2017.05.05

満腹ダイエット374日目~やめられない、止まらない

5月5日、金曜、晴れ

今でもそういうサービスをやっているかどうかはわからないが、
国分寺クラスタというライブハウスでは、
オープンマイクなどのイベントの時に
「お菓子食べ放題」というサービスがあった。
テーブルの器に
ポテトチップスやかっぱえびせんなどのスナックが山盛り。
空になるとまた山盛りにしてくれる。

ポテトチップスに目の無い私は、
食べ出したらやめられない、止まらない・・・

「ももこさんが来ると大変だ!
 わたしがちょっと後ろを向いている数秒間に
 スナックの器が空になるんだから!」

と、マスターに呆れられるほどに、
むしゃむしゃ、パリパリ、食べまくっていた。

クラスタに行かない時は、
自分でポテトチップスを買って食べていた。
一袋を開けると、空になるまで食べ続ける・・・というか、
ものの数分で空になる。

それぐらいにポテトチップスに目が無かった。

本日、新宿ゴールデンエッグというライブハウスで
スーパースリーの3人の出番だったのだが、
お友達がトルティーヤチップスをご馳走してくださった。

トルティーヤチップス・・・
数年前、ニューヨークに住んでた時、
スーパーで大袋を買ってきては、
一人暮らしのアパートで袋を抱えて食べていた。
やめられない、止まらない・・・

今はポテトチップスもトルティーヤチップスも
めったに食べなくなったのだけれど、
今日、久しぶりのトルティーヤチップスをつまみ始めたら
止まらなくなってしまった。
「皆さんでどうぞ」とご馳走してくださったのに
ほとんど私ひとりで平らげてしまったような・・・

ポテトチップスやトルティーヤチップスは
依存性がある危険な食べ物だと思います、ほんと。


朝ご飯
玉ねぎ、ワカメ、豆腐の味噌汁
パプリカ寒天、南高梅の梅干し
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯
ママはりんご1個すりおろし、ムスメは大豆入りカスピ海ヨーグルト
カカオ72%チョコ1個ずつ

昼ご飯
11時過ぎ、歌舞伎町近くの公園にて
ブラジル豆の煮込み「フェジョン」と玄米ご飯
ターツァイ寒天

おやつ
ゴールデンエッグでご馳走になったトルティーヤチップス

ママの晩ご飯
ハナマサのハンバーグ1/2。
人参と玉ねぎのレンジ蒸し。
レトルトの明太ポテトサラダ
ターツァイ寒天、ご飯、南高梅の梅干し
インスタント味噌汁(具を入れるのを忘れたらしい)
ヨーグルト、バナナ

0505a

ムスメの晩ご飯
ハナマサのハンバーグ1/2、シメジ、もやし、ターツァイ入りサッポロ一番みそラーメン
大豆入りカスピ海ヨーグルト
コーヒービーンズチョコ2個
特大グレープフルーツ1個
とにかくお腹がペコペコで、どかんと食べたら、苦しくて息絶え絶え・・・


*本日のウォーキング
 雑司が谷の自宅~新宿ゴールデンエッグ 4km
 ゴールデンエッグ~大塚駅 5.6km
 大塚駅~雑司が谷の自宅 1.9km
 ギターを背負って11.5km、18706歩ウォーキングでした♪

| | コメント (0)

2016.07.22

満腹ダイエット87日目~食欲不振

7月22日、金曜、雨のち曇り

ムスメが変だ。
食欲がない。
こんなことは、数年に一度あるかないかだ。

昨日も今日も涼しくて体は元気だし、
このごろ恋もしてないから、失恋もしてないし、
それなのに、お腹が空かない。

朝ご飯、食べたくなかったけれど、
ママと一緒だから食べないわけにいかず
たんぽぽさんからいただいた肉巻豆腐を
一生懸命食べた。

昼ご飯、食べたくなかったけど、
食べないと「ももこさん、どーしたの?」と追及されそうで、
スープポットに入れた肉じゃが少々を
一生懸命食べた。

仕事帰りに12812歩ウォーキング。
さすがにお腹が空くだろうと持ってきた
炊き込み玄米ご飯のおにぎりを
持って帰るのもシャクなので
南新宿あたりの植え込みの縁に座って
一生懸命食べた。

あれ? 結局、三食食べてる?
なーんだ・・・
人並の食欲はあるってことか。

朝ご飯
打ち豆、ひじき、人参の煮物入り味噌汁。
たんぽぽさんの肉巻豆腐(ご馳走様♪)
ママは納豆ご飯、ムスメは納豆玄米ご飯。
カカオ72%チョコ1個ずつ。

昼ご飯
肉じゃが。

おやつ
職場に湧いてきた“丹波の黒豆おかき”

ママの晩ご飯
セブンイレブンの幕の内弁当。
残ったご飯は明日の朝ご飯と晩ご飯に。
お風呂上りにグレープフルーツゼリー。

ムスメの晩ご飯
新宿駅南口のサザンテラスの植え込みの縁に腰かけて
玄米炊き込みご飯のおにぎり1個。
帰宅後カフェオレ。

仕事帰りに
駒場→参宮橋で車専用ドトールを見上げ→新宿まで
12812歩ウォーキング。
涼しい夜でした。


20150625shasin7_2

やっぱり・・・
いくらお友達と一緒だったからって・・・
昨日、喫茶たんぽぽで・・・
日替わり定食の後に・・・
チーズケーキまでいただいちゃったのは・・・
食べ過ぎだったよねえ・・・・

| | コメント (0)

2016.07.15

とんかつへの道4~すべての道はタワーに通ず

白金のとんかつ すずきはもうすぐのはず。
天現寺交差点を超えて
外苑西通りを南へ進むと
ほどなく左斜め後ろから
高速道路の高架が合流してくる。

そして高架下の十字路は、
恵比須三丁目交差点。
とんかつ すずき到着前の
最後の方向確認。

右は西、まっすぐ行けば恵比寿駅。
左は東、この道を東に行けばどこに行くのやら?
それよりも、今は右方向が最大の関心事。
そうか、とんかつ すずきに一番近いJRの駅は
恵比寿駅だったということか!

十字路交差点を横断して
外苑西通りを少々進めば、
高架下に並ぶ数軒の飲食店。
スペイン・バルの数軒先・・・

061427
 
一人で来れた、白金のとんかつ すずき!
面影橋からてくてく歩くこと2時間30分。
iPadは鞄の中。
参照したのは自前の脳内地図のみ。
とんかつ すずきへの道、覚えたり!

時計をみれば4時45分。
店ののれんはまだ出ていない。
友との待ち合わせまで1時間あまり。
とりあえず、待ち合わせの白金台駅まで行ってみよう。

とんかつ すずきよ、またあとで!

高速の高架下の外苑西通りは
まもなく左に直角に曲がるのだった。
この界隈は白金だからと
プラチナ通りという愛称の通りになる。
シロガネーゼ御用達の店を横目にすたすた歩き、
目黒通りに到達。
お決まりの方向確認。

右は西、目黒駅方面。
左は東、白金台駅方面。

友との待ち合わせまで1時間。
白金台駅手前の小公園で小休止。
とんかつすずきへの道を覚えた自分を
思い切りほめたたえつつ、雑司が谷の水を飲むうちに、
ぽつり、ぽつりと落ち始めた雨粒。

そそくさと立ち上がると
目と鼻の先の白金台駅の階段を降りる。
それにしてもくたびれた。
待ち合わせまでの小一時間をどうしよう。
ふと、改札口の横を見ると、
照明写真撮影ボックス。
こんな日に、こんなところで証明写真を撮る人が
何人もやってくるとは思えない。
おもむろにボックスのカーテンを開けて、
中のスツールに腰かけてひと休み。

061428

面影橋から歩き始めて3時間弱。
ここまで一度も見なかったiPadを
鞄の中から引っ張り出して地図を見て・・・

愕然。
そして、
感動。

この白金台駅のある目黒通りを
このまま東に歩いていけば、
桜田通りにぶつかるのだ!
その桜田通りをそのまま進めば
東京タワーの入り口の飯倉交差点に着くわけだ!

すべての道は東京タワーに通ず。

白金のとんかつすずきから、
東京タワーへの道筋を脳内地図に書き込むべく、
白金~タワー復習ウォークを敢行せねば。

照明写真ボックスのスツールに座り込んで
一人反省会を行っているうちに
待ち人、来たる。

さあ、今来た道を戻って
とんかつ すずきのロースかつ定食を
食しに行こうではないか!


《おわり》

| | コメント (0)

2016.07.14

とんかつへの道3~前は南、右が西なら左は東

信濃町駅前から神宮外苑へと
広い通りを渡ったところで、
ちょっとしたカフェやら軽食屋が入った建物に
“濃町駅通用路”と銘打った通路を発見。

061412_2

さては駅直結の秘密の近道かとくぐってみれば、
外苑東通りに出ただけで、
駅に行くには歩道橋を渡らねばならぬ。
信濃町駅への魔法の通路でも何でもない“濃町駅通用路”。

東西南北がはなはだ怪しい方向音痴なれど、
こんなどうでもよいことは
いちいちこの目で確かめずにはいられない物好きな性格。

さてさて今日も外苑外周ランニングコースを半周して
緑濃い銀杏並木をずんずん歩く。

061415

青山通りから霊園へ。
由緒ある青山霊園ならば、
さぞかし立派なお手洗いがあるのではと
少々急ぎ足で来てみれば、
期待を裏切られることはなく、
霊園のメインストリート入り口に堂々と建つ
白亜の殿堂ならぬ、白亜のお手洗い。

061416

霊園のメインストリートを迷わず直進。
霊園の南の出口から外苑西通りを南下する。
曙橋近くからずっとたどってきた外苑東通りは
青山通りでなぜか1ブロック東にずれて、
東京タワーへ向かって続いているのだと
今や、我が脳内地図を参照しつつ、
自信を持って解説できるのも、
復習ウォーキングの成果ということだ。

というわけで、ここからたどるは外苑西通り。
ほどなくたどり着く六本木通り交差点。

061419

右は西、渋谷方面。
左は東、外苑東通り方面。
直進すれば天現寺交差点。

061418

東西南北確認を済ませると六本木交差点を横断。
洒落た街並みの外苑西通りを歩くこと30分弱。
学生風の若者とすれ違うこと多し。
そういえば広尾界隈には聖心女子大があったはず。
聖心インターナショナルスクールもこのあたりか。

日比谷線広尾駅の南北二つの出口を通り越してさらに進めば
ようやくたどり着く天現寺交差点。
時刻は4時30分過ぎ。
下校時刻の高校生に混じって
天現寺歩道橋を上り、
お約束の方向確認。

右が西、渋谷方面。
左が東、外苑東通り方面

061422

明治通りはここから北西にカーブしながら
渋谷駅まで走っているのに違いない。
その明治通りと、渋谷川を越えて
歩道橋から外苑西道路の歩道に降り立てば、
目の前のバス停に東京タワー行きの都バスが停車。

061425

この都バスにとび乗って
東京タワーに行きたい衝動をぐっと押さえて
外苑西通りを歩き続ける。

時刻は4時36分。
いまだにiPadは鞄の中。
参照したのは脳内地図のみ。
その脳内地図が正しければ、
白金のとんかつすずきはもうすぐだ。


《つづく》

| | コメント (0)

2016.07.13

とんかつへの道2~紫陽花を愛でつつ梅雨歩き

都電荒川線を面影橋駅で降りたのが2時15分。
新目白通りから南への坂道を上りつめると早稲田通り。

右は西、高田馬場方面。
左は東、神楽坂方面とな。

ファミマの横から南への細道を進めば
通りがかりのお宅の玄関先に
ブルーのボンボンが花開く。

061402

梅雨の只中の曇り空の午後をそぞろ歩けば
路地のあちらこちらに紫陽花の競演。
東京の小道にはこれほどに紫陽花の木が植わっていたかと
今さらながら嬉しく驚く。

ほどなく出てきた大久保通り。
右は西、大久保方面。
左は東、飯田橋とな?

061403

はてさて?
飯田橋駅界隈には早稲田通りと大久保通りの
二つの通りが走っていたのではなかったか?
後に道路地図を子細に見て
この二つの通りの摩訶不思議な位置関係に
頭をひねることになるのだが、
今のところは、その謎には目をつぶり、
庭先の紫陽花にまた顔をほころばせたところで、

061404

このコーヒーの香りの源は?と見れば
都営地下鉄大江戸線、若松河田駅前のドトールコーヒー。

ということは、この通り、
右が西、東新宿方面。
左が東、牛込、柳町界隈か?
粋な名前のこの界隈には
まだ足を踏み入れたことがない。

061405

地元近くでありながら、
前回、頭を悩ませた戸山公園界隈も
本日は難なくクリア。
iPadに目を近づける代わりに、
道々の紫陽花を愛でつつ
余裕でここまで歩を進めた。

061406

061407

女子医大通りから曙橋商店街を抜けて
曙橋駅前、靖国通り。
右は西、新宿方面。
左は東、市ヶ谷、防衛省方面
地図の表示に納得至極。

061408

そのままさらに南へ続く坂道は
たしか新坂という名だったと思い返すうちに
ほどなく行き着く外苑東通り。

061409

この大通りにも紫陽花の花が咲くよと
気持ちをほころばせたところで
たどり着く四谷三丁目交差点。
そのまま南へ直進する歩みを誘う甘い香り。
その芳香に吸い寄せられて傍らの小公園へ。

「この花はクチナシの花よね?」と呟けば
「クチナシの白い花、お前のような・・・」と呟きが返ってくる。

061410

紫陽花の花に視覚を癒され、
クチナシの香りに嗅覚を癒され、
梅雨時のウォーキングも捨てたものではないと
感慨にふけったところで、
ペルー料理の赤い幟(のぼり)が目に入る。

061411

せんだっての東京タワーウォーキングの折に
数年ぶりに立ち寄ったペルー料理の店、ティア・スサーナ。
本日もマスターの顔を見ていこうかと思ったものの、
腕時計に目をやれば3時20分。
白金まではまだ先が長い。
今日はこの路地には入り込まぬ方がよさそうだ。

まだまだiPadのGoogle mapの出番なし。
花を愛でつつすたすた歩いて
ほどなく到着、信濃町駅。
復習ウォーキングは順調に進む。

061412

《つづく》

| | コメント (0)

2016.07.12

とんかつへの道1~復習は突然始まった

6月16日、木曜日、曇り。

「とんかつを食べに行こうよ」と友が言う。
「せっかくならば、ひさびさに
 白金のとんかつ すずきに行きたいね」と友が言う。

白金のとんかつ すずきに復習を誓った当方には。
それは願ったり、かなったりの誘いではある。
二つ返事でOK。
そして、こう付け加えた。

「あなたは仕事帰りに来るのでしょ?
 あたしは家から歩いて行くからね。
 都営地下鉄の白金台駅改札口で
 6時に待ち合わせで、よろしくね」

思えば6月1日の水曜の午後
愛飲のコーヒー豆を買いに行こうと
辻辻にて我が近視眼的方向音痴に悩まされつつ、
五反田のラテンなスーパーへ徒歩にて向かう途中で
通りかかった思い出の店、
白金のとんかつすずき。

この次は、きっと、
iPadに頼らずに、
自力でここまで歩いてきて
懐かしのロースかつ定食を食べるのだと
とんかつすずきへの道の復習を
堅く心に誓ったのだった。

その復習の機会が
思いの外に早く訪れた6月14日。
今度こそ、雑司が谷の我が家から白金まで
脳内地図をたどって歩き通すと
意気込んでいたのだが、
当日の朝に沸いて出た野暮用を済ませるべく
東池袋界隈を行き来するうちに
時刻はすでに午後1時30分。

ここから歩いていくのでは
6時に白金台駅に間に合う自信なく、
仕方なくなく東池袋四丁目駅から都電荒川線に乗車。
都電雑司ヶ谷→鬼子母神→学習院下と通り過ぎ、
終点の一つ手前の面影橋の
駅に降り立ったのが午後2時15分。

061601

いざ、復習の旅に出ん。
目指すは白金の、とんかつ すずき。

《つづく》

| | コメント (0)

2016.07.10

舎人への道4~復習を誓った夜

夕暮れの風が吹き始めるころ、
ようやく見えてきた舎人の文字。

061457

あの木立が舎人公園か。

061458

たどり着いたのは
広い広い舎人公園の北西のほとり。

061463

人影もまばらな園内に入ると
夕方の空に浮かぶ一本の木を見上げつつ
雑司が谷の水と、玄米大豆ご飯のおにぎりで
本日最後の小休止。

061466

061465

ああ、それにしても、くたびれた。
悲鳴をあげているのは、足腰ではない。

耳と鼻。

Google mapのナビに指図されるがままに
都道239号線をひたすら歩いたがために
大型トラックの轟音と排気ガスに
耳はガンガン、頭はキンキン、息も絶え絶え。

雑司が谷の水で喉を洗い流しつつ
iPadの地図を眺めれば、
何も馬鹿正直に産業道路を歩かずとも、
住宅街をくねくね行けば
途中に公園も学校も店もあり、
たのしい道のりになったではないか。

それはうすうすわかっていた。
鹿浜橋を渡ったら、
北東へ、北東へと道を選んで歩いていけば
いつかは舎人公園に着くはずだと
知らなかったわけではない。

ただ・・・

足立区の住宅街のラビリンスをクリアして
目的地の舎人へゴールする自信がなかった。
情けなくも哀しい近視眼的方向音痴。

これはぜひとももう一度
舎人への道を歩かねば。
次回の復習ウォーキングでは
まず岩淵水門へ赴いて
隅田川の分岐、始まりを目視確認。

その後、荒川を渡ったならば、
鹿浜、皿沼、舎人界隈の角々を曲がり、
緑豊かな舎人公園をそぞろ歩いて、
舎人の駅まで歩いていってみたいものだ。

iPadは鞄にしまって、
鼻歌なんぞ唄いながら、
北東へ北東へとそぞろ歩いてみたいものだ。

夕暮れ時の舎人公園の北西の端で
おにぎりを頬張りながらの一人反省会も
そろそろお開きに。

公園を出ると尾久橋通り。

061468

頭の上には舎人ライナー。
ほどなく見えてきた舎人駅。
今日は歩いてきましたよと
エスカレーターにご挨拶。

そこからほんの2、3分歩けば
本日のお目当てのこのお店。

061474

本日のお目当てのミュージシャンが
本当に歩いてきたのかと
驚き顔で迎えてくれる。

061478

本日の小鉢メニューから
真竹の煮物と、蓮根のキンピラの小鉢を頼めば、
ご飯とおしんこサービスで
素敵な和定食になりました。

061475

食後にコーヒーを注文すれば
お代わりサービス、お菓子もサービスのおもてなし。

産業道路の轟音と排気ガス疲れを
ステージの大人の音楽が
洗い流してくれる。

雑司が谷から舎人まで、初めて歩いた21157歩。
さて復習ウォーキングはいつにしようかと考えつつ
舎人ライナーと都電を乗り継いて帰ったのだった。

061472_2

| | コメント (0)

2016.07.09

舎人への道3~焼き芋屋?じゃなくて・・・

新神谷橋で隅田川を越え、
鹿浜橋で荒川を越え、
トイレ目指して
コンビニ探して、
すたこらさったと歩いてみるが、
この環七という大通り、
味も素っ気もコンビニもありゃしない、と、
文句の一つもたれようかと思った時に、
鹿浜交差点の角に不思議なオブジェ発見。

061450

一体何屋だ? 鉛筆屋か?
興味津々なれど、確認する余裕なし。

トイレが近いぞ、急げや、急げ。

鉛筆のオブジェの前の道を北に曲がってみれば、
ほどなくファミリーマート現る。
おトイレ拝借。
ホットコーヒーで、ほっとひと息。

061451

いやいや、ほっとしているヒマはない。
時刻は5時17分。
7時までに着かねばならぬ舎人への道は
まだまだ先が長そうだ。

それにしても足立区のこの界隈は、
郊外さながらの車社会であるようだ。
コンビニも、ドラッグストアも、スーパーも、
軒並み広い駐車場完備。

061452

歩道を歩いていても
絶え間なく耳に入る車の音。

実は、ファミマの前の道の車の音は
その後の怒涛の轟音の
前奏曲に過ぎなかったと
間もなく思い知ることになる。

ファミマ通りをしばらく北進、
首都高川口線の高架下を走る
都道239号という広い通りに出たとたん、
上から横から両耳を襲う車の轟音。

高速の高架下の大通りなど
珍しくもなんともないが、
この轟音には参った、たまげた、驚いた。

耳をふさぎたくなる轟音の正体は
いったい何か?と車道を眺めて納得至極。
広い通りを唸って走っていくのは、
ただの車じゃあない。
トラックの軍団だ!

それもそのはず。
この界隈に構えているのは、
○○物流センターに△△流通センターに□□運輸・・・
★★倉庫やら、◇◇トランクルームセンターやら

あの建物は団地かと思いきや、
倉庫団地ときたもんだ。

061460

それにしても、さっきから焼き芋の匂いがしないか?
そんな気の利いた店はなさそうだが・・・

あ! 何と言うことだ!
これは焼き芋の匂いなんかではない!
車道から匂ってくる排気ガスの匂いではないか!

都道239号線とは、
凄まじくも頼もしい産業道路だったのだ。
首都高の高架の下、鳴りやまぬ轟音に
ようやく納得がいく。

通りがかりの焼肉屋。
もちろん駐車場完備だが、
その駐車場の入口に、高さ制限の掲示があるところが
産業通り沿いの焼肉屋ならではということか。

061456

そんな産業道路である都道239号線を
轟音に耳をふさぎつつ、北へ北へと歩いていくと、
埼玉県川口市の標識。

061453

いつの間にか埼玉県川口市に足を踏み入れたのか?
そうは言っても東側に広がるはずの舎人公園一帯は
東京都足立区のはず・・・
後から地図を見ても今一つはっきりしないほどに
足立区と川口市の都県境は
複雑怪奇に入り組んでいるらしい。

それにしてもくたびれてきた。
なんだかお腹もすいてきた。
時計を見れば6時過ぎ。
そろそろ見えてくるはずの舎人公園で、
ひと休みするぐらいの時間はあるかしらん・・・

≪つづく≫

| | コメント (0)

2016.07.08

舎人への道2~二つの川より厠が大事

Google mapはおっしゃった。
「王子駅から北本通りを歩きなさい」

はて? 北本通り?
聞き覚えのない通りの名。
いったいどの通りでしょ?

王子駅前から線路を背にして
北東に伸びているのが明治通り。
王子駅北口改札を出て
すぐ左手にそびえ立つのが“北とぴあ”。
“北とぴあを左手に見て北北東に進むのが
これから歩く北本通りということらしい。

061429

とにかく歩きだしてみる。
ほどなく出てきた広い五叉路の交差点。
四角い歩道橋が架かっているが、
信号機もあるようだ。
けれど横断歩道がない・・・
これは自転車専用信号か?
歩行者は階段を上りなさいということか?

061430

階段上りは我がライフワークと言いふらしているくせに
「歩行者は階段」と指図されるのは大嫌い。
何食わぬ顔して自転車横断道を渡るおじさんの後について
何食わぬ顔して広い五叉路を渡ってみると、
渡ったところで標識発見。

061431

たしかにここは北本通り。
名前を聞くのも歩くのも初めての通りだが、
なかなかどうして、にぎやかな通りではないか。
それもそのはず、十数分で
南北線王子神谷駅に到着

061432

さてさて、ここで地図を見る
北本通りをもう少し進めば
環七通りとの交差点。
そこを右折して少し歩けば
新神谷橋で隅田川を渡る。
渡った先は足立区だ。

061433

東京北東部のこの界隈で
隅田川に遭遇するとは意外や意外。
いや、意外に思うのは我が方向音痴ゆえか。
どんな川でも山から海へ、
西から、北から、東京湾へと流れるのだ。

まもなく到着した交差点で
北本通りから環七通りに右折して間もなく、
「車は上、歩行者は下」と
無理やり階段を降りさせられる。

上の道路は車専用。
歩行者は下に、下に~ということか。
地図を見たってそんなお達しは読み取れない。
こちとらは見通しが利かない弱視者なんだぞ、と
文句のひとつも言いたくなる。
環七通りから下の細い道に無理やり降ろされて、
仕方なくなく、しどろもどろと歩き続けると、
突然、目前に立ちはだかるコンクリート塀。

061434

左前方には上り階段。
ふむふむ、これを上れとな?
のぼってみれば・・・

061435

隅田川。
そこに架かるは新神谷橋。
北区と足立区の境を流れるこの川が
流れ流れて浅草界隈まで続いているのか、感無量。

061436

橋の反対側から上流方向を眺めるうちに

061438

また騒ぎ出す気まぐれの虫。
このまま環七をまっすぐ行けば
間もなく荒川を渡るはず。
荒川と隅田川がこんなに近くを
並行して流れているとは不思議なことだ。

もしかして?
隅田川とは荒川から分離した川だったりして?

もしかして?
隅田川の始まりはこの近くだったりして?

神田川の始まりは井の頭池と
先月、この目で確認したばかり。
その神田川が両国橋で合流する隅田川。
その隅田川の流れ出すところも
この目で確かめてみたいものだ。

新神谷橋でiPadを出して呟けば、
物知りの友が呟きを返してくれる。

曰く

「隅田川は岩淵水門で荒川から分岐するのだ。
 したがって、荒川にかかる鹿浜橋まで行ったら行き過ぎだ。
 北本通りに戻るべし。
 大きな左カーブあたりで荒川方面に下れば
 荒川・隅田川の分岐点、岩淵水門に行けるのだ」

061438b

何と、北本通りまで、来た道を戻るとな?
しかも、水門まではけっこう距離がありそうだ。
時計を見れば4時30分。
7時までには舎人に着かねばならぬ。
それに、そろそろトイレ休憩が必要になってきた。

隅田川の流れだし立ち会い確認は
次回の復習ウォーキングのお楽しみとして、
ここは先を急ぐとしよう。
とりあえず、トイレだ、トイレ。

新神谷橋を渡って
環七通りを進めば荒川・・・のはずが
またもや
歩行者は下にー、下に!
ここで階段を上へ! また下へと
有無を言わせぬお上の指図に
降りたり、上ったりの繰り返し。

061439
061440
061442
061443

歩行者に強いられる理不尽な上下運動に耐えて
ようやくたどり着いた鹿浜橋。
隅田川より一回り広めの荒川を
鹿浜橋から眺めてみるが、

061448

トイレへの思い、押さえがたし。
眼下の運動場にはきっとトイレがあるのだろうが、
弱視の我が目ですばやくトイレを見つける自信がない。
運動中の少年にトイレはどこかと尋ねるのには
弱視女子の恥じらいが邪魔をする。

061447

こんな時に頼りになるのはコンビニだ。
コンビニのありそうな道を目指して、
急げ急げ!

急速に膨らむトイレへの想い・・・

《つづく》

  

| | コメント (0)

2016.07.07

舎人への道1

6月14日、火曜、曇り時々晴れ。

今宵は舎人のカフェ・マルシェで
二人の大人なミュージシャンが
ゆるりと歌をうたう夜。

舎人とかいて「とねり」と読むと知ったのも
昨年、彼らの唄を初めて聞きに行った時だった。
日暮里舎人ライナーという電車に乗って
あれから何度も舎人へ行った。

ところで舎人って、東京のどのあたり?
iPadの地図を出して見てみると
雑司が谷の我が家から北東へ12km。
先週は真南へ五反田まで12km歩いたことだし、
今日は北東へ12km、舎人まで歩いて行ってみよう。

061402

ペットボトルに詰めた雑司が谷の水3本と
大豆玄米ご飯のおにぎり1個をリュックに入れて、
家を出たのが午後2時過ぎ。

061401

最初の目標の王子駅までは地元道。
Google mapは必要ありますまい。
北北東に進路を取る。
雑司が谷の墓地を抜けて、
高速下の大通りに出る。
この大通りの名前は何なのか?
日の出通りという昔の名も、
グリーン大通りという最近の呼称も、
いっこうに地元民には定着しない。

広い通りを渡ったら、
都電荒川線の踏切を
渡ったり、渡りなおしたりを繰り返す。

061406_2

061412

春日通りを北に渡り、
大塚駅前まで来たところで
気まぐれの虫が鳴き出す。
久しぶりに空蝉橋を渡ってみたい。
駅ビルの1階を通って北口に行くべきところを、
池袋方向へとだらだら坂を上れば
右手に見えてきた空蝉橋。

061409

ちょっと前まで改修工事中だった空蝉橋が
お化粧直しもすっかり済んで、
こざっぱりした姿で迎えてくれた。
下を走るのは山手線と埼京線。
遠く東に目を凝らせば
曇り空にもくっきり見えるスカイツリー。

061408

「スカイツリーは品がない。
 やっぱり東京タワーがいちばんだ」
などと日ごろから言いふらしているくせして、
ここ大塚の空蝉橋からスカイツリーが見えるのよと
ちょっぴり自慢したくなるのはなぜだろう。

空蝉橋を後にして、
そのまままっすぐ北北東へ針路を取る。
ここは普段歩かない道。
さて、どこにどのように通じているのやら?
地元の大塚界隈でさえ心もとない方向音痴。

とにかく北北東へ進むべし。
都電の線路に出会ってひと安心。
そして線路の向こうに見えるのは
都立文京高校の裏側に違いない。

061411

そのまま都電の線路を左に見て
北北東に進路を取る。
ほどなくひょっこり出てきた道は折戸通り。
ここまで来たら、安い八百屋に寄らぬ手はない。

061415

これから舎人まで歩くというのに、
3個280円のりんごはお買い得、

061413

ズッキーニやら納豆やらと買いこんで、
ずっしり重たくなったリュックを背負って歩き出す。

巣鴨地蔵通り商店街の看板を横目に

061416

北北東へ針路を取る。
白山通りを渡ったら
見えてくるのがスーパー銭湯“ニュー椿”。

061417

昔ながらの銭湯、椿湯さんが、
白山通り沿いという地の利を生かして
スーパー銭湯に華麗なる転身を遂げた時には驚いた。
なんていうことを思い出すのは、
何を隠そう十数年年前まで
この界隈に住んでいたからではある。

都電の線路に沿ったお岩通り。
四谷怪談のヒロイン(?)お岩さんのお墓が
この界隈にあるらしいが、
あえてお参りしたいと思ったことがない。

西ヶ原四丁目で都電の線路を渡り、
北北東へ針路を取ると、
ほどなく明治通りに出る。

061421

正面に飛鳥山公園の緑が見える。

061422

まっすぐ進んで公園へ。
野外ステージ脇の階段を上ったところでひと休み。

061423

王子駅ホームのアナウンスや電車の音をバックに
ベンチに腰かけて雑司が谷の水を一口。

北側の階段を降りれば王子駅前。

061425

方向音痴をここまで導いてくれた
都電荒川線ともここでお別れ。

061427

王子駅前の地図を見る。

061426

はてさて。
ここから北東へ針路を取るのだが、
北本通りとはいったいどの道なのだろう?

061428

《つづく》


 

| | コメント (0)