« 満腹ダイエット315日目~鍋ごと寒天 | トップページ | 満腹ダイエット316日目~カシャーサレーズン »

2017.03.08

心ある楽器屋さん

先週末のスーパースリーの出番@立川農家。
リハーサルを始めようとギターをアンプに繋いだら・・・

音が出ない!
どうしよう!

共演のソラトクモの九一さんが
マイクをささっとギターの前にセットしてくださって、
この夜の二つのギター曲はマイクで音を拾うことに。
エレガットしか弾けない私が、ライブ本番で、
それも、ソロではなく、キーボードとの共演で
マイクに向かってギターを弾けるかしら・・・
ギターの音、ちゃんと聞こえるかしら・・・
不安を抱えながら迎えた出番。
思ったよりはちゃんと音が出ていたようでひと安心。

それにしても、マイ・エレガットはどうしちゃったんだろう?
ギター弾きの友人に見てもらったら、
電池を繋ぐ線が切れていると教えてくれた。

もう18年も使っているものね。
線も切れるというものだ。
修理に出さなきゃ・・・
でも、どこに・・・?

買って2年目に、電車の床に落として
ボディに大きなヒビが入った時は、
宅急便で岐阜のヤイリギターに送って修理してもらった。
1か月以上かかったけれど、
弱視の私の目にはわからないほどの見事な仕上がり。
ありがたかった。

10年前、ナットが外れて、どこかに消えてしまった時は、
近所のクラシックギター屋さんに持っていって、
新しいナットを付けてもらった。

今度は配線が切れたエレガット。どうしよう。
次のギターの出番は1週間後。
時間がない。

翌日の日曜日、線の切れたギターを背負って池袋へ。
まずは、いつも弦を買う、
パルコの7階のイシバシ楽器へ。

「電池を繋ぐ線が切れたんですけど
 修理をお願いできますか?」
「お見積りに2週間、修理に2週間ほどかかりますが?」
「え? そんなにかかるんですか?」
「はい、修理は工場に外注するものですから。
 お急ぎでしたら、お近くの工房に持っていかれた方が早いですよ」

エスカレーターで1階に降りて、しばし思案。
10年前にナットを交換してもらったお店は
クラシックギター専門店。
配線の修理をお願いできるかどうか・・・

そうだ。クロサワ楽器に行ってみよう。
あそこはエレキも、アコギも、クラシックギターも扱っていたはずだ。

昔は三越、今はヤマダ電機の横にあるクロサワ楽器へ。
店員のお兄さんに聞いてみる。

「電池をつなぐ線が切れたので
修理をお願いしたいのですが?」

ケースからギターを出して、お兄さんに見てもらう。

「配線が切れているだけなら、すぐ直るのですが、
 ただ今、リペア担当者が不在ですので、
 明日、こちらからご連絡させていただいてもよろしいでしょうか?」

つまり、このお店には修理担当の人がいて、
ここで修理をしてくれるらしい。
それなら楽器を預けていけば、
修理の人の手が空いたら
すぐになおしてもらえるだろう。

そして翌日の月曜日。
池袋での野暮用のついでにクロサワ楽器に寄ってみた。

「昨日、ギターを預けて行ったのですが・・・」
「昨日ですか・・・何か、お持ちですか・・・?」

応対してくれた店員さんは、
両手の指で空中に四角を描く。
そういえば、昨日ギターを預ける時、
預かり証のようなものをもらわなかった・・・

そこへ、「ああ、ギターの配線修理のお客様ですね?」と
声をかけてくれた昨日の店員のお兄さん。
「お客様、これをカウンターに置いたまま
帰られちゃったんで・・・」と、
“お客様控え”を渡してくれた(笑)

「リペア担当が拝見したところ、
配線の修理だけなら今日中に修理できるそうです。
料金は三千円+税になります」
「では、お願いします。」
「かしこまりました。修理ができましたら、ご連絡します」

そして、夕方。携帯が鳴る。
「クロサワ楽器池袋本店でございます。
 お預かりのギターの修理が完了いたしました。
 いつ、お引きとりにいらっしゃいますか?」
「では、明日のお昼頃に伺います」

火曜日のお昼過ぎ。
三度目のクロサワ楽器に行くと、
三度目に会うお兄さんが迎えてくれた。

「配線の修理だけで大丈夫だったようですが、
 ご確認をお願いします」

お兄さんがチューナーできちんとチューニングをして、
ギターをアンプに繋いで爪弾くと、
スピーカーからポロロンと音が響く。

「大丈夫ですね」とお兄さん。
「ありがとうございました。助かりました」

ケースに入れたギターを受け取ろうとすると

「背負っていかれますか?」
「あ、はい、はい」

ケースを背負わせてくれるお兄さんに、もう一度、
ありがとうございましたとお礼を言って店を出た。

18年間愛用のヤイリのエレガット。
手入れも扱いも雑な持ち主に
あっちこっちと引っ張りまわされるエレガット。
滅多に故障することはないけれど、
何かあるたびに、心ある修理の達人に出会うこと、
今回で三度目。

きっと、生命力の強いエレガットなのに違いない。

20150320damiao3


アカペラ歌姫Momokoのトーク&ライブ

ギターを捨てたMomoko。
(ケースにしまってあるけど・・・)
青い月に照らされて立つMomoko。
夜の歌、女の唄をうたいます。。。

そう。この夜、Momokoはギターを弾きません。
マイクの前に立って、全身全霊で歌う
Momokoの「声」を聴いてくださいませ。

3月9日(木) 6:30open/7:30start
下北沢 Blue Moon
チャージ無料。お食事、おつまみ、お飲物などご注文ください。

出演
野川小麦(オルゴール、バイオリンなど弾き語り)
ウクレレ亭ロータ(ウクレレ弾き語り)
Momoko(アカペラ歌姫♪)

0729c

|

« 満腹ダイエット315日目~鍋ごと寒天 | トップページ | 満腹ダイエット316日目~カシャーサレーズン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満腹ダイエット315日目~鍋ごと寒天 | トップページ | 満腹ダイエット316日目~カシャーサレーズン »