« 満腹ダイエット348日目~あっさり味のもやしのナムル | トップページ | 満腹ダイエット349日目~お一人さまお花見ランチ »

2017.04.10

おめでたい歌好きおばさん

4月7日、金曜日。
三鷹駅から車で7、8分ほどの
武蔵野市障害者総合福祉センター1階のカフェへ。
カレーライスを食べながら
盲難聴の友人がグランドピアノで奏でる
ベートーベンのピアノソナタを聞く、
何とも贅沢なランチタイム。
お店自慢の天然酵母のパンをあれこれ買って、
ギターを背負って店を出る。

そう、ギターを背負っていたのです。
夜は下北沢の蒼い月で、
スペイン語の歌とギターの出番だったから。
午後はカラオケ屋にこもって、
最後の特訓の予定だったのです。

だけど、表に出てみれば、
満開の桜並木に春の日ざし。
歩き虫がうずうず騒ぎだし、
ギターを背負って井の頭通りをまっしぐら、
下北沢まで10キロ余りを3時間かけてウォーキング。

すっかりゴキゲンになって迎えた蒼い月の出番。
さあ、歌いましょうかねえ、とギターを抱えたとの時に、
なんと、スペイン語とポルトガル語の
違いがわかる友人が登場。
ひそかに動揺するMomokoさん。
それでもなんとか歌いました。
スペイン語3曲、ポルトガル語1曲。

Duerme Negrito(南米の子守歌)
Dime(“Feeling”の原曲)
Carinhoso(ブラジルの歌)
Un Millon De Amigos(南米の歌)

2番目に登場のピアノ弾き語りのSAYAKAさんの
桜の歌に星の歌は、
繊細なアニメーションが瞼に浮かぶような世界観。

3番目に登場の大柳貴さんのフランス語の曲の数々。
間近で聞かせていただくと、
様々な奏法を組み合わせたギター、
お馴染みの曲に加えられた新アレンジと、
たゆまぬ探究心に裏打ちされた楽しいライブ。

ああ、それにひきかえ、この私。
3月は「アカペラ宴会芸ライブ」。
4月は「なんちゃってスペイン語歌唱宴会芸ライブ」
なんと拙い歌とギター。
それを補うトークも、ここのところ滑り気味。

5月は、小指も復活させて、
宴会芸は宴会芸でも、
もうちょっとマシな宴会芸ができますように、と願いつつ、
蒼い月を後にした金曜の夜。

そして翌日は雨の土曜日。
母と二人でまったりと朝ご飯を食べていたら

「おひまなら、来てよね~わたし、さびしいの~」

と、誘われて、訳もわからぬままに
東久留米市役所へ行ってみれば、
なんと立派なステージで、葉下桃真子ライブ進行中。

「一日がかりのライブイベント、
 出演者絶賛募集中!」

と聞かされて、ギターを抱えてステージへあがったものの、
右手小指故障中につき
レパートリーの大半が弾けないんだった!

ここでものを言ったのが、
3月の「パーカッション&アカペラ宴会芸ライブ」と
前の夜の「なんちゃってスペイン語宴会芸ライブ」という
宴会芸シリーズの経験でありまして、
40分あまり、なんとか時間をつないで、
なおかつ、響きのよい市役所ロビーのステージで、
気持ちよく歌わせていただいて、
ご満悦のMomokoさんではありました。

0408a
(撮影:桃真子さん)

そして、今、この週末の我がふるまいを振り返って、
つくづくと思う。

私はアーティストなんかじゃない。
歌っていればハッピーな、
おめでたい歌好きおばさんなのだなあと。


|

« 満腹ダイエット348日目~あっさり味のもやしのナムル | トップページ | 満腹ダイエット349日目~お一人さまお花見ランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満腹ダイエット348日目~あっさり味のもやしのナムル | トップページ | 満腹ダイエット349日目~お一人さまお花見ランチ »