそうな。
道理で表通りに出たとたんに
警察車両が何台も停まっていたわけだ。
しかし、官邸の主は欧州歴訪でお留守のためか、
警備の方々も心なしかリラックスモード。

国会議事堂前駅で国道246に出て南へ。
幾重にも交差する大通り。
雑司が谷からやってきたおのぼりさんは
iPadを睨みながらタワーを目指す。

六本木通りを渡り、次の大通りも渡り、
おお、ここが日本財団かと瀟洒なビルを仰ぎ見て、
おお、ここが虎の門病院かと
静まり返った構内をのぞき込むうちに
大通りは国道1号線、桜田通りに合流。

そろそろ見えてもよさそうなのに
見えそうで見えない東京タワー。
桜田通りに入ったあたりで
ビルの向こうに見えた。
あれがタワーでございましょうか?

20160503k

神谷町駅界隈まで来てみれば、
気が付けば家族連れやら外国人やらが行き交う
洒落た通りに姿を変えてた桜田通り。

しばらく歩いて飯倉交差点を左折。
その名も「東京タワー通り」という道をたどれば、
正真正銘の東京タワー!
時刻は午後1時40分。
8.9キロを3時間のウォーキング。

20160503n

お正月以来の東京タワー。
展望台パスポートを更新し、
もちろん上りましたよ、外階段600段。

20160503p

真っ赤な金網ごしに吹き付ける風に吹かれて、
大東京のシンボル、東京タワーを上る。
脳と足腰の鍛錬には東京タワー通いが一番!と
あらためて肝に銘じる。

快晴の憲法記念日のウォーキング。
賑やかな鯉のぼりの群れを見上げながら
タワーの脚元で頬張った玄米大豆ご飯のおにぎり二つが
この上ないご馳走だった。

20160503q


| | コメント (0)

舎人って、知ってる?

5月17日(火)
はぁと集会@舎人カフェマルシェ

ほんわかカフェの、
ほんわか集会で、
ほんわかと歌います。

ほんわか手作りお料理が美味しい♪
何があるかは・・・お店の黒板を見てのおたのしみ♪

ご一緒するのは、はぁとさんのお仲間のみなさま・・・
登場順に・・・

レギュラー青木さん、
ななたけさん、
あちゃのさん、
HIDEさん、
Momokoさん
久さん、
そして、はぁとさん。

6時半スタート。
参加費1000円。
美味しいお料理いっぱい食べましょう。

舎人 カフェマルシェ

え? 舎人、知らない?
読み方は「とねり」です。
日暮里または西日暮里から、日暮里舎人ライナーというかわいい電車に乗りましょう♪

20160504toneri

| | コメント (0)

たんぽぽライブ5月号は今週の土曜日です♪

ゴールデンウィークも終わって、
日常生活に戻ってはみたものの、
職場の窓から日に日に濃くなる木々の緑を眺めては、
ため息をついちゃう月曜日・・・

とりあえず金曜日までは真面目にお仕事などに励んで、
今週の土曜日は西立川に行きましょう。

昭和記念公園あたりで緑色の空気を思い切り吸い込んで、
お腹がすいたら、喫茶たんぽぽへどうぞ。
1時半からたんぽぽライブ5月号が始まりますよ。

今月は、LINDAさんのスペシャル企画ライブ♪
ひさ~しぶりにたんぽぽライブにご出演の方々や、
たんぽぽライブ初出演の方々、そして、
毎月お馴染みのCELLのお二人。

たんぽぽ名物の牡丹餅やケーキ、カレーライスは
売り切れ必至ですので、お早目に・・・♪
初夏のたんぽぽライブで、みんな一緒に深呼吸いたしましょう♪

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

たんぽぽライブ5月号

5月14日(土) 13:30~16:00
西立川 喫茶たんぽぽ
http://www.maroon.dti.ne.jp/tanpopo/

ご出演は・・・

13:30-13:35 ご挨拶by Momoko
13:35-14:00 RIO&RYO(ボーカル、ピアノ、ギターのユニット)
14:05-14:30 シンガーソングライターとも風(ギター弾き語り)
14:35-15:00 音子-neco-(ギター弾き語り)
15:05-15:30 藤田三千雄(ギター弾き語り)
15:35-16:00 CELL(ギターのLINDAとピアノのSUu)

入場無料。
たんぽぽの美味しいメニューでお腹いっぱいになりましょう♪

20160514hana

| | コメント (0)

満腹ダイエット12日目~階段は上るに限る!

5月8日、日曜、晴れ。

7時。7時半。8時。
起き上るのもおっくうで、
聞くとはなしにラジオを聞きながら、
寝床の中で汗を拭く。
階下でママが何かごそごそやっている。
朝ご飯、まだかな、と冷蔵庫を開けている気配。
仕方がない。起きるか。

9時。朝ご飯
玉ねぎとワカメと豆腐の味噌汁。
目玉焼きと、カレーの寒天寄せ。
ママは納豆ごはん、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし、ムスメはドライフルーツ入りカスピ海ヨーグルト、と思いきや、
ドライフルーツではなくてフレーバーティーの素であることが判明。
ま、いいか。
カカオ70%チョコ1個ずつ。

朝ご飯を食べても、ぐだぐだ気分のまま。
10時、11時、12時。
これではいかん。
ママを誘って西友へお買い物。
7月初旬の暑さの雑司が谷墓地の中を
うまいこと日陰を見つけて歩くママ。

20160508c

3、4年前までは、
「あと何年、こうやって歩けるのかしらねえ」と嘆いていたママが、
今でもお出かけが大好きで、
50歩ごとにお墓の縁石に腰かけてひと休みしながら
90度に曲がった腰で、よろよろ、ひょうひょうと歩いている。
老いや衰えの不安や恐怖も、少しずつ感じにくくなっているのだろうか。
だとしたら、それは、麻薬のように優しい「老いの効果」かもしれない。

西友で買い物したら、ヴェローチェでランチタイム。
ツナサンドを半分こ。
ママはチョコチップパン、ムスメはあんパン。
ホットコーヒー。

帰りは別の道を通って、
往復2時間半、約5000歩の一筆書きお買い物ウォーキング。

ぐだぐだ気分のままでは仕方がない。
えいや!と気合を入れて、ムスメ一人、家を出る。
バスと電車を乗り継いで東京タワーに着いたはいいが、
タッチの差で600段の外階段解放は終了。
仕方なくなくエレベーターで展望台に昇り、
帰りは600段を降りる。
階段の風は気持ちいい!が、600段を下るのは膝にこたえる。
階段はやっぱり上るに限ると悟る。

7時。晩ご飯。
西友で買ったマグロのお刺身。
二つのお皿にママがきれいに盛り付けてくれた。
キュウリとカニカマともずくの酢の物。
味付けしじみと切り干し大根のお汁。
ママはご飯、ムスメは玄米ご飯。
ママはカカオ70%チョコ1個、ムスメは蜂蜜漬けナッツ入りカスピ海ヨーグルト。

ママはお風呂上りにコーヒー牛乳のゼリー。

テーブルの上には、
この間ママと買ってきたブルーとピンクのお花の小さな鉢植えと、
昨日姉が持ってきてくれた造花の花束。
にわかにカラフルになったテーブルを眺めて上機嫌のママ。

なんだかんだで11715歩。
地下鉄に乗ったおかげで330段の階段をのぼった
穏やかな母の日の日曜日。


| | コメント (0)

2016.05.08

路地裏免許

日曜の朝。
母と出かけるために電話でタクシーを呼んだ。

雑司が谷の路地の奥の奥に建つ我が家。
この路地裏にはタクシーは来てくれないので、母の足で2分ほどの幼稚園の前に来てもらうことにしている。

タクシー会社に電話して10分。
そろそろ車が来るころだ。
玄関のドアに鍵をかけて、母と二人で歩き出すと、
数メートル先の、我が家への路地の入口にタクシーが停まっているではないか。

今日の運転手さんは気を利かせて我が家まで来てくれたのだろうか?
いや、そんなはずはない。
タクシー会社に伝えたのは待ち合わせ場所として指定した幼稚園の住所。
自宅の所番地は教えていないのだから。

たまたま通りかかったタクシー?

そんなふうには見えなかった。
我が家のある袋小路の入り口で小刻みに行きつ戻りつしているそのタクシーは、どう見ても「路地裏遭難車」。

うちが呼んだタクシーであろうがなかろうが、レスキューしなければ!

「あのー、うちがお願いした車でしょうか?」

「あ、春野さんですか? そうなんですけどね・・・」

「幼稚園まで来ていただくようにお願いしたはずなんですが・・・?」

「そうですよ。で、ナビでここまで来たんですけど・・・
 “この先、通り抜けできない”って書いてあるじゃないですか!」

運転手さんは目の前の黄色い立て看板を指差した。

20160508b

「仕方ないからバックで戻りますよ・・・
 もう、車、擦ったりしたら会社で怒られるのに・・・」

ほとんど泣き声の運転手さん。

「この路地をバックで戻るなんて無理ですよ。
 あの看板には通り抜けできないと書いてありますが、ちゃんと表通りに抜けられるんです。
 ご案内しますから、とりあえず乗せてくださいな。」

母と二人で車に乗り込むと、後部座席から運転手さんに話しかける。

「大丈夫ですよ。ちゃんと表通りに出られますから。
 このままゆっくり直進してくださいな。」

「はあ・・・」

「道が狭いですけれど、ゆっくり行けば大丈夫です。
 ほら、さっきの看板の先のお宅に大きなワゴン車が停まってるでしょ?
 あのワゴン車もこの道を通って表通りに出るので、絶対に通れます。」

“通り抜けできません”の看板を通り越して30歩ほどのところでT字路に突き当たる。
このT字路。
左方向は道幅が狭くて車は通れないが、右方向はわりと広い道。
母のデイサービスの送迎車はここに停車して、職員さんが自宅まで歩いて送り迎えしてくれるのだ。

後部座席から運転手さんに話しかけ続ける。

「すぐ突き当りますからね。
 突き当りを右に曲がってください。
 落ち着いて、ゆっくり曲がってくださいね。」

タクシーは、ゆっくりゆっくり右折。

「はい、曲がりましたね。
 またすぐT字路に突き当たりますから、そこを左に曲がってください。」

左折するとすぐ、一方通行の通りに出る。

「広い道に出たら左です。
 この先の右手にあるのが、予約の時にお伝えした幼稚園なんですよ。」

「はあ~~~」

安堵のため息を漏らす運転手さん。

それにしても不思議なのはこのタクシーのカーナビだ。
広い道沿いの幼稚園を道案内するのに、なんだって、わざわざ細い路地を示したのだろう。
“路地裏免許”を持たない車は路地裏に入り込んではいけないのに。

この“路地裏免許”、タクシーの運転手さんはまずお持ちではない。
けれど、植木屋さんや便利屋さんといった、車で営業に回る方々はほぼ例外なく“路地裏免許”をお持ちで、我が家の住所を伝えるだけで玄関の前まで車が到着するのには、いつも感心してしまう。

路地裏の我が家。
タクシーが来てくれないだけではない。
消防車も入れない。
救急車も家の前までは入れないから、急病の際には幼稚園の前まで担架で運ばれるのだろう。

パトカーは玄関前まで来てくれるのか? 
一度呼んでみようかしら。


| | コメント (0)

2016.05.07

満腹ダイエット11日目~いい歳しての母娘げんか

5月7日、土曜日、晴れ。

朝ご飯
目玉焼きとかぼちゃのサラダ。
玉ねぎとワカメと豆腐の味噌汁。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし、ムスメはドライフルーツ入りヨーグルト。
カカオ70%チョコ1個ずつ。

とにかく朝から眠たくて、ダメダメな一日。
ママを誘って買い物がてら散歩に出かけるも、
家を出て早々に母娘喧嘩して引き返す。
我ながら大人げないと自己嫌悪。
しょうがないよ。
ムスメはいつまで経っても「子供」なんだから・・・

昼ご飯
カレーの寒天寄せ。
ママはバナナ入りヨーグルト。
ムスメはドライフルーツ入りヨーグルト。
カカオ70%チョコ1個ずつ。

姉に頼んで、ママの伸び放題の髪をカットしてもらう。
ママ愛用の茶髪のアデランス。
そろそろグレーのアデランスに新調したら?
という姉の提案。
さてさて、どうなることやら・・・

5時半。
昼ご飯が少なかったのでさすがにお腹が空いて
明るいうちから晩ご飯。
お汁粉
麻婆豆腐。
トマト缶天とかぼちゃサラダ。
カカオ70%チョコ1個ずつ。

お風呂上りのママはパイナップルゼリー。

聴力を失った知人から
「この歌は何だっけ?」と
ドレミファでメロディを書いたメールが届いて
ああでもない、こうでもないと、検索して
おそらくこれではないですか?とたどりついた
76年のヒット曲。
76年・・・高校時代の記憶の断片を
ひょいと拾って、面食らう。

とにかく一日中眠たくて
何もしないで終わってしまった
5月最初の快晴の土曜日。

001


| | コメント (0)

形ある作品

前々から不思議に思っていて、
いちどどなたかに聞いてみたいと思いつつ、
なかなか聞けない疑問があった。

絵を描いたり、オブジェを造ったりという
アートを造りだすことが趣味の方々は、
自分の作品をどのように保管されているのだろうか?

歌が好きな私は、次々にいろいろな歌を覚えては
どこかで発表して、音楽仲間に聞いていただくのが楽しい。

音楽は形なき作品。
演奏する本人が費やすのは、
自分が求めるような演奏に向けて練習する時間と、
発表の場に聞きに来てくださる友人達の貴重な時間。

けれど、音楽には形がない。

何十曲、何百曲のレパートリーを持ったとしても、
音楽という表現は、形になって棚や押入れに溜まることはない。
自分自身の中に、そして、稀には聞いてくださる方々の中に
記憶として残っていき、
そして、忘れられていくものだと思う。

けれど、絵や彫刻など形あるもので表現する方々は、
その表現が形として残る。
のめり込めばのめり込むほど、溜まっていく。

アマチュアのミュージシャンが「ライブ」という発表の場を
自主企画するように、
アマチュアの絵描きさんや書道家さんや彫刻家さんも
発表の場を得ていらっしゃることだろう。

そして、多くの場合、そうした発表の場を終えた後の作品は、
作り手の手元に戻るのではないだろうか?
創作活動に打ち込めば打ち込むほど、
形ある作品が蓄積される。
それらの作品をどうされているのだろう?

そんなことを考えていたところに、
母の日のプレゼントトを持って、姉が我が家に遊びにきた。
書道教室を主宰し、積極的に書道展に出展する姉に聞いてみた。

今までの作品、全部保管してるの? 
相当な量になるでしょう?

「友人に譲ってほしいと言われて差し上げることがある。
 山形の友達が、和室の床の間に飾ってくれたり。」

なるほど。
友達から「譲ってほしい」と言われるのはありがたいよね。

「思い入れがある作品は取ってあるわねえ。
 何十枚も押入れに溜まっている」

そうだよねえ・・・

「写真に撮って、作品自体は処分することもあるんだけれど、
 2メートルも3メートルもあるような大きい作品は、
 写真に撮るのも難しくてねえ」

へえ~

「でも、処分するのもずいぶんあるわよ。
 この間も、初期のころの作品を思い切って処分しちゃった」

いくら初期のころの作品とはいえ、その時には渾身の思いで仕上げた作品を
処分する時には胸が痛んだことだろう。

形あるものを造ること。
形あるもの残すこと。
こういう表現方法を取る方々には、
それなりの覚悟というか、厳しさというか、があるのかもしれない。

音楽は形には残らないけれど、
自分の時間と、ひとさまの時間を費やすものである以上、
覚悟と厳しさが求められるのかもしらないな・・・


20160507

姉が保管してくれているママの作品

| | コメント (0)

2016.05.06

満腹ダイエット10日目~見たいモノは見える

5月6日、金曜日、曇りのち雨。

毎日、朝いちばんにママの部屋に行って、
前日に着ていた服と下着を取って、洗濯機に入れるのだが、
昨夜のママは、脱いだ服はきちんとしまいましょうという気分だったらしく、
いつもは椅子に置きっぱなしのブラウス類を
ハンガーにかけてラックにしまっていた。

さて。
ママが昨日着ていたブラウスはどれだったろう?
ムスメは必死で思い出して、探し出して、
洗濯機に放り込む。

朝ご飯
ブロッコリーと豆腐のペースト。
玉ねぎとワカメと豆腐の味噌汁。
ママは納豆ご飯。娘は納豆玄米ご飯。
カカオ70%チョコを1個ずつ。

mp3とは何ぞや?
Moving Picture Experts Group1 Audio Layer 3という
複雑怪奇な様式名の略号だと私が知っても、
何の役にも立たないが、
応募用紙に書き込む代わりに
mp3ファイルをアップロードしてオンラインで応募できるとは
ありがたいサービスではある。

昼ご飯
玉ねぎと赤ピーマンと大根のおじや。
ナッツの蜂蜜づけ入りカスピ海ヨーグルト。

今日は一日かすれ声。
ボーカル自主トレは断念。

晩ご飯
ニラ入り麻婆豆腐。
かぼちゃと玉ねぎのサラダ。
トマト缶天とキウィフルーツ。
ママはご飯、ムスメは玄米大豆ご飯。
カカオ70%チョコ1個ずつ。

二度目の挑戦、麻婆豆腐は本日もスープ風。
どれだけ片栗粉を入れたらとろみがつくんだろう。
来週、再挑戦。

高田馬場のスーパー大関まで買い出しで、
7902歩のウォーキング。
舟和の芋ソフトクリームはすぐに見つける弱視の目。
がまん、がまんで通り過ぎる。

道端の黄色いお花に混じって赤いお花?
弱視の見間違いも、時には楽し。

20160506


| | コメント (0)

♡モバイル騒動顛末記6~「あ゛―――!!」

解約したポケットwi-fiの端末一式を、
♡モバイルさんに送り返して、一件落着。

電話にうっかり出てしまったばっかりに、
やっかいな目にあったなあ。
やっぱり電話は出ないに限る、と肝に銘じてから10日後。

ピンポーン♪

玄関のベルが鳴った。
ドアを開けると、小さな段ボール箱を抱えた佐川急便のお兄さん。

え? ♡モバイルさんから?

まだ何かご用ですか?

箱を開けると、ビニールのクッション材の中に、
1.「端末返却用の着払い伝票宛先誤記に関するお詫び」という長いタイトルのお手紙と、
2.「端末返却確認書」という書類と、
3.♡モバイルさん宛ての、正しく記入された佐川急便の着払い伝票
の、3点セットが入っている。

今さらお詫びされても、
今さら正しく記入された伝票を送ってもらっても、
♡モバイルさんに返却するものは、何にもない!
10日前に送り返しちゃったんだもん!

放っておこうかと思ったけれど、
お詫びのお手紙の最後に、0120で始まる“お問い合わせ番号”があったので、
電話で確認することにした。

通話料無料の番号があるなら、最初から教えてくれればいいのに、まったくもう・・・

もしもし?
先日、ポケットwi-fiを解約したのですが、
そちらから届いた返却キットに入っていた送り状の
届け先と送り主が逆に印字されてまして・・・

ここで、電話の向こうの♡モバイルのお兄さんは思わず

「あ゛―――!!」

と声を漏らした。

♡モバイルさんの内部事情をあまりにも如実に表す

「あ゛―――!!」

ではある。

あの・・・それで、10日前に発送した端末は、そちらに届いていますか?

「製品番号はおわかりですか?」

わかりませんって!
ポケットwi-fi一式、送り返してしまったんですから!

「何か、残ってませんかねえ・・・」

佐川急便の送り状の控えならありますけど?

「では、佐川さんの伝票番号をお願いします」

伝票番号を伝えると・・・

「佐川急便のサイトで確認できました。
 お荷物は配達済みです」

というお返事に、ずっこけた。

佐川急便さんが配達記録を残してくれててよかったですねえ!

これで問題解決ということでよろしいんですね?

「はい。」

では、さようなら。

なんだか、いまひとつ腑に落ちないけれど・・・
たぶん、おそらく、今度こそ・・・

一件落着(と思いたい)。

20160429


≪おしまい(であることを願う)≫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満腹ダイエット9日目~英語脳

5月5日、木曜、晴れ。

昨夜のカレー大盛りお代わりにもかかわらず
お腹が空いて目が覚めた。

朝ご飯
玉ねぎ、ワカメ、豆腐の味噌汁。
シラス入り大根おろし。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし。
カカオ70%チョコ1個ずつ。

昼ご飯は
切り干し大根、ニンジン、油揚げの煮物の在庫処分。
大豆玄米ご飯おにぎり1個。
グレープフルーツ半分。
小豆入りカスピ海ヨーグルト。

ギターを弾いてあれこれ歌ってみる。
どうやら今日は、声のかすれが
晴れる見込みはなさそうだが、
それなら今のこの声で
録音してみるハッピー・カレーライス。
10年以上前に作ったCDの声からは
すっかり変わってしまったこの声で
録音しては聞き直し、を繰り返すうちに出かける時間。

ママの晩ご飯は
しめサバと大根千切り。
ブロッコリーと豆腐のペースト。
グレープフルーツ半分。
レトルトの三色煮豆。
インスタントみそ汁。

待ち合わせの池袋に歩いて行く道すがら、
お腹が空いたような気がして
大豆玄米おにぎりで腹ごしらえしたのは大正解。
5時半から9時半までぶっ続けの
英語日本語通訳のお手伝い@スタバ。

3月に受けたTOEICで、
リスニングとリーディングはまあまあイケルと思ったが
スピーキングの駄目さ加減が露呈した4時間。

通訳のお手伝いをした友からの
「シュークリームをお土産にどうぞ」というご厚意は
お気持ちだけをいただいて帰宅。

10時過ぎから晩ご飯。
ブロッコリーの茎をつまみ食い。
切り干し大根とニラのスープ。
しめサバ。
三色煮豆&カスピ海ヨーグルト。

久しぶりに英語脳を使ったせいか、
ラジオのトランプ旋風解説も
眠くてまともに聞けない。
情けなや。

池袋往復6090歩。
脚よりも頭を使ったこどもの日。

F1010266

| | コメント (0)

2016.05.05

♡モバイル騒動顛末記5~謎の伝票

届いたばかりの♡モバイルのポケットwi-fiの
設定を始めたとたんに部品が外れ、
このままでは使えないのなら解約したいと言ったら、
それは“多部局横断案件”につき時間がかかる、ということで、
その日とその翌日は当方が外出せねばならず、
翌々日に連絡をくださいとお願いして電話を切った。

そして翌々日。
携帯を手元に置いて電話を待つが、
お昼を過ぎても電話は来ない。
外はよい天気。
買い物に行きたい。
しびれを切らしてこちらから電話。

「ナビダイヤルでお繋ぎします」
 通話料金は20秒につき10円です。」

保留音楽スタート。
1分、3分、5分・・・
この間からの通話料金、何百円になるかしらん・・・と
せこい計算を始めそうになったころ・・・

「お待たせいたしました」

♡モバイルのお兄さん、登場。

機種変更したポケットwi-fiに不具合が起こったので、
一昨日、解約を申し込んだのですが・・・

「かしこまりました。
 まず、ご契約の確認をさせていただきます。
 お名前は・・・
 お電話番号は・・・
 ご住所は・・・」

何度目かの身元確認。

「ありがとうございます。
 ご契約内容を確認させていただきました。
 機種変更されたポケットwi-fiの方を
 ご解約ということでよろしかったでしょうか?」

はい、そうです。

「かしこまりました。
 そうしますと、このたびお客様にお届けいたしましたポケットwi-fi一式を 
 ご返却いただくことになるのですが」

はい、もちろん、お返しします。

「ありがとうございます。
 そうしましたら、こちらから返却キットをお送りいたしますので、 
 お手数ですが、お近くの佐川急便さんから弊社着払いでお送りいただけますでしょうか」

はい、わかりました。

3日後。
小さな段ボール箱を抱えた佐川急便のお兄さんが
玄関に表れた。

箱を開けると、ビニールのクッション材の中に、
「端末返却確認書」という書類と、佐川急便の着払いの伝票。

さっさと送りかえしてしまおう!

ところが、佐川急便の伝票には・・・

ご依頼主欄に、♡モバイルさん、
お届け先欄には、何と当方の住所氏名が印字済みの
“着払い伝票”ではないですか!!!

いったい、だれのお金で
どこに発送するための伝票なんだ!?

♡モバイルさんに問い合わせの電話を入れると、
またまた20秒10円の音楽を聞かされる。
あの音楽はもうたくさんだ。

意味不明の佐川急便の伝票を持って家を出た。
向かうは近所の♡モバイルの店舗。

カウンターのお兄さんに話しかける。

あの・・・
ポケットwi-fiを解約したのですけれど、
返却キットに入っていた佐川急便の伝票が
こうなってるんですけど・・・
このままでは発送できませんよねえ?

「これじゃ、駄目ですね。」とお兄さん。

あの・・・こちらのお店から会社に問い合わせていただけません?
うちから電話すると、20秒10円かかっちゃうんで・・・

親切なお兄さんは、♡モバイルさんのしかるべき部署に
電話で問い合わせてくれた。

「“お届先”という文字を二重線で消して“ご依頼主”に、
 ご依頼主という文字を二重線で消して“お届け先”と
 修正すればいいそうです」

あの・・・私は視力が弱くて細かい文字が見えないので、
すいませんけども、そのように訂正していただけます?

「いいですよ」

親切なお兄さんが

“こっちがあっち” “あっちがこっち”

と修正してくれた伝票を持って家に戻ると、
解約したポケットwi-fiを返却キットに入れて、
伝票を貼って、佐川急便のお兄さんに託した。

やれやれ~

前から使っているポケットwi-fiは快調に作動中。
新しいwifiなんか、いらない、いらない。

♡モバイルさんの電話にうっかり出たばっかりに、
ずいぶん面倒な思いをさせられちゃったなあ・・・

とにかく、これにて一件落着。

ところが、それから10日後・・・


20160428d


≪まさか!の最終回へつづく≫

| | コメント (0)

2016.05.04

満腹ダイエット8日目~我慢の逆効果

5月4日、水曜日、雨のち晴れ。

雨の日は音楽三昧のはずが、
朝ご飯を食べている間に
ぱーっと日がさしてきた。

朝ご飯
切り干し大根と油揚げと生昆布の煮物。
玉ねぎとワカメと高野豆腐の味噌汁。
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはリンゴすりおろし。ムスメは小豆入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

産経抄で雛罌粟の花を取り上げているのを読んで
雛罌粟=こくりこ=ひなげし=フランス語ではcoquelicot
と、教わって、朝からテンション上がり、
そのまま書き物三昧。

昼ご飯は
もやし、にら、チョリソー炒め。

巣鴨は歩いて行くところ。
マクドナルドで100円コーヒー。
西友で3980円のおズボンお買い上げ。
ジンジャーエールを飲みながら、
ロックバンドのライブ鑑賞の後、
一緒になった友とコメダコーヒー。
世界情勢について熱く語りあう。

ロックバンドの友からいただいたお菓子と、
コメダコーヒーのお茶菓子は、
ママの明日のおやつにお持ち帰り。

帰りも当然歩いて帰る。
晩ご飯はカレーライス。
ママは白いご飯で。
ムスメは大豆玄米ご飯で。
トマト缶天とキウィフルーツを添えて。
カカオ72%チョコを1個ずつ。

猛烈にお腹が空いていたムスメは
カレーライスをお代わり。
そして、猛烈に満腹、苦しくなる。

むやみに間食するのはよくないが、
空腹を我慢しすぎると、結果的に食べ過ぎてしまう。
空腹対策に持ち歩いていた大豆玄米ご飯のおにぎりを、
帰りみちで食べておくべきだったと、反省。

巣鴨は歩いて行って帰ってくるところ。
11349歩、あるいた、みどりの日。

20160504


| | コメント (0)

雛罌粟と書いて

「こくりこ」と読むそうな。
ひなげしのことだそうな。

「ああ皐月(さつき)仏蘭西(フランス)の野は火の色す君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟」(与謝野晶子)

安倍首相フランス訪問を取り上げた
本日の産経新聞のコラム、産経抄で紹介されていた。

そんな話を呟いたら、フランス語の先生から、
フランス人にとっては花といえばひなげしなんですよ、と
教えていただいた。

こんな童謡があるんですって。
Gentil coquelicot~やさしいひなげし

なーんと!
雛罌粟=コクリコ=coquelicot
フランス語だったんですね!

ひなげしの童謡の愛らしい動画を見ていたら
どうしようもなく、フランスに行きたくなりました。

| | コメント (0)

愛読書は音楽の教科書だった

今日は「みどりの日」。
読売新聞のコラム、「編集手帳」は、こう始まった。

「ある世代から上の方であれば、文部省唱歌の『若葉』を御記憶かもしれない。〈あざやかなみどりよ〉で始まり、田畑や神社の鳥居などが明るい新緑に包まれる牧歌的な風景が歌われる。」

ああ、あったなあ、こんな歌。
ということは、私は「ある世代以上」ということか・・・

ところが、同世代と思われる音楽仲間の皆さまは、
この歌をご存じないらしい。
この季節の文部省唱歌でも、
「茶摘み」や「鯉のぼり」ほど有名ではないこの歌を
なぜ、私は知っているのだろう?

教科書で覚えたのです。

学校から帰ると一人で留守番の子供時代。
私の愛読書は音楽の教科書だった。
小学生の音楽の教科書も、中学生の音楽の教科書も、
新学期にもらったその日から、譜面を見てはひとりで歌った。
音楽の教科書なんて薄っぺらだから、
全曲歌ったって、たいした時間はかからない。
学校では習わない歌もひとりで歌った。

もっと他に歌はないかなあ・・・
あ! あった! お姉ちゃんの高校の教科書!

6歳上の姉がほったらかしていた分厚い高校の音楽の教科書には、
小中学校の教科書には載ってないような難しい歌がぎっしり載っていた。

歌曲、「トスティのセレナータ」
歌劇「ミニヨン」より、「君よ知るや南の国」
ロシア民謡「赤いサラファン」
フォスターの「夢路より」
ナポリ民謡「サンタ・ルチア」
日本歌曲、「城ケ島の雨」

などなど・・・

お手本を聞く手段はなかった。
譜面を読んで、自己流で歌うだけ。
それでも知らない歌を次々歌うのが楽しかったのは、
載っていたのが名曲ぞろいだったからかもしれない。

何しろ教科書であるからして、
クラシックの歌曲が多かったけれど、
子供心に「これは楽しいなあ」と大好きになった曲がある。

「お菓子と娘」

フランスの歌に日本語の歌詞をつけたものだとずっと思っていたのだが、
大人になってから譜面を見て、
西條八十作詞、橋本國彦作曲のれっきとした日本歌曲だと知った。

今、あらためて聞いてみると、
なんだか、そわそわしてしまう。

だって・・・
この歌詞・・・

ーーーーーーーーーー
  お菓子と娘

お菓子の好きな 巴里(パリ)娘
ふたり揃えば いそいそと
角の菓子屋へ ボン・ジュ-ル

選(よ)る間もおそし エクレール
腰もかけずに むしゃむしゃと
食べて口拭く 巴里娘

残る半(なかば)は 手に持って
行くは並木か 公園か
空は五月の みずあさぎ

人が見ようと 笑おうと
小唄まじりで 噛(かじ)り行く
ラ・マルチーヌの 銅像の
肩で燕(つばめ)の 宙がえり
ーーーーーーーーーー

まるで・・・

私のことを歌っているような歌詞なんだもん・・・

20160501c

| | コメント (0)

2016.05.03

日本人なら

昨日は高井戸から神田川沿いに井の頭公園までウォーキング。
今日は霞が関経由東京タワーまでウォーキング。

1万歩、2万歩と歩くと、途中でトイレに行くことになる。
昨日は久我山駅近くの神田川沿いの公園で、
今日は市ヶ谷駅近くの外堀沿いの遊歩道で、トイレを拝借。

最近の公園のトイレはかなり清潔で、安心して利用できる。
本当にありがたい。
昨日も今日も、公園の和式トイレのお世話になった。

めっきり少なくなった和式トイレ。
便器をまたいで、
よっこらしょ、どっこいしょと、しゃがみ込み、
正面のてすりに掴まって、用を足しながら・・・

あれ? 何か変だ・・・

と、気がついた。
和式トイレが主流だった時代には、
こんな手すりなんかなかったわけで、
子供時代の私も、若いころの私も、
何にもつかまらずに用を足していたはずだ。

今の私はなぜ手すりにつかまってしまうのか?
それは、両足のかかとが浮いているからだ。
洋式トイレにすっかり慣れてしまったせいか、
はたまた足腰がめっきり弱ってしまったためか、
両足のかかとを床にくっつけて座る「うんこ座り」が
できなくなってしまったのだ。

和式トイレを正しく使えない日本人になってしまったとは
我ながら情けない。
対策を講じねば。

そうだ。
毎日一回、「和式トイレ練習」を実践しよう。
残念ながら我が家は洋式トイレなので、
ご近所の公園のトイレでトレーニングを積むことにしよう。

めざせ! 
軽々と「うんこ座り」ができる・・・いやいや・・・
和式トイレを軽々と使える日本人!

20160502d

| | コメント (0)

満腹ダイエット7日目~都心ウォーキング20364歩

5月3日、火曜日、曇り時々晴れ

朝、起きて、思いついた。
今日は祝日。
霞が関を抜けて、東京タワーまで歩いてみよう。

朝ご飯
シラスとニラ入り玉子焼き。
葉玉ねぎ、ワカメ、豆腐の味噌汁。
ママは納豆ごはん。
昨夜の寿司屋大宴会がまだ胃に残るムスメは
納豆入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコ1個ずつ。
満腹。

10時45分に家を出て、
一気に歩いて13時40分東京タワー着。
持参の大豆玄米ご飯おにぎり1個で空腹を満たし、
雑司が谷の水をがぶがぶ、いや、ごくごく飲んだら、
外階段600段で展望台。
満員御礼のマザー牧場カフェ。
ソフトクリームは我慢して、
ゴミ箱の上にトレイを置いて、
ミニソフトつきコーヒーを立ち飲み、300円。

20160503o

晩ご飯は
イワシの塩焼きと大根おろし。
ターツァイとジャガイモの寒天寄せ。
切り干し大根、ニンジン、油揚げの煮物。
味付けシジミと生昆布のお汁。
ママもムスメも大豆玄米ご飯。
大豆と一緒に炊いた玄米は意外に柔らかく、
ママにも好評。
腹ぺこのムスメは小豆入りカスピ海ヨーグルト。
カカオ72%チョコを母娘で一個ずつ。

青春の苦い思い出に寄り道した
20364歩のウォーキング。
明日は雨らしい。
音楽三昧の一日にしよう。

| | コメント (0)

満腹ダイエット6日目~超満腹

5月2日、月曜、曇り時々晴れ。

朝のうちは雲が多いが次第に晴れて気温が上がると
天気予報では言っていたが、
いつまで経っても薄曇り。
着る物に迷う月曜の朝。

朝ご飯
葉玉ねぎとワカメと豆腐の味噌汁。
鶏レバーと玉ねぎとジャガイモの炒め煮。
ママは納豆ごはん、ムスメは納豆玄米ご飯。
ママはりんごすりおろし。
母娘で72%チョコ1個ずつ。
満腹。

朝ご飯を食べている間に切り干し大根を戻して、
お茶碗を洗いながら煮物を作る。

干されることで美味しい素材になる。
煮るだけで美味しいおかずになる、
乾物は料理下手の私の強い味方。

我が家に常備の切り干し大根、ひじき、打ち豆に
最近のニューフェース、宮城産の「生昆布」。
生乾きの和紙のような手触りの生昆布を
鋏で切って煮込めば、程よい塩加減に柔らかく煮えるすぐれもの。

ママの晩ご飯のお弁当は、
切り干し大根と人参、油揚げ、生昆布の煮物、
シラスとニラ入り玉子焼き、
ターツァイとジャガイモの寒天寄せ、
グレープフルーツ、インスタントみそ汁、ご飯。

そして娘は昼過ぎに
ターツァイとジャガイモの寒天寄せを一口と、
グレープフルーツを半分つまみ食い
三色煮豆と胡麻いりホットケーキ蒸しパン4分の1カットを持って、
13時30分、家を出る。
神田川を源までさかのぼるウォーキング、パート3、
高井戸駅~井の頭池、スタート。
予報に反して涼しい曇り空を快適に歩いて、
懸案の、なんじゃもんじゃの白い花の雲も見て、
神田川の源流、井の頭池の水門橋に到着したのが4時30分。

20160502c

水門橋の手前を歩きながら
持参の蒸しパンを頬張る。

ドトールにてブレンドコーヒーLサイズ、320円。
店の隅のソファ席に陣取って、
自分の世界に浸ること1時間半。
店を出た瞬間、目の前の景色が揺れる。
吉祥寺駅前の喧騒に頭がくらくら。
現実世界適応の所要時間、十数秒。
電車に乗って30分。
馴染みの寿司屋の連休前在庫一掃大宴会へ。

出てきたものは、
おでん(煮玉子、大根、里芋、魚、菜花、ウィンナーソーセージ、牛スジ、ちくわぶ、つみれ、こんにゃく)
温泉卵
蕪の煮物
セリのお浸し
トマトとコーンの茶わん蒸し
握り寿司(マグロ、鯵、玉子焼き、中トロ、金目鯛、赤貝、ヒラメ、青柳、ウニ、烏賊、煮烏賊、トリ貝、巻物2種)
こんにゃくの煮物
焼きしいたけ
鴨ロース
子持ち昆布

超満腹。

店から家まで45分歩いて帰る。

本日の歩数、17246歩。
よく食べ、よく歩いた5月最初の月曜日。


| | コメント (0)

2016.05.01

満腹ダイエット、5日目~昼もあんパン、夜もあんパン


5月1日、日曜、晴れ。

朝食は、
目玉焼き、南高梅の梅干し、
ターツァイとジャガイモの寒天寄せ、
ママは納豆ご飯、娘は納豆玄米ご飯。
ママはりんご1個すりおろし。ムスメは小豆入りカスピ海ヨーグルト。
72%チョコ1個ずつ。

お天気もよし。
ママと二人でお出かけ。

雑司が谷の墓地の入り口の
緑のトンネルをくぐって、
えっちら、おっちら都電の駅へ。

20160501b

東池袋四丁目で、小さい子供がわらわらと乗ってきた。
4歳から8歳ぐらいの5人の子供とお母さん一人。
窓際に固まって立つ子供たちの
色とりどりの五つのちっちゃなキャップが、
くっついたり、離れたり、傾いたり。

「どこまで行くの?」とママが聞く。
「・・・こうえん・・・」と5歳ぐらいの子が答える。

地蔵通り商店街で、ママの夏服を見て回る。
「2枚で500円だよ!」とママが立ち止まる。
「こっちは4枚で1000円だってさ!」とムスメが呼ぶ。
「たまには明るい色のを着てみたら?」とムスメが選べば、
「そんなのはあんたが着なさい!」とママは却下。
ああでもない、こうでもない、とお店を巡り、
2枚の初夏のブラウスをお買い上げ。

お昼ご飯は、
あんパン屋さん、喜福堂の店内で、
うぐいすあんパンとつぶあんパンを半分こ。

地蔵通り商店街はママの足には長すぎて。
帰りみちは青息吐息。
和装小物を並べる清水畳店の店先の
畳一枚分のベンチのおもてなしが嬉しかった。

帰宅後のおやつに
ママはパイナップルゼリー。
ムスメはバナナ入りカスピ海ヨーグルト。

池袋へショッピングに出かけたムスメは、
西武デパート屋上で二度目のおやつ。
大豆玄米ご飯おにぎり1個と雑司が谷の水。

かわいかったなあ・・・都電の子供たち。

子供が可愛いなんて感じたこと、正直、一度もなかったのに。
今日の私はどうしちゃったのだろう?

晩ご飯は
麻婆豆腐、トマト缶天、キウィフルーツ、
あんぱんとクリームパンを半分ずつ。
ムスメはカスピ海ヨーグルト&蜂蜜。
72%チョコを1個ずつ。

ママは5500歩。
ムスメは11988歩。
母娘してたくさん歩いた5月最初の日曜日。

| | コメント (0)

満腹ダイエット、4日目~花よりソフト

4月30日、土曜日、晴れ。

町田花めぐりウォーキングに行こうよと旅友に誘われて、
朝から、いそいそ、台所。

朝ご飯。
葉玉ねぎとワカメと高野豆腐の味噌汁。
鶏レバー、ジャガイモ、玉ねぎの炒め煮。
ママは納豆ご飯。ムスメは納豆入りカスピ海ヨーグルト。
72%チョコ1個。

ママの昼ご飯は、
昨日炊いた三色煮豆と胡麻入りホットケーキ蒸しパンと、グレープフルーツ。

ママの晩ご飯は
鶏レバー、ジャガイモ、玉ねぎの炒め煮、
レトルトの三食煮豆、
ターツァイとジャガイモの寒天寄せ、
キウィフルーツ。
インスタント味噌汁と。
手抜きでごめんね、ママ。

9時、気を付けて行っておいで、とママに見送られ、
9時半、新宿駅で旅友と落ちあい、
10時15分、町田駅から歩き始める。

弱視の旅友と弱視の私。
地図は見づらく、分かれ道には気づかず、
たとえ力を合わせても、
1たす1は1にしかならない二人組。
それでも、美味しいものはちゃんと見つける二人組。
まだ一つも花を見ないうちから、定食屋を見つけてランチ。
シラスとカツオ丼、500円。

丘の道をたどれば、これがほんとの紆余曲折。
それでも見つかるソフトクリームの看板。
さくらソフトクリーム、250円。

20160430k

丘陵地帯のラビリンスをようやく脱出して、ぼたん園。
バス通りから階段を上れば、不思議の国のえびね園。

3時のおやつは、旅友持参の「抹茶トリュフ」3粒。
一緒に迷って、口々に文句を言いながらも
旅友とのウォーキングは愉快、愉快。

町田駅近くのスパイスの匂いに吸い寄せられて、
夕食はネパール料理屋の定食“ダルバート”、1300円。
駅近くの4階建てのドトールで、ミルクレープとコーヒー。
それぞれの旅、二人での旅を、心おきなく語り合い、笑い合い。

10時30分、新宿駅。
じゃあ、またね、と友と別れて家路につく。

目白駅からの帰り道。
小学校の塀沿いの植え込みの白い花。
花の名前はわからねど、
夜空に浮かぶ白い花もまたいいねと
感じられる我が弱視の目も、捨てたものじゃない。

迷いに迷った32664歩の愉快なウォーキングの土曜日だった。
明日の日曜日は、ママ感謝デーにしないとね。

20160430j

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »