« 満腹ダイエット188日目~コーヒー豆を食べるには | トップページ | 満腹ダイエット189日目~悪知恵 »

2016.11.01

平和なトイレ復活

我が家のトイレのドア。
ずっと前から閉まりが悪かった。
娘は、力任せに無理やり
バタン! ガタン!
と開け閉めしていたが、
90歳の母が、押しても引いてもびくともしない。
半開きのドアのままトイレに入るのが、
すっかり習慣化してしまった母。

この現状はよろしくない。
トイレは一人になる場所だから。
自分の身体とひとり静かに向き合う場所だから。
ドアをきっちり閉めて、心静かに座るところだから。

SOSに駆けつけてくれたお助けマンは
複雑精緻なドアの仕組みをよく知る人で、
蝶番の不具合を調整してくれると・・・

あーら、不思議。
何か月もの間、
ガガガガガーっと床をこすり、
ガタン、バタンとドア枠にぶつかっていたドアが、
音もなく、すっと開いて、
すっと閉まるドアに生き返った。

夕方、母がデイサービスから帰ってきた。
まっさきに向かうトイレ。
ドアノブを引っ張って、
わー!と、叫んだ。

「どうしたの?」
「急に開いたからビックリしたよ!」

時々刻々と消えていく母の記憶。
トイレのドアが閉まらないことも、
トイレから出たとたんに忘れてしまう。
「トイレのドアが閉まらなくて困るよね」と娘が言っても
「そーお?」と返事をするばかり。

けれど・・・
「トイレのドアは思い切り引っ張らないと開かない」ことは
母の身体の記憶にしっかり刻み込まれていたらしい。

夕食後。
トイレのドアをすっと開けて、すっと閉める母を見届ける。
こころ静かにひとり座る平和を取り戻したことが
しみじみと嬉しかった。

|

« 満腹ダイエット188日目~コーヒー豆を食べるには | トップページ | 満腹ダイエット189日目~悪知恵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満腹ダイエット188日目~コーヒー豆を食べるには | トップページ | 満腹ダイエット189日目~悪知恵 »