« 満腹ダイエット84日目~ところてん絶好調 | トップページ | 満腹ダイエット85日目~柔らかご飯をちょっとだけ »

2016.07.20

たんぽぽさんの5年間をふりかえる~たんぽぽ通信記事1

月に一度、土曜の午後にライブを開催させていただいている
西立川の喫茶たんぽぽさん。
いろいろな障害を持つ方々が、職員さんの支援を受けながら張り切ってお仕事しているお店です。

喫茶たんぽぽと、お隣の手作り工房“ハンドメイドたんぽぽ”を運営している“NPO法人たんぽぽ”の「たんぽぽ通信」というニュースレターに掲載された記事を3回にわたってご紹介します。

今日ご紹介する記事は、「たんぽぽ富士見町店5周年」。

毎月のたんぽぽライブで、みんなが居心地良く、美味しく、楽しい時間を過ごさせていただいている喫茶たんぽぽ。
この居心地の良さは、様々な障害を持ちながら張り切ってお仕事されてるたんぽぽスタッフさんと、家族のような眼差しで支援をされる職員さん達の、地道な日々の活動から生まれてくるもの。

そんな素敵なたんぽぽさんの5年の歩みを、私達も一緒にたどってみましょう。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

たんぽぽ富士見町店5周年

 たんぽぽが富士見町に移転して今年の4月で5周年を迎えることができました。ここまで頑張った利用者さん、それを応援してくださった地域の皆様をはじめ、会員の皆様・ご家族の皆様には感謝の一語に尽きます。

 ここに移転するに際しては場所探しから改装・開店準備等々に至るまで多くの皆様に助けていただきました。5年前に柴崎学習館から街なかに店を構えるということで、私達ド素人にやっていけるのか、障害者の人達が働く喫茶店ということが地域の皆様の理解を得られるのかどうか等々、新しい出発を前に期待より不安ばかりが先行していたことがつい昨日のことのように思い出されます。

 しかしいざ蓋を開けて見ると、地元富士見町の方々をはじめ、近隣住民の方々が私達を地域の一員として暖かく迎え入れてくださいました。こうして、「喫茶・ハンドメイドたんぽぽ」及びたんぽぽで働くスタッフ一人ひとりもこの5年間、地域の皆様の懐に抱かれて成長させていただきました。

 5歳になったたんぽぽ、皆様の愛情に甘えてばかりではなく、今後は地域にお返しできるよう精進してまいりたいと思います。これからもご支援・ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

 ここ富士見町で頑張らせていただいたことが自信となって、小さいながら国立でも2号店を構えることができました。活動場所が2箇所になったことにより、さらに多くの皆様に利用していただき、障害を持つ人たちが社会参加を実現し、生きる励みを得ることができれば、と考えております。

 また、喫茶店での一般のお客様とスタッフとの関わりが障害者の理解の一助となれば、と考えます。

 日本の福祉をめぐる状況ますます厳しくなっていますが、私達はそれに振り回されることなく、“障害者の社会参加”と“共生”のためにこの場で踏ん張り続けたいと思います。  

(2016年7月16日発行 たんぽぽ通信 第102号より)


20160514c


|

« 満腹ダイエット84日目~ところてん絶好調 | トップページ | 満腹ダイエット85日目~柔らかご飯をちょっとだけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満腹ダイエット84日目~ところてん絶好調 | トップページ | 満腹ダイエット85日目~柔らかご飯をちょっとだけ »